吉田正のニュース

【プロ野球】オリックスを見るならこのルーキー ~贔屓球団が下位に沈むシーズン終盤の楽しみ方~

デイリーニュースオンライン / 2016年09月11日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■パワフルスイングの吉田正吉田正はドラフト1位で青山学院大から入団。春季キャンプからそのパワフルな打撃で注目された。そして開幕1軍を果たし、1番・指名打者としてスタメン起用された。デビュー戦でプロ初安打を記録。5打数2安打でスタートし、今後の活躍をファンは期待した。 しかし4月24日、 [全文を読む]

オリ・吉田正が実戦復帰初戦で一発!5月10日のファーム試合結果

ベースボールキング / 2017年05月11日07時45分

◆ オリ・吉田正が一発 オリックスの吉田正尚が10日、広島との二軍戦に『2番・左翼』で先発出場した。 昨季球団の新人では31年ぶりとなる2ケタ本塁打を放った吉田正だが、今季は腰痛により開幕二軍スタート。この日実戦復帰となった吉田正は、初回一死走者なしの第1打席で、左中間へ運ぶ一発を放った。 二軍で結果を残し、一軍に早期復帰したいところだ。 ◆ 5月10日の [全文を読む]

【プロ野球】《ソフトバンクV奪回への道! 2017年の傾向と対策》~オリックス編~ 天敵・西勇輝を打て!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月12日17時05分

吉田正尚を暴れさせるな! 野手陣では、ルーキーイヤーの昨季に63試合で10本塁打を放った吉田正尚は、さらに厄介な存在になりそう。 ソフトバンク戦では2本塁打4打点。優勝を争う大事な9月に2試合連続弾を放った。2試合連続での殊勲打は、オリックスファンには未来への希望を、ソフトバンクファンには絶望を与えたアーチだった。 ただ、対吉田正の被安打数を見ると35 [全文を読む]

【プロ野球】最近のドラ1選手がほぼ1軍で活躍のオリックス。ドラフト1位選手の共演をレビュー

デイリーニュースオンライン / 2016年09月18日17時05分

6回裏にチーム初ヒットを放つと、吉田正尚が2ラン本塁打。2対2の同点と追いつく。絶賛売り出し中のルーキー吉田正は2015年の1位指名。青山学院大から入団した。 7回表からは吉田一将がリリーフ登板。吉田一は松葉が指名された翌年、2013年にドラフト1位指名でJR東日本から入団。この試合は、松葉-吉田一のドラフト1位リレーとなった。吉田一は1イニングを3人でき [全文を読む]

吉永小百合、落馬が原因で歌手活動休止

アサ芸プラス / 2012年10月26日11時00分

昭和を代表する作曲家・吉田正の門下生として「美しい十代」でデビューし、同じく吉田門下生の吉永とはデュエットの機会にも恵まれた。 「最初は『若い二人の心斎橋』(64年)という大阪・心斎橋のイメージソング。といっても、小百合さんはすごく忙しい人だったから、レコーディングは別々だったんですよ」 橋幸夫とのデュエットで第4回日本レコード大賞に輝いた「いつでも夢を」 [全文を読む]

【プロ野球】糸井嘉男の穴をどう埋める? T-岡田、吉田正尚、ロメロ+α。オリックスのレギュラー争い~外野手編

デイリーニュースオンライン / 2017年02月19日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■風格が漂う吉田正尚 昨季はルーキーながら2ケタ本塁打を記録した吉田正尚。シーズン後に参加した2016アジアウインターリーグでは打ちに打ちまくって最優秀打者に輝いた。今季は2年目にして早くも中心打者としての風格さえ漂わせている。 持ち前の強いスイングと背中合わせなのは故障。実際に昨季は腰を [全文を読む]

【プロ野球】今季1軍初出場を果たした選手は?パ球団別大抜擢ランキング

デイリーニュースオンライン / 2016年05月24日16時04分

外国人選手を除く) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■オリックス 7人 ≪投手≫ 近藤大亮(1年目・25歳) 1試合/0勝0敗/防御率0.00 佐藤峻一(4年目・25歳) 3試合/0勝0敗/防御率12.60 角屋龍太(1年目・26歳) 2試合/0勝0敗/防御率11.57 赤間謙(1年目・26歳) 2試合/0勝0敗/防御率5 [全文を読む]

スポナビライブ、「パ・リーグ ファンの応援生態白書 2017」発表

PR TIMES / 2017年03月28日16時55分

各球団ファンが選ぶ期待の若手No.1には、茂木(楽天)、平沢(ロッテ)、今井(西武)、吉田正(オリックス)ら(2)ファンはキャンプ・オープン戦をどう観た?! 注目の“ストリーミング中継”視聴データから分析! 2017年シーズン前 「スポナビライブ」最多視聴ランキング上位10本を発表!! トップは『2/9日本ハム 春季キャンプ・石井一成選手の活躍』。各球団と [全文を読む]

16年完全最下位のオリックス 投手整備に光明、OP戦3位フィニッシュ!

ベースボールキング / 2017年03月26日21時14分

攻撃陣では腰を痛めている吉田正のコンディションが気掛かりだが、昨シーズン潰瘍性大腸炎で出遅れた安達が、今年はオープン戦から元気。新たに背番号5を身に纏う西野とともに強固な二遊間を構築してくれる見込みで、4番候補の新外国人・ロメロが、3割越えのオープン戦打率を残した点も明るい材料だ。 小谷野、中島らの復調など、シーズンへの希望を挙げればキリがないが、昨年は [全文を読む]

最下位脱出へオリックスの4番は誰が打つ?

ベースボールキング / 2017年03月09日09時00分

現段階で福良淳一監督は打順、守備位置を明言していないが4番争いについて吉田正尚、T-岡田、新外国人のステファン・ロメロの3人を上げておりキャンプ、オープン戦での競争を促していた。 ◆ 4番候補は4人 吉田正はシーズン終了後のアジアウインターリーグでは18試合に出場。打率率.556、6本塁打、29打点の成績を残し三冠王に輝いている。昨季離脱した春季キャンプも [全文を読む]

【侍ジャパン】クリーンナップを変更!青木が3番に<強化試合>

ベースボールキング / 2017年03月05日18時15分

◆ 侍ジャパン 1番(指)山田 [ヤクルト] 2番(二)菊池 [広島] 3番(中)青木 [アストロズ] 4番(左)筒香 [DeNA] 5番(一)中田 [日本ハム] 6番(遊)坂本 [巨人] 7番(右)鈴木 [広島] 8番(三)田中 [広島] 9番(捕)小林 [巨人] 先発(P)藤浪 [阪神] ◆ オリックス 1番(二)西野 2番(遊)安達 3番(右)吉田 [全文を読む]

三塁・伊藤が2打点!キューバは8回に反撃も…<強化試合>

ベースボールキング / 2017年03月03日17時00分

◆ スコア 【強化試合】キューバ 3-3 オリックス キ|000 000 030|3 オ|000 101 100|3 ◆スタメン 【キューバ】 1番(中)サントス 2番(遊)アヤラ 3番(指)セペダ 4番(左)デスパイネ 5番(一)サーベドラ 6番(三)グラシアル 7番(二)ベニテス 8番(捕)モレホン 9番(右)セスペデス 先発(P)ブランコ 【オリッ [全文を読む]

プロ野球選手のレコード 音痴ぶりで話題となったアノ助っ人

NEWSポストセブン / 2017年02月08日07時00分

国民栄誉賞受賞の吉田正が作曲し、軍歌に近いような勢いのある曲調で男の生き様を歌う。 ●リー・ブラザーズ『ベースボール・ブギー』(1980年・SMS) 大ヒット映画『ブルース・ブラザース』をモチーフに制作。弟のレオン・リーは左手にロッテのガム『クイッククエンチ』を持つ。 ●高橋慶彦『うわさのセクシークイーン』(1981年・ミノルフォン) サビの女性コーラスか [全文を読む]

【プロ野球】意外な有資格選手も?パ・リーグの新人王争いが面白い

デイリーニュースオンライン / 2016年05月26日16時05分

■【○対抗】吉田正尚(オリックス) 21試合 打率.263(80-21) 0本塁打/4打点/0盗塁 オリックスの開幕スタメンをつかんだ吉田正を対抗に指名。1番指名打者の面白いポジションをつかみ、シュアなバッティングを見せていた。 しかし、4月末に腰椎椎間板症で登録抹消され、現在はリハビリ中。復帰後の活躍次第という注釈付きではあるが、まだまだ新人王圏内と見 [全文を読む]

「27時間テレビ」でビートたけしが見せた正統な「ベタネタ」と明石家さんまの見事なリアクション

メディアゴン / 2015年07月31日07時00分

イタ子のイタローつまり橋幸夫のレコド大賞新人賞受賞曲「潮来笠」(いたこがさ)の歌詞(作詞・佐伯孝夫、作曲・吉田正)である「潮来の伊太郎」から来ていることがどれだけの人に分かったか。たけしはそういう所を一切気にしない。元は浅草の演芸場育ちなのである。イタ子とイタローは、むかしさんまと中居と関係があった「女の生き霊」に扮して恨み辛みを述べるという奥の深いネタで [全文を読む]

DeNAのスマホアプリのUX向上に活かされている技術とアイデア

CodeZine / 2014年09月08日14時00分

■「現場でのデザイナーとエンジニアの連携の実際」(DeNA吉田さん) 株式会社ディー・エヌ・エー iOSエンジニア 吉田正史さん 吉田さんは「QuizNow」というクイズアプリを開発しており、開発現場において、デザイナーとエンジニアがどうやって連携しているか、どうやって効率化を図っているかについての発表を行いました。 一昔前のWebの時代と比べ、ネイティブ [全文を読む]

澤穂希 吉田沙保里に「もっと駆け引きを」と恋愛アドバイス

NEWSポストセブン / 2012年12月09日07時00分

吉田さんは、“だって連絡したくなったら我慢できないし…、私って結婚願望強いから”なんて返していました」(前出・居合わせた客) ※女性セブン2012年12月20日号 【関連ニュース】吉田美和 19才年下夫を「ジョンジョン」と呼んで可愛がる吉田茂 講和を渋るフィリピンに「台風の賠償金をよこせ」原田芳雄さん 死の数日前「優作が迎えにきた」とうわごと何を言っても返 [全文を読む]

吉永小百合、挙式の夜に脅迫電話が

アサ芸プラス / 2012年10月31日11時00分

吉田正先生の『そろそろ小百合ちゃん、歌ってくれないかな』の一言がきっかけでしたね。女優としては『夢千代日記』(81年/NHK)で大人への脱皮ができた。同じように歌手としても成長した姿を見せたいと思ったんです」 吉永は落馬で歌手を休業した経緯からテレビで歌うことはないと明言した。ただし、レコードに関してならの条件つきで谷田と吉田の願いを聞き入れた。復帰作 [全文を読む]

昭和歌謡は「ビートルズに負けない曲を!」が原動力

アサ芸プラス / 2012年10月25日10時54分

古賀政男さんや吉田正さんなどの大御所も皆、専属でした。このシステムだと、どうしても(当時、需要があった)演歌に重点が置かれてしまう。その呪縛から逃れたことで、若い作家たちの活躍する場が開けました。作詞家では故・阿久悠さん、なかにし礼さん、作曲家で言えば筒美京平さん、都倉俊一さんなどがその頃、若手ホープとして台頭してきました」 まさにキラ星のごとく、という形 [全文を読む]

フォーカス