長谷部恭男のニュース

<安保法制>小林節教授「狂った政治は次の選挙で倒すべき」 長谷部教授とともに批判

弁護士ドットコムニュース / 2015年06月15日17時38分

衆議院の憲法調査会で「集団的自衛権の行使は違憲だ」と発言し、大きな波紋を呼んだ憲法学者の長谷部恭男・早稲田大教授と小林節・慶應大名誉教授が6月15日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見した。2人は政府が国会に提出している安保法制について「撤回すべき」だと声を揃えた。長谷部教授は、安保法案を撤回すべきだという理由について、「核心的な部分、つまり集団的自衛 [全文を読む]

「安保法案は憲法違反」と明言 憲法学者・長谷部恭男さん生出演

PR TIMES / 2015年06月08日19時16分

6月9日(火)の放送では、憲法学者の長谷部恭男さん(早稲田大学法学学術院教授)がスタジオ生出演。 [画像: http://prtimes.jp/i/3392/154/resize/d3392-154-402895-0.jpg ] 6月4日の衆院憲法審査会で、与党から推薦された参考人であるにもかかわらず、「安保法案は憲法違反」と明言、自民党を大慌てさせた長 [全文を読む]

裁判で否定された朝日新聞「人権委」

Japan In-depth / 2016年06月13日07時00分

この委員会は朝日新聞により任命された憲法学者の長谷部恭男・早大教授や元最高裁判事の宮川光治弁護士ら3人で構成されている。同委員会はこの巨人軍の抗議に対して2012年7月、「朝日新聞の当該記事はすべて真実」と断じる見解を発表した。その結果、巨人軍はこの「見解」に納得せず、裁判所へ提訴したわけだ。巨人軍の提訴に対してこの6月9日、東京高等裁判所が出した判決は「 [全文を読む]

【書評】九条削除を主張し護憲派に浴びせる東大教授の異論

NEWSポストセブン / 2016年06月10日16時00分

「護憲」の総本山であり、総元締めは、GHQ占領下の「転向者」宮沢俊義から始まり、長谷部恭男、木村草太などへと連綿と続く東大法学部の憲法学であることは言うまでもない。その同じ本郷キャンパスから、強烈な「異論」が浴びせられているのだ。これが面白くないはずがない。 著者はまず自らの立場をはっきり表明する。「個別的自衛権の枠内、専守防衛の枠内で自衛隊と安保を維持す [全文を読む]

安保法制の識者登場「朝日、毎日」と「読売、産経」で大きな差…記事4000本調査

弁護士ドットコムニュース / 2016年06月10日10時00分

4紙の専門家の登場回数を個人別に見ると、安保法制反対派では、憲法学者の小林節・慶応義塾大教授、長谷部恭男・早稲田大学教授が人気。賛成派では、憲法学者の百地章・日本大教授と西修・駒沢大名誉教授が多く登場した。 朝日では、小林教授と長谷部教授の意見を合計43回紹介したのに対し、百地教授と西名誉教授の登場は合計10回。毎日も同様の傾向で前者33回に対し、後者は [全文を読む]

泰斗・重鎮・権威・鬼才 すぐれた人の称号の使い分け方

NEWSポストセブン / 2016年05月10日16時00分

また私自身、長谷部恭男・早稲田大学教授を「学界の権威」、故・芦部信喜・東京大学名誉教授を「最高権威」と枕詞を付けたことがある。・権威……その道で第一人者として認められていること。また、そのような人。大家。 さらにここにきて、あまり見掛けないであろう「枕詞」も出てきた。毎日新聞が5月6日付けの記事で、石川健治・東大教授を《「現代憲法学の鬼才」と評される》と [全文を読む]

憲法巡る重鎮たちの「殴り合い」 その激しく熱い内幕

NEWSポストセブン / 2016年05月01日16時00分

藤田論文に名指しで批判された長谷部恭男・早稲田大教授はかつて出した論文集「憲法の理性」に反論文を掲載してわざわざ増補新版にして出版した。元最高裁判事vs.学会の権威という、憲法オタクにはたまらない重量級の殴り合いである。 と、ここに、改憲派護憲派ともに石を投げるどころか椅子を投げつける人が現れた。東大で法哲学を教えている井上達夫教授である。3月に出た新著 [全文を読む]

ジュンク堂が“やり直し“民主主義ブックフェアで安倍政権に配慮か? 憲法の本を全て外し長谷川三千子の本を

リテラ / 2015年11月22日08時00分

新フェアでは、SEALDsの『民主主義ってこれだ!』(大月書店)や、衆議院憲法審査会で「安保法制は憲法違反」と述べた憲法学者・長谷部恭男氏の『増補新版 法とは何か』(河出書房新社)などの注目作だけでなく、プラトンやカントの古典までも除外。これにはまたも異論が相次ぎ、ついには大阪市の清風堂書店が「外された40冊」フェアを行い、話題を呼んでいる。 だが、今回 [全文を読む]

護憲派が守ろうとしているのは憲法ではなく古い解釈改憲だ

NEWSポストセブン / 2015年11月19日07時00分

国会で「安保法制」は違憲だと述べた憲法学者の長谷部恭男さんが象徴的存在で、私は彼らを「修正主義的護憲派」と呼んでいます。 彼らの解釈は内閣法制局の旧来の解釈と同じで、すでにそれ自体、解釈改憲です。だから、自分たちと異なる解釈改憲を行った安倍政権を批判する資格はない。 もっとひどいのは、九条を字句通りに解釈する「原理主義的護憲派」です。 本来なら自衛隊と安保 [全文を読む]

安倍出演の『ミヤネ屋』は放送法違反だ! 宮根はタイコ持ち発言、日テレ青山は「廃案になっては困る」とポロリ

リテラ / 2015年09月04日22時00分

さらに、6月4日の衆議院憲法審査会において、与党が推薦した憲法学者・長谷部恭男早稲田大教授が「法的安定性を揺るがす」「憲法違反だ」と明言したことについて、宮根と青山は、まるでとるに足らない話かのように、笑いながらこんなコメントをしたのだった。宮根「でも、これ、違憲論者を参考人呼んだってなってますけど、これは青山さん、単なるキャスティングミスですよね」青山 [全文を読む]

フォーカス