谷亮子のニュース

谷亮子「議員先生たちからは現役復帰勧められているんです」

NEWSポストセブン / 2012年06月30日07時00分

民主党参議院議員・谷亮子は1992年のバルセロナ五輪以来、通算5度(金2、銀2、銅1)出場。2010年の国会議員転身によって、第一線から退いた。来月27日開幕のロンドン五輪を20年ぶりに傍観者として迎える谷にノンフィクション・ライターの柳川悠二氏がインタビューした。 ――加齢による衰えを感じたことはあったか。 谷:老いを感じることが一度もなかったからこそ、 [全文を読む]

イベント「子どもの自発的なスイッチを入れる接し方」

@Press / 2016年10月13日11時00分

日時:2016年10月22日(土)12:50~14:40場所:アオバジャパン・バイリンガルプリスクール 早稲田キャンパス(新宿区高田馬場)中橋治美氏(谷亮子選手らの元トレーニングパートナー/現AJBフィジカルEduディレクター)久野泰可氏(こぐま会代表/久野アカデミーCEO 学園長)渋谷充氏(こぐま会幼小一貫事業部長/久野アカデミーCOO校長)宇野令一郎氏 [全文を読む]

オリンピック代表選手から国会議員へ、首相経験者も

政治山 / 2016年08月12日11時50分

5大会すべてでメダル獲得した谷亮子氏、二足のわらじは批判も多く 「最高で金、最低でも金」「田村で金、谷でも金」の名言でも有名な谷亮子・前参議院議員は、柔道女子48kg級でシドニー五輪(2000年)、アテネ五輪(2004年)と連続で有言実行の金メダルを獲得。「ママでも金」を目指して臨んだ北京五輪(2008年)では銅メダルに終わりましたが、夏季五輪はバルセロ [全文を読む]

オリンピック代表選手から国会議員へ、首相経験者も

政治山 / 2016年08月12日11時50分

5大会すべてでメダル獲得した谷亮子氏、二足のわらじは批判も多く 「最高で金、最低でも金」「田村で金、谷でも金」の名言でも有名な谷亮子・前参議院議員は、柔道女子48kg級でシドニー五輪(2000年)、アテネ五輪(2004年)と連続で有言実行の金メダルを獲得。「ママでも金」を目指して臨んだ北京五輪(2008年)では銅メダルに終わりましたが、夏季五輪はバルセロ [全文を読む]

メダル逃した福見に「私が出てたら」谷亮子の上から発言に波紋

NEWSポストセブン / 2012年08月11日07時00分

メダル確実といわれていたロンドン五輪女子柔道48キロ級の福見友子(27才)が5位になったことについて、谷亮子参院議員(36才)がスポーツ紙の取材にこう答えた。 「心技体の“心”の部分が、うまくコントロールできていなかったように感じた。1回戦で格下の相手と戦っても、的を絞れないというか、淡々と試合をしてしまっている面があった」 参院選初当選3か月後の2010 [全文を読む]

柔道・福見友子 谷亮子に勝って「うぬぼれていた」と母親談

NEWSポストセブン / 2012年07月28日07時00分

長く谷亮子に次ぐ“二番手”として、「悲運の柔道家」とも称されてきた。 福見は土浦日大高校に進学し、2年生となった2002年4月、初めて48kg級の女王・谷と対戦する。 全日本選抜体重別選手権の1回戦で対戦したふたりは、福見が大内刈りで“効果”を奪って勝利。当時、無敵を誇った谷が高校生に敗れたことは大々的に報じられ16才で一躍ヒロインとなった福見には無数のフ [全文を読む]

谷亮子は大塩平八郎にソックリ!? 歴史上の人物に似ている有名人4選

tocana / 2016年08月22日08時00分

昨年、3月に右肘側副靱帯の損傷でトミー・ジョン手術を受けたテキサス・レンジャーズに所属するプロ野球選手のダルビッシュ有選手が見事にメジャーリーグに復帰した。持ち前の150キロ超えのストレートと切れ味鋭い変化球を武器に多くの三振を奪い、白星も挙げており、順調な回復ぶりを見せ活躍している。 2012年に紗栄子と離婚するも、昨年にはレスリング選手の山本聖子との間 [全文を読む]

リオ五輪直前祈念!ヒロインたちが発した「歴史的名セリフ」の裏ドラマをプレイバック!

アサ芸プラス / 2016年08月03日05時56分

五輪の申し子である谷亮子は、旧姓の田村亮子時代から名セリフを連発した。「最高でも金、最低でも金」(00年、シドニー)「田村で金、谷でも金」(04年、アテネ) その言葉どおりに谷亮子は、女子柔道48キロ級で連覇を達成。92年のバルセロナと96年のアトランタでは、あと一歩のところで涙を飲んだだけに、自分を鼓舞するための“暗示”をかけたのだ。 そして出産後の0 [全文を読む]

五輪村から都知事候補 小谷実可子や有森裕子、谷亮子ら

NEWSポストセブン / 2016年06月22日07時00分

女性アスリートではシンクロナイズドスイミングの小谷実可子氏、マラソンの有森裕子氏、今回の参院選に自民党からの鞍替え出馬が濃厚な柔道の谷亮子氏も「都知事選出馬に意欲」と見られている。しかし、そうした名前を聞かされた自民党重鎮は、「都知事選は東京五輪の聖火ランナー選びじゃねェよ」と苦笑いとともに一蹴した。 「いずれも当て馬。アスリート出身の有力な都知事候補は [全文を読む]

自民党に鞍替え報道の谷亮子に、アノ大物女性議員が猛反発! 嫌われすぎて「ヤワラアレルギー」を訴える人も

tocana / 2016年06月21日18時30分

そんななか、しれっと与党に鞍替えしようとしていたのが“ヤワラちゃん”こと柔道五輪金メダリストの谷亮子氏だ。谷氏は小沢一郎氏率いる「生活の党と山本太郎となかまたち」に所属していたが、同党に見切りをつけ、参院選では自民党の比例区で出馬すると「週刊文春」で報じられた。 同誌によると、自民党にパイプを持つ谷氏の後援会長が以前から自民党に売り込んでいたという。谷氏 [全文を読む]

フォーカス