高田賢三のニュース

セブン&アイのプライベートブランド『SEPT PREMIERES』が世界的デザイナー 高田賢三氏とコラボレーション

PR TIMES / 2016年08月19日09時31分

SEPT PREMIERES by Kenzo Takada 8月19日(金)販売開始に先駆け 高田賢三氏 来日記念 レセプションを開催株式会社セブン&アイ・ホールディングスは、2015年9月より発売しているプライベートブランド(PB) 『SEPT PREMIÈRES(セットプルミエ/フランス語)※セブンプレミアムの意』において、世界的デザイナー高田賢三[全文を読む]

世界的ファッションデザイナー高田賢三氏のインタビューも掲載 WEBメディア「SOW.TOKYO」コンテンツ拡充

PR TIMES / 2014年12月02日18時01分

ファッション・アパレル業界で活躍するプロフェッショナルの夢の実現を支援するプロフェッショナル・エージェンシー事業を展開する株式会社クリーク・アンド・リバー社 ファッションクリエイター・エージェンシー(以下FCA / 本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川幸広)は12月、ファッション・アパレル業界で活躍するクリエイターをサポートするWEBメディア「SOW [全文を読む]

ケンゾーパリ、八木通商とジャパン社設立

FASHION HEADLINE / 2014年01月30日09時00分

ケンゾーパリのエリック・マレシャル(Eric Marechalle)CEOは「ケンゾーのファッションは、ブランド創始者・高田賢三の故郷である日本のお客様に高く評価されており、更にその存在を高めたい」とコメント。 八木通商の八木雄三代表取締役社長は「私共のマーケティングに関する高度な専門知識を用いて、ケンゾーを日本市場において最も成功を収めるブランドに育て [全文を読む]

【日本モード誌クロニクル:横井由利】2/12--モードが日本にやって来た。ディオールからケンゾーまで

FASHION HEADLINE / 2013年12月29日20時30分

1958年、日本マーケットを調査するため来日したピエール・カルダン(Pierre Cardin)は、文化服装学院で立体裁断の授業を行い、高田賢三を始め、その後日本を代表するデザイナーとなった学生達をおおいに刺激した。翌年高島屋とオートクチュール販売の契約を結び、以後生活雑貨に及ぶライセンスビジネスをスタートさせていった。 また、イヴ・サンローラン(Yve [全文を読む]

HERSで大人気!!カバーモデル前田典子さん、スタイリスト川田亜貴子さん、トークショー参加者募集

PR TIMES / 2017年03月17日16時40分

■セットプルミエ バイ ケンゾータカダとは? 高田賢三さん(※「高」=はしご高)が、西武・そごうのプライベートブランド「セットプルミエ」に向け、オリジナルでデザインした期間限定コレクション。“すべての人に、上質を。”をコンセプトに、多くの女性を華やかにしたいという思いで、デイリーウェアと雑貨を提供します。 ■「HERS」とは 「まだ50、もう50」。ズル [全文を読む]

小室哲哉、約3年ぶりのソロアルバム全貌解禁

dwango.jp news / 2017年01月30日23時56分

近年のソロワークを中心に、神田沙也加(TRUSTRICK)やtofubeatsとコラボした『#RUN』、音楽番組を発端にヒャダインと共作した『22世紀への架け橋』、高田賢三氏の新たなブランドTVCMソングでシンガーソングライターの大森靖子とコラボした『rêver』、さらにつんく♂・May J.と世界に向けて作り上げ今回アルバム用にリアレンジされた『Hav [全文を読む]

You Can Be A Fashion Designer by Barbie Barbie×学生服×文化服装学院 デザインコンテスト開催

@Press / 2016年12月26日16時00分

日本公式Facebook: https://www.facebook.com/BarbieJapanOfficial/ ■文化服装学院について ホームページ: http://www.bunka-fc.ac.jp/ イギリス発の業界サイト「Business of Fashion」のランキングで世界2位にランキングされたファッションスクールであり、コシノヒロ [全文を読む]

TLCやKENZOのクリエイティブ・ディレクターがKENZO x H&Mプレショッピングイベントを祝福

PR TIMES / 2016年11月03日10時34分

日本は高田賢三氏の母国であり、ブランドの歴史を讃え、このコラボレーションを迎えられることを嬉しく思います。街でこのコレクションを着用しているお客様を見ることを、楽しみにしています。」(KENZOのクリエイティブ・ディレクター、ウンベルト・レオンとキャロル・リム )「インスピレーションの宝庫である日本での発売を、心から楽しみにしています。このコラボレーション [全文を読む]

1934年パリ創業、ハリウッドスターが愛したフォトスタジオが7日間限りの出張撮影会を開催

FASHION HEADLINE / 2016年10月01日14時00分

この“奇跡のポートレート”を求めて、これまでにマレーネ・ディートリッヒやブリジット・バルドー、ケイト・ブランシェットをはじめ、ジャンポール・ゴルチエ、高田賢三、カール・ラガーフェルドなども撮影に訪れている。 今回の予約制特別撮影会では、数々のスターたちを撮影してきたフランスのプロスタジオチームが来日し、特別な照明をセットし、ベストアングルでポートレートを撮 [全文を読む]

Anna of the North(アナ・オブ・ザ・ノース)が、KENZO x H&Mの新たなエクスクルーシブ・ルックを披露!

PR TIMES / 2016年08月19日18時09分

このドレスは、KENZOのクリエイティブ・ディレクターHumberto Leon(ウンベルト・レオン)とCarol Lim(キャロル・リム )が、創設者の高田賢三のアイコニックな作品である、様々なプリントが施された民族調のリボンドレスを、フレッシュに解釈して手掛けた作品です。 このドレスを着用しているAnna of the North(アナ・オブ・ザ・ノー [全文を読む]

ココ・シャネルにサンローラン、川久保玲…世界の“ファッションレジェンド”名鑑発売

FASHION HEADLINE / 2015年08月08日12時30分

ラインアップは、ココ・シャネル、クリスチャン・ディオール、サルヴァトーレ・フェラガモ、ロジェ・ヴィヴィエ、エミリオ・プッチ、ジャンヌ・ランバン、クリストバル・バレンシアガ、ジョルジオ・アルマーニ、カール・ラガーフェルド、イヴ・サンローラン、ラルフ・ローレン、ヴィヴィアン・ウエストウッド、カルバン・クライン、ジル・サンダー、山本耀司、三宅一生、山本寛斎、川 [全文を読む]

美しく希少な花。あなたは白いポピーの花を見たことがありますか?

美容最新ニュース / 2015年07月17日18時00分

KENZOの創始者である高田賢三はポピーの花が好きであった。2000年に同社のフレグランス部門のクリエイティブ・ディレクターにパトリック・グエージが就任し「フラワーバイ ケンゾー」を発表。このフレグランスはボトルも印象的だ。1輪のポピーの花だけが描かれており、その凛とした花の姿がその香りをまとう人を現しているかのようだ。フラワー バイ ケンゾー ロー オー [全文を読む]

“都会に咲く一輪の花”がコンセプト、「フラワー バイ ケンゾー」新作フレグランス登場

FASHION HEADLINE / 2015年07月17日13時30分

ブランドを代表するフレグランスとして、今年で15周年を迎える「フラワー バイ ケンゾー」は、創始者の高田賢三が好きだった花であり、フランスでは日本のタンポポのような存在でもあるポピーの花をモチーフにしたもの。アスファルトの隙間にも根づく、強さと儚さを併せ持つポピーの花に、高層ビルが立ち並ぶ都会を生きる女性の姿を重ねて製作された。 新作の「フラワー バイ [全文を読む]

資生堂が協力、日本人初のスーパーモデルの人生を紐解く映画『氷の花火 山口小夜子』今秋公開

FASHION HEADLINE / 2015年07月11日12時00分

アメリカの『ニューズウィーク(News Week)』誌には“世界の4人のトップ・モデル”として紹介され、山本寛斎や高田賢三、イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)、ジャン=ポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)といった有名ファッションデザイナーたちに多くの刺激を与え続けた。 本作ではそんな山口小夜子の半生が、山本寛斎 [全文を読む]

丸山敬太、「アナザースカイ」でパリコレの“成功と挫折”語る。心の師・高田賢三との再会

FASHION HEADLINE / 2015年05月22日12時00分

“心の師”というデザイナー・高田賢三と再会ーーパリコレへの挑戦、成功と挫折、これまで辿ってきた道を振り返りながら当時の胸中、さらには今後への新たな決意を語る。 丸山敬太が出演する「アナザースカイ」放映は、5月22日・23時35分~日本テレビ系列にて放送。 [全文を読む]

丸山敬太、「アナザースカイ」でパリコレの“成功と挫折”語る。心の師・高田賢三との再会

FASHION HEADLINE / 2015年05月22日12時00分

“心の師”というデザイナー・高田賢三と再会ーーパリコレへの挑戦、成功と挫折、これまで辿ってきた道を振り返りながら当時の胸中、さらには今後への新たな決意を語る。 丸山敬太が出演する「アナザースカイ」放映は、5月22日・23時35分~日本テレビ系列にて放送。 [全文を読む]

ミシェル夫人は外交上手? 女子教育アピールで来日、随所で日本に配慮見せる

NewSphere / 2015年03月20日18時50分

まず、到着時、飛行機のタラップから降りてきた際に着用していたのは、日本人デザイナー高田賢三氏が創設した「KENZO」のドレス。アメリカのファッションサイト『In Style』によれば、同ブランドは現在二人のアメリカ人デザイナーに任されており、ドレスには、日米の懸け橋の意が込められているとのことだ。 講演に招いた学生たちとのディスカッションにも心を配った。 [全文を読む]

森健「新聞をななめに読むとわかること」 ー元日号から“新聞”の課題が見えたー

アサ芸プラス / 2015年01月18日09時55分

1面トップで戦後70年企画を据えたのは想定どおりだが、その対象はファッションデザイナーの森英恵や高田賢三などの軌跡。編集委員は「個々の生き方から70年を見る」趣旨だと解説したが、夕刊のような緩さだった。理由を考えると、あの問題が思い当たった。 吉田証言問題などを巡る先月26日の第三者委員会。朝日は取材時の「角度」について外部委員から強い批判が寄せられた結 [全文を読む]

メイクでゆく年くる年〜メイクと景気と来年の流行〜

Daily Beauty Navi / 2014年12月31日09時00分

1970年代後期〜90年代初期 女性が元気に!強くて美しい、がキーワード今でも活躍するファッションデザイナー、やまもと寛斎、高田賢三、三宅一生らが世界で注目された70年代。日本人モデルももてはやされるようになったため、メイクでも日本人らしい切れ長な目もとが話題に(写真左)。80年代に入ると、女性の社会進出が進み、キャリアウーマンがブームになり、景気の上昇と [全文を読む]

ファッション・アパレル業界のヒューマンドキュメント誌 ~ FASHION CREATOR’S MAGAZINE 創刊 ~

PR TIMES / 2014年12月01日17時37分

創刊号の特集は、世界的ファッションデザイナーの高田賢三氏です。当社グループは日本・中国・韓国でグローバルにファッションクリエイター・エージェンシー事業を展開しております。ファッションクリエイターの生涯価値の向上を目的とし、国内外での仕事のご紹介、ブランドプロデュース及びプロモーション支援等をはじめ、韓国現地法人では、所属するデザイナーの服や鞄・靴などを販売 [全文を読む]

フォーカス