原一樹のニュース

今季16発の北九州FW原一樹、讃岐へ完全移籍「20得点を取れる選手に」

サッカーキング / 2016年12月14日15時57分

ギラヴァンツ北九州に所属するFW原一樹が、カマタマーレ讃岐へ完全移籍で加入することが決まった。14日に両クラブが発表した。 原は1985年生まれの31歳。市立船橋高校から駒澤大学を経て、2007年に清水エスパルスへ加入した。2011年には浦和レッズへ移籍し、2012年からは京都サンガF.C.でプレー。2014年から北九州に所属している。3年目の今季、明治安 [全文を読む]

讃岐が新体制発表! 主将は2年連続“シミケン”、新加入FW原一樹は20番

ゲキサカ / 2017年01月24日15時18分

北九州から完全移籍で加入したFW原一樹は20番。また、“シミケン”ことGK清水健太が2年連続でキャプテンに就任し、MF高木和正、MF馬場賢治、MF仲間隼斗がそれぞれ副キャプテンを務めることも併せて発表されている。 以下、2017シーズンの新体制 【スタッフ】 監督:北野誠 ヘッドコーチ:西村俊寛 コーチ:上村健一 アシスタントコーチ:齋藤良平 GKコーチ: [全文を読む]

讃岐が北九州FW原一樹を完全移籍で獲得! 今季はJ2リーグで33試合16得点を記録

超ワールドサッカー / 2016年12月14日14時49分

▽カマタマーレ讃岐は14日、ギラヴァンツ北九州からFW原一樹(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽原は、2007年に駒澤大学から清水エスパルスに加入し、プロキャリアをスタートさせると、浦和レッズ、京都サンガF.C.などでプレーした。その後、2014年にギラヴァンツ北九州に加入。今シーズンは明治安田生命J2リーグに33試合出場し、16ゴールを挙げて [全文を読む]

今年もキャリアハイ更新!31歳原一樹が“プロ初”ハット!!最下位北九州が讃岐下し残留に望み

ゲキサカ / 2016年10月16日16時09分

FW原一樹がハットトリックを決める活躍を見せた。北九州の勝利は5戦ぶり。残留圏内にいる讃岐との差は2に縮まった。 スコアが動いたのは前半23分、北九州は左サイドでボールを持ったMF小手川宏基が右足でクロスを上げると、FW原一樹の頭にピタリ。4試合ぶりにスタメンに帰ってきた31歳ベテランストライカーが先制点を奪った。 追加点も北九州に生まれる。後半12分、右 [全文を読む]

讃岐FW原一樹が左下腿肉離れで全治3~4週間

ゲキサカ / 2017年04月17日17時33分

[故障者情報] カマタマーレ讃岐は17日、FW原一樹が左下腿肉離れで全治3~4週間と診断されたことを発表した。同選手は今月8日に行われたJ2第7節・名古屋戦で負傷していた。 ★日程や順位表、得点ランキングをチェック!! ●2017シーズンJリーグ特集ページ [全文を読む]

カマタマーレ讃岐のFW原一樹が負傷離脱…全治3~4週間と発表

サッカーキング / 2017年04月17日16時16分

カマタマーレ讃岐は17日、FW原一樹の負傷離脱を公式HPで発表した。 同選手は、8日に行われた明治安田生命J2リーグ第7節の名古屋グランパス戦で負傷し、左下腿肉離れと診断された。全治は約3~4週間ほどかかる見込みと発表されている。今季はここまで6試合に出場して、2得点を記録していた。 19位のカマタマーレ讃岐は、23日に14位のFC岐阜とホームで対戦する。 [全文を読む]

讃岐の原一樹が左下腿肉離れで離脱

超ワールドサッカー / 2017年04月17日16時07分

▽カマタマーレ讃岐は17日、FW原一樹が左下腿肉離れで全治3~4週間の見込みであることを発表した。 ▽クラブ公式サイトによると、原は8日に行われた明治安田生命J2リーグ第7節の名古屋グランパス戦で負傷したとのこと。 ▽今季より、ギラヴァンツ北九州から加入した原は、リーグ戦ここまで6試合に出場し2得点を挙げている。 [全文を読む]

讃岐が3発完封で湘南を下し今季初勝利…新加入の原が2得点を記録

サッカーキング / 2017年04月02日16時03分

開始4分、馬場賢治の右からのクロスに原一樹が頭で合わせ、ホームの湘南が先制する。19分にはセットプレーの流れからエブソンが押し込み追加点。さらに31分には原が自ら獲得したPKを落ち着いて決め、前半に3得点を奪う。 後半は得点が生まれず、試合は3-0で終了。讃岐は開幕から6試合目で今季初勝利。一方の湘南は今季初黒星を喫した。 次節、讃岐はアウェイで名古屋グ [全文を読む]

J3降格北九州、今季16得点の原一樹が讃岐に完全移籍

ゲキサカ / 2016年12月14日15時06分

カマタマーレ讃岐は14日、ギラヴァンツ北九州からFW原一樹(31)を完全移籍で獲得したと発表した。 清水、浦和、京都でプレーした原は14年から北九州でプレー。今季は33試合に出場して、キャリア最多の年間16ゴールを挙げた。しかしチームは最下位に終わり、来季のJ3降格が決まっている。 原は新天地を通じ「僕はカマタマーレ讃岐でまだまだサッカー選手として、成長出 [全文を読む]

町田vs北九州 試合記録

ゲキサカ / 2016年05月16日12時31分

【J2第13節】(町田) 町田 0-1(前半0-0)北九州 [北]原一樹(56分) [町]松本怜大(8分)、高原寿康(試合終了後) [北]石神直哉(14分)、星原健太(18分)、加藤弘堅(45分+2)、原一樹(78分) 観衆:4,722人 主審:藤田和也 副審:亀川哲弘、藤沢達也 └北九州が開幕戦以来2勝目 [FC町田ゼルビア] 先発 GK 21 高原寿康 [全文を読む]

フォーカス