山田哲人のニュース

【プロ野球】盗塁王の本当の価値。ヤクルト・山田哲人の「トリプルスリー」だけじゃない歴史的偉業

デイリーニュースオンライン / 2016年11月14日17時05分

2016年のプロ野球を「記録」で振り返る際、歴史的偉業として球史に輝くのがヤクルト・山田哲人の史上初となる2年連続トリプルスリーだろう。 打率.304はリーグ6位。本塁打38本はリーグ2位。そして30盗塁はリーグ1位だった。その打棒に注目が集まるばかりに、本来もっと評価されてもいい「2年連続盗塁王」の話題が少なくなってしまうのが山田哲人のすごいところだ。 [全文を読む]

【プロ野球】巨人の「真顔の大型補強」に物申す! 8打者で231発。思い出したい2004年の史上最強打線!!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月28日16時05分

日本代表には山田哲人、秋吉亮。そして、オランダ代表に選出が見込まれているバレンティンだ。 そこで、ヤクルトファンが今回のWBCを見る上での「お楽しみポイント」をまとめてみた。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■日本中が注目する山田哲人と菊池涼介の二塁手争い ヤクルトファンだけではなく多くの野球ファンが注目している日本代表の [全文を読む]

【プロ野球】セの”タイトル争い”を里崎智也、駒田徳広、西崎幸広らがガチ予想

デイリーニュースオンライン / 2016年04月03日16時05分

【打撃タイトル編】 <里崎予想> 打率:川端慎吾(ヤクルト) 本塁打&打点:筒香嘉智(DeNA) <駒田予想> 打率:川端慎吾(ヤクルト) 本塁打:山田哲人(ヤクルト) 打点:筒香嘉智(DeNA) <西崎予想> 打率:山田哲人(ヤクルト) 本塁打:エルドレッド(広島) 打点:筒香嘉智(DeNA) <山崎予想> 打率:筒香嘉智(DeNA) 本塁打:バレンテ [全文を読む]

【プロ野球】「25歳以下限定」の年俸ランキング!トップは山田哲人(ヤクルト)。若くして大金を稼ぐ男たち!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月29日16時05分

■1位:山田哲人(ヤクルト) 1992年7月16日生/24歳 年棒:3億5000万円 ■2位 筒香嘉智(DeNA) 1991年11月26日生/25歳 年棒:3億円 ■3位 大谷翔平(日本ハム) 1994年7月5日生/22歳 年棒:2億7000万円 ■4位 藤浪晋太郎(阪神) 1994年4月12日生/23歳 年棒:1億6000万円 ■5位 今宮健太(ソフト [全文を読む]

昨年に引き続き、2017年も「夢」のキャンペーン開催!サッカー日本代表 香川真司選手、プロ野球 山田哲人選手、日本ビーチバレー 坂口佳穗選手との本気トレーニングが体験できるチャンス!

PR TIMES / 2017年04月13日19時40分

第3弾では、期間中、対象店舗でアディダス商品を税込5,000円以上をお買い上げいただくと、サッカー日本代表 香川真司選手、プロ野球 山田哲人選手とのスキルアップトレーニング体験や、日本ビーチバレー坂口佳穗選手と沖縄での極上スポーツバカンスへの参加応募が可能になるほか、アディダス オリジナルグッズやアルペングループスポーツギフトカードが抽選で当たります。本キ [全文を読む]

【プロ野球】秋吉亮vsバレンティン! デニングが中堅!? ヤクルトファン的WBC名場面はコレ!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月01日16時05分

ちなみに終電に間に合った要因は、10回表に日本が2点を奪った直後、山田哲人(ヤクルト)が併殺打となり、日本の攻撃がサクッと終わったからだろう……。 ■もう幻はいらない! 山田の完璧な一発! 2次ラウンドの初戦まで波に乗れず、話題となったのは1次ラウンド・キューバ戦での「幻の本塁打」のみだった山田哲人。「2年連続トリプルスリー男」がこのままで終わるはずがな [全文を読む]

鷲見玲奈アナ、ヤクルト・山田哲人選手との熱愛報道に言及

モデルプレス / 2017年03月16日21時15分

【鷲見玲奈アナウンサー/モデルプレス=3月16日】テレビ東京の鷲見玲奈(すみ・れいな)アナウンサーが、一部で報じられたプロ野球・東京ヤクルトスワローズの山田哲人選手との熱愛について言及した。◆鷲見玲奈アナが熱愛報道に言及 鷲見アナは、自身のTwitterで「先日取材にて初めて山田哲人選手とお話ししたのですが、最初の会話が『なんか僕たち付き合ってることになっ [全文を読む]

【ヤクルト】若松さんは今も青木宣親の年賀状を持ち歩いている

文春オンライン / 2017年03月09日11時00分

ヤクルトファンとして、ひそかに楽しみにしているのが、青木宣親(アストロズ)と山田哲人による、「新旧背番号〈1〉夢の共演」だ。 ご承知の通り、ヤクルトには「準永久欠番」というシステムがあり、むやみやたらに乱発しない大切な背番号がある。球団もファンも、誰もが認める活躍を残したスター選手だけが背負える番号であり、一例として大矢明彦や古田敦也が背負った、正捕手の正 [全文を読む]

チョコをあげたい侍戦士は? 1票差であの選手がナンバー1“モテ男”に

ベースボールキング / 2017年02月14日08時00分

投票数1位に輝いたのは、史上初の2年連続トリプルスリーを達成した若き侍、ヤクルトの山田哲人。全体の11.6%にあたる115票を獲得した。 ファンからは、「プレー中の真剣な表情とバラエティでの可愛い表情とのギャップ」、「やんちゃなかわいさとプレー中の別人のような顔つきのギャップにメロメロ」、「プレーしているときのかっこよさと、クシャッと笑うときのかわいさに [全文を読む]

セでは2010年を最後になし 40盗塁以上の盗塁王は誕生なるか?

ベースボールキング / 2017年02月06日11時00分

昨季盗塁王に輝いた山田哲人(ヤクルト)の盗塁数は30だった。近年のセ・リーグの盗塁王をみると、10年の梵英心(広島)が記録した43盗塁を最後に、40盗塁以上でタイトルを獲得した選手がいない。 11年以降は14年の梶谷隆幸(DeNA)が記録した39盗塁が最高で、11年の藤村大介(巨人)、13年の丸佳浩(広島)は30盗塁未満で盗塁王に輝いた。 一方、パ・リー [全文を読む]

フォーカス