芥川龍之介のニュース

若き日のラインハルトとキルヒアイスの活躍を描いた「銀河英雄伝説 黄金の翼(著:田中芳樹)」を広中雅志のキルヒアイスと堀川りょうで、キクボン(http://kikubon.jp/)が初音源化!(敬称略)

DreamNews / 2015年12月24日16時00分

■配信中作品一覧≪田中芳樹作品≫ 銀河英雄伝説本伝・外伝(朗読:下山吉光)、アルスラーン戦記(朗読:下山吉光)、薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ(朗読:土師亜文)、創竜伝、ラインの虜囚(第22回うつのみやこども賞受賞作 朗読:浅井晴美)、タイタニア(朗読:岸尾だいすけ)、アップフェルラント物語(朗読:吉崎亮太)、ゼピュロシア・サーガ 西風の戦記(朗読:浅井晴 [全文を読む]

待望の大作!唯一アニメ化されてない長編作品「銀河英雄伝説ユリアンのイゼルローン日記」がキクボン(http://kikubon.jp)にてアニメ版の声優を加えた豪華オリジナルキャストで音源化し販売開始!

DreamNews / 2015年12月21日13時00分

現在、キャンペーン中!フォームに「kikubon会戦」を入力する事でポイントプレゼント!配信中作品一覧≪田中芳樹作品≫ 銀河英雄伝説本伝・外伝(朗読:下山吉光)、アルスラーン戦記(朗読:下山吉光)、薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ(朗読:土師亜文)、創竜伝、ラインの虜囚(第22回うつのみやこども賞受賞作 朗読:浅井晴美)、タイタニア(朗読:岸尾だいすけ)、ア [全文を読む]

田端の記念館と「文豪ストレイドッグス」がコラボ

Walkerplus / 2016年10月20日08時00分

■ 描き下ろし作品も登場 朝霧カフカ原作、春河35(さんご)漫画の「文豪ストレイドッグス」は、文豪の芥川龍之介や中島敦、太宰治、森鴎外らをモチーフにしたキャラクターが登場するアクション漫画。現在、テレビアニメも放映中の人気作品だ。企画展の開催地である田端は、かつて芥川龍之介が暮らした街として知られており、「田端文士村記念館」には彼の貴重な原稿や書簡などが [全文を読む]

全国の校歌・社歌を4時間演奏する「芥川也寸志の団体歌」4月16日に田端で開催。

DreamNews / 2017年02月28日09時00分

会場は芥川也寸志の生誕の地である「田端」スタジオ・アンダンティーノ(芥川龍之介旧居跡までは230メートル!)。コンサートとしてだけでなく、様々な趣向を凝らして、芥川也寸志の音楽、団体歌を楽しもうという企画となります。芥川也寸志ファン、芥川龍之介ファンならば逃せないイベントです。事前連絡の上、楽譜をお持ち頂ければリクエスト演奏も検討致します。2017年4月1 [全文を読む]

TVアニメ「文豪ストレイドッグス」から、描き下ろし特典付きのカップ&ソーサーが登場!

PR TIMES / 2016年01月15日19時21分

株式会社KADOKAWAより、2016年4月放映開始のTVアニメ「文豪ストレイドッグス」のキャラクターをイメージしたゴージャスなカップ&ソーサーが登場!カドカワストアでは豪華特典付きで予約を開始いたしました! [画像1: http://prtimes.jp/i/7006/2047/resize/d7006-2047-246997-0.jpg ] 大人気異能 [全文を読む]

「風前の灯火」な海外文学を救うかもしれない、たった1誌のメルマガ

まぐまぐニュース! / 2015年12月29日23時00分

芥川龍之介が愛した本 ……ルナアル『にんじん』 芥川龍之介と谷崎潤一郎が喧嘩をしたというエピソードをご存じでしょうか? 喧嘩といっても、直接会って喧嘩をしたわけではありません。それは、文芸誌上で『文学は○○だ!』という主張をぶつけあうというものでした。大御所の文豪同士ですから、各々の執筆スタイルはかなり異なります。谷崎潤一郎は、「ストーリーが重要なんだ [全文を読む]

『月刊文藝春秋』初の特装版を日販PB商品として販売

DreamNews / 2015年07月01日15時00分

特別付録は、芥川龍之介が死去した際に刊行された昭和2年9月号の『月刊文藝春秋 芥川龍之介追悼號』の復刻版で、芥川龍之介遺稿3本の他、菊池寛や谷崎潤一郎の追悼エッセイなど、貴重な文献を含む全224ページで構成されています。第153回芥川賞は、話題作『火花』(又吉直樹著)が候補となったことで、選考結果や受賞作掲載号に通常以上の大きな注目が集まることが予想されま [全文を読む]

旺文社×文藝春秋「ノートを借りてみたい東大卒小説家は?」アンケート結果発表!文豪・夏目漱石が大差で第1位 その理由は……

DreamNews / 2015年04月13日15時00分

【アンケート調査概要】 実施期間 :2015年2月25日~3月31日 調査方法 :「本の話WEB」内アンケート http://hon.bunshun.jp/articles/-/3390 有効回答 :1,014名 回答者属性: ◇ 会社員=24.0%(243名)、会社役員=0.9%(9名)、公務員=2.8%(28名)、自営業=4.3%(44名)、主婦・主夫 [全文を読む]

『青空文庫POD』大活字版を先行して一挙222点発行!

PR TIMES / 2014年11月12日10時48分

-芥川龍之介、泉鏡花、海野十三などの作品を中心に-インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、次世代型出版メソッド「NextPublishing」を用い、ボランティアで運営されているインターネットの図書館「青空文庫」の印刷書籍(プリント・オンデマンド版)を『青空文庫POD』のブラン [全文を読む]

第4回公式ニコ生放送で芥川龍之介役の諏訪部順一さんがゲストとして出演決定! さらにイベント「館長と共同研究 第二弾」開催!

PR TIMES / 2017年06月07日15時30分

[画像1: https://prtimes.jp/i/2581/2152/resize/d2581-2152-740028-0.jpg ] ▼第4回公式ニコ生放送 追加ゲスト決定 『文豪とアルケミスト』アプリ版リリース記念といたしまして、6月20日(火)21時より実施予定の公式ニコ生放送について、追加ゲストの出演が決定いたしました! 追加ゲストは芥川龍之 [全文を読む]

「文豪ストレイドッグス」と山梨県立文学館がコラボ 描き下ろしの樋口一葉と芥川龍之介が登場

アニメ!アニメ! / 2017年06月02日11時00分

コラボ企画では原作マンガを手がけた春河35による描き下ろしの樋口一葉と芥川龍之介の2ショットイラストが登場。特設展「作家のデビュー展」を観覧して、展示クイズを解答するとオリジナル缶バッジも入手できる。 缶バッジのデザインは樋口と芥川に加えて、マフィア時代の太宰治のイラストを用いたものも用意された。さらに展示をより楽しめるリーフレットも配布される。缶バッジ [全文を読む]

文豪ストレイドッグス×山梨県立文学館 コラボレーション企画が7月15日より開催!!

PR TIMES / 2017年06月01日16時28分

[画像1: https://prtimes.jp/i/7006/3332/resize/d7006-3332-354424-7.jpg ] コラボ期間中は春河35描き下ろしの樋口一葉と芥川龍之介の2ショットイラストを展示。また特設展「作家のデビュー展」をご観覧の方で展示クイズにお答えいただいた方には、芥川&樋口の描き下ろしイラストやマフィア時代の太宰イラ [全文を読む]

室内合唱団「日唱」による芥川也寸志個展開催!2017年6月9日(金)渋谷にて

DreamNews / 2017年05月23日18時00分

文豪・芥川龍之介の息子として、文学に対しては一方ならぬ思いがあったと推察されるが、様々な詩につけられた音楽は、どれも芥川サウンドが溢れている。室内合唱団「日唱」による芥川也寸志個展開催!2017年6月9日(金)渋谷にて2016年からスタートした「日本の巨匠シリーズ」の第2回として「芥川也寸志」個展が行われます。企画と司会は日本の作曲家コンサートやCDをプ [全文を読む]

文豪ストレイドッグス×一葉記念館 コラボ展示開催!!

PR TIMES / 2017年02月06日14時17分

中島敦、太宰治、芥川龍之介など実在の文豪をモチーフにしたキャラクターが活躍する『文豪ストレイドッグス』と台東区立一葉記念館とのコラボレーションが2月7日(火)より開催いたします。作品の漫画担当の春河35先生による着物姿の樋口一葉&芥川龍之介描き下ろしイラストや、樋口一葉を中心とするコミックス・アニメパネルの展示をします。また、アンケートにお答えいただいた方 [全文を読む]

『文豪ストレイドッグス』のキャラクターたちが「ぷにっ」とした可愛らしい表情になって登場!~ぷに1.5『文豪ストレイドッグス』アニメイトポイント景品12月下旬より交換開始~

DreamNews / 2016年12月14日13時30分

『文豪ストレイドッグス』は中島敦や太宰治、芥川龍之介など、著名な文豪達と同じ名を持つキャラクター達が、“異能力”と呼ばれる特殊な力を駆使して戦うバトルアクションとなっており、第2クールが10月よりTOKYO MX、WOWOWほかにて放送されています。 今回のポイント景品では、中島敦、太宰治、芥川龍之介、中原中也、森鴎外、フランシス・Fの6種の缶バッジに加え [全文を読む]

[再現!文学ごはん]芥川龍之介『芋粥』の「芋粥」

&GP / 2016年12月02日08時00分

『芋粥』は芥川龍之介が『今昔物語』の中の一話をリメイクし、見事に心理劇として昇華させた短編です。文学史の授業などで習った覚えのある人も多いのではないでしょうか。 超おおざっぱに言いますと、大好きな芋粥を飽きるほど食べてみたい…、と夢想していた平凡な男が、藤原利仁という人に「じゃあ飽きるまで食べさせてやるよ」的な感じで屋敷に招かれます。 そこで予定通り大量の [全文を読む]

ACOS(アコス)より「文豪ストレイドッグス」の芥川龍之介のコートが発売決定

DreamNews / 2016年04月26日17時00分

コスプレショップACOS(アコス)から、 大人気作品「文豪ストレイドッグス」より芥川龍之介のコートが発売決定。 全国13店舗に展開し、気軽にコスプレを楽しめるブランド『ACOS』からリリース予定です。 全国のACOS・アニメイト各店にて発売予定。<報道各位> コスプレショップACOS(アコス)から、 大人気作品「文豪ストレイドッグス」より芥川龍之介のコート [全文を読む]

【文豪ストリエ】で名作読破にチャレンジ“トークアプリ風”読み物フォーマット『ストリエ』「太宰治」「宮沢賢治」「中島敦」らの文豪作品を新たにスタート!

PR TIMES / 2016年04月25日12時30分

また、毎月25日を「文豪の日」とし、「芥川龍之介」「江戸川乱歩」「泉 鏡花(いずみ きょうか)」らの名作も5月以降に続々と追加予定です。https://storie.jp/official/channel/bungou-storie[画像1: http://prtimes.jp/i/11240/81/resize/d11240-81-485531-1.jp [全文を読む]

真木よう子、「必死でウグイスのフォローしてました(笑)」【二階堂ふみ&真木よう子インタビュー前編】

Woman Insight / 2016年04月02日21時00分

そして同時代に活躍した作家・芥川龍之介役には高良健吾。金魚売りの辰夫役に永瀬正敏と個性豊かな俳優陣が脇を固めています。 そして監督は、ジャンルを超越した強烈な世界観で熱狂的な支持を受け精力的に作品を創りつづけている石井岳龍監督が務めました。 今回Woman Insightでは、そんな『蜜のあわれ』にて、金魚の少女・赤子を演じる二階堂ふみさんと、幽霊であり、 [全文を読む]

女子アナウンサーが読む珠玉の名作シリーズ! 伊藤綾子・高見侑里・皆藤愛子のオーディオブック配信。

PR TIMES / 2016年01月27日19時14分

第二弾は、皆藤愛子朗読「杜子春」(作・芥川龍之介)です。ニュース番組を中心に活躍中の美人アナウンサーが数多く在籍している事務所セント・フォース。そのアナウンサーたちが朗読した物語などを聞くことができるオーディオブックシリーズの配信を1月27日より、Audible(https://www.audible.co.jp/)にて開始します。第一弾は、「 news [全文を読む]

フォーカス