君島十和子のニュース

WEB独占連載中!君島十和子のWEB連載 「十和子道」が連載3ヶ月で160万PVを突破!

PR TIMES / 2016年02月02日09時11分

「奇跡の50歳」が自身の生き様を語る!株式会社集英社が運営する40~50代を対象にしたオンラインメディア「OurAge」( http://ourage.jp/ )にて連載中の元女優で現在は美容家である君島十和子さんの「十和子道」( http://ourage.jp/column/series/527/ )が、連載開始わずか3ヶ月で160万PVを突破しました [全文を読む]

働く美ママになる秘訣!君島十和子さんに学ぶ「産前産後の美習慣」3つ

BizLady / 2015年03月03日16時00分

なんとかしたいけれど、仕事と家事・育児でいっぱいいっぱいで、自分をケアする時間なんて確保できずに悶々としているという働きママも多いのはないだろうか? “美のカリスマ”君島十和子さんは、産後、「きれいにしていることは私の生命線だった」と、MOOK『MAMA MALIA』(光文社)の中で語っている。 今回は、同書でのインタビューや関連書籍を参考に、君島さんが [全文を読む]

君島十和子のキレイの秘訣は“部屋のそうじ”にあった! 愛用のキッチン道具から冷蔵庫の中まで自宅を初公開!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月09日11時00分

「こんにちは、君島十和子です。2016年5月30日に50歳になりました」。『十和子道』(君島十和子/集英社)の表紙を飾るのは、くっきりとした目元でヴィーナスのように微笑む著者本人だ。「美を育むのは、メイクやコスメではなく生き方そのもの――その“生き方”を知りたいと密着取材した」のが本書である。帯には「“奇跡の50歳”のライフスタイルを初公開!」とあるように [全文を読む]

君島十和子 ダチョウ倶楽部も仰天の「50度熱湯風呂美容法」

WEB女性自身 / 2017年04月21日17時00分

奇跡のアラフィフ として知られる君島十和子(50)の衝撃的な美容法が話題を呼んでいる。 君島は4月20日放送の『アウト デラックス』(フジテレビ系)に出演。「風呂が熱すぎて家族に迷惑をかけている美のカリスマ」と紹介され颯爽と登場した君島は、次々と仰天トークを展開した。 銀座の超高級寿司に大量のわさびをつけたり、バルサミコ酢を原液で飲むなどの食事法には、共演 [全文を読む]

マツコ「確実に異常者よね」君島十和子の“命の危険を感じる”美容法とは!?

Smartザテレビジョン / 2017年04月21日08時00分

4月20日放送「アウト×デラックス」(フジテレビ系)に君島十和子が登場。「美のカリスマ」が、知られざるアウトな美容法を披露し、スタジオ全員を驚愕させた。 君島は、JJのモデルとして活躍後、女優として数々の映画やドラマに出演。50歳を迎えた現在は、数々の化粧品のプロデュースを手掛け、「美のカリスマ」として女性から圧倒的支持を受けている。 君島がスタジオに登場 [全文を読む]

松岡修造の娘が宝塚合格!君島十和子の娘とのタカラジェンヌ対決に勝つのは?

アサジョ / 2017年04月02日10時14分

しかし、そんな状況に焦りを感じているのが、昨年一足早く宝塚の初舞台を踏んだ元女優で実業家の君島十和子の娘・蘭世惠翔。松岡の娘とは日本女子大付属高校の先輩に当たる。すでに宝塚・月組で男役としてスタートを切っているが、宝塚に詳しいライターからはこんな声も‥‥。「最近の宝塚の男役は身長170センチ以上が多いなかで、彼女は男役としては意外と小柄です。ラインダンス [全文を読む]

頑強な女・君島十和子50歳の生き様 家事・育児・仕事・美貌

messy / 2017年01月06日16時00分

元モデルで女優、現在は美容家として活動する君島十和子(50)。アラフォーの人間にとっては、彼女もまた、神田うのや梅宮アンナと同様、一時期はワイドショーを賑わせた芸能人の一人として記憶の片隅にあることだろう。 皇室御用達ファッションブランドとして当時ブティックを展開し一世を風靡していた「KIMIJIMA」のデザイナーである故・君島一郎氏を父に持ち、ブライダル [全文を読む]

これで本当に50歳!?君島十和子の美しさに「枯れる雰囲気がいっさいない!」

アサジョ / 2016年11月22日10時14分

元女優で現在は実業家の君島十和子さんが11月15日、「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演した。50歳になったというが体型は女優時代と変わらず、その姿からは肌、爪、髪とスキなく手入れしていることがうかがえた。 ネットでも「いくら何でもきれいすぎる」「美しいなぁ~」「こんなかわいい50歳いるんだ!」と美しさを称える声が続出。番組MCのふかわりょうも「枯れ [全文を読む]

君島十和子 「誰も祝福しなかった結婚」と「夫の初印象」

WEB女性自身 / 2016年08月26日06時00分

時々、私が代表取締役と勘違いされてしまう方もいるみたいですが、私はもっぱら 作り手 です」 表参道の人気化粧品ブランド「フェリーチェ・トワコ・コスメ(FTC)」本社の社長室で君島十和子さん(50)はこう言って、瑞々しい顔に柔らかな笑みを浮かべてみせた。 「美のカリスマ」と称され、多くの女性たちから羨望の眼差しを集める彼女。そして、そんな妻とふたりで、まった [全文を読む]

君島十和子 育児も実業家夫がサポート、長女との“別れ話”も

WEB女性自身 / 2016年08月26日06時00分

いまの私の夢は、FTCをどのご家庭にもうちの製品が1つ置いてあるような、そんなブランドに育てたい」(十和子さん) 表参道の人気化粧品ブランド「フェリーチェ・トワコ・コスメ(FTC)」本社の社長室で君島十和子さん(50)はこう言って、瑞々しい顔に柔らかな笑みを浮かべてみせた。 「美のカリスマ」と称され、多くの女性たちから羨望の眼差しを集める彼女。そして、そん [全文を読む]

君島十和子さんも実践!顔色改善「寝る前ラジオ体操」で美肌キープ!

アサジョ / 2016年07月07日17時58分

そんなとき、あなたはどうしていますか? もちろん、マッサージや、上からなにかを塗るのも一つの方法だけれど、もう一つ、数秒でぐんと顔色が良くなり、肌ツヤも良くなる方法をご紹介! それが、あの君島十和子さんも実践しているという「寝る前ラジオ体操」。なんということもない体操ですが、実はきちんと行えば、全身の筋肉を使う効率的な運動なのだとか。 美肌には、質の高い睡 [全文を読む]

君島十和子の長女 宝塚芸名はスーパーウルトラ大吉運

NEWSポストセブン / 2016年03月13日16時00分

“辣腕マネジャーさんみたい”って評判になりましたが、それだけ娘さんに対する期待が大きいんでしょうね」(宝塚関係者) 君島十和子(49才)の長女・憂樹さん(18才)が3月1日に宝塚音楽学校を卒業し、演劇部門優秀賞や皆勤賞で表彰された。 愛娘の晴れ姿を夫とともに最前列で見守った君島。幼少の頃から宝塚の登竜門といわれる都内の名門バレエ団に通わせるなど、苦労して超 [全文を読む]

君島十和子 宝塚音楽学校に通う娘に幸運引き寄せる芸名つける

NEWSポストセブン / 2015年12月16日07時00分

「宝塚は心の美容液」と熱心な宝塚ファンを公言してきた君島十和子(49才)は『運命のフォーチュン Amulet3』(小学館)の著者・イヴルルド遙華さんとの対談で、こんな事実を明かした。 《宝塚音楽学校に通う娘の芸名を決めた時に画数のアドバイスをしていただいて…》 娘の憂樹さん(17才)は昨年、26.6倍という狭き門を突破して晴れて宝塚音楽学校に入学した。 [全文を読む]

寿司職人が握る回転寿司

ぐるなび / 2015年10月26日12時10分

中山秀征さん、中川翔子さん、君島十和子さんが、「まさのすけ本店 北里店」(神奈川県相模原市南区)を訪れた。 まず紹介されたのは「天然まぐろ」(1皿100円/税別)。お客さんに還元するためにお得な価格で提供しているという。早速「天然まぐろ」を口に運んだ君島十和子さんは、「おいしい!天然!」とコメント。中川翔子さんは「おいしい!」「なんで100円なんだろうか! [全文を読む]

北陸のネタを使った回転寿司

ぐるなび / 2015年10月26日12時10分

中山秀征さん、中川翔子さん、君島十和子さん、真琴つばささん、椿鬼奴さんが「金沢まいもん寿司・たまプラーザ店」(神奈川県横浜市青葉区)を訪れた。 東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩8分ほどにある同店はのどぐろや富山白えびなど北陸のネタを使った寿司が楽しめる回転寿司店。 さっそくお寿司の「のどぐろ」を紹介。脂の乗りがよく、白身魚なのに濃厚な味が楽しめるのどぐ [全文を読む]

君島十和子「疲れ目・ほうれい線はコンシーラーよりハイライトで!」

anan NEWS / 2015年09月19日21時00分

テカリにも負けず、乾燥にも負けず…崩れない女の仕込み&お直し術を、持ち前のマニアックな美容魂を活かし、他にはない「欲しい」製品の開発を行う、FELICE TOWAKO クリエイティブディレクターの君島十和子さんにお聞きしました! 「とにかく朝のケアを重視しています。メイク崩れしないための予防は、朝のシートマスクやていねいな保湿などのスキンケアがカギ。これだ [全文を読む]

中村アン、君島十和子ら実践の毎日洗わぬ美髪術 日本人に合う

NEWSポストセブン / 2015年01月26日16時00分

日本でも美のカリスマ・君島十和子(48才)は著書『エレガンス・バイブル』(双葉社)にこう綴っている。 《私は1日置きにシャンプーするのですが、地肌はベタつかず、髪はしっとり。髪そのものが生き返ったようにさえ思います》 『にいざわ皮ふ科』の新澤みどり院長が説明する。 「日本人は外国人に比べても皮脂の分泌が少ないですから毎日の洗髪は不要です。 皮脂は本来髪に必 [全文を読む]

君島十和子が伝授!なぜビューラーを使わずにキレイなカールが作れるのか?

Woman Insight / 2014年11月23日20時00分

突然ですが、元祖美のカリスマ君島十和子さんのドアップ写真です。 まつ毛にご注目ください! こんなにカールしているのに、ビューラーを使っていないそう。 十和子さんのコスメティックブランド『Felice Towako Cosme(フェリーチエ トワコ コスメ)』のマスカラがリニューアル発売になり、その発表会での様子をレポートしたいと思います。 いつもエレガント [全文を読む]

黒木瞳と君島十和子 娘をめぐる「十年戦争」が一応の決着

NEWSポストセブン / 2014年04月16日07時00分

3月29日の宝塚音楽学校の合格発表──君島十和子(47)が娘の合格に涙する姿が報じられ、大きな話題となった。ヅカファンとは縁遠い読者諸氏にとっては「へぇ~」という程度のことかもしれない。 だが、最近女性の間では口を開けばこの話題になるという。しかも話の核は「娘の合格」ではなく、合格発表の場に「ある人物」の姿がなかったことだったというのだ。 その人物とは、女 [全文を読む]

宝塚入りした君島十和子の愛娘 険しすぎるトップスターへの道と、立ちはだかる「宝塚のジンクス」!!

tocana / 2014年04月05日09時00分

3月29日、倍率26倍以上ともいわれる宝塚歌劇団の養成学校・宝塚音楽学校に元女優の君島十和子さんの娘、憂樹さんが二度目の挑戦で合格した。 「週刊文春」(文藝春秋/4月10日号)によると、十和子さんの宝塚好きは業界内で有名らしく、月2~3回は観劇。娘をタカラジェンヌに育てることが夢だったのだという。自身の夢に一歩近づいた十和子さんだが、「トップスターの母」に [全文を読む]

フォーカス