遠藤康のニュース

殊勲2発の鹿島MF遠藤康、浮かれた様子全くなし…「鹿島らしい戦いができなかった」《FUJI XEROX SUPER CUP 2017》

超ワールドサッカー / 2017年02月18日20時31分

▽試合後、鹿島のMF遠藤康がミックスゾーンで取材陣の囲み取材に応対。この試合で直接FKを含む2発をマークするなど存在感を示したレフティーだが、その表情に浮かれた様子は全くなく、わずか数十秒の受け答えで場を後にした。 ◆MF遠藤康(鹿島アントラーズ) 「勝ったことは良かったけど、内容が全然良くなかった」 「うちら(鹿島)らしい戦い方はできなかったかなと思い [全文を読む]

3失点もビッグセーブ連発…浦和GK西川、今季初のフル出場に「スイッチが入った」

ゲキサカ / 2017年02月18日18時35分

前半21分にはMF遠藤康のマイナスのパスからFW金崎夢生に強烈なミドルシュートを枠内に飛ばされながらも、横に飛んだ西川の手に触れたボールはポストを叩いて難を逃れる。さらに同28分には左サイドを突破した金崎のクロスの流れから遠藤康に決定的なシュートを放たれるも、距離を詰めてストップに成功した。 多くの危機を迎えながらも「GKとして最悪な状況は常に想像している [全文を読む]

浦和が昨季の王者だと語る鹿島MF遠藤康「チャレンジャーの気持ちで戦いたい」《FUJI XEROX SUPER CUP 2017》

超ワールドサッカー / 2017年02月17日18時31分

会見に出席した鹿島のMF遠藤康がコメント。チャレンジャーとして挑むことを語った。 ◆MF遠藤康(鹿島アントラーズ) 「この素晴らしい大会で浦和レッズさんと戦えることを非常に光栄に思います。出場するだけでなく、僕たちは全力で勝ちにいきたいと思うので、明日はよろしくお願いします」 ──浦和レッズの印象、そして勝負を分けるポイントは 「印象はもちろん昨年の年間勝 [全文を読む]

MF遠藤康、紆余曲折の今年を振り返る…「僕らは石井さんを信じて石井さんのサッカーをやるだけ」《JリーグCS》

超ワールドサッカー / 2016年12月04日12時42分

▽試合後、鹿島のMF遠藤康がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。紆余曲折の今シーズンを振り返り、「僕らは石井さんを信じて石井さんのサッカーをやるだけ」と述べ、指揮官に対する大きな信頼を口にした。 ◆MF遠藤康(鹿島アントラーズ) ──試合を振り返って 「ルール上、うちらは1点取られてもそのあと点取れれば良かったので、点取られても全然焦りはなか [全文を読む]

鹿島に痛手…手術のMFレオ・シルバとMF遠藤康が離脱

超ワールドサッカー / 2017年05月18日13時07分

▽鹿島アントラーズは18日、MFレオ・シルバとMF遠藤康の負傷について発表した。 ▽14日に行われた明治安田生命J1リーグ第11節のヴィッセル神戸戦で負傷したレオ・シルバは、左ヒザ半月板損傷のため17日に手術を行った。全治は6~8週間とのことだ。 ▽一方、同じくヴィッセル神戸戦で負傷した遠藤は、左大腿二頭筋筋損傷と診断された。全治は3~4週間と発表されてい [全文を読む]

“因縁の一戦”再び…火花散る浦和対鹿島、昨季のCS決勝を写真で振り返る

サッカーキング / 2017年05月03日20時50分

明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ決勝第1戦 鹿島アントラーズ 0-1 浦和レッズ 日付:2016年11月29日 19:25キックオフ 会場:県立カシマサッカースタジアム 入場者数:23,074人 鹿島:GK21曽ヶ端準、DF22西大伍、DF14ファン・ソッコ、DF3昌子源、DF16山本脩斗、MF40小笠原満男(89分 DF24伊東幸敏)、M [全文を読む]

鹿島が今季初タイトル獲得…新9番の鈴木が決勝弾、浦和は2点差追いつくも散る

サッカーキング / 2017年02月18日15時26分

最後はエリア右でボールをキープした遠藤康からパスを受けた金崎が右足でミドルシュート。しかしGK西川周作が左手一本でシュートをセーブし、チームを救った。 その後も攻め込むシーンが目立つ鹿島。39分にはゴール前で西大伍が倒されてFKを獲得し、遠藤が左足で直接シュートを打つ。するとGK西川は一歩も動けず、ボールはゴール右隅へ吸い込まれた。 勢いに乗る鹿島は43分 [全文を読む]

A・ナシオナルvs鹿島 試合記録

ゲキサカ / 2016年12月15日10時20分

【クラブW杯準決勝】(吹田S) A・ナシオナル 0-3(前半0-1)鹿島 [鹿]土居聖真(33分)、遠藤康(83分)、鈴木優磨(85分) [A]アレクシス・チャラレス(56分)、マテウス・ウリベ(71分) ├試合スタッツ ├鹿島がアジア勢初の決勝へ ├石井監督はビデオ判定に苦言も ├鈴木はレアルとの決勝熱望 ├おしゃれヒールの遠藤康 ├差し歯で臨んだ昌子の [全文を読む]

おしゃれヒールの遠藤康「後ろを向いていたのであれしかなかった」

ゲキサカ / 2016年12月15日02時27分

前半33分にPKで先制するも、アトレティコ・ナシオナルの反撃に耐える時間が続いていた鹿島アントラーズだが、相手をあざ笑うかのようなMF遠藤康の“おしゃれヒール”が歴史的勝利を呼び込んだ。 1-0の後半38分、MF柴崎岳の左クロスに遠藤が飛び込むと、相手GK、DFともつれ、ボールが遠藤の足下にこぼれてきた。「後ろを向いていたので、そのまま打とうと。あれはあれ [全文を読む]

ゴールに背を向けた!鹿島MF遠藤康のおしゃれヒールが勝利を決定づける

ゲキサカ / 2016年12月15日02時25分

[12.14 クラブW杯準決勝 A・ナシオナル0-3鹿島 大阪] 後半38分のMF遠藤康の落ち着いたプレーが鹿島アントラーズの勝利を決定づけた。 左サイドからMF柴崎岳のクロスに飛び込むと、ゴール前でGKと交錯。ここで遠藤はゴールに背を向けてボールをキープ。DFにも詰められてどうするのかと思ったその瞬間、右足かかとでゴールに流し込んだ。これ以上ない落ち着き [全文を読む]

フォーカス