金田一秀穂のニュース

子どもの「考える力」を育む通信添削学習サービス「ドラゼミ」 新TVCM『作文力が未来を作る』2016年1月23日(土)放映開始 ~国語学者の金田一秀穂先生が作文力の重要性を啓発~

PR TIMES / 2016年01月22日14時51分

http://sakubun.shopro.co.jp/通信添削学習サービス「ドラゼミ」を運営する、株式会社小学館集英社プロダクション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:都築伸一郎)は、日本語研究の第一人者であり、杏林大学外国語学部教授を務める金田一秀穂先生が出演する新CM「作文力が未来を作る」を2016年1月23日(土)より放映開始いたします。[画像 [全文を読む]

教えてください、金田一先生!! オツな日本語ってなんですか?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月23日09時00分

テレビでもお馴染みの金田一秀穂先生が著している『オツな日本語』(金田一秀穂/日本文芸社)は、自然や四季を感じる日本人の敏感なセンサーから生み出された「奥深い日本語」を紹介してくれている。【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ この本を読んでいると、日本人の自然に対する「親しさ」や「愛着」や忘れていた日本人の心を、言葉として感じることができるのだ。 本書の [全文を読む]

小学館の通信添削学習ドラゼミより特設サイト誕生 「作文力.com」 2015年11月20日(金)オープン!「作文力」が繋ぐ家族の絆の物語を描いた動画「親子日記」同時公開

PR TIMES / 2015年11月20日11時00分

日本語研究の第一人者である杏林大学外国語学部教授 金田一秀穂氏や、数学者のピーター・フランクル氏など様々な有識者の方より「作文力」の重要性や活用法などをご紹介して頂きます。第一弾では、「作文力」に関連する全12コンテンツを紹介いたします。●「作文力」が繋ぐ家族の絆を描いた感動動画『親子日記』公開中!●12ヶ国語を操る天才学者が語る!文系・理系って生まれつき [全文を読む]

「お疲れ様」蔓延の背景 適当な挨拶ないためと金田一秀穂氏

NEWSポストセブン / 2015年08月04日16時00分

言語学者の金田一秀穂氏はこう分析する。 「お疲れ様は、いたわりの言葉。力のある者でなければいたわれないので、いわれた側は“上から目線”を感じてしまう。私も学生が授業が終わった後に、『先生、お疲れ様でした』というのには抵抗があります。ただ日本語には、会った時に目上の人に対してきちっと使える、万能の挨拶語がないんです。 だから、『いつもお世話になってます』とか [全文を読む]

四半世紀以上続く、日本最大規模の創作公募コンテスト「第二十六回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」締切迫る 江國香織(えくに かおり)さん、金田一秀穂(きんだいち ひでほ)さん、村治佳織(むらじ かおり)さんが、新たに審査員に参加― 入賞作品2,000句を「お~いお茶」シリーズのパッケージに掲載 ―

@Press / 2015年01月27日09時30分

従来の審査員である俳人の金子兜太(かねこ とうた)さん、黒田杏子(くろだ ももこ)さん、安西篤(あんざい あつし)さん、星野恒彦(ほしの つねひこ)さん、女優の吉行和子(よしゆき かずこ)さん、写真家の浅井愼平(あさい しんぺい)さんに加え、今回新たに作家の江國香織(えくに かおり)さん、日本語学者の金田一秀穂(きんだいち ひでほ)さん、ギタリストの村治佳 [全文を読む]

「Yahoo! JAPAN」から新たなアワードが誕生!「Yahoo!検索大賞2014」2014年12月8日(月)発表!!

PR TIMES / 2014年11月28日09時54分

言語学者 金田一秀穂氏に、『あ』が上昇した理由をインタビューも! Yahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、2014年に検索数が最も上昇した人物、作品、商品を表彰するアワードイベント「Yahoo!検索大賞」を創設し、第1回目となる「Yahoo!検索大賞2014」を12月8日(月)に発表いたします。また本日、アワー [全文を読む]

第二十六回伊藤園お~いお茶新俳句大賞作品募集中

PR TIMES / 2014年11月18日17時22分

今回から、江國香織さん、金田一秀穂さん、村治佳織さんが新たに審査員に加わりました。 株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、「第二十六回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」の作品募集を、2015年2月28日(当日消印有効)まで行っております。 今回で26回目を迎える当コンテストは、「お~いお茶」が発売された1989年に開始され、前回の応募総数が過 [全文を読む]

街が“カラムーチョ”一色に染まる? 日本全国カラムーチョ化計画 30周年記念 30万袋サンプリングが10月6日より開始

PR TIMES / 2014年10月03日11時58分

2014年8月1日のカラムーチョ30周年新CM発表会において宣言された「日本全国カラムーチョ化計画」に則り、全国14都市を“カラムーチョ化”することを目的に社員が街頭に立ち、TVCMに出演する女優の芦田愛菜ちゃん、生物学者の池田清彦教授、言語学者の金田一秀穂教授の「顔」が描かれたオリジナルパッケージのご試食用小袋をサンプリングします。 全国各地のみなさま [全文を読む]

【著者に訊け】金田一秀穂『金田一家、日本語百年のひみつ』

NEWSポストセブン / 2014年10月01日16時00分

【著者に訊け】金田一秀穂氏/『金田一家、日本語百年のひみつ』/朝日新書/760円+税 一般に遺伝には、二種類あるという。一つは体質や顔といった生物学的遺伝、もう一つは環境的遺伝だ。 どちらをどう継いだかは定かでないが初代京助氏と二代目春彦氏、そして三代目の金田一秀穂氏は、三代が三代とも日本語の研究者になった。初代はアイヌ語の研究で知られた言語学者。二代目は [全文を読む]

湖池屋「カラムーチョ」発売30周年 芦田愛菜ちゃん、池田清彦教授、金田一秀穂教授が カラムーチョに対する想いを激白!?

PR TIMES / 2014年09月16日14時58分

株式会社フレンテの事業会社である株式会社湖池屋(本社:板橋区/社長:田子忠)は、9月に発売30周年を迎えた辛口スナック菓子「カラムーチョ」のCMキャラクターとして、女優の芦田愛菜ちゃん、生物学者の池田清彦教授、言語学者の金田一秀穂教授を起用し、新TV-CM「インサイト」篇、「まともじゃない」篇、「マ行五段活用」篇(各15秒)を、2014年10月4日(土)か [全文を読む]

【文化放送】夕方ワイド『吉田照美 飛べ!サルバドール』は 9日に少年隊の錦織一清が 12日に内田裕也が出演

PR TIMES / 2014年06月04日16時15分

他にも6月10日(火)には松崎しげるさんが、そして6月13日(金)には、日本語研究第一人者 金田一秀穂さんが出演します。 また、毎週阿久悠の名曲をお届けしている午後4時40分頃からの「夕暮れの阿久悠」は、6月10日(火)の放送で、沢田研二の「時の過ぎゆくままに」の知られざるエピソードをお送りします。 「サルのアトリエ」 午後4時20分頃~40分頃 *6月 [全文を読む]

日本語学者の金田一秀穂氏 「難読漢字は読めなくてもいい」

NEWSポストセブン / 2012年02月11日16時00分

「魑魅魍魎」や「薔薇」などといった漢字を自分で書けないと少しだけ恥ずかしい気持ちを抱く方もいるかもしれないが、クイズ番組に登場し、日本語学者としての知識を披露している金田一秀穂・杏林大教授は、難読漢字に対して「別に恥ではない」と語る。以下、金田一氏の解説だ。 * * * 私は「難読漢字は読めなくてもいい」と思っています。日本語学者である私のような立場の人間 [全文を読む]

滝沢カレン「脳を通さないで話そうと思っている」高校講座で学習中!

Smartザテレビジョン / 2017年05月24日07時00分

4月4日から始まった「NHK高校講座 あらためまして ベーシック国語」(毎週火曜昼2.00-2.10、NHK Eテレ)は、金田一秀穂がイチから国語の基礎を学ぶための授業を展開。生徒役を滝沢カレン、滝沢をサポートするオウムの声を土屋伸之(ナイツ)が務めている。そこで、滝沢にインタビューを行い、番組の見どころや日本語を学ぶことの感想を語ってもらった。■ NHK [全文を読む]

トレンディエンジェルが英語を学ぶホテルのオーナーに

Smartザテレビジョン / 2017年04月10日20時37分

NHK Eテレでは、黒沢かずこ、馬場裕之の出演する「家庭総合」(毎週木曜昼2:40-3:00)、斉藤由貴が日常生活で生まれる疑問を物理の実験で解き明かしていく「物理基礎」(毎週水曜昼2:20-2:40)、滝沢カレンが生徒となり国語に対する疑問を金田一秀穂が解決していく「ベーシック国語」(毎週火曜2:00-2:10)の全4科目を新たに放送。 また、NHKラ [全文を読む]

【幼児から使える!】辞書を引くのが楽しくなっちゃう♪ “はじめて使う国語辞典”に、ミッキー満載のディズニーデザイン登場!

PR TIMES / 2016年12月01日17時10分

監修は日本語研究の第一人者でメディアでも大人気の金田一秀穂先生です。 [全文を読む]

日本一の俳句コンテスト!累計応募句数3,000万句突破目前!!第二十八回伊藤園お~いお茶新俳句大賞作品応募開始

PR TIMES / 2016年10月27日15時05分

審査員には俳人の金子兜太さん、女優の吉行和子さん、写真家の浅井愼平さん、日本語学者の金田一秀穂さん、ギタリストの村治佳織さん、作家・クリエイターのいとうせいこうさん、作家の宮部みゆきさんなど、各界の第一人者11名が審査を行います。 最高位の文部科学大臣賞1名様に賞金50万円、各部門の大賞6名様に20万円を進呈されるほか、 2,000名様の入賞作品を「お~ [全文を読む]

「第二十七回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」海外53ヶ国を含めた186万作品の中から埼玉県の高校生が文部科学大臣賞に決定!

@Press / 2016年07月06日18時00分

今回は、新たに作家・クリエイターのいとうせいこうさん、作家の宮部みゆきさんをお迎えし、俳人の安西篤さん、金子兜太さん、黒田杏子さん、星野恒彦さん、写真家の浅井愼平さん、日本語学者の金田一秀穂さん、ギタリストの村治佳織さん、女優の吉行和子さん、日本古典文学研究者のエイドリアン・ピニングトンさんといった各分野の第一人者である全11名により最終審査会を開催し、最 [全文を読む]

第二十七回伊藤園お~いお茶新俳句大賞 海外53ヶ国を含めた186万作品の中から埼玉県の高校生が文部科学大臣賞に決定!

PR TIMES / 2016年07月06日17時29分

今回は、新たに作家・クリエイターのいとうせいこうさん、作家の宮部みゆきさんをお迎えし、俳人の安西篤さん、金子兜太さん、黒田杏子さん、星野恒彦さん、写真家の浅井愼平さん、日本語学者の金田一秀穂さん、ギタリストの村治佳織さん、女優の吉行和子さん、日本古典文学研究者のエイドリアン・ピニングトンさんといった各分野の第一人者である全11名により最終審査会を開催し、 [全文を読む]

話題ブログから考える「美しい日本語でインパクトある毒を吐く法」

WEB女性自身 / 2016年05月11日06時00分

だが、国語学の権威であり、杏林大学教授の金田一秀穂さんは、この文章を高く評価する。 「僕の印象ではとても知的な、おそろしく頭のいい人が書いているんだなと思いました。『死ね』という表現は、いまわりと巷でも多い。ただこの人の場合、『日本死ね』と出てきたところが新しい。『自民党死ね』とかではなく、日本死ねとしたところ。死にようのないものと絡めたところに、インパ [全文を読む]

「クイズサバイバー」超豪華メンバーと年越しクイズ!

Smartザテレビジョン / 2015年12月31日12時00分

【知識人チーム(順不同)】 小島慶子、湯浅卓、富永美樹、矢幡洋、元谷芙美子、八田亜矢子、新井恵理那、馬場典子、やくみつる、Kダブシャイン、赤ペン瀧川、金田一央紀、徳光正行、東国原英夫、天明麻衣子、伊沢拓司、本村健太郎、有賀さつき、春風亭昇吉、コトブキツカサ、羽田圭介、堀江貴文、大島さと子、金田一秀穂、城戸真亜子、橋本大二郎、渡部陽一、舛添要一、羽鳥慎一、 [全文を読む]

フォーカス