伊藤光のニュース

【プロ野球】【オリックスのレギュラー争い(捕手編)】正捕手争いは若月健矢と伊藤光のマッチレースか!?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月05日17時05分

伊藤光・正捕手奪還なるか 伊藤光にとっては、昨季は悔しい結果に終わった。開幕からスタメン起用されるも、配球面を理由に4月15日に登録抹消。若月と入れ代わる形ですぐに1軍に再登録されたが、6月以降は「金子千尋が先発するときにスタメンマスクを被る」という起用法になってしまった。 8月にはいつもと違うミットでの守備を経験することとなる。一塁での起用だ。伊藤の [全文を読む]

【プロ野球】明徳義塾出身・伊藤光と花咲徳栄出身・若月健矢。オリックス・仁義なき正捕手争い

デイリーニュースオンライン / 2016年08月08日16時05分

オリックスの選手の出身校で出場するのは、 聖光学院 園部聡 花咲徳栄 若月健矢 履正社 岸田護、T-岡田 智辯学園 青山大紀 創志学園 奥浪鏡 明徳義塾 伊藤光 大分 佐野皓大 (※学校名/出身選手) 以上の7校。 この中で注目したいのは、同じ高卒入団選手で正捕手争いをしている伊藤と若月だ。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! [全文を読む]

【プロ野球】奥浪、若月、武田らオリックス高卒入団選手たちに注目!

デイリーニュースオンライン / 2016年06月28日16時05分

伊藤光が登録を抹消されているため、出場機会が増えている。ここで正捕手の座をつかむべくアピールできるかどうか。首脳陣からはリード面で評価をされているようだ。6月21日現在、17試合で29打数9安打、打率.310。 ■武田健吾(たけだ・けんご) 自由ケ丘高、ドラフト4位、2013年入団(4年目)。 今季は4月、5月に1軍に登録され、試合に出場したが、なかなか結 [全文を読む]

【プロ野球】開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較・パリーグ編

デイリーニュースオンライン / 2016年08月03日17時05分

■オリックス≪開幕オーダー≫ 1 指 吉田正尚 2 一 小谷野栄一 3 右 糸井嘉男 4 三 モレル 5 中 ボグセビック 6 遊 中島宏之 7 左 T‐岡田 8 捕 伊藤光 9 二 西野真弘 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 二 西野真弘 ○ 2 遊 安達了一 3 指 糸井嘉男 ◎ 4 左 T?岡田 ○ 5 右 ボグセビック ◎ 6 一 モレル ○ 7 三 大 [全文を読む]

【オリックス】「監督」の仕事とは「ミキシングエンジニア」である?

文春オンライン / 2017年06月08日11時00分

また、伊藤光捕手の台頭、平野佳寿投手の中継ぎ転向も岡田監督時代。西勇輝投手や駿太選手も岡田監督時代にチャンスを与えられたと言っても良いだろう。Bsの現有戦力の大半は岡田監督の整備によるもの。岡田遺産と言っても過言ではないからだ。 しかし、その岡田遺産の面々もいまやベテラン選手の域に達して来た。Bsの未来を考えた時に、やはり必要になるのは新たな戦力の整備では [全文を読む]

江本氏、8連敗の巨人に「マシソンが頑張っていれば」

ベースボールキング / 2017年06月02日23時00分

8回途中からマウンドにあがったマシソンは9回、先頭のモレルを空振り三振、伊藤光を二飛に打ち取った。連敗ストップまで残りアウトを1つとしたが、代打・ロメロに6号ソロを浴びる。続く西野真弘にセンター前ヒットで出塁を許すと、安達了一にタイムリー二塁打、小谷野栄一にタイムリー二塁打を浴びて同点に追いつかれた。 巨人はその裏、二死満塁とサヨナラのチャンスを作るも代 [全文を読む]

いよいよ交流戦開幕!ロッテ・鈴木、巨人・田口を牽制!?

ベースボールキング / 2017年05月30日08時00分

開幕を翌日に控えた29日、都内で開幕記者会見が行われ、鈴木大地(ロッテ)、浅村栄斗(西武)、伊藤光(オリックス)、田中広輔(広島)、田口麗斗(巨人)、原口文仁(阪神)が出席した。 会見に出席した昨季セ・リーグ王者・広島の田中広輔はが「パ・リーグに負けないくらい、とにかく打って勝ちたいです!」と意気込んだ。 また、ロッテの鈴木大地は、対戦したい選手に同じく会 [全文を読む]

モー娘。牧野真莉愛、セ・パ交流戦始球式登板を前にピッチング披露 阪神・原口選手のミットに「ストライク!」

GirlsNews / 2017年05月29日13時26分

なお記者会見には、千葉ロッテ・鈴木大地選手、西武・浅村栄斗選手、オリックス・伊藤光選手、 広島・田中広輔選手も登壇した。 [全文を読む]

5月29日はエスニックの日!日本エスニック協会員100人予測!2017年“この夏絶対流行する!エスニック食“ランキング

PR TIMES / 2017年05月29日11時08分

第 1 位はスパイスの香り高いインドの炊き込みご飯「ビリヤニ」 第 2 位は「フムス(中東)」、第 3 位は「バクテー(マレーシア・シンガポール)」ランキングの料理が食べられる!エスニック好きの方 40 名限定『エスニックトレンド発表会』を6月13日(火)に開催2017年5月29日一般社団法人日本エスニック協会5月29日はエスニックの日!日本エスニック協会 [全文を読む]

[球蹴男児U-16リーグ]熊本学園大付が12ゴールで2連勝!筑陽、神村なども連勝スタート

ゲキサカ / 2017年05月05日19時47分

2017 球蹴男児U-16リーグ 【第2節】(5月5日) 佐賀東高 0-10 日章学園高 [日]鈴木陽介4(7、12、33、36分)、小林鉄生(9分)、越山空海(42分)、河本徹太(46分)、喜田渚砂(70分)、廣戸大樹2(85.90分) [MOM]佐賀東/古川凱人、日章学園/後藤翔 長崎総合科学大附高 1-3 神村学園高 [長]岡田恭平(26分) [神] [全文を読む]

【プロ野球】オリックスのポジ要素とは? 悪夢の開幕3連敗。それでも昨年の閉塞感はなし!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月09日17時00分

伊藤光が好調で、3戦とも打点を挙げている。小谷野栄一も好調でマルチ安打を記録。昨季、病気療養のため出遅れた安達了一は、今季は開幕から元気だ。 昨季は開幕13試合連続ホームランなしという、2リーグ制となって以降のワースト記録を更新した。しかし今季は、T-岡田が開幕カードで2本のホームランを放っている。特に初戦の同点ホームランは、2014年のCS第2戦の逆転ホ [全文を読む]

【プロ野球】西野真弘、安達了一は盤石。残る一、三塁で激しい戦いが…。オリックスのレギュラー争い~内野手編

デイリーニュースオンライン / 2017年02月26日17時05分

捕手の伊藤光や伏見寅威も内野の練習を行っている。 伊藤は2月18日の広島との練習試合で、6番・三塁でスタメン出場。第1打席で九里亜蓮から左中間へソロホームランを放ち、打撃でアピール。「三塁・伊藤」での開幕起用も現実味を帯びてきた。 ■レギュラー争いの行方は? 内野のレギュラー争いは、二塁は西野、遊撃は安達で揺るぎないだろう。センターラインがしっかりと決まっ [全文を読む]

【プロ野球】ここが変わるぞ、オリックス! 最下位からの巻き返しをはかる2017年の変更ポイント

デイリーニュースオンライン / 2017年01月08日17時05分

そして今年より選手会長を伊藤光から引き継いだ。オリックス生え抜き選手のT-岡田は、チームの中心としてのさらなる活躍が期待される。T-岡田は寡黙な選手なので、自らのプレーでチームの選手を引っ張っていくことだろう。 オリックスは、糸井嘉男がFAで抜け、その後の目立った大きな補強はなかった。オフの動きとしては物足りないかもしれない。しかし、勝利につながる手は確実 [全文を読む]

【プロ野球】オリックスの未来を拓け! ファンと選手とともに成長する田口壮2軍監督

デイリーニュースオンライン / 2016年10月16日17時05分

今季は伊藤光や山崎勝己に代わりマスクをかぶり、捕手のなかでは最多の85試合に出場した。 吉田正尚の活躍はめざましかった。阪神とのオープン戦、藤川球児から放ったホームランで開幕1軍をつかんだ。その後腰を痛めファーム落ちとなったが、8月中旬に復帰すると、10本のホームランを打つなど大活躍を見せた。 園部聡も成長株のひとり。7月に育成登録から支配下選手に戻り、す [全文を読む]

【プロ野球】元気印!オリックス・伏見寅威は大人しいチームをリードする!

デイリーニュースオンライン / 2016年07月31日18時02分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■捕手、それとも内野手 オリックスの捕手事情は、開幕当初は1番手・2番手に伊藤光と山崎勝己、3番手を若月健矢、伏見寅威などで争う形だった。しかし、チームが低迷すると、その図式は崩れ、最近は、若月が先発捕手として起用されることが多くなった。2番手に伊藤、そして3番手で伏見がベンチに控えている [全文を読む]

【プロ野球】オリックス14年入団組3人は”花の44年トリオ”を継げるか?

デイリーニュースオンライン / 2016年07月18日17時05分

2014年のリーグ2位への躍進は、安達了一、T-岡田、伊藤光が軸になった。リーグ優勝を逃した「10.2」に彼らが涙した姿は、1971年に打たれた山田とダブった。3人の年齢は、ちょうど44年トリオの黄金期に近い。 あの時の涙は、彼らを成長させたのだろうか。阪急が巨人に雪辱を果たしたように、2014年の悔しさを晴らすことができるだろうか。 ■そして未来のトリ [全文を読む]

【プロ野球】育成出身の大田阿斗里、園部聡はオリックスを救えるか?

デイリーニュースオンライン / 2016年07月04日17時05分

オリックスでは、伊藤光、東明大貴、吉田一将と同世代で、まだまだ若い。園部は1995年生まれの20歳。若月健矢、奥浪鏡と同世代で、未来のオリックスを背負っていく選手だ。チームの現状を考えると、大田や園部は選手層の厚みを増すために、どうしても必要な選手であろう。下からの突き上げが、チーム上昇の鍵を握っているのではないだろうか。 文・矢上豊(やがみ・ゆたか)※大 [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメン再確認でみるパ・リーグ6球団のチーム事情

デイリーニュースオンライン / 2016年06月30日17時05分

オリックス・バファローズ 1 指 吉田正尚 2 一 小谷野栄一 3 右 糸井嘉男 4 三 モレル 5 中 ボグセビック 6 遊 中島宏之 7 左 T-岡田 8 捕 伊藤光 9 二 西野真弘 先発 金子千尋 ベテラン、主力、助っ人が誤算続き。そんなチーム事情を象徴するように、現在も主力なのは、糸井、T-岡田、西野のわずか3人。エース・金子の調子も上がらず、 [全文を読む]

トンカツは人体に危険!一流アスリートは魚食だった!子供の知能発達も促進

Business Journal / 2016年05月20日06時00分

昨年、プロ野球オリックス・バファローズ選手会長の伊藤光捕手が契約交渉の場で、試合終了後に球団が用意している食事について「菓子パンが多い。栄養は大丈夫なのか。全員に行き届いていないこともある」と球団に問題提起しました。今季からおにぎりやバナナなどに改善されたようですが、仮にもトップアスリート集団のプロ野球選手とそれを管理する球団が、この程度の知識しかないの [全文を読む]

【プロ野球】パ球団のレギュラーが決まらないポジションを徹底解剖

デイリーニュースオンライン / 2016年04月19日16時04分

■オリックス ≪キャッチャー≫ 山崎勝己 先発9 伊藤光 先発5 若月健矢 先発1 ≪ショート≫ 縞田拓弥 先発5 中島宏之 先発4 大城滉二 先発3 安達了一 先発3 いろいろと野手陣の再編の必要があるオリックスだが、目の前の空きポジションはあまりない。ただ、ショートは安達が難病から復帰したものの、体調的にもサブメンバーは必須か。守備が厳しい中島を除け [全文を読む]

フォーカス