尾崎紅葉のニュース

『文豪とアルケミスト』 有魂書転生キャンペーン実施とDMM GAMES 5周年記念セット販売のお知らせ! さらに初の大型イベント開催予告!

PR TIMES / 2016年12月21日16時23分

今回は「尾崎紅葉」を対象とし、次回の大型イベントにて会派に編成しているとイベントを有利に進行することができます。 また、イベント進行中に「尾崎紅葉」を所持していると特殊なストーリーが発生いたします。 開催期間:12月21日(水) ~ 12月28日(水)メンテナンス前まで [画像1: https://prtimes.jp/i/2581/1720/resize [全文を読む]

『文豪とアルケミスト』 有魂書転生キャンペーン実施と DMM GAMES 5周年記念セット販売のお知らせ! さらに初の大型イベント開催予告!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月21日16時00分

今回は「尾崎紅葉」を対象とし、次回の大型イベントにて会派に編成しているとイベントを有利に進行することができます。また、イベント進行中に「尾崎紅葉」を所持していると特殊なストーリーが発生いたします。開催期間:12月21日(水) ~ 12月28日(水)メンテナンス前まで ▼DMM GAMES 5周年記念セット販売DMM GAMES 5周年を記念しまして「文豪と [全文を読む]

和洋学園、文豪 尾崎紅葉と硯友社をテーマにした記念講演会を2月20日に開催

@Press / 2016年01月13日10時00分

学校法人和洋学園 和洋女子大学(千葉県・市川市、学長 岸田 宏司)と和洋九段女子中学校高等学校(千代田区九段北、校長 橋本 喜一)は、連携プロジェクト記念講演会として、2016年2月20日(土)に「尾崎紅葉と硯友社(けんゆうしゃ)」をテーマにした「近代日本の息吹~和洋学園と硯友社~」を和洋九段女子中学校高等学校(千代田区九段北)にて開催します。 記念講演会 [全文を読む]

TVアニメ『文豪ストレイドッグス』より 「武装探偵社」「ポートマフィア」「黒の時代」 それぞれのキャラクターモチーフをあしらったデザインの【モチーフボールペン】が登場!

DreamNews / 2017年05月09日15時00分

《ポートマフィアver.》には、芥川龍之介、中原中也、梶井基次郎、尾崎紅葉、樋口一葉、夢野久作、森鴎外、計7名それぞれの能力や髪飾りなどのモチーフをあしらい、キャラカラーを使用してステンドグラス風に仕上げた1本です。 《黒の時代ver.》には、太宰治、織田作之助、坂口安吾、計3名のキャラクターのモチーフを使用しました。3人が乾杯をしたウィスキーや銃痕、鞠 [全文を読む]

『文豪とアルケミスト』 初のイベント開催と新アイテム追加のお知らせ! さらに幸田露伴のサイン色紙プレゼント企画も!

PR TIMES / 2016年12月28日17時24分

尾崎紅葉」を会派に編成していることでイベントを有利に進行することができ、進行中に特殊なストーリーが発生いたします。開催期間:12月28日(水)メンテナンス後 ~ 1月11(水)メンテナンス前まで[画像1: https://prtimes.jp/i/2581/1747/resize/d2581-1747-783967-0.jpg ]▼新アイテム追加今回、「 [全文を読む]

『文豪とアルケミスト』 初のイベント開催と 新アイテム追加のお知らせ! さらに幸田露伴のサイン色紙プレゼント企画も!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月28日17時00分

尾崎紅葉」を会派に編成していることでイベントを有利に進行することができ、進行中に特殊なストーリーが発生いたします。開催期間:12月28日(水)メンテナンス後 ~ 1月11(水)メンテナンス前まで ▼新アイテム追加今回、「精錬ノ霊薬」「探求ノ霊薬」の2種類を新しく追加いたしました。精錬ノ霊薬:潜書時に特務司書及び文豪の経験値が通常の2倍獲得できます(効果時 [全文を読む]

「桃太郎殺す!」鬼が仲間を集め、桃太郎退治に!? めくるめく“くだらない古書の世界”へようこそ『怪書探訪』

日刊サイゾー / 2016年12月09日23時30分

明治時代の文豪・尾崎紅葉が発表した『鬼桃太郎』。この作品は、桃太郎が鬼を退治したあとの鬼ヶ島から物語が始まる。桃太郎一行によって、同族を虐殺された親分・大鬼は、復讐を果たすために志願者を募集。しかし、桃太郎の残虐さ(?)から誰も声をあげない(鬼なのに!)。そこへ、どんぶらこどんぶらこと大きな苦桃が流れてきて……というもの。 苦桃からは、桃太郎を倒すべく、 [全文を読む]

『文豪とアルケミスト』公式サイト更新! リリース直前プロローグを実装!! 一部文豪のボイス公開のお知らせと初公開の文豪もご紹介!

PR TIMES / 2016年10月17日15時20分

芥川龍之介(CV:諏訪部順一) 太宰治(CV:中村悠一)泉鏡花(CV:神谷浩史) 夏目漱石(CV:鳥海浩輔)宮沢賢治(CV:代永翼) 萩原朔太郎(CV:野島健児)中原中也(CV:柿原徹也) 江戸川乱歩(CV:斉藤壮馬)森鴎外(CV:大川透) 島崎藤村(CV:立花慎之介)尾崎紅葉(CV:緑川光) 中島敦(CV:石川界人)北原白秋(CV:花江夏樹) 志賀直哉( [全文を読む]

『文豪とアルケミスト』公式サイト更新! リリース直前プロローグを実装!! 一部文豪のボイス公開のお知らせと初公開の文豪もご紹介!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月17日15時00分

芥川龍之介(CV:諏訪部順一) 太宰治(CV:中村悠一)泉鏡花(CV:神谷浩史) 夏目漱石(CV:鳥海浩輔)宮沢賢治(CV:代永翼) 萩原朔太郎(CV:野島健児)中原中也(CV:柿原徹也) 江戸川乱歩(CV:斉藤壮馬)森鴎外(CV:大川透) 島崎藤村(CV:立花慎之介)尾崎紅葉(CV:緑川光) 中島敦(CV:石川界人)北原白秋(CV:花江夏樹) 志賀直哉( [全文を読む]

『定番すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』発刊のお知らせ

@Press / 2016年07月29日17時00分

【収録作】 夏目漱石『坊っちゃん』 織田作之助『夫婦善哉』 国木田独歩『武蔵野』 芥川龍之介『地獄変』 チェーホフ『桜の園』 尾崎紅葉『金色夜叉』 徳冨蘆花『不如帰』 小林多喜二『蟹工船』 ウィーダ『フランダースの犬』 作者不詳『マザー・グース』 吉田兼好『徒然草』 有島武郎『カインの末裔』 太宰治『斜陽』 スウィフト『ガリバー旅行記』 陳寿『魏志倭人伝 [全文を読む]

有名男女が巻き起こした“盗作騒動”「五輪エンブレムを撤回した佐野研二郎氏の論理」

アサ芸プラス / 2015年09月12日09時55分

「あの尾崎紅葉も弟子の作品を自作として発表していたそうですからね。まだ著作権やオリジナリティといった概念が希薄な時代だったということでしょう」(文芸誌編集者) もっとも権利意識が明確になり、情報網も発達した今の時代では、こうした行為が完全に「盗作」であることは言うまでもない。 そんな文学界で最も有名な「盗作騒動」作家といえば「白い巨塔」「華麗なる一族」「不 [全文を読む]

森村誠一氏 戦時中小説を読んでいたら非国民扱いされたと述懐

NEWSポストセブン / 2015年08月12日16時00分

ある日、学校に尾崎紅葉の小説『金色夜叉』を持っていったんです。そしたら上級生に見つかって、この非常時に、『キンイロヨマタ』などという文弱なものを読むとは何事だとこっぴどく叱られました。金色夜叉をキンイロヨマタと呼ぶのがおかしくて笑ったら、ぶん殴られました。 学校では『進め一億火の玉だ』『撃ちてし止まん』『欲しがりません勝つまでは』といった言葉を何度も何度も [全文を読む]

【書評】お化け好きが急所をつかんで描いたお化け好きの評伝

NEWSポストセブン / 2015年05月25日16時00分

金沢生まれの鏡花が上京して尾崎紅葉の弟子となり、玄関番となったのは十八歳(明治二十四年)であった。以後六十七歳で没するまで、三百編余の小説を書いた。 金沢の実家が焼け、父が没して生活のめどがつかず、自殺しようとしたところを紅葉にはげまされて、生きのびた。偏屈で、化け物を愛し、異界の幻想のなかを生きた鏡花の生涯が、わかりやすく、急所をつかんで描かれている。 [全文を読む]

【書評】お化け好きが急所をつかんで描いたお化け好きの評伝

NEWSポストセブン / 2015年05月25日16時00分

金沢生まれの鏡花が上京して尾崎紅葉の弟子となり、玄関番となったのは十八歳(明治二十四年)であった。以後六十七歳で没するまで、三百編余の小説を書いた。 金沢の実家が焼け、父が没して生活のめどがつかず、自殺しようとしたところを紅葉にはげまされて、生きのびた。偏屈で、化け物を愛し、異界の幻想のなかを生きた鏡花の生涯が、わかりやすく、急所をつかんで描かれている。 [全文を読む]

<「全集」不毛の今でこそ>池澤夏樹氏の個人編集「日本文学全集」の一冊目が「自分の本」に脱帽

メディアゴン / 2015年02月19日01時30分

「円本」の第一回配本が尾崎紅葉だったのは営業上の思惑があったはずだ。 ベトナム戦争が歴史になって来た今では「開高健」と言っても知らない人が多いだろうし、「智恵子抄」を知らない人に「高村光太郎」と言っても、「新人イケメン俳優にそんな人はいない」と言われるだけかもしれない。そんな時代に池澤夏樹さんは個人編集という極めてユニークな発想で、2007年から2011年 [全文を読む]

小説が話題のピース又吉 月に1回母親に安否確認のメール

NEWSポストセブン / 2015年01月15日16時00分

過去のインタビューによれば、国語の教科書で読んだ芥川龍之介の『トロッコ』に感銘を受けたのがきっかけで、その後、太宰治や尾崎紅葉、島崎藤村、谷崎潤一郎など近代文学に手を広げていったという。 高校はサッカーの名門校に進学し、インターハイにも出場した。だが、他のメンバーがサッカー推薦で大学に進むなか、「お笑いの世界で生きていく」と決めていた又吉は、東京のNSC( [全文を読む]

みのもんた「連載最終回ということでこの1年を振り返る」(2)

アサ芸プラス / 2014年12月21日09時55分

今の日本を見ていると、尾崎紅葉の小説「金色夜叉」の一説を思い出す。熱海で貫一がお宮を蹴飛ばしながら、「お前、ダイヤモンドに目がくらんだな」と言うセリフだよ。 「円安だ、株高だ」と喜んでいる人を見ると、そのセリフを言いたくなる。まさに、日本には目先の利益に目がくらんだ夜叉ばかりになっちゃった。 もちろん、そうじゃない人もいた。沖縄の大義のために沖縄県知事選を [全文を読む]

神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2014

PR TIMES / 2014年11月11日09時58分

また江戸時代には蜀山人(大田南畝)、明治期には尾崎紅葉や泉鏡花など多くの文化人が愛し、住んでいました。 [全文を読む]

ピース又吉推薦。「こっちの太宰も悪くない。」 『文豪ストレイドッグス』最新巻ポスター解禁!!

PR TIMES / 2014年08月01日14時37分

だが、 鏡花を組織に連れ戻そうとする、マフィア時代の世話役 ・尾崎紅葉が容赦なく二人に襲い掛かり…!? マフィア と探偵社、ギルドの全面戦争の幕が上がる! 【PV絶賛放映中!】「文豪ストレイドッグス」 特設サイト http://www.kadokawa.co.jp/sp/bungo/ 原作マンガはヤングエースにて絶賛連載中 http://www.kadok [全文を読む]

芥川龍之介らが眠る霊園巡り “墓マイラー”が推奨ルート紹介

NEWSポストセブン / 2013年07月22日07時00分

周囲には上野英三郎の墓と忠犬ハチ公碑があり、紅葉が彫られた洒落た花受けがあるのは『金色夜叉』の尾崎紅葉。さらに犬養毅元首相、乃木希典、中江兆民などの有名人の墓が集まっている。 静謐でゆったりと時間が流れる霊園や墓地は都会のオアシスだ。マナーを守り、安らかな気持ちでお参り&お散歩をしたい。 ※SAPIO2013年8月号 [全文を読む]

フォーカス