工藤公康のニュース

移籍先で白星が多かったFA投手は?

4 / 2017年01月29日11時15分

1位 53勝 工藤公康(巨人:00年~06年) 成績:128試 53勝40敗 防4.05 ☆1位は99年オフにダイエーから巨人へFA移籍した工藤公康。巨人時代の7年間で53勝をマークした。工藤は、移籍1年目の00年に12勝をマークし、リーグ優勝に貢献すると、04年に通算200勝を達成。巨人時代の7年間で3度2ケタ勝利を達成した。 2位 49勝 工藤公康[全文を読む]

FA移籍1年目に2ケタ勝利を挙げた投手は?

3 / 2017年02月12日18時00分

FAが導入された93年以降、初めて移籍先1年目で2ケタ勝利を達成したのは、95年の工藤公康(ダイエー)だ。94年オフにリーグ5連覇した西武からFA宣言し、ダイエーに移籍。背番号21を着けた工藤は、先発ローテーションの一角に入り12勝をマーク。しかし、チームはリーグ5位に終わり、プロ入り後初めてBクラスを味わった。 工藤は日本一を達成した99年オフにダイエ [全文を読む]

3人で四半世紀!? ホークスで繋がる「長期政権」のバトン

3 / 2017年01月20日17時15分

◆ 2019年まで指揮 ソフトバンクは20日、工藤公康監督と契約延長したことを発表。2019年まで指揮を執ることが決まった。 今季が3年契約の3年目になる工藤監督。1年目は前年王者のチームを2年連続の日本一へと導くも、昨季は最後の最後で日本ハムにまくられる屈辱も味わった。 しかし、球団からの信頼は厚く、契約最終年を待たずして契約延長を決断。工藤監督は「長い [全文を読む]

【プロ野球】ドラフトが終わった今こそ読みたい! 『プロ野球のすべてを知っていた男 根本陸夫伝』

3 / 2016年10月24日17時05分

それぞれの指揮官である工藤公康と伊東勤は、根本が見いだした人物として知られている。 来季の西武新監督に就任した辻発彦と、代行から正式に監督に就任した中日の森繁和。この二人の新監督もまた、根本が発掘・育成にかかわった人物だ。 ほかにも、侍ジャパンの小久保裕紀監督。各チームのコーチ陣まで含めると、今のプロ野球界において根本人脈のいないチームを探す方が難しい、と [全文を読む]

【日本シリーズ】自らサヨナラ安打…「優勝請負人」工藤公康の"名場面"

3 / 2015年10月24日16時00分

真中満と工藤公康の指揮官はともに就任1年目で優勝を果たすなど、史上4度目となる「新人監督対決」も注目を集めている。 過去の新人監督対決は1986年の広島対西武の阿南と森、2002年の巨人対西武の原と伊原、2004年の中日対西武の落合対伊東と3回実現しているが、森西武、原巨人の2回で選手として出場しているのが、ソフトバンクを率いる工藤である。 ソフトバンクは [全文を読む]

新人女子アナを抜擢 「熱闘甲子園」番組史上初の試み

3 / 2014年06月11日12時07分

「熱闘甲子園」では、キャスターを今年で3年目となる元プロ野球選手の工藤公康氏をはじめ、同局の三上大樹アナ、そして今年4月に入社したばかりの新人アナ・山本雪乃アナが担当する。34年の歴史を持つ番組史上、新人アナウンサーをキャスターに起用するのは今回が初。山本アナにとっても「全国ネット番組MC」を担当するのは自身初となる。また番組のキャスターに男性アナウンサ [全文を読む]

【プロ野球】岸孝之(楽天)を見ると思い出す。西武からパ・リーグ他球団に移籍して活躍したピッチャーたち

2 / 2017年02月09日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■優勝請負人・工藤公康 1980年代から1990年代にかけての西武で、渡辺久信とともに左右の両輪で活躍したのが工藤公康。1986年、1987年と2年連続で日本シリーズのMVPを受賞するなど「左のエース」として君臨した。 その工藤は1994年オフ、トレーニング施設の充実を球団に訴えるも意見が [全文を読む]

巨人からDeNAに移籍した選手といえば…

2 / 2017年01月05日17時00分

平良と同じように人的補償でDeNAに入団した選手は、工藤公康、藤井秀悟がいる。工藤は門倉健の補償で07年、横浜に入団。当時43歳で通算215勝を挙げた左腕は移籍1年目、横浜の投手陣が手薄だったこともあり、先発登板のチャンスが多く、前年の3勝を上回る7勝をマーク。横浜3年目の09年には、46試合に登板した。 藤井は村田修一の人的補償で12年に加入。巨人最終 [全文を読む]

【プロ野球】《監督のコスパを探る》1勝あたりのお値段を算出。2016年の「お買い得な監督」は誰だった?

2 / 2016年12月29日16時05分

■最低限の成績は残せた監督 工藤公康監督(ソフトバンク) 年俸:1億円 83勝 1勝あたり120万4819円 高橋由伸監督(巨人) 年俸:1億円 71勝 1勝あたり140万8451円 ともにシーズン2位で、CSはファイナルステージで敗退という結果に終わったソフトバンクと巨人。 工藤公康監督(ソフトバンク)と高橋由伸監督(巨人)の1勝あたりのコスパは高めだ [全文を読む]

【プロ野球】《巨人・大補強》補強の本気度と順位はリンクする? FAで2選手を獲得した翌年の成績を独自検証!

2 / 2016年12月08日16時06分

FA選手獲得本気度:◎ FA選手成績リンク度:△ ■FA補強成功のお手本のような年 1999年オフのFA獲得選手:工藤公康(ダイエー)、江藤智(広島) 2000年の結果:リーグ優勝、日本一 1999年オフ、巨人は江藤智(広島)と工藤公康(ダイエー)をFAで獲得。 江藤が広島で背負っていた背番号は「33」だったが、当時、巨人の背番号「33」は長嶋茂雄監督が [全文を読む]

フォーカス