村上龍のニュース

村上龍 iBookstoreで3作品を配信開始

PR TIMES / 2013年03月07日18時36分

村上龍電子本製作所」では、2013年3月6日、村上龍の小説3作品をAppleのiBookstore限定で、iPad, iPhone, iPod touch向けに配信開始しました。著者のディレクションのもとに制作された同作品は、いずれも読むだけにとどまらないリッチコンテンツにこだわった作品です。 ■村上龍からのメッセージ iBookstoreに、作品を提供 [全文を読む]

村上龍電子本製作所より新たに 『トパーズ』『村上龍映画小説集』の2作品が登場!

PR TIMES / 2013年09月18日16時06分

村上龍電子本製作所」(株式会社G2010・東京都世田谷区)は、村上龍著『トパーズ』および『村上龍映画小説集』の2つの小説を、それぞれ新たに著者のディレクションによるアニメーションも取り入れ、電子版として2013年9月18日よりiBookstoreにて販売開始しました。 ■著者からのメッセージ 電子書籍のリッチコンテンツ化の方法が、少しずつわかってきました [全文を読む]

社会に飛び出す新社会人、そして、元新社会人のビジネスパーソンへ「村上龍」が贈る、“本音”のメッセージ『新社会人のみなさんへ 村上龍』を4月1日(金)より配信スタート!!

PR TIMES / 2016年04月01日09時22分

“エイプリルフール“の4月1日、あえて等身大“本音”のメッセージで応援! NTT都市開発株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 牧 貞夫、以下 NTT都市開発)は、日本全国のオフィスビルに夢を抱えて出社する新社会人に向けて、初出社日となる4月1日(金)より、小説家の村上龍氏による本音の応援メッセージ『新社会人のみなさんへ 村上龍』を、スペシャルサイ [全文を読む]

SUPER JUNIOR-YESUNG待望の両A面シングル6月28日リリース決定!!作家・村上龍が海外アーティスト初となる作詞を担当!!

THE FACT JAPAN / 2017年05月16日13時32分

2曲目に収録の「愛してるって言えない」は、『限りなく透明に近いブルー』『コインロッカー・ベイビーズ』『半島を出よ』など数々の名作を生み出し、経済トーク番組『カンブリア宮殿』(テレビ東京)でホストとしても活躍中の作家・村上龍が海外アーティストに初めて作詞を提供したバラードソング。「愛してる」という言葉が簡単に使われてしまう現代でどこか「愛してる」という言葉が [全文を読む]

「SJ」イェソン、両A面シングル6月28日発売決定! 作家・村上龍が海外アーティスト初となる作詞を担当

Wow!Korea / 2017年05月16日13時27分

2曲目に収録の「愛してるって言えない」は、「限りなく透明に近いブルー」「コインロッカー・ベイビーズ」「半島を出よ」など数々の名作を生み出し、経済トーク番組「カンブリア宮殿」(テレビ東京)でホストとしても活躍中の作家・村上龍が海外アーティストに初めて作詞を提供したバラードソング。「愛してる」という言葉が簡単に使われてしまう現代でどこか「愛してる」という言葉が [全文を読む]

電子コンテンツの新レーベル「村上龍電子本製作所」発足!

PR TIMES / 2013年03月06日17時56分

株式会社G2010(東京都世田谷区)は作家・村上龍氏の著作とプロデュース作品を発行するプライベートブランド「村上龍電子本製作所」を新たに立ち上げました。今後の活動、新作情報については、以下の公式サイトで随時発表致します。 村上龍電子本製作所公式ウェブサイト http://ryumurakami.com/ ■ 村上龍氏からのメッセージ 2010年2月、故ステ [全文を読む]

村上龍による書き下ろし短編小説を通じて、都市に生きる人々を応援!新企業広告「山手線、新しい風景の物語」4月17日(月)より順次公開開始

PR TIMES / 2017年04月17日12時14分

“山手線”をキーワードに一貫したプロモーションを展開/17日からはスペシャルサイト公開、トレインチャンネル放映開始/「山手線1年分のびゅう商品券」が当たるキャンペーンも!NTT都市開発株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 牧 貞夫、以下 「NTT都市開発」)は、小説家・村上龍氏の完全新作短編小説を用いた企業広告「山手線、新しい風景の物語」を、20 [全文を読む]

『日経スペシャル カンブリア宮殿』放送開始10年「カンブリア宮殿 村上龍×経済人 スゴい社長の金言」発売

PR TIMES / 2016年09月23日17時11分

村上龍さん・小池栄子さんをMCに毎回、多彩なゲストを迎え、日本の今を伝える経済トーク番組『日経スペシャル カンブリア宮殿』(毎週木曜夜10時放送中)は、今年4月に放送開始から満10年を迎えました。放送10周年を記念し、「カンブリア宮殿 村上龍×経済人 スゴい社長の金言」を日本経済新聞出版社より刊行いたします。 この10年間に「カンブリア宮殿」にお越しいただ [全文を読む]

「恋愛というのは、必要としないときに生まれることが多い」 新社会人へ村上龍さんからの7つのメッセージ

太田出版ケトルニュース / 2016年04月01日09時03分

また、掲出時間によってメッセージが変化するWEB広告を配信し、さらに「日本経済新聞」朝刊にも、村上龍さんからの言葉が掲載された。 村上龍さんは、「仕事」「夢」「失敗」「お酒」「上司」「恋愛」「趣味」について7つの“本音”を披露。たとえば、「恋愛」については次のような氏の知見を読むことができる。 ≪「恋愛」≫ 不思議なもので、恋愛というのは、それを必要としな [全文を読む]

村上龍による書き下ろし短編小説を通じて、都市に生きる人々を応援!「山手線、新しい風景の物語」

IGNITE / 2017年04月17日18時00分

スマホも触れないほどの満員電車中、車内の中吊り小説を読んでほっとさせられた経験はないだろうか? 都市に生きる人々を応援してくれそうな、村上龍の完全新作短編小説を用いた企業広告がこの春スタートする。 「山手線、新しい風景の物語」は、山手線沿線にあるNTT都市開発の所有・管理するビルや街を舞台に、そこに生きる人々の物語を季節感あふれる風景の中で描くシリーズだ。 [全文を読む]

小田急電鉄はどうやって「箱根」をドル箱観光地に変えたのか?

まぐまぐニュース! / 2017年05月18日04時30分

スタジオで「小田急の試みは日本全体の観光立国戦略のモデルケースになるのではないか」と村上龍に問われた山木は、次のように答えている。 「そういう役割を担えればいいなと思っています。ただロマンスカーに乗ってもらって、箱根のゴールデンコースを回って、富士山を見て、温泉に入って、ではなく、もう少し深く日本文化を知ってもらえる試みを箱根でもやっています。そういうお [全文を読む]

和牛からこぼれた肉汁が爆発する、感動「肉レストラン」の秘密

まぐまぐニュース! / 2017年04月21日02時59分

司会者の村上龍氏がストップをかける事態になるほど和牛についての思いを熱弁した、岩手県のブランド牛・門崎熟成肉の専門店「格之進」の千葉祐士社長。「テレビ東京『カンブリア宮殿』(mine)は、放送内容を読むだけで分かるようにテキスト化して配信。岩手から東京へ、世界へと「いわて南牛」の魅力を伝え続ける千葉氏を突き動かす原動力とは一体何なのでしょうか? 感動“肉レ [全文を読む]

村上龍×坂本龍一「日本の伝統行事、世界で語れる?」大人たちを魅了する”バイブル”登場!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月21日09時00分

この本で紹介した伝統的な行事は、わたしたちすべての日本人が、すでに広く平等に持っている無形の財産だ」――序文から村上龍さんの熱いが伝わるのが『日本の伝統行事 Japanese Traditional Events』(村上龍ほか/講談社)だ。日本の風習や伝統行事を1月の正月から12月の年越し・大晦日まで順に並べ、イラストと写真で紹介したものである。 本書は、 [全文を読む]

村上龍があの名作を書く前に言われた言葉とは?【芥川奈於の「いまさら文学」】

しらべぇ / 2015年09月25日19時00分

◆文壇に突如現れた新星『限りなく透明に近いブルー』(1976年)でセンセーショナルなデビューを果たした村上龍。処女作の主人公の名前は「リュウ」といい、明らかに自叙伝的な書き方をしている。続けて書かれた今回取り上げる作品『海の向こうで戦争が始まる』(1977年)は、そんな彼の2作目にあたる。ひとつの夢想が成長し展開し、たった1日で終わっていく様を描いているよ [全文を読む]

村上龍が描く50代男女の「セカンドライフ」5つの等身大物語

NEWSポストセブン / 2013年02月06日16時00分

【書評】『55歳からのハローライフ』村上龍/1575円/幻冬舎 【評者】末國善己(文芸評論家) 中学生に向けて、将来どんな仕事を選ぶのかを問い掛けた職業ガイド『13歳のハローワーク』を発表した村上龍が、その姉妹編ともいえる連作集『55歳からのハローライフ』でテーマにしたのは、人生の節目を迎え、老後の生活を考え始める50代の男女のセカンドライフである。 5つ [全文を読む]

なぜ無名な村の名を冠した居酒屋が「ミシュラン」に載れたのか?

まぐまぐニュース! / 2017年05月27日13時48分

村上龍氏が抱いた「ファンファンクション」へのイメージとは? ~村上龍の編集後記~ 外食は、多様性と新しさを求められるようになった。目先の変わったもの、激安、すべて飽きられる。 合掌さんは、北海道・八雲の食材に感動し、ブランドを追うのではなく、自らブランドを作ろうと決めた。 それは、むずかしい。自分の感覚、つまり、これまで培われた何かを、信じていなければな [全文を読む]

手術が下手、鬱の過去も。ノーベル賞の山中教授、iPS細胞発見物語

まぐまぐニュース! / 2017年05月12日19時30分

医学にしたいという思いが非常に強いです」 村上龍氏が山中を見て感じた「努力を維持するために必要なもの」とは? ~村上龍の編集後記~ 山中先生に、体細胞クローン「ドリー」について聞いた。 先生は「ここカットされると思いますが」と前置きして「ドリーは乳腺細胞から生まれたので巨乳女優の名前が付いたんです」と笑顔になった。明るい人だなと思った。 iPS細胞は、困難 [全文を読む]

小池栄子、作家・村上龍を「“ドラゴン”って呼ぶ」

Smartザテレビジョン / 2017年04月10日12時00分

続けて「でも収録が早く終わって、酒飲んで肉を食べたいなって考えているのは、龍さんの方ですよ!」と、共演者で作家の村上龍に矛先が。 「龍さんの方が(収録中に)お腹すいた〜お腹すいた〜って言われるタイプなので、もうちょっと頑張ってくださいって私が言うんですから」と収録の裏側を暴露。 上田も思わず「(村上の)専属ナースみたいな感じなんだ?」と笑うと、小池も「本当 [全文を読む]

日本の古き良き物を世界へ。視点を変えて蘇らせた2人の女社長

まぐまぐニュース! / 2017年04月04日01時35分

スタジオでは、村上龍が2人に将来のビジョンについて尋ねた。 「麹の力で世界中の人のおなかを元気にして幸せにしたいという気持ちがあります。戦争など争いで世界が平和になることはないけど、食べ物が美味しくてみんなが笑顔になれば、きっと争いも消えていく。ノーベル平和賞いただけそうでしょ(笑)」(浅利) 「私はお客さんと働く人を同時に幸せにする会社をつくりたいです。 [全文を読む]

築地をすっ飛ばし、魚業界に革命を起こした「羽田市場」誕生秘話

まぐまぐニュース! / 2017年02月05日12時00分

村上龍は「いつごろ専用機を買うのか」と聞かれると、「ほしいですね」と答えた。 ~村上龍の編集後記~ 羽田市場の流通システム、野本さんの、シンプルかつ正統な考え方と行動が不可能を可能にした。 1年の3分の1、漁師さんの船に乗る。現場から学び、同時に知識を現場に伝える、そのやりとりが、流通システムに反映されている。 だから他社がシステムだけを真似しようとしても [全文を読む]

フォーカス