伊藤光のニュース

オリックス・伊藤光が三塁挑戦...!?

ベースボールキング / 2017年02月13日20時00分

野手陣で輝きを放ったのが、節目のプロ10年目を迎える伊藤光だった。 この日はタイムリーを含む4打数2安打で存在感を発揮。不完全燃焼に終わった昨季のリベンジへ向けて、まずはバットの方で順調ぶりをアピールしている。のだが...。 やはり気になってしまうのが男の“守備位置”。なんとこの日は「三塁手」としての出場だった。 ◆ 正捕手返り咲きへの挑戦 かつて2014 [全文を読む]

【プロ野球】【オリックスのレギュラー争い(捕手編)】正捕手争いは若月健矢と伊藤光のマッチレースか!?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月05日17時05分

伊藤光・正捕手奪還なるか 伊藤光にとっては、昨季は悔しい結果に終わった。開幕からスタメン起用されるも、配球面を理由に4月15日に登録抹消。若月と入れ代わる形ですぐに1軍に再登録されたが、6月以降は「金子千尋が先発するときにスタメンマスクを被る」という起用法になってしまった。 8月にはいつもと違うミットでの守備を経験することとなる。一塁での起用だ。伊藤の [全文を読む]

【プロ野球】明徳義塾出身・伊藤光と花咲徳栄出身・若月健矢。オリックス・仁義なき正捕手争い

デイリーニュースオンライン / 2016年08月08日16時05分

オリックスの選手の出身校で出場するのは、 聖光学院 園部聡 花咲徳栄 若月健矢 履正社 岸田護、T-岡田 智辯学園 青山大紀 創志学園 奥浪鏡 明徳義塾 伊藤光 大分 佐野皓大 (※学校名/出身選手) 以上の7校。 この中で注目したいのは、同じ高卒入団選手で正捕手争いをしている伊藤と若月だ。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! [全文を読む]

【プロ野球】奥浪、若月、武田らオリックス高卒入団選手たちに注目!

デイリーニュースオンライン / 2016年06月28日16時05分

伊藤光が登録を抹消されているため、出場機会が増えている。ここで正捕手の座をつかむべくアピールできるかどうか。首脳陣からはリード面で評価をされているようだ。6月21日現在、17試合で29打数9安打、打率.310。 ■武田健吾(たけだ・けんご) 自由ケ丘高、ドラフト4位、2013年入団(4年目)。 今季は4月、5月に1軍に登録され、試合に出場したが、なかなか結 [全文を読む]

昨季、捕手と一塁の両方で出場した選手は?

ベースボールキング / 2017年02月22日17時00分

オリックスは伊藤光、伏見寅威の2名が両ポジションで試合に出場。伊藤は打撃を生かすためにシーズン終盤から一塁での起用が増えた。昨季の成績は打率.241、3本塁打と一塁手として打撃が物足りない。しかし、今キャンプでは三塁の練習もしており起用法が定まっていない。福良淳一監督の決断に注目したい。 伏見は昨季一塁、捕手そして三塁でも起用された。ただ、17試合に出場 [全文を読む]

オリックスの捕手といえば…最近10年の最多出場選手を振り返る

ベースボールキング / 2017年02月20日10時00分

最近10年間のオリックスの捕手最多出場選手を振り返ると、日高剛、鈴木郁洋、伊藤光と3年に1回のペースで最多出場選手が変わっている。07年から3年連続でチーム最多出場の日高は2度(07、08年)100試合以上に出場。08年は球団初のクライマックスシリーズ進出に大きく貢献した。 10年と11年は鈴木郁洋が最多出場選手となったが、100試合に届かず。鈴木、伊藤 [全文を読む]

【プロ野球】開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較・パリーグ編

デイリーニュースオンライン / 2016年08月03日17時05分

■オリックス≪開幕オーダー≫ 1 指 吉田正尚 2 一 小谷野栄一 3 右 糸井嘉男 4 三 モレル 5 中 ボグセビック 6 遊 中島宏之 7 左 T‐岡田 8 捕 伊藤光 9 二 西野真弘 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 二 西野真弘 ○ 2 遊 安達了一 3 指 糸井嘉男 ◎ 4 左 T?岡田 ○ 5 右 ボグセビック ◎ 6 一 モレル ○ 7 三 大 [全文を読む]

[球蹴男児U-16リーグ]熊本学園大付が12ゴールで2連勝!筑陽、神村なども連勝スタート

ゲキサカ / 2017年05月05日19時47分

2017 球蹴男児U-16リーグ 【第2節】(5月5日) 佐賀東高 0-10 日章学園高 [日]鈴木陽介4(7、12、33、36分)、小林鉄生(9分)、越山空海(42分)、河本徹太(46分)、喜田渚砂(70分)、廣戸大樹2(85.90分) [MOM]佐賀東/古川凱人、日章学園/後藤翔 長崎総合科学大附高 1-3 神村学園高 [長]岡田恭平(26分) [神] [全文を読む]

【オリックス】平野恵一から中島宏之、小谷野栄一に託された「常勝」のバトン

文春オンライン / 2017年04月26日11時00分

首の皮一枚で繋がっていたリーグ優勝への夢が儚くも断たれたその瞬間、泣き崩れるBsの若き司令塔・伊藤光選手の姿があった。我々Bsファンにとっては熱く胸を打たれる光景であったが、そこはやはり勝負の世界。悔し涙はファンに見せるものではなかったのだろう。決してBs選手達が弱々しい訳ではない。優しすぎる訳でもない。ただ悔しさの表し方が、闘志の表現方法が分からなかった [全文を読む]

【プロ野球】オリックスのポジ要素とは? 悪夢の開幕3連敗。それでも昨年の閉塞感はなし!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月09日17時00分

伊藤光が好調で、3戦とも打点を挙げている。小谷野栄一も好調でマルチ安打を記録。昨季、病気療養のため出遅れた安達了一は、今季は開幕から元気だ。 昨季は開幕13試合連続ホームランなしという、2リーグ制となって以降のワースト記録を更新した。しかし今季は、T-岡田が開幕カードで2本のホームランを放っている。特に初戦の同点ホームランは、2014年のCS第2戦の逆転ホ [全文を読む]

フォーカス