大嶺翔太のニュース

【プロ野球】ナバーロ逮捕で平沢が開幕スタメン?千葉ロッテのレギュラー争いが熱い

デイリーニュースオンライン / 2016年02月28日17時00分

<2015年ロッテ二塁手> ・クルーズ 123試合(先発121試合) ・中村奨吾 30試合(先発15試合) ・三木亮 12試合(先発9試合) ・大嶺翔太 5試合(先発7試合) ・高濱卓也 2試合(先発1試合) ・根元俊一 1試合(先発0試合) ほとんどの試合でクルーズがスタメンだっただけに本格的な穴だ。順当にいけば、2年目の中村奨吾…と言いたいところだが [全文を読む]

【プロ野球】5月15日は「沖縄復帰記念日」。山川穂高(西武)ら沖縄出身選手たちの好・不調をチェック!

デイリーニュースオンライン / 2017年05月15日16時05分

大嶺翔太(ロッテ) 鈴木大地の二塁コンバートで空いた遊撃の定位置争いに挑む大嶺翔太。だが、今季はここまで19試合に出場して、打率.151。現在はファーム調整中。願わくば、来月の沖縄凱旋試合までに1軍復帰し、2015年の「大嶺兄弟お立ち台」の再現を期待したい。 ■伊志嶺翔大(ロッテ) 今季は切り込み役となる1番での起用が多い伊志嶺翔大。だが、20試合に出 [全文を読む]

オリ・駿太が窮地を救うレーザービーム!外野手豊作!?の10年ドラフト組

ベースボールキング / 2017年05月30日06時00分

ここで三塁コーチャーズボックスの清水雅治コーチは、二塁走者・大嶺翔太に本塁突入の指示を出す。 しかし、駿太の矢のような送球がホームへ一直線に向かい、大嶺はホームベース手前でアウト。試合終了となった。 ◆駿太の魅力と課題 遠投120mという肩の強さも魅力的な駿太だが、バックホームをする際の制球も光る。今回のプレーでも捕球時の状態は万全ではなかったが、捕手・若 [全文を読む]

ロッテ、井口資仁の通算250号など5発12得点…ソフトバンクは投手陣が崩壊

サイクルスタイル / 2017年05月25日22時08分

4回表には、1死満塁の好機で、田村龍弘捕手が適時打を放って逆転に成功すると、大嶺翔太内野手の3点本塁打などで7-3とリードを広げた。 その後も指名打者・井口資仁の通算250号となる2点本塁打やダフィーのこの日2本目となる2点本塁打などで効果的に加点した。 投げては、佐々木千隼投手が6回8奪三振3失点の好投を見せて今季2勝目。敗れたソフトバンクは終盤に打線が [全文を読む]

ロッテ、鈴木大地が起死回生の逆転弾「打った瞬間、発狂しました!」…首位楽天は今季初のカード負け越し

サイクルスタイル / 2017年05月21日17時03分

ロッテは0-2と2点ビハインドで迎えた4回裏、走者一、二塁の好機を作ると、大嶺翔太内野手が適時打を放って1点差に詰め寄る。8回裏には、この日4番に入った指名打者の井口資仁が安打で出塁すると、鈴木が起死回生の2点本塁打をライトスタンドにたたき込み、逆転に成功した。 投げては、先発の唐川侑己投手が7回2失点の粘りの投球を見せ、勝利に貢献。対する楽天は、先発の [全文を読む]

ロッテ・益田、平沢などが抹消 中日は高橋周平を抹消 18日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月18日15時11分

18日の公示は以下の通り <5月18日の公示情報> ※再登録=5月28日以降 ■北海道日本ハムファイターズ =抹消= 26 浅間大基/外野手 ■福岡ソフトバンクホークス -登録- 50 摂津正/投手 =抹消= 57 嘉弥真新也/投手 ■千葉ロッテマリーンズ -登録- 20 東條大樹/投手 58 高野圭佑/投手 60 阿部和成/投手 50 大嶺翔太/内野手 [全文を読む]

苦境のロッテ、猪本&柴田を一軍昇格!井上、大嶺翔が抹消…5日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月05日12時25分

<5月5日の公示情報> ※再登録=5月15日以降 ■ 千葉ロッテマリーンズ -登録- 70 猪本健太郎/内野手 00 柴田講平/外野手 =抹消= 44 井上晴哉/内野手 50 大嶺翔太/内野手 [全文を読む]

ロッテ、ドラ1・佐々木千隼がプロ初登板初勝利…日本ハムに勝ち越し

サイクルスタイル / 2017年04月06日17時38分

6回裏には走者満塁の場面で、再び井上が適時二塁打を放ち4-1とリードを広げると、大嶺翔太内野手の犠飛も飛び出し5-1とした。 投げては、先発の佐々木が日本ハム打線を1失点に抑える好投。後を継いだリリーフ陣も無失点リレーを見せた。 ロッテは開幕から4連敗を喫する苦しいスタートとなったが、これで2連勝。対する日本ハムは、先発の斎藤佑樹投手が6回途中3失点。打線 [全文を読む]

日ハム、開幕から2カード連続負け越し 前田幸長氏「心配していない」

ベースボールキング / 2017年04月06日17時30分

後を受けてマウンドにあがった公文克彦だったが、鈴木大地、ダフィー、井上晴哉の3連打で2点を失うと、一死後、大嶺翔太に犠飛を浴び、この回3点を許した。 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める前田幸長氏は、日本ハムの敗因に「公文が簡単に打たれすぎて、追加点を生んでしまった。試合を決めた3点といってもいいかもしれませんね」と6回に3点を失った場面を挙げた [全文を読む]

ロッテのドラ1・佐々木が初登板・初勝利!6四球も王者相手に5回1失点の力投

ベースボールキング / 2017年04月06日17時12分

大嶺翔太にも犠飛が飛び出し、3点を加えて5-1とリードを広げた。 6回以降は新人の有吉から大谷、内とつないで最終回は益田。4点のリードを守ったロッテが5-1で勝利し、2連勝でカード勝ち越し。佐々木にプロ初勝利がついた。 惜しくも13時開始の楽天-ソフトバンク戦で楽天のドラフト9位ルーキー・高梨雄平が新人初勝利一番乗りを決めていたため、タッチの差で“一番乗り [全文を読む]

フォーカス