今村猛のニュース

田中が菊池、鈴木に続きWBCメンバー入り 広島から過去最多の3名選出

ベースボールキング / 2017年01月28日18時22分

3連覇を逃した2013年の第3回大会では、前田健太と今村猛がメンバー入り。前田は準決勝のプエルトリコ戦で負け投手になったが、先発3試合で防御率0.60、18奪三振をマークし大会ベストナインに選出。今村は2試合の登板で3失点と力を発揮できなかったが、大舞台で貴重な経験を積んだ。 同一チームからの3名選出は、昨シーズン日本一を争った日本ハムの5名に次ぐ2番目 [全文を読む]

【プロ野球】広島と日本ハムの勢いに乗るべき!? 独断で選ぶ「侍ジャパンの投手陣」はコレだ!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月10日16時05分

また谷本と同じく強化試合には選出されていないが、広島のブルペンを支えた今村猛は、2013年のWBCメンバーに選出されながらプレミア12には不調で出場できなかった。期するものがあるはずだ。 今村は日本シリーズでは6連投しながらも最終戦でホールドを挙げるなど、タフネスさは健在。歴代の侍ジャパンは、負けると「中継ぎの専門家が少ない」と決まりごとのように言われる [全文を読む]

広島ミスミス連勝ストップ 勝ちゲームまさか…緒方監督「野球は9回だから」

スポニチアネックス / 2017年05月18日08時11分

9回に登板した今村猛投手(26)が味方守備陣の拙守もあって3点差を守れず、延長10回には一岡竜司投手(26)が四球と自らの失策から決勝点を奪われた。首位・阪神からは今季最大の2.5差へ後退。一挙4得点した7回の逆転劇を生かせず、痛恨の黒星に沈んだ。 延長10回1死満塁。一岡がロペスに許した右犠飛で決着がついた。「ああいう場面でああいう投球をした自分が腹立た [全文を読む]

【5月17日プロ野球全試合結果】阪神が4連勝で貯金12、楽天・則本昂大が野茂英雄の記録に迫る、ソフトバンク・柳田悠岐が特大弾

サイクルスタイル / 2017年05月17日22時06分

対する広島は、9回に3失点を喫した今村猛投手らリリーフ陣が誤算だった。 [全文を読む]

DeNA、9回に3点差追いつき10回にロペスが決勝犠飛…広島はリリーフ陣が誤算

サイクルスタイル / 2017年05月17日21時35分

対する広島は、9回に3失点を喫した今村猛投手らリリーフ陣が誤算だった。 [全文を読む]

【4月27日プロ野球全試合結果】DeNA・筒香嘉智&日本ハム・中田翔、侍の主砲2人に待望の今季第1号…日本ハムは連敗を10で止めた

サイクルスタイル / 2017年04月27日23時09分

その後は巨人の投手リレーの前に追加点を奪えずも、大瀬良の後を受けたジャクソン投手、今村猛投手も巨人打線を無失点に抑え、最後まで1点を守りきった。敗れた巨人は先発の宮國椋丞投手が6回1失点の好投を見せるも、打線がわずか4安打と振るわなかった。■オリックス、劇的なサヨナラ勝利…小谷野栄一の内野安打がエラー誘うオリックスは4月27日、京セラドーム大阪で西武と対戦 [全文を読む]

広島・大瀬良大地、7回無失点で今季初勝利…巨人・宮國椋丞は好投報われず

サイクルスタイル / 2017年04月27日21時55分

その後は巨人の投手リレーの前に追加点を奪えずも、大瀬良の後を受けたジャクソン投手、今村猛投手も巨人打線を無失点に抑え、最後まで1点を守りきった。 敗れた巨人は先発の宮國椋丞投手が6回1失点の好投を見せるも、打線がわずか4安打と振るわなかった。 [全文を読む]

広島、長崎同級生コンビの好投で完封勝利 大瀬良が7回零封、今村が締める

ベースボールキング / 2017年04月27日21時11分

7回を無失点に抑えた大瀬良大地と9回を締めた今村猛、長崎同級生コンビの好投が光った。 広島は0-0の5回、先頭の5番松山、続くエルドレッドの連打などで一死一、三塁とすると、8番会沢が左犠飛を放ち均衡を破った。 今季初勝利を目指す大瀬良は、立ち上がりから粘りの投球。1点リードの7回は四球と味方の失策で一死二、三塁のピンチを背負ったが、代打・亀井を浅めの左飛に [全文を読む]

野村弘樹氏、2カード連続負け越しの広島に「疲れが見え隠れ」

ベースボールキング / 2017年04月20日22時35分

試合は広島ムードとなったが、延長10回に3番手・今村猛が梶谷隆幸に勝ち越しタイムリーを浴びると、4番手の飯田哲矢が筒香嘉智に犠飛を浴び2点を失った。その裏、広島は9番から上位に繋がる打順も3人で打ち取られ敗れた。 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める野村弘樹氏は「カープに関しては4月の序盤走りすぎたというところがあります」とし、「ちょっと疲れが見 [全文を読む]

山本昌氏、広島の10連勝に「99年の中日に匹敵する強さ」

ベースボールキング / 2017年04月13日21時45分

その裏、今村猛が巨人打線を3人に抑え勝利。 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務めた山本昌氏は「言葉がでませんね。私は1999年にドラゴンズで開幕11連勝を経験しているんですけど、そのリードを保って最後まで優勝しましたからね。それに匹敵しますよね」と自身が現役時代に経験した99年の中日に並ぶ強さだと称賛した。 (提供=ニッポン放送ショウアップナイター [全文を読む]

フォーカス