芥川龍之介のニュース

若き日のラインハルトとキルヒアイスの活躍を描いた「銀河英雄伝説 黄金の翼(著:田中芳樹)」を広中雅志のキルヒアイスと堀川りょうで、キクボン(http://kikubon.jp/)が初音源化!(敬称略)

DreamNews / 2015年12月24日16時00分

■配信中作品一覧≪田中芳樹作品≫ 銀河英雄伝説本伝・外伝(朗読:下山吉光)、アルスラーン戦記(朗読:下山吉光)、薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ(朗読:土師亜文)、創竜伝、ラインの虜囚(第22回うつのみやこども賞受賞作 朗読:浅井晴美)、タイタニア(朗読:岸尾だいすけ)、アップフェルラント物語(朗読:吉崎亮太)、ゼピュロシア・サーガ 西風の戦記(朗読:浅井晴 [全文を読む]

待望の大作!唯一アニメ化されてない長編作品「銀河英雄伝説ユリアンのイゼルローン日記」がキクボン(http://kikubon.jp)にてアニメ版の声優を加えた豪華オリジナルキャストで音源化し販売開始!

DreamNews / 2015年12月21日13時00分

現在、キャンペーン中!フォームに「kikubon会戦」を入力する事でポイントプレゼント!配信中作品一覧≪田中芳樹作品≫ 銀河英雄伝説本伝・外伝(朗読:下山吉光)、アルスラーン戦記(朗読:下山吉光)、薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ(朗読:土師亜文)、創竜伝、ラインの虜囚(第22回うつのみやこども賞受賞作 朗読:浅井晴美)、タイタニア(朗読:岸尾だいすけ)、ア [全文を読む]

柄本佑・満島ひかり・吉沢亮が舞台初共演“鬼才”とタッグ<コメント到着>

モデルプレス / 2017年04月06日12時11分

芥川龍之介の脳内を百鬼夜行と辿る 同作は、生きるために必要な悪“必要悪”という人間のエゴイズムを克明に描き出した芥川龍之介の『羅生門』を中心に物語は展開。仕事を失い途方にくれる下人(『羅生門』主人公)が、悪に手を染めても生き抜く道を選ぶ、その選択をするまでの数秒間に下人の脳内でおこったことをファンタジックに描きだす。 さらに、「藪の中」、「蜘蛛の糸」、「 [全文を読む]

田端の記念館と「文豪ストレイドッグス」がコラボ

Walkerplus / 2016年10月20日08時00分

■ 描き下ろし作品も登場 朝霧カフカ原作、春河35(さんご)漫画の「文豪ストレイドッグス」は、文豪の芥川龍之介や中島敦、太宰治、森鴎外らをモチーフにしたキャラクターが登場するアクション漫画。現在、テレビアニメも放映中の人気作品だ。企画展の開催地である田端は、かつて芥川龍之介が暮らした街として知られており、「田端文士村記念館」には彼の貴重な原稿や書簡などが [全文を読む]

全国の校歌・社歌を4時間演奏する「芥川也寸志の団体歌」4月16日に田端で開催。

DreamNews / 2017年02月28日09時00分

会場は芥川也寸志の生誕の地である「田端」スタジオ・アンダンティーノ(芥川龍之介旧居跡までは230メートル!)。コンサートとしてだけでなく、様々な趣向を凝らして、芥川也寸志の音楽、団体歌を楽しもうという企画となります。芥川也寸志ファン、芥川龍之介ファンならば逃せないイベントです。事前連絡の上、楽譜をお持ち頂ければリクエスト演奏も検討致します。2017年4月1 [全文を読む]

TVアニメ「文豪ストレイドッグス」から、描き下ろし特典付きのカップ&ソーサーが登場!

PR TIMES / 2016年01月15日19時21分

株式会社KADOKAWAより、2016年4月放映開始のTVアニメ「文豪ストレイドッグス」のキャラクターをイメージしたゴージャスなカップ&ソーサーが登場!カドカワストアでは豪華特典付きで予約を開始いたしました! [画像1: http://prtimes.jp/i/7006/2047/resize/d7006-2047-246997-0.jpg ] 大人気異能 [全文を読む]

「風前の灯火」な海外文学を救うかもしれない、たった1誌のメルマガ

まぐまぐニュース! / 2015年12月29日23時00分

芥川龍之介が愛した本 ……ルナアル『にんじん』 芥川龍之介と谷崎潤一郎が喧嘩をしたというエピソードをご存じでしょうか? 喧嘩といっても、直接会って喧嘩をしたわけではありません。それは、文芸誌上で『文学は○○だ!』という主張をぶつけあうというものでした。大御所の文豪同士ですから、各々の執筆スタイルはかなり異なります。谷崎潤一郎は、「ストーリーが重要なんだ [全文を読む]

『月刊文藝春秋』初の特装版を日販PB商品として販売

DreamNews / 2015年07月01日15時00分

特別付録は、芥川龍之介が死去した際に刊行された昭和2年9月号の『月刊文藝春秋 芥川龍之介追悼號』の復刻版で、芥川龍之介遺稿3本の他、菊池寛や谷崎潤一郎の追悼エッセイなど、貴重な文献を含む全224ページで構成されています。第153回芥川賞は、話題作『火花』(又吉直樹著)が候補となったことで、選考結果や受賞作掲載号に通常以上の大きな注目が集まることが予想されま [全文を読む]

旺文社×文藝春秋「ノートを借りてみたい東大卒小説家は?」アンケート結果発表!文豪・夏目漱石が大差で第1位 その理由は……

DreamNews / 2015年04月13日15時00分

【アンケート調査概要】 実施期間 :2015年2月25日~3月31日 調査方法 :「本の話WEB」内アンケート http://hon.bunshun.jp/articles/-/3390 有効回答 :1,014名 回答者属性: ◇ 会社員=24.0%(243名)、会社役員=0.9%(9名)、公務員=2.8%(28名)、自営業=4.3%(44名)、主婦・主夫 [全文を読む]

『青空文庫POD』大活字版を先行して一挙222点発行!

PR TIMES / 2014年11月12日10時48分

-芥川龍之介、泉鏡花、海野十三などの作品を中心に-インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、次世代型出版メソッド「NextPublishing」を用い、ボランティアで運営されているインターネットの図書館「青空文庫」の印刷書籍(プリント・オンデマンド版)を『青空文庫POD』のブラン [全文を読む]

フォーカス