山口高志のニュース

ドラフト直前予想。桜美林・佐々木千隼が1位競合、最有力な理由

週プレNEWS / 2016年10月18日06時00分

万全なら山口高志(元阪急)、野茂英雄(元近鉄)、上原浩治(元巨人)クラスの成績を残せる。今どきスピードガンで150km/hなんて驚かないけど、田中の真っ直ぐは「ゴォーーン」ってボールがだんだん大きくなってくるような感じなんだよ。 B 剛腕、山口高志! 懐かしいですね。歳、バレちゃいますよ(笑)。秋のピッチングを見る限りでは、1番よかったと言われる2年春の状 [全文を読む]

神戸芸術工科大学アート&デザイン特別講義デザインで語る『これがNHK紅白の舞台裏だ!』

DreamNews / 2015年05月13日10時00分

神戸芸術工科大学プロダクト・インテリアデザイン学科において、昨年のNHK紅白歌合戦のステージデザイナーである山口高志氏を講師に迎えた特別講義を開催いたします。学校法人谷岡学園 神戸芸術工科大学(神戸市西区、学長:齊木崇人)では、芸術工学部プロダクト・インテリアデザイン学科において、昨年のNHK紅白歌合戦のステージデザイナーである山口高志氏を講師に迎えた特別 [全文を読む]

神戸芸術工科大学アート&デザイン特別講義デザインで語る『これがNHK紅白の舞台裏だ!』

DreamNews / 2014年07月02日10時00分

神戸芸術工科大学プロダクトデザイン学科において、昨年のNHK紅白歌合戦のステージデザイナーである山口高志氏を講師に迎えたデザイン講座を開催いたします。学校法人谷岡学園 神戸芸術工科大学(神戸市西区、学長:齊木崇人)では、デザイン学部プロダクトデザイン学科において、昨年のNHK紅白歌合戦のステージデザイナーである山口高志氏を講師に迎えたデザイン講座を開催いた [全文を読む]

【プロ野球】小野泰己こそ藤川球児の「火の玉ストレート」を継ぐ男。将来、小野が「大エース」と呼ばれるために

デイリーニュースオンライン / 2017年03月05日16時05分

当時の2軍投手コーチ・山口高志氏のアドバイスでフォームを改造。「火の球ストレート」を手に入れたことで、藤川の野球人生は激変した。 小野は、藤川と同じ球質のボールを投げると先述した。しかし、それはストレートに限った話だ。そして、まだ「火の玉ストレート」には至っていない。 ■「火の球ストレート」を手に入れるために では、当時の藤川にあって小野にはないものは何か [全文を読む]

プロ野球選手のレコード 10万枚突破したアノ名投手

NEWSポストセブン / 2017年02月02日07時00分

山口高志、加藤秀司、山田久志、大熊忠義『ああ!王者』(1976年・東宝レコード) 『ひらけ!ポンキッキ』『南の島のハメハメハ大王』など幼児向けを得意とする伊藤アキラが作詞。阪急黄金期に発売の応援歌。 ●大洋ホエールズ選手『行くぞ大洋』(1977年・日本コロムビア) 横浜スタジアム開場前年、12球団最後となる大洋初の球団歌。歌手の三鷹淳を中心に、山下大輔 [全文を読む]

野村克也氏 「大谷にやられっ放しのパの連中に恥はあるか」

NEWSポストセブン / 2016年10月27日07時00分

山口高志はさらに速かった。日本シリーズでは山本浩二、衣笠祥雄が山口の球に、それこそかすりもしなかったのを覚えている。 断わっておくが、私は別に懐古主義に浸りたいわけではない。大谷の素質が素晴らしいことに異論はないし、選手個々の能力や技術、体格などでいえば、私の現役時代よりも進化していると思う。ただそれを踏まえて、あえていわせてもらいたい。 プロ野球のレベル [全文を読む]

よみがえる名場面。プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「激闘!昭和編1」

週プレNEWS / 2016年10月25日06時00分

ところが開幕直前、阪急の絶対的ストッパーの山口高志が腰痛により登板できなくなったことで雲行きが急変。切り札を欠いた阪急は、好調ヤクルト打線とがっぷり四つの打ち合いを余儀なくされてしまう。 それでも地力に勝る阪急は、第3戦でベテランのアンダースロー足立光宏が完封勝利を挙げて2勝1敗。さらに第4戦も先発した“酒仙投手”今井雄太郎の奮投で、阪急が5-4の1点リ [全文を読む]

阪神・金本新監督誕生で最も問題なのは古株コーチ陣の一新

週プレNEWS / 2015年10月03日14時20分

中西清起(きよおき)投手コーチ、山口高志投手コーチ、久保康生ファーム投手チーフコーチ、山脇光治外野守備走塁コーチ、吉田康夫ファームバッテリーコーチ…。現在の阪神コーチ陣には10年以上チームに在籍する古株がズラリと並ぶ。 よく考えてみたら、これはかなりおかしなことだ。その間、監督は岡田、真弓、和田と代わっているのに…。例えば巨人なら、監督が成績不振などで辞 [全文を読む]

ぐぁんばれ、カープ! 赤ヘル軍団の名将・古葉竹識に聞く“優勝への道筋”

週プレNEWS / 2015年05月12日18時00分

―日本シリーズの対戦相手の阪急ブレーブスは、山田久志や山口高志など当時超一流のピッチャーを擁していたこともあり、広島カープは4敗2分と惨敗でした……。実は、この年の日本シリーズは、当時の「日本シリーズ最長試合記録(第4戦、4時間49分、時間制限あり)」が記録されています。 古葉 試合は長かったんだけど、一勝もできなかった。試合前から結束を図るために合宿を [全文を読む]

オリックス 山口高志の「14」つけた選手のほとんどが短命に

NEWSポストセブン / 2013年12月06日16時00分

オリックスでもオールドファンには馴染みの深い剛速球の本格派、阪急時代の山口高志の背番号だ。だが、この番号が今、同球団では、「呪いの背番号」になってしまう。 というのも、山口は新人王を獲得するも実働8年と短命だったことが刻み込まれたかのように、後に「14」を付けた選手のほとんどが短命で終わっている。 1983年、PL学園の甲子園優勝投手、榎田健一郎は未勝利の [全文を読む]

フォーカス