蛯名正義のニュース

競馬界2016年上半期「ビックリ事件」をスッパ抜く!(4)東の大御所、蛯名正義がモノ申したこと

アサ芸プラス / 2016年07月03日17時56分

そして、最近の競馬界全体の騎乗ぶりにモノ申すのが、東の大御所、蛯名正義(47)。東京スポーツのコラム「エビショウの“独舌”講座」(6月3日付)で、1番人気のディーマジェスティで3着に終わった日本ダービーで、直線で不利を受けたことをチクリとやりつつ、その日の最終レース、目黒記念での不利にもこう嘆いていた。〈一方で残念に感じたのは、一部のジョッキーたちのアン [全文を読む]

【G1展望・日本ダービー】ついに始まる史上最強世代の頂上決戦!! さあ、「競馬の祭典」の幕開けだ!

Business Journal / 2016年05月22日17時00分

「このレースだけは特別、何度でも勝ちたい」 過去に2度、悲願を目前にして敗れ去った蛯名正義が言った。「ダービーを勝つことがいかに難しいかは、自分が一番よく知っているつもりだ」 世界中で数多のG1を勝利しているC.ルメールが言った。「どの国でもダービーは特別なレース。当然、勝ちたい」 外国人騎手でありながら、すでに2度の勝利があるM.デムーロが言った。「(母 [全文を読む]

アパパネとサンテミリオン、蛯名正義と横山典弘が起こした「奇跡」。日本競馬史上初めて誕生した「2頭の女王」

Business Journal / 2016年05月22日14時00分

逆に負けたと思っていたのはアパパネの鞍上・蛯名正義騎手だった。引き揚げてくると「2着」の脱鞍場にアパパネを入れようとしたが、勝利を信じているアパパネの陣営に促され、とりあえず「優勝馬」の脱鞍場に入った。 一体、どれだけ時間が経ったのだろうか。実質は10分、いや、15分、20分か……。 雨と靄で景色と共に時間の感覚までぼやけてくる中、やがて、そしていつか必 [全文を読む]

岩田康誠騎手から引き継がれた「ミスターピンク」帽の呪い! 蛯名正義騎手は日本ダービー(G1)での「大逆転」に向けて運気を充電中!?

Business Journal / 2016年05月17日12時00分

それこそが、昨年のジャパンCで岩田騎手と共に仲良く8枠のピンク帽をかぶっていた蛯名正義騎手である。 ミスターピンク帽の称号は、まるでそこで引継ぎが行なわれたかのように蛯名騎手が継承。ジャパンCだけでなく、年末の有馬記念(G1)でも見事に大外枠に入って苦戦を強いられた。 そして、蛯名騎手のミスターピンク帽ぶりは、今年になっても勢いが止まらない。 春のG1シー [全文を読む]

蛯名正義騎手の皐月賞制覇に奇妙な「共通点」 ダービーへ向けて盤石の「サイン」も明らかに!

Business Journal / 2016年04月18日12時00分

先日17日の皐月賞(G1)を8番人気の伏兵ディーマジェスティで制した蛯名正義騎手。3歳牡馬クラシック第一弾を勝つのは、前回2014年のイスラボニータに次いで2度目となるが、実はその間には奇妙な「共通点」があった。 2014年の皐月賞馬イスラボニータは、名種牡馬フジキセキ最後の世代で初めてのクラシック勝利。父フジキセキは無敗で弥生賞(G2)を制しながら、皐月 [全文を読む]

“世界の武豊”を支えた蛯名正義との友情秘話「お互いを支え合う2人の友情」

アサ芸プラス / 2015年12月20日09時56分

当時を知る在京専門紙の元記者が耳打ちする。「トップジョッキーのユタカからホンネの情報を引き出すのは大変でしたから、かなりの社が奥さんにバレない形でご祝儀を渡していました。ある社などは最終レースが終わったあと、人のあまりいない競馬場内の一室にユタカを呼び出し、数百万円入った包みをそっと手渡していましたよ」 武と蛯名の友情譚に話を戻せば、ここ数年、武が社台グル [全文を読む]

“世界の武豊”を支えた蛯名正義との友情秘話「表立った批判はしない武が…」

アサ芸プラス / 2015年12月19日09時56分

珍しく憤りの言葉を吐くほどの「包囲網」──。「1番人気馬と天才」の組み合わせは、歴戦の外国人騎手にとっても最大の脅威だったのだろう。ぬきんでた実力ゆえに敵の多いNO1騎手のよき理解者は、同期のスター騎手だった。そこには人知れず天才を支えるキズナが‥‥。「意味のわからない絡まれ方をされて‥‥。あそこでムダな脚を使ったのが全て。絡んできた2頭は15着、16着だ [全文を読む]

レース観戦がおもしろくなる競馬裏ネタ(2)「主要騎手の“禁”プロフィール その1」

アサ芸プラス / 2014年02月26日09時57分

高級志向が強いからか、ワインにも精通しています」(編集者) ■蛯名正義は東のギャンブル王だった かつてアサヒ芸能でも蛯名正義と松岡正海の「韓国カジノツアー計画」を報じたことがあった。その賭けっぷりはみごとなもので、 「夏開催の新潟から直行便でソウルに向かい、バカラ一辺倒。少ない時でも帯封1束、通常は3束は用意しているそうです」(トレセン関係者) [全文を読む]

ケンカ激突「制裁騎手」ランキング(2)木幡vs蛯名のバトルが勃発

アサ芸プラス / 2017年05月14日17時56分

「木幡巧也と騎手会のご意見番・蛯名正義(48)は、周囲を巻き込んでバトルを展開中です」(美浦担当記者) 発端は昨年、蛯名が木幡巧の騎乗ミスを注意したことだった。「巧也は超が付くほどの負けず嫌いで、負けたレースのVTRを検量室のモニターで見ながら悔し涙を流すほど。それを見かねた戸崎が『泣いてんじゃないよ』と声をかけるぐらいです。もっとうまくなれ! という励ま [全文を読む]

JRA「エージェント制廃止」に騎手会猛反発!(1)競馬界を激震する「改革」

アサ芸プラス / 2017年04月01日09時56分

その後、蛯名正義(48)のエージェントも同じように‥‥。何があったのかと思えば、制度廃止に向けての動きがあることがわかりました」 競馬ライターがこう話すように、今、ある「改革」が競馬界を激震させている。騎手や調教師の間で論議を呼び、「審議ランプ」が点灯中の問題とは──。 競馬解説者が言う。「きっかけは、競馬ファンからJRAへかかってきた苦情の電話だったよう [全文を読む]

フォーカス