石井裕也のニュース

映画監督・石井裕也が一部脚本を担当!トリコロールケーキとブレス・チャベス事業部初めてのコラボ企画公演「甘い匂い」一般チケット12月20日発売開始。

PR TIMES / 2015年12月16日18時20分

映画監督・石井裕也が、一部分オリジナル脚本にて参加。『川の底からこんにちは』(09年)にて第53回ブルーリボン賞を史上最年少(28歳)にて受賞。『舟を編む』(13年)では史上最年少(30歳)で第86回アカデミー賞外国語映画部門日本代表作品に選出され、第37回日本アカデミー賞では最優秀作品賞や最優秀監督賞など国内の映画賞を多数受賞、日本映画界の記録を塗り替え [全文を読む]

荻上直子監督&石井裕也監督、ベルリンで新作お披露目

映画.com / 2017年02月17日17時00分

[映画.com ニュース] 第67回ベルリン映画祭で、荻上直子監督の「彼らが本気で編むときは、」と、石井裕也監督の「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」が上映され、大きな注目を集めた。 パノラマ部門とジェネレーション部門のふたつに異例の入選を果たした荻上作品は、15日に1回目の公式上映があり、約800席の会場が満席に。4度目のベルリン参加を果たした荻上監 [全文を読む]

石橋静河&池松壮亮が共鳴 石井裕也監督作「夜空はいつでも最高密度の青色だ」特報

映画.com / 2017年02月03日11時00分

[映画.com ニュース] 「舟を編む」で知られる石井裕也監督の長編第12弾「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の特報がこのほど完成し、あわせて場面写真もお披露目された。映像は、ダブル主演を務める石橋静河&池松壮亮が「私と一緒だ」「俺と一緒だ」と共鳴。東京の片隅で生きる男女の、繊細かつ耽美的な恋愛模様の一端を見ることができる。 2016年5月に発売され [全文を読む]

台湾・高雄でPFFの特集上映 李相日、荻上直子、山戸結希らの11作品が上映

映画.com / 2017年04月07日18時30分

李相日や荻上直子、内田けんじ、石井裕也、山戸結希ら現在の日本映画界で活躍する監督たちの初期作品が上映される。 上映カテゴリおよび作品は以下の通り。詳細は公式サイト(http://kfa.kcg.gov.tw/n/reflect/movie.php?catid=712/中国語・英語)に記載。▼近年最もアクティブな映画監督のデビュー作「BORDER LINE」 [全文を読む]

満島ひかり、永山絢斗との熱愛報道にコメント

モデルプレス / 2016年05月26日20時27分

先日一部で報じられた映画監督の石井裕也氏との離婚、そして俳優の永山絢斗との熱愛に言及した。受賞のコメントを求められた満島は、まず「すみません、プライベートなことで大変お騒がせしております、満島ひかりです。こんにちは」と恐縮気味に挨拶した。 ◆満島ひかり、目を潤ませスピーチ「素直に頑張っていけたら」 自身にとって2作目の時代劇「駆込み女と駆出し男」での演技を [全文を読む]

総合転職情報サイト『マイナビ転職』 新イメージキャラクターに石原さとみさんを起用し、1月23日(金)より、2つの新TVCMを全国で放送開始

PR TIMES / 2015年01月22日17時57分

石井裕也監督が演出。CMソングはファンキー加藤さんの書き下ろし新曲株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が運営する総合転職情報サイト『マイナビ転職』 ( http://tenshoku.mynavi.jp )は、新イメージキャラクターに女優の石原さとみさん(28歳)を起用した、2つの新TVCM(『マイナビ転職』立ち上がり篇/ 『 [全文を読む]

妻夫木聡、亀梨和也の笑顔に泣いた!その理由は?

Movie Walker / 2014年12月18日10時00分

『舟を編む』(13)で第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した石井裕也監督作『バンクーバーの朝日』(12月20日公開)で、主演を務めた妻夫木聡。『ぼくたちの家族』(14)に続いて2度目の石井組では、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮らと共に、戦前のカナダ・バンクーバーに実在した野球チームの選手役を演じた。妻夫木にインタビューし、野球を通して語られる [全文を読む]

日本アカデミー賞「最優秀作品賞」発表

モデルプレス / 2014年03月07日22時50分

石井裕也監督は、「みんなで一緒に並べるっていうのが嬉しいです。ありがとうございました」と感謝。また、主演の松田龍平は「個人賞をいただいて嬉しかったんですけど、作品賞が一番嬉しいです。感謝します」、宮崎あおいは「想像してた以上に嬉しいものなんだなと、ドキドキしてます」、黒木華は「いい作品に参加できてラッキーだなと思ってます」とそれぞれ歓喜。 さらに、オダギリ [全文を読む]

第7回WOWOWシナリオ大賞応募総数544編

PR TIMES / 2013年10月23日12時59分

ドラマW「エンドロール ~伝説の父~」について 脚本:福島カツシゲ、石井裕也 監督:石井裕也(『川の底からこんにちは』、『ハラがコレなんで』) 出演:中村獅童、萩原聖人、板谷由夏、池松壮亮、村川絵梨、梶原善、稲川実代子、田島令子、螢雪次朗、六平直政ほか 放送日:2012年3月18日(日) 【「エンドロール ~伝説の父~」DVD情報】 ● 発売日:2012 [全文を読む]

第6回WOWOWシナリオ大賞 応募受付開始!

PR TIMES / 2012年03月13日13時10分

<第4回WOWOWシナリオ大賞受賞作 ドラマW「エンドロール ~伝説の父~」> 監督:石井裕也(映画『川の底からこんにちは』で歴代最年少でブルーリボン賞監督賞を受賞) 脚本:福島カツシゲ(第4回WOWOWシナリオ大賞受賞者)、石井裕也 出演:中村獅童、萩原聖人、板谷由夏、池松壮亮、村川絵梨、梶原善、稲川実代子、田島令子、螢雪次朗、六平直政 ほか 放送日: [全文を読む]

フォーカス