葛飾北斎のニュース

世界125か国へ美味しい日本茶をお届け可能!老舗日本茶販売店が国際パッケージ日本茶の発売開始

DreamNews / 2015年04月13日11時00分

創業42年の老舗日本茶販売の株式会社牧ノ原(茨城県水戸市 代表取締役:五條 史男 以下:当社)はこのたび日本茶通信販売サイト「お礼.com」にて日本らしい情景を描いた葛飾北斎、歌川広重の絵画のパッケージに日本茶を詰めた「The・にっぽんのお茶」を2015年4月13日発売開始しました。http://www.orei-ocha.com/promo/nihong [全文を読む]

キモカワな“ぬるにょろ”生物と花火の中を泳ぐペンギンたち

デイリーニュースオンライン / 2015年07月28日10時00分

墨田区という土地柄、至る所に葛飾北斎がフューチャーされています。さらにぬるにょろ君たちのために用意されたお札が和のテイストを醸し出し、江戸時代気分を味わえます。お札には生き物の特徴を表す川柳が書いてあるという徹底ぶり。 「ぬるにょろり あたしの血には 毒がある」 こちらはニホンウナギに添えられた川柳です。ウナギの血に毒があったなんて知っていましたか? 今 [全文を読む]

『葛飾北斎 冨嶽2冊セット』が、Kindleストアなど6電子書店で配信開始!! 世界中に影響を与えた浮世絵師の代表作「冨嶽三十六景」、「富嶽百景」を収録した豪華版!

DreamNews / 2014年10月06日16時30分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2014年10月6日(月)より、Kindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、ならびにニコニコ静画にて、電子書籍『葛飾北斎 冨嶽2冊セット』(著=クールジャパン研究部)の配信を開始したことを発表します。ゴマブックス株式会社 [全文を読む]

葛飾北斎『富嶽三十六景』全46作品でTシャツを自由にアレンジしてオリジナルを作れるTMIX×ARTが6月5日スタート

DreamNews / 2017年06月05日10時00分

株式会社spice life(本社:東京都渋谷区、代表取締役:吉川 保男)が運営するオリジナルTシャツを1枚から作成・購入できるサービス『TMIX(ティーミックス)』は、アートを題材として自分だけのオリジナルデザインが作れる「TMIX×ART(ティーミックスアート)」プロジェクトにて葛飾北斎『富嶽三十六景』を開始。富嶽三十六景の作品を使って自分だけのオリジ [全文を読む]

葛飾北斎『富嶽三十六景』全46作品でTシャツを自由にアレンジしてオリジナルを作れるTMIX×ARTが6月5日スタート

@Press / 2017年06月05日10時00分

株式会社spice life(本社:東京都渋谷区、代表取締役:吉川 保男)が運営するオリジナルTシャツやバッグなどを1枚から作成・購入できるサービス『TMIX(ティーミックス)』は、アートを題材として自分だけのオリジナルデザインが作れる「TMIX×ART(ティーミックスアート)」プロジェクトにて葛飾北斎『富嶽三十六景』を開始。富嶽三十六景の作品を使って自分 [全文を読む]

【浮世絵】知られざる「北斎の東海道五十三次」が集結!展覧会「てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-」

サライ.jp / 2017年05月21日11時30分

葛飾北斎「東海道五十三次江都の往かい袋井」取材・文/藤田麻希徳川家康が五街道の一つとして最初に整備した東海道は、江戸と天皇の住まう京都を結ぶ大動脈でした。江戸時代も後期になると、参拝や湯治を理由にすれば庶民でも以前より気軽に行き来できるようになり、東海道を歩く旅が盛んになりました。東海道は名所が多く、数々の絵巻や屏風、浮世絵などに描かれてきました。こう聞い [全文を読む]

浮世絵ブームの予感!スター・ウォーズ、ポケモンも次々に浮世絵化

Walkerplus / 2016年11月21日22時20分

浮世絵は世界からも注目されており、先日も葛飾北斎が洋画技法を使って描いたとされる絵画がオランダで見つかったばかりだ。そして日本でも、40代以降には懐かしいあの浮世絵カードが復活。今回は“浮世絵”に注目した5つの気になるものをピックアップ! ■ ポケモンと浮世絵がコラボ! ポケモンたちが暮らす世界を日本の伝統美術「浮世絵」と融合させた「浮世絵木版画 対決かび [全文を読む]

『北斎漫画 戦(いくさ)編』などゴマブックスの電子書籍3作品が、楽天koboイーブックストアランキング【ホビー・スポーツ・美術】1~3位を獲得!

@Press / 2014年01月17日19時45分

(2014年1月17日9:00時点)<書籍概要1>■『北斎漫画 戦(いくさ)編』【1位】著者:クールジャパン研究部価格:99円楽天koboイーブックストアリンク:http://bit.ly/1lgQccJ ゴマブックスリンク:http://www.goma-books.com/archives/12438 <内容紹介>世界が注目し、世界が認め、世界が感嘆し [全文を読む]

東京の夏を涼しく演出 お寺で怪談を聴く「怪談の夕べ」に新企画

PR TIMES / 2013年07月02日15時22分

葛飾北斎ゆかりのお寺で怪談&開運参拝、新企画プロジェクションマッピングを使った「四谷怪談」 株式会社ジェイティービー(東京都品川区 代表取締役社長:田川博己)は、有限会社げんごろう(東京都墨田区 代表:平尾登紀子)と協力し、2011年度より暑い夏の夜にお寺で怪談を聴くイベントを実施しています。今年はこれまで実施してきた墨田区に加え「四谷怪談」にゆかりのある [全文を読む]

米国の春画蒐集家 「葛飾北斎はダ・ヴィンチを超えている」

NEWSポストセブン / 2013年04月25日16時00分

日本には葛飾北斎がいるではないか。私は、北斎はレオナルド・ダ・ヴィンチを超えていると思う」 浮世絵研究家であり、膨大な数の春画を蒐集したリチャード・レイン(1926~2002年)は、日本の春画の高い芸術性に最大級の賛辞を送ったという。 母国アメリカの大学で日本文学を専攻していたレインは終戦直後に来日。東京大学や京都大学などの大学院で国文学を学ぶうち、当時の [全文を読む]

葛飾北斎「幻の肉筆春画」を本邦初公開 浮世絵研究者も絶賛

NEWSポストセブン / 2012年12月21日16時00分

2012年、浮世絵師・葛飾北斎の肉筆春画12枚が発見された。パリのコレクターが所蔵していた世界的な傑作であり、12月20日に発売された『週刊ポスト』2013年1月1・11日号では、その12枚の春画すべてをカラーで公開している。この190年の時を超えて甦った「幻の肉筆春画」について、浮世絵研究者の白倉敬彦氏が文章を寄せた。 * * * 文政五年(一八二二)、 [全文を読む]

大相撲五月場所に「スカイライン懸賞幕」が登場!「スカイライン」歴代13モデルが浮世絵となって葛飾北斎と共演

PR TIMES / 2017年05月09日14時00分

「スカイライン」生誕60周年を記念して、「冨嶽三十六景」をモチーフとした浮世絵仕様の懸賞幕を掲出 日本を代表する浮世絵画家、葛飾北斎が描いた「冨嶽三十六景」をモチーフに、歴代全13モデルの「スカイライン」が浮世絵仕様の懸賞幕になって「大相撲五月場所」(5月14日~5月28日)に掲出されることが決定しました。 [画像1: https://prtimes.jp [全文を読む]

「北斎漫画」とのコラボレーション展を開催 4月14日(金)~4月30日(日)

PR TIMES / 2017年04月12日11時39分

今回「Fred Segal DAIKANYAMA(フレッド シーガル 代官山)」では、“クロスカルチャー”をテーマに、世界を魅了し続けている浮世絵師、葛飾北斎の代表作「北斎漫画」とのコラボレーション展を開催いたします。「北斎漫画」世界一のコレクター浦上 満氏によるセレクションのもと、選りすぐりの逸品を店舗内にて展示、また、期間中には浦上 満氏ご本人来店によ [全文を読む]

栗ざんまい!栗と北斎の街、長野・小布施で和の情緒を感じる旅

GOTRIP! / 2017年04月09日05時30分

江戸への献上栗の産地であったことから栗の街、また葛飾北斎が晩年を過ごしたことから、北斎の街としても知られています。 歴史と文化が薫る街並みは、「信州の小京都」とも呼ばれ、情緒たっぷり。多くの文化人に愛された、風情ある街並みをゆっくりと散策してみましょう。 ・日常に溶け込んだ歴史的な街並み 小布施の街を歩けば、あちこちでかやぶき屋根や、格子が美しい日本建築に [全文を読む]

【挑戦!お江戸クイズ】葛飾北斎の娘の画号「応為」の由来とは? 江戸を彩った浮世絵や絵師に関するクイズ4問

サライ.jp / 2017年03月16日19時00分

ぜひチャレンジしてみてください!【クイズ1】葛飾北斎には、画号を葛飾応為と名のる娘がいました。遺された作品から、彼女は才能に恵まれた絵師であったことがうかがえます。彼女の画号の由来として伝わるエピソードは、次のうちどれでしょう?(い)北斎がいつも「おーい(おうい)」と呼んでいたから(ろ)父に内緒で円山応挙を尊敬していたから(は)どんな依頼にも応じて絵を描い [全文を読む]

【今週の対決】「浮世絵」展示会、おすすめはどこ?

WEB女性自身 / 2017年02月27日06時00分

歌川広重を中心に葛飾北斎、歌川国芳などの名作がずらりで、平日の午後というのに観覧者多くてびっくり。外国からの観光客の姿もちらほら。隅田川や浅草といった江戸の絶景を描いた作品をメインに全国各地の名所が浮世絵で堪能できる。江戸時代は浮世絵を通して人々は日本の名所を楽しみ、思いをはせていたのがわかる。 特にじっくりと見入ってしまったのは「山と水辺」の作品群。海 [全文を読む]

お正月、日本の美にふれる 幻の絵巻も初公開「すみだ北斎美術館」

ニューズウィーク日本版 / 2016年12月28日17時30分

日本が世界に誇る浮世絵師・葛飾北斎は、本所割下水(現在の墨田区の北斎通り)付近に生まれました。この稀代の天才は、約90回もの引っ越しをしたことでも知られていますが、生涯をほぼ現在の墨田区内で過ごしながら、江戸後期の風物の傑作を生み出したのです。 その北斎ゆかりの地に、新たに「すみだ北斎美術館」がオープンしました。墨田区のコレクションに、世界有数のコレクター [全文を読む]

【TOOT】葛飾北斎「群鶏」モデル(2017年 干支デザイン)発売開始

PR TIMES / 2016年12月26日19時20分

株式会社TOOT (トゥート:東京都港区 CEO枡野恵也)は、干支デザインの男性用アンダーウェア“葛飾北斎「群鶏」プリントnano”、および同柄のタンクトップをセットにした“葛飾北斎「群鶏」プリントセット”を2016年12月26日(月)より発売開始します。 [画像: https://prtimes.jp/i/13947/17/resize/d13947-1 [全文を読む]

葛飾北斎の「冨嶽三十六景」をモチーフにした和モダンなネクタイが発売

IGNITE / 2016年12月18日19時00分

日本を代表する浮世絵師といえば葛飾北斎。 北斎は浮世絵師として世界に影響を与えた存在だ。 先月、すみだ北斎美術館もオープンしまた注目が集まっている。 北斎をモチーフとしてデザインしたネクタイ「18.HOKUSAI」が、西陣織から生まれた国産ブランド「FORTUNA Tokyo」から発売された。 表地は、富士山と桜の小紋柄で和を代表した柄でありながらビジネス [全文を読む]

粋な遊びゴコロが最高のおしゃれ!葛飾北斎モチーフのネクタイが趣深い!

&GP / 2016年12月14日17時30分

葛飾北斎とネクタイ”という、粋な遊びゴコロ満載なコラボレーションを紹介します。 ■世界的に有名なデザインを日常使いするという贅沢 日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎をモチーフとしてデザインされた西陣織のネクタイ「18.HOKUSAI」。表地は富士山と桜という和を代表した柄でありながら、ビジネスシーンでも着用しやすいように落ち着いた配色の小紋柄に仕上げられて [全文を読む]

フォーカス