ドナルド・トランプのニュース

トランプ大統領就任記念 1/20~22限定半額 日本人で最初にインタビューした植山周一郎の話題作 『予言ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる』 Kindle/iBooks/hontoでセール

DreamNews / 2017年01月19日17時00分

ドナルド・トランプ第45代大統領就任記念! 1/20~22限定3日間 50%OFF 日本人として最初にインタビューした植山周一郎氏の話題作 『予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる』 Kindle/iBooks/hontoで半額セール決定!ドナルド・トランプ氏に日本人で初めてインタビューを敢行した国際ビジネスコンサルタントの植山周一郎氏の話題作 [全文を読む]

ドナルド・トランプ日本最大の理解者『予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる』 著者:植山周一郎が最新ツィートに隠れた本音を分析「彼(トランプ)も(テロを)内心非常に恐れているのではないか」

DreamNews / 2017年01月12日12時00分

絶賛発売中の「予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる」の著者、植山周一郎氏が最新のドナル・トランプ氏の最新ツィートを翻訳、分析し発表しました。日本人で初めてドナルド・トランプ氏にロングインタビューし、バースディ・パーティにも出席した植山氏。過去2冊トランプ氏の書籍を翻訳、トランプ氏研究の第一人者です。大統領就任間近のドナルド・トランプ過激発言の [全文を読む]

「メディアはトランプ報道をしくじった」:メディアウォッチャーのマイケル・ウルフ氏

DIGIDAY[日本版] / 2016年11月30日20時14分

ドナルド・トランプ次期大統領の誕生に対して、メディアが無力に感じているいま、長らくメディアウォッチャーとしてコラムを執筆してきたマイケル・ウルフ氏の評価は厳しい。米DIGIDAYのポッドキャストプログラムにおいて、「メディアはトランプ報道において何を間違えたか?」という質問に、同氏は「すべてだ」と答えた。 「文字通りすべてだ。予想、評価、そして、自分たちの [全文を読む]

人気モデルのカーラ・デルヴィーニュがSNSでドナルド・トランプをイジりまくってると話題に

AOLニュース / 2016年03月28日21時00分

ヘン顔が得意など、お茶目な面もあるイギリス人の彼女が、アメリカ大統領候補のドナルド・トランプ氏をイジってる...かもしれない。 "これまで見た中で、最高のアートの1つ" (トランプ氏の口に小便するイメージ) Cara Delevingneさん(@caradelevingne)が投稿した写真 - 2016 1月 18 9:55午前 PST 「ドナルド・トラン [全文を読む]

ドナルド・トランプ、柳井正、孫正義……お金がバンバン貯まる「実践!大富豪の言葉」

プレジデントオンライン / 2017年03月07日09時15分

---------- データファイル▼ドナルド・トランプ 米大統領(雑誌掲載当時:トランプ・オーガナイゼーションCEO) 【名言】私は物事を大きく考えるのが好きだ(『トランプ自伝』より) 【総資産】4500億円(45億ドル)* 【年齢】70歳(1946年生まれ) 【出身地】ニューヨーク市クイーンズ 【父親】父・フレッドも不動産業を営む 【学歴】ペンシルベ [全文を読む]

ニュースが伝えないドナルド・トランプ氏の発想の原点自著『トランプ思考 知られざる逆転の成功哲学』発刊

@Press / 2016年06月27日17時30分

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、2016年6月23日(木)、ドナルド・トランプ『トランプ思考 知られざる逆転の成功哲学』を発売しました。 ドナルド・トランプはペンシルベニア大学在学中から、父フレッド・トランプ経営の会社を手伝い、不動産投資ビジネスを学んだ。1970年代からオフィスビル開発やホテル、カジノ経営などに乗り出し、1 [全文を読む]

米大統領候補で大富豪のドナルド・トランプの超豪華自家用ジェットがスゴすぎる【動画】

AOLニュース / 2015年08月15日20時00分

大富豪ドナルド・トランプの自家用ジェット機を美女が案内する動画が「超豪華すぎる!」と話題になっている。 https://www.youtube.com/watch?v=UZq3iCn2y74 <関連動画はこちら> アメリカ人実業家/作家にして、不動産開発やカジノ経営を手がける大富豪であるドナルド・トランプが、自家用ジェットの映像を公開している。案内する美女 [全文を読む]

2017年、最も注目するのは「ドナルド・トランプ氏の就任による政権動向」。ビジネスパーソンが選ぶ【2017年 新年の意識調査】をVSNが発表

PR TIMES / 2017年01月12日10時37分

2017年、最も注目しているのは「ドナルド・トランプ氏の就任」。次いで「ドラマ『半沢直樹』続編の放送」という結果に。2017年に予定されている中で最も注目しているのは何かを聞いたところ、1月20日より第45代・アメリカ大統領に就任するドナルド・トランプ氏の政権がトップに。 次いで放送の予定が噂されているテレビドラマ『半沢直樹』の続編が挙げられました。(図1 [全文を読む]

新年予測:2017年、米ブランドは政治スタンスを表明しなくなる

DIGIDAY[日本版] / 2017年01月10日16時50分

ニューバランスの広報バイス・プレジデントは、ドナルド・トランプの貿易に関するスタンスに賛同を表明したが、それは多くの顧客からのボイコットを招く結果となった。食料配達サービスのグラブハブ(Grubhub)のCEOマット・マローニー氏は、社内メールでドナルド・トランプ支持者は会社を辞めることを薦め、多くのトランプ支持者からの非難を受けた。 ブランド・デジタル [全文を読む]

コーポレート・ガバナンス・アワード2016大賞発表: 大賞にドナルド・トランプ氏、カトク、福祉関係者 (日本マネジメント総合研究所合同会社)

DreamNews / 2016年12月07日09時30分

「勇気あるガバナンス大賞」にドナルド・トランプ氏、「勇気ある監査役・監査人大賞」に過重労働撲滅の通称「カトク」、「勇気ある通報者大賞」に盲導犬連れでの入室を断られた福祉関係者がそれぞれ選出です。報道機関各位2016年(平成28年)12月7日日本マネジメント総合研究所合同会社この度、弊社にて毎年主催しております下記のコーポレート・ガバナンス・アワードにて、弊 [全文を読む]

【速報】ドナルド・トランプ第45代大統領誕生!日本核保有容認か!ネットで阿鼻叫喚!

秒刊SUNDAY / 2016年11月09日17時00分

本日2020年の大統領選挙の開票が行われ、その結果ドナルド・トランプ氏がヒラリー・クリントンに勝利し、オバマ大統領の次の大統領となることが決定した。 <11:22>日経平均の下げ幅450円超に拡大 pic.twitter.com/uFKKbfrBFB — QUICK Money World (@QUICK_QMW) 2016年11月9日 昼前開票速報でドナ [全文を読む]

【英語時事ニュース】歴史の転換点になる米大統領選を読み解く

まぐまぐニュース! / 2016年11月01日15時33分

彼は今ドナルド・トランプのために、政治家としてのキャリアを通した最大の危機に直面している。(ワシントンポストより) ニュース解説 今回の大統領選挙、ドナルド・トランプは、女性への過去のハラスメントや暴言が暴かれ、「トランプは女性の敵」とばかりに、民主党サイドは攻撃を強めています。CNNなどのメディアには、過去に言いよられたり、「おさわり」をされたりした女性 [全文を読む]

鼻から旗を引っ張り出しているドナルド・トランプ候補のコラ画像が話題

ガジェット通信 / 2016年10月28日16時45分

10月28日、とある『Twitter』ユーザーが ドナルド・トランプの画像を「鼻から旗を引っ張り出してるところ」に加工した人がいるんだけど、なぜそんなことを思いついたんだ(そして実行したんだ)というか、そもそもなぜそんなにぴったりくるんだというか、インターネットにはいろんなものがある… とツイート。「鼻から旗を引っ張り出してるドナルド・トランプ」の画像を数 [全文を読む]

ドナルド・トランプは自己愛性パーソナリティ障害?

JIJICO / 2016年08月18日15時00分

ドナルド・トランプ氏を自己愛性パーソナリティ障害という博士も 現代では、そういった誇大的なナルシストを自己愛性パーソナリティ障害と称します。 以下の5つ以上に当てはまると、その可能性が高いです。 □自分が重要であるという誇大な感覚 □限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。 □自分が “特別” であり、独特であり、他の [全文を読む]

ドナルド・トランプの不介入主義は正しい

ニューズウィーク日本版 / 2016年05月20日19時52分

<共和党保守派やネオコンとは一線を画すドナルド・トランプの外交政策は、大統領選本選でも強みになる。軍事介入を建策しては失敗の山を築いてきた従来の外交エリートも用済みだ>写真は退役軍人のための集会に出席したトランプ(1月) 米共和党の大統領候補指名をほぼ確実にしたドナルド・トランプは、史上最も攻撃的な候補者だ。 本気で論争すれば負けそうな主張もあるが、強みに [全文を読む]

【イタすぎるセレブ達】ジョニー・デップ「ドナルド・トランプは欲張りなガキだ」

TechinsightJapan / 2016年03月14日12時00分

米俳優ジョニー・デップが、過激発言で話題のドナルド・トランプ氏につきコメント。「まるでガキだ」と痛烈に批判した。 米大統領選に出馬したドナルド・トランプ氏は、「しばらくムスリムの米国入りを完全に禁止する」といった過激発言、またメキシコなどからの移民を侮辱する差別発言を連発。これに多くのアメリカ人が猛反発する一方、「彼ならアメリカを強くできる」と信じる人も少 [全文を読む]

【イタすぎるセレブ達】アーロン・カーター“ドナルド・トランプ支持”を表明 ファン猛反発

TechinsightJapan / 2016年02月29日13時55分

元スーパーアイドルのアーロン・カーター(28)が、過激な発言で世界中のメディアに注目されているドナルド・トランプ氏に「投票する」とツイート。これに大勢の人が猛反発したものの、アーロンは負けずにコメントを返している。 このほど、アーロン・カーターが「アメリカは従う大統領を望んでいるのか、それとも導く立場の大統領を望んでいるのか? 俺はドナルド・トランプに投票 [全文を読む]

ドナルド・トランプの演説と人気海ドラ『ゲーム・オブ・スローンズ』名シーンを合成したパロディ動画が違和感なさすぎるwww

AOLニュース / 2016年02月22日21時00分

11月のアメリカ大統領選挙に向けた共和党の候補者予備選の3戦目となるサウスカロライナ州の選挙に勝利したドナルド・トランプ。メディアでも報じられている通り数多くの問題発言もものともせず、予備選3戦2勝と圧倒的な強さを見せているが、そんなトランプの演説を人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のシーンと合成したパロディビデオが登場し話題となっている。 https [全文を読む]

いまなぜドナルド・トランプなのか? 暴言・失言によって逆に支持率アップ…その裏側とは

NewSphere / 2015年12月17日11時10分

不動産王として有名なアメリカの実業家、ドナルド・トランプ氏は、2016年の大統領選挙に出馬を表明。オバマ大統領や移民に対する暴言、失言などが物議を醸しているにも関わらず、共和党候補者としては一番人気を保っている。全米に吹き荒れるトランプ旋風の背景には一体何があるのか。◆支えているのは誰? まず、どういった人々がトランプ氏を支持しているのだろうか。BBCによ [全文を読む]

「ロケットで宇宙に飛ばしてやろうか?」 アマゾンCEO、ジェフ・ベゾスVS.炎上大富豪、ドナルド・トランプがノーガードでディスり合い

AOLニュース / 2015年12月15日18時00分

日本には「金持ちは喧嘩せず」ということわざがあるが、超大金持ちのドナルド・トランプと、同じく巨万の富を得ているアマゾンのCEO、ジェフ・ベゾスがTwitter上でノーガードの罵り合いを展開し話題になっている。最初に口火を切ったのは失言大王トランプ。「ベゾスが買収したワシントン・ポストって単なる税金逃れの為だろ」といきなり斬りかかり、「赤字垂れ流し新聞のワシ [全文を読む]

フォーカス