松坂大輔のニュース

【プロ野球】松坂大輔がソフトバンク入り…豪華すぎる松坂世代の軌跡

デイリーニュースオンライン / 2014年12月05日16時50分

メジャーリーグのニューヨーク・メッツからFAとなった松坂大輔投手(34)の、福岡ソフトバンク・ホークス入りが決定。3年総額12億円、背番号はプロ入りからボストン・レッドソック ス時代まで背負っていた18番だ。 そこで、平成の怪物と評される松坂大輔の原点を振り返ってみたい。 松坂大輔の名が全国に轟いたのは、横浜高校3年の1998年。MAX152キロの剛速球と [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ソフトバンク・松坂大輔投手の人気ぶり。報道陣の多さに攝津投手が「白い巨塔のよう」

TechinsightJapan / 2015年03月22日15時00分

福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔投手が、地域情報番組『おとななテレビ』のインタビューに応じた。ホークスの人気選手たちよりもさらに注目を浴びる松坂投手は、キャンプ地でも報道陣が殺到。そんな彼の人気ぶりを見て攝津正投手は「白い巨塔みたいだ」と評する。さらに元NHKアナウンサー・神田愛花の歯に衣着せぬ質問攻めで、松坂投手から奥さんとの貴重なエピソードも飛び出し [全文を読む]

父・深作欣二に望んだ息子・健太の「一子相伝」

アサ芸プラス / 2012年11月30日09時59分

【関連記事】 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(2)松坂が“原点回帰”した プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(3)東尾が松坂に託した“思い” プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(4)31歳になって気づいた部分 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔[全文を読む]

お前はいったい何連休や!松坂大輔の最新ニックネームは「歴史的不良債権」

アサ芸プラス / 2017年04月28日17時59分

「福岡ソフトバンクホークスの超VIP、松坂大輔投手が個人事務所名義でこんな景気のいい買い物をしました。広さは約160平米、室内にトレーニングルームも設置したそうです。 松坂投手は体の状態や近年の衰えが危惧されながらも、メジャー帰りのビッグネームということでソフトバンクと3年12億円の破格契約。しかしご存じのとおり、獲得に反対したホークスファンの声が大当たり [全文を読む]

バッシングの声に今、松坂大輔が思うこと「野球って誰かを見返すためのものじゃない」

週プレNEWS / 2017年04月20日06時00分

松坂大輔のことである。 思い浮かぶのは3年前のことだ。当時、メジャー8年目を迎えていたニューヨーク・メッツの松坂は、オープン戦でローテーションの座を若いピッチャーと争っていた。その最後の登板で、松坂は5回を投げて被安打5、奪三振8、無四球、無失点という文句のつけようがないピッチングを披露した。ところが松坂は、開幕をマイナーで迎えることになったのである。結 [全文を読む]

【侍ジャパン】WBCでのキューバ戦の成績は?

ベースボールキング / 2017年03月07日09時00分

【2006年3月20日 WBC 決勝】▼ 日本 10 - 6 キューバ(ペトコパーク)<試合時間:3時間40分 観衆:42,696人>日|400 020 004|10キ|100 002 021|6[勝] 松坂大輔(3勝0敗)[S] 大塚晶則(0勝0敗1S)[負] ロメロ(2勝1敗)[本] なし◆ 第2回大会は2戦2勝 第2回大会は、第2ラウンドで2度対戦し [全文を読む]

元・侍ジャパン…あの日本代表選手は今?

ベースボールキング / 2017年02月06日18時15分

◆ 日本復帰後は苦戦が続く松坂大輔 まさかの大谷翔平の代表辞退に揺れた侍ジャパン。代役投手は武田翔太に決まり、気が付けば3月7日のキューバ戦まであと1カ月である。今回は第4回大会開幕前に過去のWBC3大会で活躍した元日本代表選手の今を見てみよう。 松坂大輔は、2大会連続MVPに輝いたミスターWBC。第1回大会は西武在籍時、第2回はレッドソックス在籍時に出場 [全文を読む]

各球団の今季日本人の最高年俸は誰?

ベースボールキング / 2017年01月29日18時00分

◆ 日本人トップはオリックスの金子千尋 ソフトバンクの松坂大輔が28日、契約更改交渉を行い4億円で更改した。これで日本人選手の契約更改が全員終了したことになる。 各球団の今季、日本人最高年俸選手をみると、オリックスは金子千尋の5億円がトップ。金子の5億円は、今季の日本人選手最高年俸となっている。10年ぶりに日本一となった日本ハムは中田翔の2億8000万円、 [全文を読む]

「バッティングが嫌いだった」伝説のホームランバッター・中村紀洋が今だから語る裏話

まぐまぐニュース! / 2016年06月03日06時00分

次ページ>>特に印象に残る松坂大輔との対戦。清水直行とのオモシロこぼれ話 ただただ楽しかった怪物・松坂大輔との勝負 ──バッティングに関してもお伺いしたいのですが、今まで対戦された中で、特に印象に残っている投手を教えていただけますか。 中村:やはり、松坂大輔(現在・福岡ソフトバンクホークス所属)ですね。18.44メートル(投手と打者の距離)を、三振かホー [全文を読む]

松坂大輔が江夏豊に語った日本球界復帰「妻は“わかった、ついていく”だけでした」

週プレNEWS / 2015年02月24日06時00分

松坂大輔は予定していたブルペンでの投球練習を取りやめ、代わりにキャッチボールと遠投を約1時間、入念に行なった。体重を軸足に真っすぐ乗せ、そこからスムーズに前方へ移動していく投球フォームを体に染み込ませる作業だ。 高校時代から怪物と呼ばれ、26歳でメジャー移籍。酸いも甘いも噛かみ分けて9年ぶりに日本に戻った彼は今、何を思うのか。キャンプ地を訪れた江夏豊氏との [全文を読む]

プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(3)東尾が松坂に託した“思い”

アサ芸プラス / 2012年09月12日10時59分

【関連記事】 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(2)松坂が“原点回帰”した プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(4)31歳になって気づいた部分 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(1)「477日ぶり復活勝利」で実践した師匠の教え プロ野球「師弟の絆」裏物語 [全文を読む]

死んでも「アイツ」に勝ちたかった⑥ 田中一徳(元PL学園)(3)98年PL学園vs横浜高校 松坂大輔を追い詰めた延長17回の死闘!

アサ芸プラス / 2012年07月18日10時57分

【関連記事】 死んでも「アイツ」に勝ちたかった⑥ 田中一徳(元PL学園)(1)98年PL学園vs横浜高校 松坂大輔を追い詰めた延長17回の死闘! 死んでも「アイツ」に勝ちたかった⑥ 田中一徳(元PL学園)(2)98年PL学園vs横浜高校 松坂大輔を追い詰めた延長17回の死闘! 死んでも「アイツ」に勝ちたかった⑥ 田中一徳(元PL学園)(4)98年PL学園 [全文を読む]

【西武】松坂大輔の運命を変えた? 1998年の日本シリーズ

文春オンライン / 2017年06月11日11時00分

松坂大輔を巡り、ドラフトでも横浜と競合 日本一奪還ならず、で意気消沈していた西武ファンが溜飲を下げたのが、シリーズ後に行われたドラフト会議。この年の目玉は「超高校級投手」の横浜高校・松坂大輔でした。西武のフロントは夏前までは別の選手を1位候補として調査していましたが、夏の甲子園での優勝シーンを見ていた堤義明オーナー(当時)の「鶴の一声」で方針を変更。日本 [全文を読む]

中一日も! 始球式アイドル稲村亜美のハイペース登板は「もう松坂大輔の15年分」

アサ芸プラス / 2017年05月10日05時59分

「早くも松坂大輔の15年分の登板だな(松坂は日本球界復帰3年目で1軍では1試合のみ)」「ソフトバンクは稲村と専属契約すべき」「松坂は見たことないが稲村は見たことがある若者が急増中(笑)」など、ソフトバンクと3年12億円の契約をしながら“年俸ドロボー”の名を欲しいままにしている松坂大輔投手がもう散々の言われようだ。 どうせ試合で投げられないのであれば、松坂も [全文を読む]

“和田の代役・松坂”の代役に摂津の名前が挙がるチーム

ベースボールキング / 2017年04月13日12時00分

一度は有力視されたソフトバンク・松坂大輔の一軍昇格&先発が白紙となってしまったという。 事の発端は4月7日(金)にさかのぼる。先発した和田毅が順調な投球を披露するも、5回までで突如降板。勝利投手になったものの、不安が囁かれていた。 これが後に「左肘の張り」を自ら訴えてのことだったことが判明。大事を取ってとのことだったが、和田は11日に登録抹消となり、ローテ [全文を読む]

川崎宗則の“激安”復帰でバッシング再燃!“給料ドロボー”松坂大輔に屈辱ヤジ

アサ芸プラス / 2017年04月05日17時58分

松坂大輔投手です。松坂は3年12億という大型契約を結ぶも、いまだ1軍での勝利はおろか登板数も1試合止まり。契約最終年の今年はようやく体を絞り、遅まきながらやる気を見せていたが、3月18日のオープン戦で右足に異変が出てあっさり降板。もはや年俸ドロボーどころか、かつての栄光も全くなかったかのようにファンにとっては“名前を聞きたくもない”状態。単年9000万円 [全文を読む]

片岡、森野、松坂…開幕一軍を逃したベテラン

ベースボールキング / 2017年03月29日18時00分

また、平成の怪物と呼ばれた松坂大輔(ソフトバンク)は、開幕先発ローテーション落ちしたこともあり、二軍で開幕を迎える。復活を目指す今季は、オープン戦最終登板となった広島戦で、7回を無失点に抑えていた。 その他、2000安打まで残り68安打に迫っている福浦和也(ロッテ)、長年広島の遊撃手としてチームを支えた梵英心(広島)、守備のスペシャリスト飯山裕志(日本ハ [全文を読む]

NPBでプレーする“松坂世代”は何人いる?

ベースボールキング / 2017年03月17日11時30分

“松坂世代”といえば、横浜高校時代に春夏甲子園連覇を達成した、松坂大輔(ソフトバンク)をはじめ、和田、杉内、藤川球児(阪神)などがいる。長年球界を引っ張ってきた“松坂世代”の選手たちではあるが、今年で多くの選手が37歳を迎える。 森本稀哲、東出輝裕、新垣渚といったかつてチームの顔だった選手たちも現役を引退するなど、ユニフォームを脱いだ選手も多い。ベテランと [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松坂大輔投手、西武時代“巨人打線からめった打ち”の真相告白 東尾元監督「なんやそれ!」

TechinsightJapan / 2017年03月07日15時14分

福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔投手が、西武ライオンズに入団した時の監督だった東尾修さんとテレビ番組で対談した。当時“平成の怪物”と呼ばれた松坂投手と東尾元監督は今も師弟以上の絆がある。それだけに普段は話さないような本音が飛びだす場面もあった。3月5日に放送された福岡エリアのスポーツ情報番組『夢空間スポーツ』(FBS福岡放送)で「松坂大輔×東尾修 師弟対 [全文を読む]

OP戦開幕投手のソフトB・松坂、3回2失点 大引に被弾

ベースボールキング / 2017年03月04日14時05分

ソフトバンクの松坂大輔が4日、ヤクルトとのオープン戦に先発。3回に大引啓次にソロを浴びるなど、3回2失点だった。 ソフトバンクのオープン戦初戦を託された松坂は初回、先頭の大引啓次に左中間に鋭い打球を打たれるも、レフト・中村晃がダイビングキャッチ。味方のファインプレーに助けられ、まずは一死を奪った。2番上田剛史も二ゴロに打ち取り、簡単に二死かと思われたが、二 [全文を読む]

フォーカス