吉田松陰のニュース

2015年大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナルグッズ 2015年1月5日(月)新発売

@Press / 2014年12月22日11時00分

希望小売価格:800円(税別) 本体サイズ :(約)20cm×20cm 原産国 :日本製 JAN :456038696 6438 http://www.atpress.ne.jp/releases/55368/img_55368_1.jpg ■商品2:花燃ゆ オリジナルハンカチタオル 吉田松陰柄 ■商品3:花燃ゆ オリジナルハンカチタオル 高杉晋作柄 幕 [全文を読む]

リーダーシップ醸成・若手リーダー育成のために 吉田松陰を祀る松陰神社(山口県萩市)の上田俊成宮司が 『松陰先生の教育観』を横浜で語る

DreamNews / 2016年07月25日12時00分

「至誠」「知行合一」・・・吉田松陰が後世に残した数々の教えは、現代のリーダーや次世代のリーダにとっても多くの学びがあるはずです。その吉田松陰を祀る松陰神社(山口県萩市)の上田俊成宮司が、吉田松陰の教育観、松下村塾の塾生等々について語ります。吉田松陰が主宰した松下村塾は、1年1ケ月という短期間に、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文を始めとした数多くの幕末維新の英 [全文を読む]

誤解された「尊皇攘夷」。日本を救った吉田松陰が遺したもの

まぐまぐニュース! / 2017年03月12日08時00分

志士を弾圧する老中・間部詮勝の暗殺を計画したことで、わずか数え30歳で死刑となった吉田松陰。しかし、その遺志は松下村塾の門下生に受け継がれ、彼らは日本を近代国家たらしめました。今回の無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では、死を前にした吉田松陰が残した思いを振り返りながら、「尊皇攘夷」の意味について今一度考えます。 吉 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】伊勢谷友介が現代の“松下村塾”始める。NHKの番組で「ホントに! マジで!」と宣言。

TechinsightJapan / 2015年01月27日18時20分

彼はNHK大河ドラマ『花燃ゆ』で吉田松陰役を演じており、その考え方にならって平成の世に“松下村塾”を開くもの。彼がその志を解説したFacebookの投稿には1月27日現在で3800件を超える「いいね!」があり、680件以上シェアされている状況だ。 1月24日に生放送された公開バラエティ『土曜スタジオパーク』(NHK総合)に出演した伊勢谷友介は、大河ドラマ『 [全文を読む]

前橋市が公認展示「吉田松陰の刀」に持ち上がった真贋論争

NEWSポストセブン / 2017年04月16日16時00分

そうしたなかで、維新の精神的指導者といわれる吉田松陰の形見の品を巡り、思わぬ騒動が持ち上がった。 群馬県の前橋文学館で、3月31日から5月7日まで、「吉田松陰の形見の短刀」が公開されている。公開に先立つ3月28日の前橋市の発表を受け、各紙に〈松陰の短刀、本物だった〉(東京新聞、3月29日付)、〈吉田松陰の形見と判断 昨年、前橋市に寄託の短刀〉(朝日新聞群馬 [全文を読む]

石橋信夫記念館文化フォーラム 第9回「転換期のいま、人財育成は吉田松陰に学べ」(ニュースレター)

PR TIMES / 2016年05月11日14時16分

大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2016年11月12日(土)、石橋信夫記念館文化フォーラム「転換期のいま、人財育成は吉田松陰に学べ」を開催します。 当フォーラムは、毎回多彩なパネリストをお招きし、歴史上の優れた指導者の知恵やリーダーシップから、今の日本人のあるべき姿と今後の指針を語っていただいております。 そこで今回の文化フォーラ [全文を読む]

大河『花燃ゆ』 女性に見てほしいとイケメンをキャスティング

NEWSポストセブン / 2015年01月18日07時00分

ストーリーは、吉田松陰の末妹・文を中心に人間模様を織り交ぜ、幕末の動乱の中、強い絆で困難を乗り越えた家族、そして松陰の志を継いだ若者たちの青春群像を描くものだ。 吉田松陰の末妹・文(井上真央、27才)を主人公に立てた今回の大河ドラマだが、イケメン大河、セクシー大河との呼び声高い。 吉田松陰には伊勢谷友介(38才)、後に文の夫となる久坂玄瑞には東出昌大(26 [全文を読む]

大河ドラマ『花燃ゆ』の舞台、山口県・萩に行く前に知っておきたい10のこと

しらべぇ / 2015年01月06日18時00分

吉田松陰の妹、文の活躍を中心に描いた大河ドラマ『花燃ゆ』(NHK)がスタート。舞台となっている山口県萩市は、放送開始前から観光客が増えているそうです。 しかし「萩って、名前は聞くけど、どうやって行くの?どんな街なの?」という方も多いのでは?そこで、山口県出身の筆者が、萩に行きたいと思っている皆さんへの基本情報を紹介します。 ■萩に着くまで ▲位置関係を、ざ [全文を読む]

「花燃ゆ」ゆかりの地巡りをどこよりも早く紹介!!

Walkerplus / 2015年01月04日20時00分

同作品は、長州(山口県)の萩を舞台に吉田松陰ら長州藩士の活躍する姿が生き生きと描かれており、井上は吉田松陰の妹、文(ふみ)を演じている。萩市には、大河ドラマに登場する志士たちのゆかりの地が数多く残っている。そこで今回は、半日で史跡を巡るコースを紹介したい。 「松陰神社」や「伊藤博文別邸」がある旧松本村は、ドラマを深く味わう上でも必須のエリア。まず訪れたいの [全文を読む]

【江戸クイズ】松下村塾で学んでいないのは誰?幕末に関するクイズ4問

サライ.jp / 2017年06月02日21時00分

ぜひ挑戦してみてください!【クイズ1】ペリーが再来航した嘉永7年(1854)、吉田松陰はある企てに失敗し、その一件で罪に問われました。このとき彼が企てたのは、どんなことでしょう?(い)密航しようとした(ろ)老中を暗殺しようとした(は)江戸の町に放火しようとした(に)公使館を焼き打ちしようとした【クイズ2】松下村塾は、幕末の維新の志士を多く輩出しました。では [全文を読む]

温故せぬ国に知新なし。大切な「古典教育」を見下す文科省の愚

まぐまぐニュース! / 2017年03月06日20時00分

吉田松陰の松下村塾である。 松下村塾には、学塾につきものの教卓がなかったといわれている。松陰は塾生たちの間を移動し、個人指導を行なっていた。明確な時間割もなく、来るメンバーや時間もばらばらで、教科書も塾生中心に選ばれたという状況の中では、おのずと指導は一斉ではなく個別的になる。(同上) 授業の課題の中には課業作文というものもあった。これは今でいうレポートで [全文を読む]

2017年は坂本龍馬没後150年。龍馬ゆかりの地を旅しながら、生き様を読み解く異色のガイドが復刊。

PR TIMES / 2016年10月18日15時28分

近著に『幕末「長州」史跡散歩』『山県有朋の「奇兵隊戦記」』(洋泉社歴史新書)、『吉田稔麿 松陰の志を継いだ男』(角川選書)、『吉田松陰と高杉晋作の志』(ベスト新書)、『吉田松陰とその家族』(中公新書)、『楫取素彦と吉田松陰の妹・文』(新人物文庫)、『司馬遼太郎が描かなかった幕末』(集英社新書)など。山口県ふるさとづくり功労賞受賞。講演やテレビ出演も多数。 [全文を読む]

「明治維新を全否定」の歴史本 会津地方で大ベストセラーに

NEWSポストセブン / 2015年11月17日16時00分

吉田松陰は山県有朋が創った虚像である!」「久坂玄端は天皇拉致未遂犯である!」「勝海舟は裏切り者である!」「長州藩はテロリスト集団である!」 このように、新聞広告にはなんとも刺激的な惹句が並ぶ。日本を近代化に導いたと教えられてきた明治維新を全否定する歴史書が、ベストセラーになっている。ヒットの背景を探ってみると、やはりあの“遺恨”があった。 歴史書としては [全文を読む]

井上真央が開会式に登場! 江戸博で「花燃ゆ」展開催

Smartザテレビジョン / 2015年06月04日00時00分

「花燃ゆ」は吉田松陰の妹・文(井上)を主人公に、幕末の動乱を生き抜いた文とその家族、さらに松陰が育てた若者たちの倒幕を目指す戦いを描いている。 「花燃ゆ」展では、そんな松陰や文、長州志士たちのゆかりの品から、彼らの実像に触れることができる。吉田松陰の自賛肖像画や処刑直前に書いたという和歌、文の夫・久坂玄瑞から文への手紙など、展示品の数は210点に上る。 [全文を読む]

<毎回「脳内脚本」を書いてます>私、江川達也は大河ドラマ「花燃ゆ」の屈折した大ファンである

メディアゴン / 2015年05月20日10時30分

光源氏(これは架空の人)、楠木正成、足利義教、織田信長、吉田松陰、伊藤博文、山県有朋、山本権兵衛、石原莞爾。自分以外の作者の描く歴史漫画は大体が嘘八百だと思っている。まあ、自分も編集者から漫画として面白くする為にウソをつくように説得されてしまったことがあるので大きな顔は出来ない。漫画として面白く描こうとすると歴史的史実と矛盾する。漫画として面白いということ [全文を読む]

「おまえが言うな!」NHK籾井勝人会長の“『花燃ゆ』批判”で、井上真央がノイローゼに!?

日刊サイゾー / 2015年05月16日11時00分

吉田松陰が中心だけど、いっぱい長州の人たちが出てくる。だから話が散漫だったかなという気がしています」と分析。続けて「これから上がっていくと期待している」と述べたものの、厳しい評価であることに変わりはない。 これに現場関係者は「主演の井上真央さんは低視聴率の責任を感じ、ノイローゼ状態になっている。局のトップがそれに追い討ちをかけるような発言をするなんて、あり [全文を読む]

幕末ドラマ好きから不満噴出!「花燃ゆ」の“役者カブリすぎ”に困惑の声

アサ芸プラス / 2015年01月13日09時59分

まずは、ヒロイン・文(井上真央)の兄・吉田松陰を演じる伊勢谷友介について。 「第一話では主役のようにクローズアップされていましたね。でも、伊勢谷は『龍馬伝』の高杉晋作役で魅せた風雲児ぶりの印象が強く、今回も同じ長州藩の話ということもあって雰囲気モロかぶり。強いて言えば、高杉役のときにはなかったチョンマゲが今回はあったことが新鮮かな」(32歳・一般事務) [全文を読む]

<NHK大河ドラマ・吉田松陰の効果?>「花燃ゆ」でにわかに盛り上がりをみせる「松陰神社」

メディアゴン / 2015年01月05日02時48分

もともと吉田松陰は色々な評価のある人です。悪く言う人ならば「幕末の反体制派の過激な原理主義者」「謀叛者・テロリストたちの煽動者」「自らも禁を犯して海外渡航を企てようとする突破者」「最後は幕府転覆を企図して刑死」。良く言う人ならば「徳川幕府打倒の思想的基礎を書いた思想家」「明治維新の偉人たちを育てた教育者」「無実の罪に問われながらも従容として死を受け入れた革 [全文を読む]

吉田松陰&高杉晋作の辞世の句をデザイン!「花燃ゆ」オリジナルグッズが登場

Smartザテレビジョン / 2014年12月30日09時00分

井上真央が主演を務め、幕末の風雲児・吉田松陰の妹である杉文の生涯を描く「花燃ゆ」。ドラマのタイトルロゴは、まさに“燃える”ようなデザインとなっており、そのイメージを題材にしたオリジナルハンカチタオルが登場。また、伊勢谷友介演じる吉田松陰の辞世の句「身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」がデザインされたものと、高良健吾演じる志士・高杉 [全文を読む]

井上真央主演、「花燃ゆ」は大河ドラマ版の「花より男子」!?

アサ芸プラス / 2014年12月22日09時59分

そんな幕末の偉人の中でも人気が高く、安倍総理も大好きな吉田松陰と松下村塾の門下生を中心に展開していく物語だ。 とはいえ、「大河ドラマってオジさんだけが楽しみに観てるドラマじゃないの?」なんて思っている人はいないだろうか? そんな人たちのために“女子目線”で楽しむ「花燃ゆ」の見どころを紹介しよう。 ヒロインは吉田松陰の妹・文。高杉晋作や久坂玄瑞、伊藤博文など [全文を読む]

フォーカス