菅野智之のニュース

坂本勇人、菅野智之のプレーを集めた動画「#強い巨人が見たい奴RT」公開

サイクルスタイル / 2017年03月29日22時45分

動画はジャイアンツの坂本勇人、菅野智之のプレーシーンで構成され、2人の名プレーが集められている。開幕戦を盛り上げることを目的に公開。動画にはファンを煽るユニークなハッシュタグが設定されており、巨人ファンにハッシュタグを使って動画を拡散してもらう企画となる。 ハッシュタグは、#強い巨人が見たい奴RT、#巨人、#坂本勇人、#菅野智之、#歓声で声をからしてる奴 [全文を読む]

巨人の最近10年の開幕投手を振り返る

ベースボールキング / 2017年03月17日10時00分

巨人の最近10年の開幕投手をみると、菅野智之と内海哲也が3度、高橋尚成、グライシンガー、東野峻、宮国椋丞は1度任された。 その中でも、14年から3年連続開幕投手を務めるエース・菅野は、14年の阪神との開幕戦に7回4失点も、打線の援護に恵まれ勝利投手となると、翌15年のDeNA戦は7回を1失点に抑え勝利。16年のヤクルト戦も、7回を無失点に抑え勝利を挙げるな [全文を読む]

【プロ野球】《裏タイトル・投手編》今年の最多登板、最多投球回数は? 裏タイトル獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月14日17時05分

【最多投球回数】 メッセンジャー(阪神):投球回185.1 菅野智之(巨人):投球回183.1 ジョンソン(広島):投球回180.1 投手陣のやりくりにおいて、至宝となるイニングイーターのセ界ナンバーワンはメッセンジャー(阪神)。2013年、2014年と合わせて自身3度目のトップ。2010年に阪神に入団した当初はセットアッパーを期待されており、5勝6敗1 [全文を読む]

9番目の野手 セ投手の打撃4部門のトップは誰?

ベースボールキング / 2016年11月03日11時00分

<打率>※規定投球回に到達した投手のみ 1位 .222 菅野智之(巨人) 2位 .182 石田健大(DeNA) 3位 .167 藤浪晋太郎(阪神) →打率は規定投球回に到達している投手を対象。最も高い打率を記録したのは、菅野智之の.222。特に3・4月は、6日の阪神戦、13日のヤクルト戦でマルチ安打を記録するなど、打率.429を記録した。 <安打> 1位 [全文を読む]

【プロ野球】巨人・菅野智之の勝負強さを歴代名投手と徹底比較

デイリーニュースオンライン / 2016年05月09日12時05分

菅野智之が〝覚醒〟している。 4年目の今季、4勝負けなしで防御率は0.79。7試合に登板、失点はわずか6という安定ぶり(5月7日時点)だ。菅野の登板試合は「1点取れば負けない」状況で、過去3年の平均登板数25試合に換算した場合、16勝が見込める計算になる。打線の援護次第では20勝も夢ではないペースだ。 投球が安定した上に打撃も好調ときている。過去3年の安打 [全文を読む]

【プロ野球】セの”タイトル争い”を里崎智也、駒田徳広、西崎幸広らがガチ予想

デイリーニュースオンライン / 2016年04月03日16時05分

(ボールを)つかまえるのは非常に上手いバッターなので、僕は首位打者に挙げました」(山崎) 【投手タイトル編】 <里崎予想> 最多勝&防御率:菅野智之(巨人) 奪三振:藤浪晋太郎(阪神) <駒田予想> 最多勝&奪三振…藤浪晋太郎(阪神) 防御率:菅野智之(巨人) <西崎予想> 最多勝&奪三振:藤浪晋太郎(阪神) 防御率:藤川球児(阪神) <山崎予想> 最多勝 [全文を読む]

巨人、菅野智之の好投で開幕4連勝…阿部慎之助は早くも今季第3号

サイクルスタイル / 2017年04月04日22時07分

先発の菅野智之投手が好投を見せ、5-2で快勝。2年連続で開幕4連勝を飾った。 巨人は1-1で迎えた8回表、1死三塁の好機を作ると、坂本勇人内野手が適時打を放ってリードを広げる。さらに、続く主砲・阿部慎之助内野手が早くも今季第3号となる2点本塁打を放ち、5-1とした。 投げては、「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)の準決勝・米国戦以来のマウンドと [全文を読む]

プロ野球開幕! ジャイアンツ・坂本勇人&菅野智之「#強い巨人が見たい奴RT」動画が先走ってる

ガジェット通信 / 2017年03月31日08時30分

看板選手の坂本勇人選手と菅野智之投手の好プレーを集めた内容なのですが、ファンに『Twitter』へ投稿を促すようなハッシュタグが入っており、「待ってろ。すべて叶えてみせる」と豪語しています。 【拡散希望】#強い巨人が見たい奴RT – YouTube https://www.youtube.com/watch?v=f0dBcAoUjiY [リンク] 昨シーズ [全文を読む]

巨人の勝ち頭といえば…最近10年の最多勝を振り返る

ベースボールキング / 2017年03月07日10時00分

また、WBC日本代表に選出され、現在巨人のエース・菅野智之は新人の13年(13勝)と14年(12勝)にチーム最多勝となったが、ここ2年は15年がマイコラスの13勝、16年が田口麗斗の10勝でチーム最多勝となっている。 菅野がプロ入り後、チームの勝ち頭となったシーズンは全てリーグ優勝となっているだけに、今季はより多くの勝ち星を積み重ねて欲しいところだ。 ◆ [全文を読む]

菅野が1年目から13勝 最近5年間の巨人のドラ1は?

ベースボールキング / 2017年01月13日10時00分

最近5年間では、12年ドラ1の菅野智之の活躍が光る。プロ入り1年目の13年は開幕から先発ローテーションの一角に入り、新人王を逃したがチームトップタイの13勝を挙げた。2年目以降は、巨人のエースに君臨し、最優秀防御率(14年、16年)、最多奪三振(16年)のタイトルを獲得。14年にはリーグMVPに輝いた。 その他、最近5年間のドラフト1位の1年目成績は以下 [全文を読む]

フォーカス