遠藤康のニュース

殊勲2発の鹿島MF遠藤康、浮かれた様子全くなし…「鹿島らしい戦いができなかった」《FUJI XEROX SUPER CUP 2017》

超ワールドサッカー / 2017年02月18日20時31分

▽試合後、鹿島のMF遠藤康がミックスゾーンで取材陣の囲み取材に応対。この試合で直接FKを含む2発をマークするなど存在感を示したレフティーだが、その表情に浮かれた様子は全くなく、わずか数十秒の受け答えで場を後にした。 ◆MF遠藤康(鹿島アントラーズ) 「勝ったことは良かったけど、内容が全然良くなかった」 「うちら(鹿島)らしい戦い方はできなかったかなと思い [全文を読む]

3失点もビッグセーブ連発…浦和GK西川、今季初のフル出場に「スイッチが入った」

ゲキサカ / 2017年02月18日18時35分

前半21分にはMF遠藤康のマイナスのパスからFW金崎夢生に強烈なミドルシュートを枠内に飛ばされながらも、横に飛んだ西川の手に触れたボールはポストを叩いて難を逃れる。さらに同28分には左サイドを突破した金崎のクロスの流れから遠藤康に決定的なシュートを放たれるも、距離を詰めてストップに成功した。 多くの危機を迎えながらも「GKとして最悪な状況は常に想像している [全文を読む]

浦和が昨季の王者だと語る鹿島MF遠藤康「チャレンジャーの気持ちで戦いたい」《FUJI XEROX SUPER CUP 2017》

超ワールドサッカー / 2017年02月17日18時31分

会見に出席した鹿島のMF遠藤康がコメント。チャレンジャーとして挑むことを語った。 ◆MF遠藤康(鹿島アントラーズ) 「この素晴らしい大会で浦和レッズさんと戦えることを非常に光栄に思います。出場するだけでなく、僕たちは全力で勝ちにいきたいと思うので、明日はよろしくお願いします」 ──浦和レッズの印象、そして勝負を分けるポイントは 「印象はもちろん昨年の年間勝 [全文を読む]

MF遠藤康、紆余曲折の今年を振り返る…「僕らは石井さんを信じて石井さんのサッカーをやるだけ」《JリーグCS》

超ワールドサッカー / 2016年12月04日12時42分

▽試合後、鹿島のMF遠藤康がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。紆余曲折の今シーズンを振り返り、「僕らは石井さんを信じて石井さんのサッカーをやるだけ」と述べ、指揮官に対する大きな信頼を口にした。 ◆MF遠藤康(鹿島アントラーズ) ──試合を振り返って 「ルール上、うちらは1点取られてもそのあと点取れれば良かったので、点取られても全然焦りはなか [全文を読む]

鹿島に痛手…手術のMFレオ・シルバとMF遠藤康が離脱

超ワールドサッカー / 2017年05月18日13時07分

▽鹿島アントラーズは18日、MFレオ・シルバとMF遠藤康の負傷について発表した。 ▽14日に行われた明治安田生命J1リーグ第11節のヴィッセル神戸戦で負傷したレオ・シルバは、左ヒザ半月板損傷のため17日に手術を行った。全治は6~8週間とのことだ。 ▽一方、同じくヴィッセル神戸戦で負傷した遠藤は、左大腿二頭筋筋損傷と診断された。全治は3~4週間と発表されてい [全文を読む]

“因縁の一戦”再び…火花散る浦和対鹿島、昨季のCS決勝を写真で振り返る

サッカーキング / 2017年05月03日20時50分

明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ決勝第1戦 鹿島アントラーズ 0-1 浦和レッズ 日付:2016年11月29日 19:25キックオフ 会場:県立カシマサッカースタジアム 入場者数:23,074人 鹿島:GK21曽ヶ端準、DF22西大伍、DF14ファン・ソッコ、DF3昌子源、DF16山本脩斗、MF40小笠原満男(89分 DF24伊東幸敏)、M [全文を読む]

A・ナシオナルvs鹿島 試合記録

ゲキサカ / 2016年12月15日10時20分

【クラブW杯準決勝】(吹田S) A・ナシオナル 0-3(前半0-1)鹿島 [鹿]土居聖真(33分)、遠藤康(83分)、鈴木優磨(85分) [A]アレクシス・チャラレス(56分)、マテウス・ウリベ(71分) ├試合スタッツ ├鹿島がアジア勢初の決勝へ ├石井監督はビデオ判定に苦言も ├鈴木はレアルとの決勝熱望 ├おしゃれヒールの遠藤康 ├差し歯で臨んだ昌子の [全文を読む]

おしゃれヒールの遠藤康「後ろを向いていたのであれしかなかった」

ゲキサカ / 2016年12月15日02時27分

前半33分にPKで先制するも、アトレティコ・ナシオナルの反撃に耐える時間が続いていた鹿島アントラーズだが、相手をあざ笑うかのようなMF遠藤康の“おしゃれヒール”が歴史的勝利を呼び込んだ。 1-0の後半38分、MF柴崎岳の左クロスに遠藤が飛び込むと、相手GK、DFともつれ、ボールが遠藤の足下にこぼれてきた。「後ろを向いていたので、そのまま打とうと。あれはあれ [全文を読む]

ゴールに背を向けた!鹿島MF遠藤康のおしゃれヒールが勝利を決定づける

ゲキサカ / 2016年12月15日02時25分

[12.14 クラブW杯準決勝 A・ナシオナル0-3鹿島 大阪] 後半38分のMF遠藤康の落ち着いたプレーが鹿島アントラーズの勝利を決定づけた。 左サイドからMF柴崎岳のクロスに飛び込むと、ゴール前でGKと交錯。ここで遠藤はゴールに背を向けてボールをキープ。DFにも詰められてどうするのかと思ったその瞬間、右足かかとでゴールに流し込んだ。これ以上ない落ち着き [全文を読む]

浦和vs鹿島 試合記録

ゲキサカ / 2016年12月04日11時23分

【チャンピオンシップ決勝第2戦】(埼玉) 浦和 1-2(前半1-1)鹿島 ※2戦合計2-2、アウェーゴール差で鹿島が優勝 [浦]興梠慎三(7分) [鹿]金崎夢生2(40分、79分) [浦]槙野智章(78分)、ズラタン(82分) [鹿]遠藤康(29分)、永木亮太(54分) 観衆:59,837人 主審:佐藤隆治 副審:相樂亨、山内宏志 ├鹿島、大逆転で7年ぶり [全文を読む]

“借り”返した鹿島MF遠藤康、「CSで勝てたけど…」と年間勝ち点1位をリスペクト

ゲキサカ / 2016年12月04日04時47分

0-0で迎えた後半6分、MF土居聖真のスルーパスから抜け出した鹿島アントラーズMF遠藤康だったが、利き足とは逆の右足で放ったシュートはGK西川周作にストップされ、その後失点したチームは0-1の完封負けを喫した。そして迎えた第2戦、遠藤は右足の“借り”を右足できっちりと返すことになった。 優勝のためには2点が必要だった。前半7分にFW興梠慎三に先制点を奪われ [全文を読む]

金崎&鈴木弾で鹿島が苦手浦和に12戦ぶりの勝利! リーグ4連勝で首位川崎Fを追走《J1》

超ワールドサッカー / 2016年06月11日21時37分

37分には遠藤康の浮き球のフィードに反応したカイオにボックス左から強烈なボレーシュートを浴びるが、これはGK西川の好守で凌いだ。▽ハーフタイムにかけて勢い付いて攻める鹿島は40分、カウンターから右サイドでを持ち上がった金崎がボックス右から強烈なシュートを放つ。左ポストを叩いたボールをゴール前でフリーの遠藤康が左足ダイレクトで合わせるが、これは枠の左に外れる [全文を読む]

鹿島vs山形 試合記録

ゲキサカ / 2015年08月24日20時10分

【J1第2ステージ第8節】(カシマ) 鹿島 3-0(前半1-0)山形 [鹿]金崎夢生(40分)、カイオ(57分)、遠藤康(74分) [鹿]山村和也(14分)、遠藤康(84分) [山]キム・ボムヨン(31分)、山田拓巳(37分) 観衆:16,700人 主審:松尾一 副審:手塚洋、聳城巧 ├鹿島、6年ぶり5連勝で第2S首位キープ └ハイライト動画 [鹿島アント [全文を読む]

19歳新助っ人が大仕事!湘南が逆転勝ちでJ1復帰初勝利!!鹿島は連敗

ゲキサカ / 2015年03月14日16時09分

前半8分にMF遠藤康が放ったミドルシュートは左ポストを直撃。さらに同9分のFW高崎寛之のシュートもわずかに左に外れたが、積極的に湘南ゴールに迫った。 すると、前半13分、右サイドから高崎がグラウンダーのパスをゴール前に入れると、DFを引き連れて走り込んだMF柴崎岳がスルー。ファーサイドでフリーになっていたMF金崎夢生が右足で流し込み、試合を動かした。3季ぶ [全文を読む]

鹿島vs川崎F 試合記録

ゲキサカ / 2014年11月23日02時49分

【J1第32節】(カシマ) 鹿島 2-1(前半1-0)川崎F [鹿]遠藤康(45分)、赤崎秀平(53分) [川]レナト(90分+1) [鹿]ルイス・アルベルト(76分)、遠藤康(85分) [川]稲本潤一(84分)、登里享平(90分+2)、安柄俊(90分+3) 観衆:20,261人 主審:木村博之 副審:八木あかね、山際将史 └鹿島が川崎Fとの上位対決制す [全文を読む]

仙台vs鹿島 試合記録

ゲキサカ / 2017年04月17日12時05分

【J1第7節】(ユアスタ) 仙台 1-4(前半0-3)鹿島 [仙]クリスラン(50分) [鹿]西大伍(25分)、金崎夢生(32分)、遠藤康(43分)、ペドロ・ジュニオール(90分+2) [仙]石川直樹(31分)、クリスラン(53分) [鹿]山本脩斗(17分)、小笠原満男(59分) 観衆:13,159人 主審:東城穣 副審:木川田博信、勝又弘樹 └鹿島が金崎 [全文を読む]

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第4節】開幕4連勝の神戸&多摩川クラシコ制したFC東京から最多選出

超ワールドサッカー / 2017年03月20日17時30分

◆第4節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:林彰洋 DF:山村和也、平岡康裕、岩波拓也 MF:遠藤康、小椋祥平、今野泰幸、大森晃太郎 FW:都倉賢、ラファエル・シルバ、ピーター・ウタカ ◆寸評 GK林彰洋(FC東京/初) ▽大柄な体格を生かしたショットストップを披露。川崎フロンターレの攻撃陣を完封 DF山村和也(セレッソ大阪/初) ▽チームを今季初 [全文を読む]

鹿島vsブリスベン 試合記録

ゲキサカ / 2017年03月15日22時09分

【ACLグループE第3節】(カシマ) 鹿島 3-0(前半1-0)ブリスベン [鹿]鈴木優磨(43分)、植田直通(76分)、遠藤康(79分) [フ]パパドプーロス(42分)、コリー・ブラウン(77分)、ジェイコブ・ペッパー(80分) 観衆:6,558人 [鹿島アントラーズ] 先発 GK 21 曽ヶ端準 DF 24 伊東幸敏 (68分→DF 22 西大伍) D [全文を読む]

レフティー遠藤康が存在感、得意の形でダメ押し弾(4枚)

ゲキサカ / 2017年03月15日11時45分

●ACL2017特設ページ [全文を読む]

レオ・シルバ移籍後初ゴールに新守護神クォン・スンテが土壇場PKストップ! 甲府に競り勝った鹿島が今季初勝利!《J1》

超ワールドサッカー / 2017年03月04日16時13分

石井監督はムアントン戦から先発5人を変更し、小笠原や金崎、遠藤康、土居らを先発に復帰させ、金崎とペドロ・ジュニオールが2トップを組んだ。 ▽一方、ホーム開幕戦で今季初勝利を目指す甲府は河本に代わって堀米を先発で起用した以外、G大阪戦と同じスタメンを選択した。 ▽開始2分に右サイドからのクロスをボックス中央で受けた金崎が鋭い反転からシュートを狙うが、これはG [全文を読む]

フォーカス