鈴木大地のニュース

”Be careful of heat illness!(熱中症に気をつけて!)”渋谷の中心で、ワールドワイドに熱中症予防を呼びかけ! 鈴木大地・スポーツ庁長官からも熱いメッセージ!

DreamNews / 2016年07月29日16時00分

水泳のオリンピック金メダリストでもある鈴木大地・スポーツ庁長官からは「私たちは夏もスポーツをしようと呼びかけていますが、熱中症予防のため、朝早くや涼しくなってから、十分に水分補給をしてスポーツをすることが大切です。リオデジャネイロでのオリンピック・パラリンピックが始まりますが、熱中症に気をつけながら応援してほしい」と、熱いメッセージをいただきました。さらに [全文を読む]

ロッテ、鈴木大地の逆転弾で連敗を4でストップ…日本ハムは宮西尚生が誤算

サイクルスタイル / 2017年04月05日17時33分

序盤は劣勢に立たされるも、鈴木大地内野手の一発が飛び出して7-6と逆転勝利。開幕からの連敗を4でストップした。 ロッテは2-6と4点ビハインドで迎えた6回裏、清田育宏外野手の適時打で1点を返すと、2死満塁の好機で井口資仁内野手が押し出し四球を選び、1点差まで詰め寄る。 迎えた7回裏、マウンドに宮西尚生投手を送り逃げ切りに入った日本ハムを攻め立てると、鈴木が [全文を読む]

鈴木大地氏「東京五輪、金メダル30個目指す」 スポーツ庁長官が見据える2020年とその先

東洋経済オンライン / 2017年03月24日08時00分

設立と同時に初代長官に就任したのは、1988年のソウル五輪・競泳背泳ぎ金メダリストである鈴木大地氏。東京五輪・パラリンピックに向けて、今、何を進めているのか。2017年度から5年間のスポーツ施策の指針である「第2期スポーツ基本計画」発表を直前に控える鈴木長官に聞いた。■高校球児から他競技で生きる「才能」を見つけたい――昨年10月に、2020年東京五輪・パラ [全文を読む]

【会見】鈴木大地長官「両国のスポーツ文化がさらに発展するものになる」

超ワールドサッカー / 2017年02月07日19時36分

▽調印式に参加した日本のスポーツ庁鈴木大地長官は会見で次のようにコメントしている。 「デンマークの皆さん、日本のサッカー関係者のみなさんこんにちは。先ほどのビデオで感激しました。このような欧州選手権で優勝したチームを持つデンマークのサッカー協会と日本のサッカー協会が提携できて嬉しく思っています」 「サッカーに限らずスポーツは人々を歓喜させるものですし、心 [全文を読む]

最高級の“夏のおせっかい”がスタート! 訪日外国人や、様々なスポーツシーンで国民に 熱中症予防を呼びかける「ワールド声かけ隊」キックオフ!

DreamNews / 2016年07月22日09時00分

熱中症予防声かけプロジェクトは、2016年7月27日(水)、渋谷ヒカリエにて、「ワールド声かけ隊キックオフイベント」を開催!鈴木大地スポーツ庁長官および環境省・プロジェクト実行委員から、「ワールド声かけ隊」の活動への意気込みメッセージをいただきます!また、「ワールド声かけ隊」の皆さんと一緒に、3ヶ国語での熱中症予防の呼びかけの練習も行います。その後、会場周 [全文を読む]

【始球式プロポーズ・応援レポート】福島県在住の男性がサプライズで実施。キャプテン鈴木大地選手からストライクを取りプロポーズ大成功!

PR TIMES / 2016年06月03日16時33分

鈴木選手からストライクを取ることが出来たらプロポーズさせてください!」と宣誓があり、二人が大ファンであるキャプテンの鈴木大地選手をバッターボックスに迎え、全力投球。裕介さんは見事にストライクを取り、「これからも2人で、そしていつか子供が出来たら家族みんなでここにに来ましょう。結婚して下さい!」と堂々とプロポーズ。真奈美さんはプロポーズの言葉に目を潤ませなが [全文を読む]

3Dプリンタで制作された、千葉ロッテマリーンズ鈴木大地選手の等身大フィギュア「3D大地くん」の制作動画を公開!

@Press / 2015年04月28日11時30分

http://www.fasotec.co.jp/japanese/news/news/130.html ■本動画の見どころ (1) 3Dプリントに不可欠な“3Dデータ”!鈴木選手を撮影する“3Dスキャニング”とは? (2) “マウス”を使わずに画面上の3D大地くんを完成させていく“3Dデータ編集” (3) 極薄!一層0.016mmの樹脂を積層造形する“ [全文を読む]

3分クッキング担当イケメンアナ 千葉ロッテ鈴木大地は同期

NEWSポストセブン / 2014年07月24日07時00分

高校まで神奈川県の桐蔭学園で野球をやっていて、千葉ロッテマリーンズでキャプテンをしている鈴木大地選手は同期です。先輩には横浜DeNaベイスターズの選手もいます。 彼らとどこかで同じ舞台に立てたらいいなと思っていました。そんな時に日本テレビの上重聡アナと松坂大輔投手が甲子園で争った仲だと知って、選手とアナウンサーの関係があるじゃないか、と。それが志望理由です [全文を読む]

568日ぶり勝利逃すも先発に生き残った斎藤佑樹は次勝てるのか?

THE PAGE / 2017年04月07日06時20分

上位打線は角中のヒット1本だけに抑えこみ、結果的に当たっている鈴木大地には1本打たれたが、4回にはデッドボールでぶつけるほど徹底してインサイドを攻めた。「甘く入って打たれたくなかった。僕の場合、左打者のインコースを含め、両サイドを攻めないといけないから。インサイドを攻めることは、次につながる」 リスクを伴うインサイドへの配球には、球威と勇気が不可欠である。 [全文を読む]

スポーツ庁、文化庁、観光庁主催「スポーツ文化ツーリズムアワード2016 表彰式」にて、「サイクリストの聖地「瀬戸内しまなみ海道」を核としたサイクルツーリズム」(瀬戸内しまなみ海道振興協議会)が大賞受賞

PR TIMES / 2017年03月16日18時22分

表彰式では、プレゼンターとして、鈴木大地 スポーツ庁長官、宮田亮平 文化庁長官、田村明比古 観光庁長官が出席し、3庁連携事業の推進をアピールしました。「スポーツ文化ツーリズムアワード2016」大賞として、「サイクリストの聖地「瀬戸内しまなみ海道」を核としたサイクルツーリズム」(瀬戸内しまなみ海道振興協議会)、スポーツ庁長官賞に「世界遺産姫路城マラソン」(兵 [全文を読む]

フォーカス