松井裕樹のニュース

楽天・松井裕樹 開幕2か月で5~6勝の快進撃あるとの評価も

NEWSポストセブン / 2014年02月03日11時00分

安倍氏が今年の有力新人・松井裕樹について語る。 * * * 今年のパ・リーグ新人王の本命候補と目される楽天1位・松井裕樹(18、桐光学園)。マー君こと田中将大投手の抜ける穴を埋められるか、大きな期待がかかるところだ。高校生ルーキーでも、ファームで鍛えた何年後っていうタイプじゃない。使うならすぐ。今でしょ! それぐらいの“完成度”と見ている。 松井のタテのス [全文を読む]

楽天・大久保新監督が就任1年目のチーム構想を槙原寛己氏に激白!嶋は?藤田は?松井裕樹は?ドラ1安楽は?

@Press / 2015年01月19日08時00分

果たして、大久保新監督が全試合出場を熱望する選手は誰なのか!? また、2年目を迎える松井裕樹投手の起用プランにも言及。先発をさせればオリックス金子並の成績を残せると評価するも、育成を中心において「勝ちパターンにおけるリリーフ起用」も示唆した。 そのほか、斬新な練習法を次々と生み出し話題を呼んでいる大久保監督の野球観や不仲説が囁かれる嶋選手から届いた年賀状秘 [全文を読む]

4連敗の楽天ドラ1・松井裕樹。二軍落ちにも同情の声

週プレNEWS / 2014年04月28日06時00分

2年前の夏、高校2年生ながら甲子園で奪三振記録を2年前の夏、高校2年生ながら甲子園で奪三振記録を樹立し、満を持して今季、楽天入りした松井裕樹(ゆうき)。キャンプ、オープン戦では150キロの速球と鋭く落ちる変化球を武器に、投げるたびに好結果を残し、辛口の星野仙一監督でさえ、 「文句のつけようがない。開幕投手だって冗談じゃなくなるぞ」 とベタ褒め。さすがに開幕 [全文を読む]

松井裕樹は楽天でよかったのか?

アサ芸プラス / 2013年10月29日09時59分

これが、今年のドラフト会議で最も注目を集めた、松井裕樹(桐光学園)の結果だ。 「今年の楽天はイケイケだな」そんな声がそこら中から聞こえてきた。実際そうなのかもしれない。でも、本当にそれでいいのか? ドラフト会議は毎年、プロ野球ファンが楽しみにしている恒例行事。戦略やクジ引きで注目選手の運命が決まるのはやはりエンターテインメントとしては成立している。しかし結 [全文を読む]

高校No.1左腕・松井裕樹を育てた神奈川の高校野球秘話!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年07月11日12時10分

今年の注目は、なんといっても、神奈川・桐光学園の左腕投手・松井裕樹。2年生で出場した昨夏の甲子園1回戦で、10連続を含む22奪三振。9回までの奪三振大会記録を87年振りに更新するなど、衝撃のピッチングで日本中の話題をさらった。1年経った今、松井は高校生No.1投手として、練習試合にまでメディアが押し寄せる状況になっている。今夏の神奈川大会は、松井の存在で盛 [全文を読む]

松井裕樹、田口麗斗が躍動!歴代高卒4年目サウスポーの成績を振り返る

ベースボールキング / 2017年05月23日06時45分

その1年後輩、13年ドラフト組では松井裕樹(楽天)と田口麗斗(巨人)のサウスポーコンビがそれぞれ結果を残している。◆ 高卒左腕の4年目 95年生まれで高校時代「東の松井、西の田口」と称された今季プロ4年目の彼らは、今の大学4年生と同い年。例えば田口は13年3位指名だが、今秋のドラフトにこのレベルの大卒左腕がいたら間違いなく競合必至のドラフト1位候補だろう。 [全文を読む]

楽天、守護神・松井裕樹がヒヤヒヤの14セーブ目「ランナーは1人までにしてくれ~」

サイクルスタイル / 2017年05月11日21時50分

最終回にマウンドに上がった守護神の松井裕樹が味方のエラーから安打と四球により満塁のピンチを招くも、最後はチェンジアップで空振り三振を奪い今季14セーブ目を挙げた。 [全文を読む]

日本ハム、田中賢介のサヨナラ打で劇的勝利…楽天は守護神・松井裕樹が今季初黒星

サイクルスタイル / 2017年04月29日17時35分

それでも9回裏、2死一、三塁とサヨナラの好機を作ると、田中が楽天の守護神・松井裕樹投手から値千金の適時打を放ち試合を決めた。投げては、先発の有原航平投手が7回途中2失点の好投を見せ、4番手で登板した増井浩俊投手が今季2勝目を挙げた。 [全文を読む]

【4月25日プロ野球全試合結果】楽天・松井裕樹が史上16人目の三者連続三球三振、巨人・菅野智之が2試合連続完封

サイクルスタイル / 2017年04月26日00時00分

最後を締めた松井裕樹投手は早くも9セーブ目を挙げた。対するロッテは、打線がわずか4安打と沈黙。先発の西野勇士投手は序盤に失点するなど、試合の主導権を握れなかった。 [全文を読む]

楽天・松井裕樹、三者連続三球三振の圧巻締め…史上16人目の快挙

サイクルスタイル / 2017年04月25日22時54分

この試合で最終回に登板し、早くも9セーブ目を挙げたのは守護神・松井裕樹投手。ここまで首位を快走するチームを牽引している。 9回のマウンドに上がると、一人目の細谷圭外野手を高めの直球で三球三振。二人目のダフィー内野手も直球で三振に仕留めると、三人目の鈴木大地内野手も二球で追い込み、最後は高めのスライダーを振らせた。 三者連続三球三振は、セ・パ両リーグ合わせ [全文を読む]

フォーカス