滝沢充子のニュース

能年玲奈、証人出廷の可能性も? 滝沢充子氏との“本当の関係”が明らかに!?

tocana / 2016年05月10日09時00分

能年は“生ゴミ先生”こと魅力開発トレーナーの滝沢充子氏を慕い、昨年1月に個人事務所を設立。代表取締役は能年で、滝沢氏は唯一の取締役に就任した。 「それを所属事務所に無断で行ったことから、大騒動になった。滝沢氏のもとにはマスコミが殺到し、一部スポーツ紙と女性誌が能年と滝沢氏の関係を『洗脳状態』と報じた。これに滝沢氏が激怒。『洗脳というワードはオウム真理教事件 [全文を読む]

能年玲奈、マギー、清水富美加……相次ぐ騒動で定着した「レプロ=怖い」というイメージ

日刊サイゾー / 2017年02月14日00時00分

寮の乾燥機が壊れた際には、能年が「明日のパンツがない」「財布に200円しかない」と、深夜、当時演技指導をしていた滝沢充子氏に電話したこともあったと伝えた。 また、『あまちゃん』でブレーク後、能年にはオファーが殺到したが、レプロは仕事を勝手に断っていたといい、その中には能年が出演を熱望していた実写映画『進撃の巨人』も。当時、能年は記者の直撃に「仕事がしたい」 [全文を読む]

清水富美加の前は能年玲奈も「給与5万円」騒動 「レプロ」契約トラブル続発は偶然か

J-CASTニュース / 2017年02月13日16時39分

のんさんは限界に達し、演技指導者の滝沢充子氏に助けを求めたという。 菊地亜美「私は毎日楽しく仕事してます」 「月給5万円問題」について、事務所側は当時の文春取材に「個人の給料についてはお答えできません」としていたが、その後、「週刊現代」2016年11月5日号に掲載されたノンフィクションライター田崎健太氏による取材記事中で、 「生活全ての面倒を見て、レッスン [全文を読む]

能年玲奈の前所属事務所が「ブラック企業大賞はジャニーズ」とツイートし炎上! 一方、能年は林真理子に本音を

リテラ / 2016年11月23日20時00分

しかし、能年が事務所側のマネジメントに不信感をもち、独立を願い出ると、ブレイク前から指導を受けてきた演出家の滝沢充子氏に「洗脳」されているとして、独立を認めず、すべての仕事を剥奪。能年を全く仕事のない飼い殺し状態に追い込んだのだ。 それだけではない。昨年春には週刊誌やスポーツ紙に独立騒動の情報を流し、「洗脳」との能年バッシングの流れをつくりあげた。大手メデ [全文を読む]

のん(能年玲奈)が「ワルイちゃん」グッズ展開も、酒井法子の「のりピーちゃん」に激似!? 丸い顔に毛が3本で

日刊サイゾー / 2016年11月11日17時00分

書籍化やアニメ化のほか、2003年には絵本化もされ、酒井は逮捕される数年前まで、10年以上にわたり展開させていました」(芸能記者) のんといえば昨年1月、個人事務所“株式会社三毛andカリントウ”を魅力開発トレーナーの滝沢充子氏と設立。当時契約していた“レプロエンタテインメント”には無断であったため、改名を余儀なくされるほどの大トラブルに発展した。 「独立 [全文を読む]

騒然! 能年玲奈改め「のん」が、岩手県庁に“小学生レベル”の絵を寄贈

日刊サイゾー / 2016年08月09日18時00分

頼みの綱は、のんが心酔する魅力開発トレーナー・滝沢充子氏プロデュースの舞台くらいのもので、生計を立てるには少々心もとない。そこで始めたのが、芸術家としての活動だ。 4月に発生した熊本地震のときは、ブログに心温まる“くまモン絵”をアップし、被災地を勇気付けた。 そして今回、県庁訪問の手土産に選んだのも、得意のイラストだった。ご当地キャラクター「そばっち」にア [全文を読む]

能年玲奈「小泉今日子の舞台で復帰?」“のん”の大逆襲が始まる!?

日刊大衆 / 2016年08月01日09時00分

「そんな状況が続く中、彼女の名前が世間に大きく伝えられたのは“洗脳、引退危機”といった、週刊誌、スポーツ紙の報道でしたから、衝撃を受けましたね」(テレビ誌記者) 昨年4月、騒動を報じた多数のメディアによると、能年は、彼女が“生ゴミ先生”と慕う、演出家で魅力開発トレーナーの滝沢充子氏の洗脳下にあり、所属事務所からの独立を企て、個人事務所『三毛andカリントウ [全文を読む]

“関西テレビ界の女帝”上沼恵美子が能年玲奈の母に公開説教!

日刊サイゾー / 2016年07月26日09時00分

能年は昨年1月に個人事務所「三毛andカリントウ」を、心酔する魅力開発トレーナーの滝沢充子氏と設立。何も知らなかった所属事務所「レプロエンタテインメント」は激怒し、先月末に所属契約が切れた現在も大トラブルになっている。 これらは「独立騒動」と報じられ、女性誌では能年の引退報道も飛び出した。これに、別の週刊誌で異論を唱えたのが能年の母。娘の引退報道が事実無 [全文を読む]

泥沼化はあの大物のせい?能年玲奈を悩ます”芸能界の板挟み”

デイリーニュースオンライン / 2016年07月18日18時05分

第一報を報じた昨年4月の『東京スポーツ』は、能年が“生ゴミ先生”と呼ばれる演出家・滝沢充子氏に「洗脳されている」として、大きな波紋を呼んでいた。一方で『週刊文春』(文藝春秋)ら一部週刊誌は能年側に立ち、メディアを使った代理戦争状態となっていた。 「報道を受けて滝沢氏は東スポ、またレプロ側は文春をそれぞれ提訴。裁判はいまだ続いていますが、これも能年が芸能活 [全文を読む]

テレビから永久追放?”のん”こと能年玲奈と事務所が法廷闘争へ

デイリーニュースオンライン / 2016年07月17日09時03分

■どっちが悪い? 事務所の対応に賛否両論 2015年1月に、演劇指導の“生ゴミ先生”こと滝沢充子氏とともに株式会社「三毛andカリントウ」を設立した能年。レプロとの二重契約が取り沙汰され、約1年半に渡って姿を消すこととなった。 今年7月に入って、能年は一部雑誌メディアを通じて「(レプロとの)6月までの契約は終わった」と主張し、芸名を「のん」と改名。芸能復 [全文を読む]

フォーカス