今村昌平のニュース

西田敏行「映画が良すぎて長谷川博己と2人で飲んだ」『ラブ&ピース』に手応え

ソーシャルトレンドニュース / 2015年06月25日06時33分

■麻生久美子、故・今村昌平監督を偲ぶまた、この日のトークはそれぞれの「ラブ」や「ピース」を語るものだったが、いつの間にかそれぞれが好きな映画を語るという展開に。『人生を変えたようなピースは?』という質問に、麻生久美子は「今村昌平監督との出会いがなければここに立っていない」と、自身の出世作となった『カンゾー先生』の故・今村昌平監督を偲んだ。■園子温25年の想 [全文を読む]

黛敏郎初のジャズCD発売! スクリーンに炸裂する青春のビートリズム! CD「黛敏郎 日活ジャズセレクション」4月19日発売!

DreamNews / 2017年04月03日11時30分

各映画の監督と公開情報幕末太陽傳[監督:川島雄三/1957年7月14日公開] 四季の愛欲[監督:中平康/1958年6月10日公開]続夫婦百景[監督:井上梅次/1958年11月4日公開]果しなき欲望[監督:今村昌平/1958年11月18日公開]不道徳教育講座[監督:西河克己/1959年1月9日公開]才女気質[監督:中平康/1959年4月15日公開]密会[監督 [全文を読む]

小学生が吉永小百合を知らなくても、あき竹城は熟知しているワケ

アサジョ / 2017年06月05日07時15分

その後、今村昌平監督の「楢山節考」に起用される。この作品が、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞したことで、女優としても注目されるようになった。 芸能ジャーナリストは、あき竹城がテレビに出続ける理由について次のように分析する。「芸能界及びその関係者を含め、あきさんを悪く言う人はいませんね。彼女は苦労人ですから、一番若いスタッフにもとても丁寧に接するんです [全文を読む]

<写真特集>東京の公園で、「日本の雨」について考えてみた

Record China / 2017年05月20日15時30分

好きな日本映画は小津安二郎監督の『晩春』、今村昌平監督の『楢山節考』など。 [全文を読む]

宝塚歌劇 雪組東京宝塚劇場公演千秋楽「早霧せいなラストデイ」ライブ中継開催決定!

PR TIMES / 2017年05月19日16時00分

【公演】かんぽ生命 ドリームシアター ミュージカル・コメディ『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』~原作 映画「幕末太陽傳」(C)日活株式会社 監督/川島 雄三 脚本/田中 啓一、川島 雄三、今村 昌平~脚本・演出/小柳 奈穂子かんぽ生命 ドリームシアターShow Spirit『Dramatic “S”!』作・演出/中村 一徳 [全文を読む]

宝塚歌劇 雪組宝塚大劇場公演『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic “S”!』千秋楽 ライブ中継 開催決定!

PR TIMES / 2017年04月21日16時41分

宝塚歌劇 雪組トップコンビ 早霧せいな&咲妃みゆ宝塚大劇場ラストステージを全国主要都市の映画館に生中継![画像: https://prtimes.jp/i/3481/615/resize/d3481-615-642350-0.jpg ]2017年5月29日(月)に上演される、雪組 宝塚大劇場公演『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic “S [全文を読む]

<写真特集>在日中国人カメラマンが捉えた民間の抗日戦争博物館―江蘇省南京市

Record China / 2017年04月08日16時00分

好きな日本映画は小津安二郎監督の『晩春』、今村昌平監督の『楢山節考』など。 [全文を読む]

J:COMが今年も宝塚歌劇貸切公演を開催!雪組の公演にJ:COM加入者1900名様をご招待

PR TIMES / 2017年03月29日13時18分

<概要:貸切公演>《公演名》◆J:COM 宝塚歌劇 雪組貸切公演かんぽ生命 ドリームシアターミュージカル・コメディ『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』~原作 映画「幕末太陽傳」 (C)日活株式会社監督/川島 雄三 脚本/田中 啓一、川島 雄三、今村 昌平~脚本・演出/小柳 奈穂子 [全文を読む]

<写真特集>在日中国人が見た中韓対立後の韓国、「中国人観光客は本当に減った?」

Record China / 2017年03月18日15時30分

好きな日本映画は小津安二郎監督の『晩春』、今村昌平監督の『楢山節考』など。 [全文を読む]

芦田愛菜 『山田孝之のカンヌ映画祭』でも偏差値の高さ発揮

NEWSポストセブン / 2017年03月04日16時00分

日本映画大学を訪ね、カンヌに関する講座で学び、実際の学長で映画評論家の佐藤忠男氏や、パルムドールを受賞した今村昌平監督作品『うなぎ』の脚本担当・天願大介氏にアドバイスを求める。さらに資金集めに奔走したり、キャスティングのため面接を重ねていく。 前半の見所の一つが、『萌の朱雀』『殯の森』でカンヌ映画祭グランプリ等を受賞した河瀬直美監督に会いに行くくだり。どう [全文を読む]

<在日中国人のブログ>奈良で過ごした留学生活、「もし、あの頃ああしていれば…」

Record China / 2017年03月04日12時30分

好きな日本映画は小津安二郎監督の『晩春』、今村昌平監督の『楢山節考』など。 [全文を読む]

<在日中国人のブログ>東京で暮らして20年、旧正月に初めて行った築地市場は…

Record China / 2017年02月10日10時10分

好きな日本映画は小津安二郎監督の『晩春』、今村昌平監督の『楢山節考』など。 [全文を読む]

<写真特集>春節シーズンの築地市場は中国人観光客でいっぱい!その買い物カゴの中身は…

Record China / 2017年02月04日15時00分

好きな日本映画は小津安二郎監督の『晩春』、今村昌平監督の『楢山節考』など。 [全文を読む]

『山田孝之のカンヌ映画祭』第3話 “あざとさ/痛さ”をコメディたらしめる地上波なりの着地点

日刊サイゾー / 2017年01月23日23時30分

今村昌平が『うなぎ』で受賞した時のパルムドールのトロフィーを関係者に持たせてもらいながら、浮かれて写真を撮りたがる山下と、「はい、カンヌ!」とシャッターを押しながらも、「僕らのじゃないから」という理由で持つことすら拒否する山田。好対照ながら、カンヌへの気持ちを固める2人と、うなぎよりタレの染みたご飯が好きという素のあどけなさを見せつつも、随時ランドセルを [全文を読む]

話題の『この世界の片隅に』は戦争映画ファンでも楽しめるのか?

まぐまぐニュース! / 2017年01月16日21時00分

要は木下惠介の『花咲く港』や今村昌平の『黒い雨』、黒木和雄の「戦争レクイエム三部作」+『紙屋悦子の青春』、斎藤寅次郎演出の『東京五人男』などの戦争関連の映画から重さを抜き、アニメの自由な表現と柔らかなタッチでポップに描いている。 このポップさは画風やすずのキャラクターだけでなく、声を担当したのんの功績も大きい。のんの声質とすずのノホホンとした性格がぴったり [全文を読む]

<在日中国人のブログ>東京の巨大団地、「少年時代をここで過ごした」気分になるのはなぜだろう?

Record China / 2016年12月31日19時00分

好きな日本映画は小津安二郎監督の『晩春』、今村昌平監督の『楢山節考』など。 [全文を読む]

<写真特集>昭和の時代に建てられた日本の巨大団地、中国人カメラマンが師走の1シーンを撮る

Record China / 2016年12月30日23時00分

好きな日本映画は小津安二郎監督の『晩春』、今村昌平監督の『楢山節考』など。 [全文を読む]

園子温が『シン・ゴジラ』『君の名は。』を罵倒!「金儲け映画ごときで3.11を安易に暗喩にしたてるな」

リテラ / 2016年12月18日01時00分

愛してやまないゴジラを使って深刻なこの時代を金儲けもかねて世相なんかきってんじゃねえ、ならばちゃんとゴジラを使わずちゃんと新藤兼人やはだしのゲンや今村昌平見習って金儲けじゃない命はって作れボケ〉 これに対して、ネット上では『シン・ゴジラ』と同じ長谷川博己を主演で撮った園子温の怪獣映画『ラブ&ピース』(2015年)が興収5300万円だったことをあげつらい、園 [全文を読む]

話題の映画『この世界の片隅に』を実写で撮れぬ日本映画界の惨状

まぐまぐニュース! / 2016年11月30日21時00分

なるほど、これは小津安二郎や黒澤明、木下惠介、今村昌平、黒木和雄、中村登も同系統の実写作品を作っていたが、このポップな感覚は革命的である。悪い映画ではない。 図らずも見えてしまった日本映画界の絶望的な現状 しかし、だ。やっぱりこのレベルの作品をアニメでしか出来ない、実写では出来ない、ということに今の日本映画界の限界、レベルの低さ、衰退、落ち日などを痛感せざ [全文を読む]

<写真特集>紅葉シーズンの人気スポット、南京郊外の古寺・栖霞寺

Record China / 2016年11月26日15時00分

好きな日本映画は小津安二郎監督の『晩春』、今村昌平監督の『楢山節考』など。 [全文を読む]

フォーカス