黒沢清のニュース

黒沢清、『岸辺の旅』インタビュー ジャンル映画から解放された、新境地を語る

リアルサウンド / 2015年09月29日12時50分

あの黒沢清がラブストーリーを撮ると、こんなにもスリリングで怖い作品になる! 今年のカンヌ映画祭ある視点部門で日本人初の監督賞を受賞した『岸辺の旅』は、「夫婦の愛」を描いた普遍的な感動作でありながら、黒沢作品でしかあり得ない目が眩むような映画的興奮に満ちた作品となっている。なにしろ、その夫婦の片方である夫があっけなくこんな告白をするところから、物語は始まるの [全文を読む]

連続ドラマW「贖罪」 第69回ヴェネチア国際映画祭正式招待作品に決定!

PR TIMES / 2012年07月27日09時12分

脚本・監督:黒沢清、主演:小泉今日子、出演:蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴、香川照之ら、豪華キャストが共演しています。 WOWOWでは今後もさらなるオリジナルコンテンツの充実を図るとともに、企画性に富んだコンテンツをさまざまな楽しみ方を提案していきます。 【黒沢清監督および主演・小泉今日子さんのコメント】 <黒沢清監督> トータル4時間半を超える日 [全文を読む]

黒沢清監督がカンヌで受賞を逃した理由とは?

Movie Walker / 2017年05月29日23時09分

一昨年『岸辺の旅』で同部門の監督賞を受賞した黒沢清監督の『散歩する侵略者』は残念ながら受賞ならず、昨年の深田晃司監督の『淵に立つ』に続く三年連続の日本映画受賞の期待は叶わなかった。黒沢清監督は今回で5回目のカンヌ映画祭ノミネートになり、すでに常連と呼んでいいカンヌ・ベテランである。コンペには2001年『アカルイミライ』で参加しただけではあるが、5回のうち3 [全文を読む]

西島秀俊、黒沢清監督の世界デビュー作『ダゲレオタイプの女』を絶賛 「どんどん海外で撮っていただきたい」

AOLニュース / 2016年10月16日17時00分

10月15日、黒沢清監督の初海外進出作『ダゲレオタイプの女』公開初日を記念した舞台挨拶が行われ、黒沢清監督が登壇、さらに俳優・西島秀俊が応援に駆けつけた。 世界中にファンを擁する黒沢監督が初めて全編フランスで撮り上げた本作。監督は「これはフランス映画ですが、現代のフランスの社会問題を鋭く描いているという作品ではありません。もっと映画そのものに根ざしています [全文を読む]

西島秀俊が花束でお祝い!黒沢清監督が世界デビュー

Movie Walker / 2016年10月15日15時51分

黒沢清監督の海外初進出作品『ダゲレオタイプの女』が、10月15日からヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ他、全国で公開。同日開催された初日舞台挨拶には、黒沢清監督が登壇した。また、この“初めての海外進出作公開”を祝福すべく俳優・西島秀俊が花束を持って駆け付けた。 本作は、黒沢清監督がオールフランスロケ、全編フランス語で撮り上げた人間ドラマ。ダゲ [全文を読む]

黒沢清監督と主演俳優がびっくり!初の海外進出作がトロント映画祭で「笑いが起きた」

Movie Walker / 2016年09月15日16時09分

オール外国人キャスト、全編フランス語で撮り上げた黒沢清監督初の海外進出監督作『ダゲレオタイプの女』(10月15日公開)で、主演のタハール・ラヒムが初来日し、黒沢清監督と共に都内で行われた来日記者会見に登壇した。第41回トロント国際映画祭プラットフォーム部門に正式出品された本作。ワールドプレミア上映や記者会見に参加した2人は、現地の反応について「たぶん良いこ [全文を読む]

小泉今日子、深津絵里、竹内結子……黒沢清が描く“女”たちはどう変化した?

リアルサウンド / 2016年06月29日06時00分

黒沢清監督の新作『クリーピー 偽りの隣人』が公開中だ。近年でも突出した禍々しさを醸す本作、同監督のファンには97年の『CURE』以来の新たなサイコスリラーとして迎えられている。しかし両作、人が謎の狂気と対峙することで己の闇を知る物語構造こそ共通するものの、様相はまるで違う。『CURE』が渇ききった虚無の砂漠とするならば、『クリーピー』は暗い森の底無し沼。こ [全文を読む]

東京藝術大学大学院映像研究科「OPEN THEATER 2015-16 みんなで映画のつくり方を学ぶために友達に書き送る手紙 vol.1」を横浜で開催!

PR TIMES / 2016年02月26日16時24分

黒沢清監督や諏訪敦彦監督と学生によるトークショーも同時開催!!『OPEN THEATER 2015-16みんなで映画のつくり方を学ぶために友だちに書き送る手紙 vol.1』・東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻 第11期夏期16mm実習作品上映・黒沢清×諏訪敦彦 トーク[画像: http://prtimes.jp/i/13670/124/resize/d1 [全文を読む]

WOWOW FILMS『散歩する侵略者』第70 回カンヌ国際映画祭正式出品決定!

PR TIMES / 2017年04月13日19時40分

また、当社としては「連続ドラマW 贖罪」(第69 回ヴェネチア国際映画祭正式招待作品)、WOWOWFILMS『岸辺の旅』(第68 回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞)に続き、黒沢清監督と3 度目のタッグになります。 『散歩する侵略者』は劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台「散歩する侵略者」を映画化した作品です。数日間の行方不明の後、夫が「侵略 [全文を読む]

オールフランスロケで挑んだ、黒沢清監督の初海外進出作品!

NeoL / 2016年11月02日17時36分

2015年カンヌ国際映画祭ある視点部門で『岸辺の旅』が監督賞を受賞した黒沢清監督が、オールフランスロケ、外国人キャスト、全編フランス語のオリジナルストーリーで挑んだ初の海外進出作品『ダゲレオタイプの女』が公開中。 本作は、世界最古の写真撮影方法“ダゲレオタイプ”が引き寄せる愛と死を描いた、ホラー・ラブロマンス。 写真家・ステファンの助手として働き始めた青年 [全文を読む]

フォーカス