小沢健二のニュース

―アルバム『LIFE』発売から20年。― スペースシャワーTVで、小沢健二と『LIFE』の魅力に迫る 特別番組「超LIFE~小沢健二SPECIAL」を8月にオンエア!

PR TIMES / 2014年06月03日12時02分

今まで見る事の無かったレア映像でこのエバーグリーンなアルバムとアーティスト小沢健二の魅力に迫る! 日本最大の音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」では、8月31日にシンガーソングライター・小沢健二の特別番組「超LIFE~小沢健二SPECIAL」をオンエアします。 株式会社スペースシャワーネットワーク(代表取締役社長:清水英明、本社:東京都港区)が運営す [全文を読む]

スペシャの小沢健二特番「超LIFE~小沢健二SPECIAL」、 貴重映像を使用した週替わりスポット映像のオンエアがスタート! 合わせて、「あなたと『LIFE』」企画もスタート!

PR TIMES / 2014年07月07日09時21分

貴重映像満載のスポット映像は必見! 日本最大の音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」は、8月31日に小沢健二の特別番組「超LIFE~小沢健二SPECIAL」をオンエア。本日よりこの番組のスポット映像のオンエアがスタート。さらに、ファンの皆さんがお持ちの小沢健二『LIFE』のジャケットを収めた写真を募集する「あなたと『LIFE』」企画もスタート。特別番組 [全文を読む]

小沢健二19年ぶりシングルCD発売!「大人になった」歌声に感じる歳月

しらべぇ / 2017年02月22日08時00分

「渋谷系の王子様」小沢健二(48)が突然の国内活動休止を発表したからだ。そして2017年2月22日、小沢健二19年ぶりとなるニューシングル『流動体について』の緊急発売が発表され、あの頃の若者たちから歓声が聞こえている。(画像は小沢健二オフィシャルサイトひふみよからのスクリーンショット)しかし、待ちに待った新譜の登場に喜びの声が溢れている中、19年の歳月はあ [全文を読む]

【神回】2月24日の『Mステ』に小沢健二とX JAPANが出演! ともに新曲を披露 / ネットの声「次元歪み過ぎてる」「泣いていいですか…」

ロケットニュース24 / 2017年02月21日13時35分

なんと、2017年2月24日に放送されるテレビ朝日系『ミュージックステーション(Mステ)』にて、小沢健二さんとX JAPANの出演が発表されたのだ。しかも、2組とも新曲を披露するという。マジかよ! これは神回確定だろォォォオオオ!! ・ポップスの天才小沢健二 フリッパーズ・ギター解散後、お洒落で軽やかな雰囲気を武器にヒットを連発した小沢健二さん。よくカバ [全文を読む]

「テゴマスは小沢健二」!? NEWS・加藤シゲアキが「渋谷系」を勉強中

サイゾーウーマン / 2012年05月21日08時00分

小沢健二さんも先月ライブやって。このリスナーの人とか知らないのかな、『愛し愛されて生きるのさ』とか……」 渋谷系は1993年から90年代後半に流行した音楽ジャンルで、当時の加藤はまだ10歳程度。音楽番組に多く出演していた小沢健二は記憶にあるのかもしれないが、それにしても改めて勉強をするという姿勢に、加藤のマニアックな性格がうかがい知れる。そして、熱心に勉強 [全文を読む]

小沢健二、本人と親交のある著名人も出演する「流動体について」MV解禁

okmusic UP's / 2017年03月07日04時00分

小沢健二が19年ぶりにリリースしたシングル「流動体について」のミュージックビデオが遂に解禁となった。【その他の画像】小沢健二オリコンチャートでも自己最高位タイの2位を獲得し、健在ぶりをアピールした「流動体について」のMVはドキュメンタリー風。テレビ収録のリハーサルに臨む小沢健二本人とともに、よゐこの有野晋哉、でんぱ組.incの夢眠ねむ、HALCALIのHA [全文を読む]

指原莉乃、小沢健二から「有名な人なんだよね!ごめんね」

dwango.jp news / 2017年02月24日23時26分

この日は、20年ぶりに小沢健二が出演し『ぼくらが旅に出る理由』と最新曲『流動体について』を披露した。小沢健二は、本番中にタモリより「知らないでしょ、指原」と隣りに座っていた指原を指差す。小沢は「ハイ、さっきお話出来ましたよね」と話す。この日、急にロックフェスへの出演をサプライズ発表するなど、小沢健二らしさを見せつけた。 番組終了後に指原は自身のツイッター [全文を読む]

小沢健二19年ぶりシングル発売 涙する人続出!?

R25 / 2017年02月23日11時00分

小沢健二が2月21日に、19年ぶりのシングル「流動体について」を発売。久々にメジャーシーンに復帰した“オザケン”に俄然注目が集まっている。【もっと大きな画像や図表を見る】「今夜はブギー・バック」「カローラIIに乗って」「痛快ウキウキ通り」など、1990年代に数々のヒット曲を残した小沢健二。その後、急激にメディアへの露出が減り、一時は消息さえ謎に包まれていた [全文を読む]

東京スカパラ、ベストアルバム発売にあたり小沢健二によるライナーノーツが実現

okmusic UP's / 2015年02月28日13時00分

3月4日に発売される東京スカパラダイスオーケストラ25周年記念ベストアルバム『The Last』に、小沢健二によるライナーノーツが封入されていることがわかった。 【その他の画像】東京スカパラダイスオーケストラ小沢健二とスカパラは、デビュー時から日本において多くの活動を共にしてきたが、実は2011年にスカパラがメキシコで初公演を行った際にも小沢健二とスカパラ [全文を読む]

小沢健二がやたら心地良い。19年ぶりで昔より若いとは

文春オンライン / 2017年03月15日11時00分

しかも、それが小沢健二だというのだよ。気にならない訳がない。 音をチェックしようと検索を始めると、何故かネット上には、この曲のいわゆるフリーで楽しめる音源が只の一つも見つからなかった。 ここのところしばらく、この連載で取り上げてきた楽曲には、そういった事態というか不便? はまずなかった。どの曲(ジャニーズでさえも)も、なんらか工夫なり妥協なりをすればまぁ無 [全文を読む]

フォーカス