宮里優作のニュース

2日目は日没サスペンデッド 今平周吾、5ボギーの乱調で15位後退

3 / 2017年06月02日21時27分

現・賞金ランク1位の宮里優作はこの日も“77”と振るわず、トータル9オーバー暫定94位タイ。予選落ちが確定的となっている。明日は6時10分より第2ラウンドの競技が再開。第3ラウンドは7時50分開始を予定している。【2日目までの暫定順位】1位:アンジェロ・キュー(-7)2位:スンス・ハン(-5)3位T:中島徹(-4)3位T:キム・ヒョンソン(-4)5位T:大 [全文を読む]

宮里優作の全英オープン出場確定 1週間で2つのメジャー出場権

2 / 2017年05月28日18時32分

<~全英への道~ミズノオープン 最終日◇28日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(7,404ヤード・パー72)>宮里優作の2年連続3回目となる「全英オープン」出場が確定した。トータル3アンダーの9位タイに終わり、今大会の上位4選手に与えられる出場権は逃したが、次戦「日本ゴルフツアー選手権 森ビル杯 ShishidoHills」までの賞金ランキング上位2名という出 [全文を読む]

“藍”への声援も受けた宮里優作 全英へ前進もちょっと複雑なワケ

2 / 2017年05月27日18時25分

宮里優作は強風でリーダーボードが停滞する中4バーディ・3ボギーの“71”で回り、トータル3アンダーの10位タイでホールアウト。単独首位に立ったチャン・キム(米国)とは8打差がついたものの、「何とかつながりましたね」。上位フィニッシュを期待できる位置に食い込んだ。藍引退については「選手からも本当なの?とか声をかけられましたね」と近くにいるからこそ、その反響の [全文を読む]

上位9人中8人が海外勢!C・キムが初Vに王手、宮本勝昌が-5で5位T

2 / 2017年05月27日16時08分

2週連続Vを狙う24歳・今平周吾は昨年覇者の金庚泰(韓国)、宮里優作、ホストプロの上田諭尉らと並び、トータル3アンダー10位タイとしている。【3日目までの順位】1位:C・キム(-11)2位:趙炳旻(-8)3位T:朴ジュンウォン(-6)3位T:マイケル・ヘンドリー(-6)5位T:宮本勝昌(-5)5位T:アダム・ブランド(-5)7位T:任成宰(-4)7位T:W [全文を読む]

今平周吾は90位Tと出遅れ 岩田寛ら6アンダー首位発進

2 / 2017年05月25日19時15分

1打差2位タイに宮本勝昌、重永亜斗夢、2打差6位タイに賞金ランク1位の宮里優作、藤田寛之、薗田峻輔、時松隆光、チャン・キム(米国)ら14人が続いている。先週の「関西オープン」でツアー初勝利を挙げた24歳・今平周吾は上位の伸ばし合いについていけず、1バーディ・2ボギーの“73”、1オーバー90位タイと苦しいスタート。また、今季レギュラーツアー初出場のホスト・ [全文を読む]

【データドットコム】出身地での日本プロゴルフ選手権大会、日本オープンゴルフ選手権競技の優勝

2 / 2017年05月25日12時00分

沖縄県のかねひで喜瀬CCで行われた日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯は地元出身の宮里優作が制した。 日本タイトルの中でも歴史の重みが別格の日本プロゴルフ選手権大会、日本オープンゴルフ選手権競技を故郷で勝つのは格別だろう。 初期はプロの出身地や両大会の開催地が限られていたので出身地Vは多数あるが、1973年のツアー制度施行後で見れば宮里で4例目。 [全文を読む]

今平周吾が首位を堅守!2位に5打差をつけ最終日へ

2 / 2017年05月20日17時34分

宮里優作はトータル4オーバーで30位タイ。3戦連続Vが狙える位置で最終ラウンドを迎えることはできなかった。今平と並び首位から出た小野田享也は“84”と崩れ、トータル7オーバー53位タイまで順位を落とした。【3日目までの順位】1位:今平周吾(-8)2位:K・バーンズ(-3)3位T:片岡大育(-2)3位T:高山忠洋(-2)3位T:B・ケネディ(-2)3位T:D [全文を読む]

今平周吾、小野田享也が首位T 宮里優作は辛くも決勝R進出

2 / 2017年05月19日19時10分

片山晋呉以来となる、16年ぶりの3戦連続優勝がかかる宮里優作はトータル5オーバー55位タイと、カットライン上でギリギリの予選通過。昨年覇者のチョ・ビョンミン(韓国)も同順位で辛くも決勝進出を果たしている。【2日目までの順位】1位T:今平周吾(-6)1位T:小野田享也(-6)3位T:高山忠洋(-3)3位T:B・ケネディ(-3)3位T:M・グリフィン(-3)3 [全文を読む]

24歳・今平周吾が単独首位スタート 宮里優作は後半失速で48位発進

2 / 2017年05月18日19時10分

片山晋呉以来、16年ぶりとなる3戦連続Vを狙う宮里優作は前半を1アンダーで折り返すも、後半はノーバーディ・3ボギーと失速。2オーバー48位タイとやや出遅れた形となった。また、昨年覇者のチョ・ビョンミン(韓国)も9オーバー133位タイと苦しいスタートとなっている。【初日の順位】1位:今平周吾(-4)2位T:谷口徹(-2)2位T:片岡大育(-2)2位T:小池一 [全文を読む]

宮里優作、地元・沖縄でメジャー制覇!2戦連続Vも達成

2 / 2017年05月14日16時47分

2位から出た同県出身の宮里優作が“66”をマーク。トータル12アンダーで逆転、地元で2週連続優勝を挙げた。ツアー通算は5勝目。出だしから連続バーディ、3番はボギーとしたが4番から3連続バーディと序盤で首位を走っていた谷口徹を捉えると、その後も3つのバーディを量産。後続を突き放し、妹・藍らが見守る中で歓喜の瞬間を迎えた。3打差の2位にブラッド・ケネディ(オー [全文を読む]

フォーカス