小畑健のニュース

映画『バクマン。』公開にあわせ、映画本編で使用された小畑健氏描き下ろし原稿約100点などを収録した、『映画バクマン。 小畑健イラストワークス』(集英社)を10月2日(金)に発売!

DreamNews / 2015年10月02日10時00分

』公開にあわせ、映画本編で使用された小畑健氏描き下ろし原稿約100点を中心に、出演者と小畑健氏の鼎談や、2015年9月に「週刊少年ジャンプ」に掲載された特別読切などを収録した、『映画バクマン。 小畑健イラストワークス』(集英社)を10月2日(金)に発売します。■『映画バクマン。 小畑健イラストワークス』[発売日] 2015年10月2日(金)[定 価] 本体 [全文を読む]

映画本編使用の描き下ろし原稿約100点を収録! 小畑健、佐藤健、神木隆之介の鼎談も!『映画バクマン。 小畑健イラストワークス』発売

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月03日17時30分

『デスノート』の小畑健&大場つぐみのゴールデンタッグで挑んだ作品は、コミックだけにとどまらず3度にわたりアニメ化され、そして遂に2015年10月3日(土)には実写映画の公開となった。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 映画公開にあわせて、本編で実際に使用された小畑の描き下ろし原稿を収録した、『映画バクマン。 小畑健イラストワークス』が10月2日(金 [全文を読む]

大場つぐみと小畑健のタッグ再び!新作『プラチナエンド』連載開始決定&カラーカット初公開

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月28日18時00分

』を世に送り出した、大場つぐみと小畑健のタッグが手がける新たな連載『プラチナエンド』が始まることが、2015年9月28日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』で発表された。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 連載が開始されるのは、2015年11月4日(水)発売の『ジャンプスクエア』12月号から。大場氏と小畑氏のタッグでの連載は『バクマン。』以来、3年半ぶ [全文を読む]

天使版『DEATH NOTE』!? 大場つぐみ×小畑健コンビの最新作『プラチナエンド』1話目反応

おたぽる / 2015年11月04日17時00分

』と、大ヒットをかっ飛ばした「週刊少年ジャンプ」が誇る名コンビ大場つぐみ×小畑健が掲載の場を「ジャンプSQ.」へ移して、ついに始動! 実写版映画『バクマン。』が好調なこと、『DEATH NOTE』も今年改めてTVドラマ化され、さらに新劇場版の製作も発表されることなどから、連載開始前から話題を集めていた注目の新連載『プラチナエンド』第1話目を、ざっくりと紹介 [全文を読む]

サカナクション、「新宝島」豪華初回限定盤は『バクマン。』原作者・小畑健とコラボ

okmusic UP's / 2015年09月04日10時00分

』の原作者である小畑健が描き下ろしたことがわかった。【その他の画像】サカナクション映画『バクマン。』の主題歌となる「新宝島」は、ジャンプの頂点を目指す二人の高校生漫画家を描いた同作からインスパイアされ、“線を描く”がテーマ。漫画家の“漫画を描き出す苦しみ”とミュージシャンとして“音楽を作り出す苦しみ”を重ね合わせることによって生まれた楽曲となっている。 9 [全文を読む]

西尾維新の新作短編を小畑健、中村光らがマンガ化 集英社コミック4誌で連続掲載!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月01日05時50分

』の小畑健と『ロザリオとバンパイア』の池田晃久が手がける2作品が同時掲載される。 『めだかボックス』など、『週刊少年ジャンプ』には西尾維新原作のマンガ作品がこれまでに掲載されているが、『ジャンプスクエア』、『週刊ヤングジャンプ』、『別冊マーガレット』に西尾維新原作の作品が掲載されるのは、今回の「大斬―オオギリ―」が初となる。 ●西尾維新短編読切シリーズ「大 [全文を読む]

『ドラゴンボール』のすべてが1冊に! 尾田栄一郎・小畑健・冨樫義博ら30名以上のマンガ家の寄稿も

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月22日17時30分

<寄稿作家一覧> 秋本治/浅田弘幸/麻生周一/荒木飛呂彦/池沢春人/井上雄彦/うすた京介/オオイシナホ/尾田栄一郎/小畑健/KAITO/川田/桂正和/岸本斉史/久保帯人/古味直志/佐伯俊/島袋光年/空知英秋/高橋和希/田畠裕基/附田祐斗/冨樫義博/とよたろう/仲間りょう/沼駿/原哲夫/古舘春一/北条司/堀越耕平/松井優征/村田雄介/森田まさのり/矢吹健太 [全文を読む]

『双星の陰陽師』アニメ化!岸辺露伴ッ!小畑が描くオッパイ! 話題豊富だった『SQ.』関連情報をまとめて紹介ッ!!

おたぽる / 2015年12月04日18時00分

』を手がけた原作:大場つぐみ&マンガ:小畑健による『プラチナエンド』連載第2回。 天使・ナッセから授けられた“矢の力”で、叔母を自殺させてしまった明日(みらい)くん。改めてナッセから、力や神の座を争うライバルの存在について解説を受けるのだが、 “力”を悪用するライバルを描写する展開となり、ここで乳首解禁! しかもチラッというレベルではなく、見開きを含む5P [全文を読む]

「バクマン。」第3シリーズよりnano.RIPEのコメント到着!

リッスンジャパン / 2012年10月12日09時00分

言わずと知れた大ヒット作「DEATH NOTE」の大場つぐみ・小畑健コンビによる人気コミックをTVアニメ化した「バクマン。」の第3シリーズが、NHK Eテレにて10月6日(土)より放送開始となりました!ついに「週刊少年ジャック」での新連載「PCP」で、悲願の読者アンケート1位を勝ち取った真城最高と高木秋人。しかし“亜城木夢叶”として大きく成長を遂げつづける [全文を読む]

やる気が起きない…仕事のモチベーションがあがらない時に読むべきマンガ10選

Woman Insight / 2017年05月26日19時30分

© 大場つぐみ・小畑健/集英社 「バクマン。」(大場つぐみ・小畑健/集英社)は、画が上手い真城最高(通称:サイコー)と、文才に長けた高木 秋人(通称:シュージン)の高校生二人の主人公が、原作と作画のコンビで週刊少年ジャンプ連載の「漫画家」を 目指していく物語。 連載中に急病で倒れてしまったサイコーは、体調管理の懸念により編集長からの高校卒業までの連載休載を [全文を読む]

あの事件から10年――これで、すべてを終わらせる「デスノート Light up the NEW world」がついに配信開始!

PR TIMES / 2017年04月19日14時30分

[画像1: https://prtimes.jp/i/23222/22/resize/d23222-22-579949-0.jpg ] (C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS 株式会社ビデオマーケット(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 利樹、以下当社)は、4月19日に当社が運営する一般映像作 [全文を読む]

「これはあかんwww 腹筋崩壊するわ!」 『DEATH NOTE』リュークがピコ太郎の「PPAP」に挑戦し大反響!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月05日18時00分

大場つぐみと小畑健による大人気漫画『DEATH NOTE』は、2006年に同名実写映画が公開され、大ヒットを記録。その後もスピンオフを含めて2作が公開され、シリーズ3作合計の日本国内興行収入は112億円に到達した。そしてこの度、“正統な続編”として制作された「デスノート Light up the NEW world」は、週末興行成績ランキング(興行通信社 [全文を読む]

Hulu「デスノート NEW GENERATION」配信に先駆け、安室奈美恵の主題歌入り映像が解禁

Entame Plex / 2016年09月15日16時05分

『デスノート NEW GENARATION』:©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」HOD PARTNERS 『デスノート Light up the NEW world』:©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS [全文を読む]

新作映画「デスノート」、新たな死神はマスカットがお好き……その声には沢城みゆき

Entame Plex / 2016年09月12日12時02分

これは、原作漫画の「シドウ」をベースにデザインされ、監督の佐藤信介の「色気と美しさのある死神」という要望をふまえ、原作漫画の小畑健監修のもと制作。 アーマは死神の友達を持たず、むしろ人間にシンパシーを感じているようなキャラクターで、リュークがリンゴを好むように、アーマはマスカットが好物。仕草や話し方もエレガントで、人間でいうところの“女性”のような佇まいで [全文を読む]

「デスノート」最新作公開を前に、Huluにて全3話のオリジナルドラマを配信!

Entame Plex / 2016年08月10日15時15分

『デスノート NEW GENARATION』:©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」HOD PARTNERS 『デスノート Light up the NEW world』:©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS [全文を読む]

川栄李奈、映画『デスノート 2016』でサイコなシリアルキラーを怪演!

Entame Plex / 2016年02月24日19時23分

原作:大場つぐみ、作画:小畑健によるコミックを実写映画化した『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』2部作の続編となる本作で描かれるのは、月とLの死から10年を経た世界。 東出昌大、池松壮亮、菅田将暉の出演が先日発表されたばかりの本作では、原作に存在しながらも未だ使われていなかった“6冊ルール”を採用することが明かされ [全文を読む]

6冊ルール採用の『デスノート 2016』キャスト発表! 東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、三者による壮絶なぶつかり合い

Entame Plex / 2016年02月05日20時17分

原作:大場つぐみ、作画:小畑健によるコミックを実写映画化した『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』2部作の続編となる映画『デスノート 2016』に、東出昌大、池松壮亮、菅田将暉が出演することが発表された。 本作『デスノート2016』で描かれるのは、月とLの死から10年を経た世界。原作に存在しながらも未だ使われていなかっ [全文を読む]

『ジャンプSQ.』12月号より『プラチナエンド』連載開始! 次号では荒木飛呂彦『岸辺露伴は動かない』の最新エピソード掲載決定

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月04日17時30分

』を世に送り出した、大場つぐみ×小畑健のタッグが手がける新作『プラチナエンド』の連載が、2015年11月4日(水)発売の『ジャンプスクエア』12月号から遂に始まった。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 連載開始を記念し、『DEATH NOTE』『バクマン。』、そして新連載の『プラチナエンド』の複製原稿(A4判・各作品1枚ずつ計3枚)とスペシャルデザ [全文を読む]

マンガ好きの憧れ『ジャンプ』編集者になれる! 一日編集者募集に応募殺到!?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月02日17時30分

作者である大場つぐみ&小畑健は長く同誌に携わっているため、編集部内も詳しく描写されている。しかも、そのほとんどは激務に追われたり、作品に対する厳しい姿勢など、裏の部分ばかり。ただ、だからこそ『ジャンプ』読者の心を掴むことに成功した。 そんな『ジャンプ』編集部が、“一日限定編集者”を募集。仕事内容は、マンガ家から上がってきた原画に入れる文字のサイズやフォント [全文を読む]

佐藤健・神木隆之介W主演 映画『バクマン。』に期待しすぎちゃう3つの理由

ソーシャルトレンドニュース / 2015年09月30日19時48分

原作は大場つぐみ×小畑健という、『デスノート』コンビによる人気漫画。「週刊少年ジャンプで、週刊少年ジャンプの裏側を描く」という異色な内容ながら、一般読者から業界関係者まで幅広い層から熱狂的な支持を受け、全20巻で累計1500万部超えという大ヒットを記録しています。子どもの頃から漫画家という職業に強い憧れを持つ筆者も、連載当時から強い関心を持って読んでいまし [全文を読む]

フォーカス