武藤雄樹のニュース

[練習試合]浦和は興梠5発などで大学生に18発大勝、攻撃陣が順調な仕上がり

ゲキサカ / 2016年01月27日18時42分

5得点のFW興梠慎三や4得点のFW高木俊幸のほか、FW石原直樹、FW武藤雄樹、FWズラタンが2ゴールずつ決めるなど、攻撃陣は順調な仕上がりを見せている。 以下、出場選手と得点者 ▽1本目 ■得点者 7分:高木俊幸、10分:高木俊幸、14分:石原直樹、24分:永田充 ■出場選手 GK:岩舘直 DF:森脇良太、永田充、橋本和 MF:平川忠亮、那須大亮、伊藤涼太 [全文を読む]

同点ゴールを奪うも悔しさを見せた浦和FW武藤雄樹「もっと前で収めないと」《FUJI XEROX SUPER CUP 2017》

超ワールドサッカー / 2017年02月18日23時56分

▽18日に日産スタジアムで行われたFUJI XEROX SUPER CUP 2017、鹿島アントラーズvs浦和レッズは 3-2で鹿島が勝利した ▽試合後、浦和のFW武藤雄樹がミックスゾーンで取材に応対。同点ゴールを振り返るとともに、前半の問題点を語った。 ◆FW武藤雄樹(浦和レッズ) ──得点シーンについて 「ゴールシーンに関しては、僕のところにボールがこ [全文を読む]

集中力がカギと考える浦和FW武藤雄樹「完璧なゲームをしないと勝てない」《FUJI XEROX SUPER CUP 2017》

超ワールドサッカー / 2017年02月17日18時35分

会見に出席した浦和のFW武藤雄樹がコメント。集中力がカギを握ると語った。 ◆FW武藤雄樹(浦和レッズ) 「今年最初の公式戦ですし、ここから続くACL、Jリーグの戦いに向けて、流れに乗るためにも大事な一戦になると思います。鹿島アントラーズ相手には、去年最後に悔しい思いをさせられました。そのチームに勝つことで大きな自信になって今年一年戦えると思うので、明日は全 [全文を読む]

MF武藤雄樹、先勝に安堵も自身の出来に不満…「次はチームに貢献したい」《JリーグCS》

超ワールドサッカー / 2016年11月30日13時33分

▽試合後、MF武藤雄樹はアウェイでの先勝に満足感を示しつつも、個人の出来に納得がいかない様子でミックスゾーンでの取材陣のインタビューに応じた。 ◆MF武藤雄樹(浦和レッズ) ──試合を振り返って 「だいたいこういう試合は、PKやセットプレーがカギを握ることが多い。そういう中で、アウェイでしっかりと勝つことができたのは大きい」 ──攻守の切り替えについて [全文を読む]

決勝でG大阪へのリベンジを誓う浦和FW武藤雄樹「最高のパフォーマンスが出せれば、必ず勝てる」《YBCルヴァンカップ》

超ワールドサッカー / 2016年10月14日22時40分

トレーニング後、FW武藤雄樹が記者の質問に応対。決勝の舞台への意気込みを語った。 ◆FW武藤雄樹(浦和レッズ) ──コンディションはいかがですか 「コンディションは1番良い状態を作っていますし、すごく楽しみにしているので、この一戦で自分がどのようなパフォーマンスを出せるのか楽しみにしています」 ──ガンバ大阪が相手ですが、直近のリーグ戦では4-0で勝利して [全文を読む]

浦和FW武藤雄樹、神戸との3連戦確定を嘆きつつも苦手意識なし…「すごく自信を持って臨める」《YBCルヴァンカップ》

超ワールドサッカー / 2016年07月04日00時34分

抽選会に出席した浦和レッズのFW武藤雄樹が抽選会後、メディアの囲み取材に応じた。▽抽選の結果、ヴィッセル神戸と準々決勝で対戦することになった武藤は、心境を問われると、「一番引きたくなかったのが神戸」と引き運のなさを嘆くも、「最近は神戸に勝っていると思うので、すごく自信を持って臨める」と4強入りへ自信をのぞかせた。 ◆FW武藤雄樹(浦和レッズ)――神戸が対戦 [全文を読む]

“さいたまダービー”を制すのは橙か赤か…昨季の熱戦を写真でプレイバック

サッカーキング / 2017年04月29日12時00分

2016明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第11節 大宮アルディージャ 0-1 浦和レッズ 日付:2016年5月8日 16:00キックオフ 会場:NACK5スタジアム大宮 入場者数:13,880人 大宮:GK加藤順大、DF奥井諒、DF菊地光将、DF河本裕之、DF和田拓也、MF金澤慎、MF岩上祐三、MF横谷繁(80分 MFマテウス)、MF泉澤仁(62 [全文を読む]

武藤雄樹が見せた今までにない力強さ「もう一つ上に行くためには…」

サッカーキング / 2017年03月04日19時44分

FW武藤雄樹は確かな手応えを感じていた。「自分で前を向いて、ゴールに向かっていけた。今までなかった形なので、一つの自信になります」。4日の明治安田生命J1リーグ第2節・セレッソ大阪戦後にこう言って充実した表情を見せた。 今季のリーグ戦初ゴールは“らしくない”ゴールだった。22分、DF遠藤航の縦パスをFW興梠慎三がスルー。「練習からやっている形なので、僕のと [全文を読む]

浦和、今季リーグ初勝利!!“先発FW3人衆”のゴールでC大阪下す

ゲキサカ / 2017年03月04日17時54分

前半22分にFW武藤雄樹、同37分にFW興梠慎三の得点で浦和が2点を先行した試合は、後半に1点ずつを奪い合い、3-1で試合終了を迎えた。浦和は2節目で今季リーグ戦初白星を獲得し、昇格組のC大阪は1分1敗となった。 ホームの浦和は2月28日に行われたACL第2節FCソウル戦から先発3人を入れ替え、FWラファエル・シルバ、MF阿部勇樹、DF遠藤航らを先発起用。 [全文を読む]

武藤雄樹、Jリーグ20得点で香川&清武に挑戦状だ

ゲキサカ / 2016年03月09日14時43分

灰色ビブス組のトップ下に入ったMF武藤雄樹(浦和)は、タッチ数制限付きのルールの中でしっかりと視野を保ちながら、素早い状況判断でパスを出してはチャンスをつくった。昨夏の東アジア杯以来となるバヒド・ハリルホジッチ監督の目の前での実戦形式のプレーで、まずまずの存在感だった。 「自分自身では、東アジア杯ではボールを失うことが多かったと思っているので、今回の合宿で [全文を読む]

フォーカス