菅野智之のニュース

【プロ野球】《裏タイトル・投手編》今年の最多登板、最多投球回数は? 裏タイトル獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月14日17時05分

【最多投球回数】 メッセンジャー(阪神):投球回185.1 菅野智之(巨人):投球回183.1 ジョンソン(広島):投球回180.1 投手陣のやりくりにおいて、至宝となるイニングイーターのセ界ナンバーワンはメッセンジャー(阪神)。2013年、2014年と合わせて自身3度目のトップ。2010年に阪神に入団した当初はセットアッパーを期待されており、5勝6敗1 [全文を読む]

【プロ野球】セの”タイトル争い”を里崎智也、駒田徳広、西崎幸広らがガチ予想

デイリーニュースオンライン / 2016年04月03日16時05分

(ボールを)つかまえるのは非常に上手いバッターなので、僕は首位打者に挙げました」(山崎) 【投手タイトル編】 <里崎予想> 最多勝&防御率:菅野智之(巨人) 奪三振:藤浪晋太郎(阪神) <駒田予想> 最多勝&奪三振…藤浪晋太郎(阪神) 防御率:菅野智之(巨人) <西崎予想> 最多勝&奪三振:藤浪晋太郎(阪神) 防御率:藤川球児(阪神) <山崎予想> 最多勝 [全文を読む]

球団史に残る“屈辱”を回避せよ…エース・菅野にかかる期待

ベースボールキング / 2017年06月05日17時00分

嫌な流れを断ち切るべく先発のマウンドに登った菅野智之だったが、立ち上がりにいきなりの2失点。味方に逆転してもらった2回にも2点を失ってリードを許すと、3回も2失点と失点を重ね、5回にも藤田の2ランで2失点。結局5回を投げて被安打10、2本塁打で8失点(自責は6)と打ち込まれ、今季最悪の内容でマウンドを降りた。 「菅野なら...」。どれだけ相手が強くても、ど [全文を読む]

【プロ野球】与死球王や最多登板は誰?裏タイトルからみる”スタッツ王”

デイリーニュースオンライン / 2016年06月19日18時05分

■最多投球回数 【セ・リーグ】 菅野智之(巨人) 96回 メッセンジャー(阪神) 88回 【パ・リーグ】 則本昂大(楽天) 93回 涌井秀章(ロッテ) 87回 良質なイニングイーターを洗い出せる最多投球回数。昨年は大野雄大(中日)が207.1回、則本昂大(楽天)が194.2回を投げ、投球回数キングに輝いた。特に大野は、表タイトルは受賞なし。投球回数に1年 [全文を読む]

5月の月間MVPが決定!楽天・則本が2度目の受賞、中日は打者部門で2カ月連続

ベースボールキング / 2017年06月07日13時15分

【パ・投手】則本昂大(楽天) ☆2度目 【パ・打者】レアード(日本ハム)☆2度目 【セ・投手】菅野智之(巨人) ☆3度目 【セ・打者】ビシエド(中日) ☆2度目 ▼ パ・リーグ投手部門 ・則本昂大(楽天) 成績:4試(32回) 4勝0敗 奪三振46 防2.25 ☆5月度4試合に登板し、リーグ最多タイの4勝をマーク。 ☆46奪三振はリーグ単独トップ、防御率 [全文を読む]

粘りきれなかった巨人・菅野智之

ベースボールキング / 2017年06月07日11時00分

6日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 西武 - 巨人戦』の解説を務めた石井一久氏が、同日に行われた西武戦に先発した巨人のエース・菅野智之の投球を分析した。 3点リードの6回、菅野は先頭の中村剛也を粘られながらも140キロのカットボールで空振り三振に打ち取る。中村を三振に斬って取った菅野だが石井氏は「使える球種が少なくなっているので、粘られてい [全文を読む]

エース・菅野智之も心が離れた巨人の惨状!高橋由伸監督に選手はウンザリ

アサ芸プラス / 2017年06月06日17時58分

とはいえ、原監督の後任にふさわしい人材がいなかったことで、無理やり現役引退をさせて監督を押し付けたフロントは強く言えないんです」(巨人番記者) こうした状況に、エース・菅野智之も嫌気がさしているようだ。「FA入団した山口俊が3年7億円(推定、以下同)で契約したと知り、単純計算して自身の2億3000万円より上の評価にブチ切れていた。オフから不満を溜め込む状態 [全文を読む]

巨人・菅野、連敗止められるか…関西ダービーは金子vs秋山 6日の予告先発

ベースボールキング / 2017年06月05日15時35分

10連敗中の巨人は、エース・菅野智之が敵地・メットライフドームのマウンドに上がる。 前回登板の30日楽天戦では、強力打線につかまり、5回10安打8失点と試合を作ることができなかった。 チームは泥沼10連敗。あす敗戦すると、1975年に喫したワースト記録に並んでしまう。強力西武打線をねじ伏せ、連敗を止めることができるか。エースの投球に期待がかかる。 また、 [全文を読む]

【巨人】因縁の地・仙台で「挑戦者」として再出発する由伸巨人

文春オンライン / 2017年05月30日11時00分

翌13年もルーキー菅野智之がいきなり13勝を挙げ、貯金31という圧巻の強さで2位阪神に12.5ゲーム差をつけぶっちぎりのリーグ連覇、行くぞ仙台なんつって日本シリーズ前のCSでは本拠地東京ドームで広島をあっさり3タテで一蹴。凄い、今じゃ1勝10敗と逆にまったくカープに歯が立たないのに。あ、すいません。 多くの選手が入れ替わったそれぞれの4年間 たかが4年、 [全文を読む]

【巨人】江川、斎藤、上原……古すぎて新しい男・菅野智之は過去の大エースを超えていく

文春オンライン / 2017年05月23日11時00分

まるで昭和の大エースのような存在感 2017年の菅野智之は古すぎて新しい。 巨人のエースに漂う、なんか懐かしいこの感じ。80年代初頭、全盛期の江川卓登板試合の後楽園球場では、売店の売り上げが通常時よりも低かったという。ほとんどチャンスを与えないため試合テンポが異様に早く、味方ファンだけでなく、敵チームのファンも怪物右腕の投球を見るために座席から立たなかった [全文を読む]

真のエースへ…巨人・菅野智之が“伝説”に挑む

ベースボールキング / 2017年05月09日11時00分

巨人の菅野智之がひと回り大きくなった姿を見せている。 5月2日のDeNA戦では9回を5安打に封じ、無四球、9奪三振の完封勝利。これで自身プロ初となる3試合連続の完封勝利を成し遂げ、セ・リーグでは斎藤雅樹氏以来で28年ぶりという快挙を達成した。 開幕前に日本のエースとして世界と戦った菅野。その反動も心配されていたが、ここまで5試合で4勝負けなしの好スタートを [全文を読む]

巨人・菅野が4連続完封に挑む! 9日の予告先発

ベースボールキング / 2017年05月08日15時41分

巨人は9日に東京ドームで行われる阪神戦に、菅野智之を立てる。 菅野は18日のヤクルト戦、25日の広島戦、2日のDeNA戦と3試合連続で完封勝利を挙げており、次の登板で完封勝利を達成すれば4試合連続となる。 4連続完封は、巨人では1965年に城之内邦雄(元巨人・ロッテ)が達成したのが最後。通算141勝、36完封を挙げた偉大な大先輩に、菅野は並ぶことができる [全文を読む]

最近10年で開幕戦に白星が多い投手は誰?

ベースボールキング / 2017年03月29日11時00分

次いで、白星が多かったのが安藤優也(阪神)、菅野智之(巨人)、摂津正(ソフトバンク)の3勝だ。安藤は08年から、摂津は12年から、菅野は14年から3年連続で、開幕戦に白星を手にした。 石川雅規、岩隈久志、内海哲也、則本昂大、金子千尋の4投手は開幕戦で2勝を記録している。 【最近10年の開幕戦に白星が多い投手】 5勝 涌井秀章 内訳:09年、10年、11年 [全文を読む]

2大会ぶりの優勝奪回なるか!?『がんばれ侍ジャパン! WBC 2017観戦ガイド』発売

PR TIMES / 2017年03月02日10時22分

本書は、山田哲人、中田翔、坂本勇人、筒香嘉智、内川聖一、菅野智之ら、侍ジャパンの28戦士を美しく躍動感溢れるビジュアルと、選手個々のストロングポイントと人柄にフィーチャーした、味わい深いテキストで紹介。また、出場全12カ国の徹底分析、ライバル国のスタープレイヤーの紹介、過去3大会のプレイバック企画など、もりだくさんの内容で、WBC2017大会にアプローチし [全文を読む]

【プロ野球】広島と日本ハムの勢いに乗るべき!? 独断で選ぶ「侍ジャパンの投手陣」はコレだ!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月10日16時05分

【先発候補】 武田翔太(ソフトバンク)、石川歩(ロッテ)、野村祐輔(広島)、菅野智之、田口麗斗(巨人)、石田健大(DeNA)、藤浪晋太郎(阪神) 《右腕:6人、左腕:2人》 【中継ぎ候補】 宮西尚生(日本ハム)、千賀滉大(ソフトバンク)、大瀬良大地(広島)、秋吉亮(ヤクルト)、岡田俊哉(中日) 《右腕:3人、左腕:2人》 【抑え候補】 増井浩俊(日本ハム [全文を読む]

【プロ野球】まさに黄金のラインナップ! 過去10年の日本ハムのドラフト1位選手を再検証!!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月18日16時05分

■2010年~2012年/入団拒否の攻防戦! 【2010年】 斎藤佑樹(早稲田大) 【2011年】 菅野智之(東海大)※入団拒否 【2012年】 大谷翔平(花巻東高) 2011年と2012年はまさに「天国と地獄」。巨人入りを希望した菅野智之に入団拒否にあった翌年、大リーグ挑戦を表明していた大谷翔平の1位指名を敢行。 2年連続して1位指名選手の入団拒否とい [全文を読む]

巨人菅野智之が「パチンコ女神」と熱愛報道に、世間は支持多数! 一方、再び「攻撃対象」となってしまった「ポルシェ投手」

Business Journal / 2016年07月22日14時00分

プロ野球・巨人の菅野智之と、グラビアアイドル澤井玲菜の「お泊り熱愛」を「フライデー」(講談社)が報じた。 菅野といえば、今年防御率1.58と高水準をキープし、首位広島カープに引き離される2位巨人の中で獅子奮迅の活躍を見せる絶対エース。伯父に前巨人監督の原辰徳がいることでも有名な球界のサラブレッドだ。 そんな菅野のお相手は、3歳年上の澤野である。澤野はパチン [全文を読む]

【プロ野球】逃した魚はデカい?日ハムがドラフトで獲得失敗した選手の活躍ぶり

デイリーニュースオンライン / 2016年06月07日17時06分

菅野智之(巨人)が開幕から絶好調だ。6月2日までに10試合に登板して、防御率は両リーグトップの0.56。3・4月の月間MVPにも輝いた成績は立派の一言。 思い起こせば、菅野は2011年のドラフトで日本ハムが交渉権を獲得。その後、入団拒否となって翌年に巨人入りしたのは記憶に新しい。 菅野の例に限らず、日本ハムは競合を恐れない「攻めのドラフト」に定評がある。大 [全文を読む]

【プロ野球】自らの打撃で援護する”自援護”(ジエンゴ)な投手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年05月14日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■巨人のエースは打つ方も凄いんです! 菅野智之(巨人) 7試合 4勝0敗 防御率0.79 17打数7安打 打率.412 1打点 3犠打 昨年の9月27日は、ヤクルトにマジック3が点灯した日。巨人対ヤクルトの試合に先発した菅野智之(巨人)は、この試合で石川雅規(ヤクルト)に打たれて敗北。マジ [全文を読む]

【プロ野球】巨人・菅野智之の勝負強さを歴代名投手と徹底比較

デイリーニュースオンライン / 2016年05月09日12時05分

菅野智之が〝覚醒〟している。 4年目の今季、4勝負けなしで防御率は0.79。7試合に登板、失点はわずか6という安定ぶり(5月7日時点)だ。菅野の登板試合は「1点取れば負けない」状況で、過去3年の平均登板数25試合に換算した場合、16勝が見込める計算になる。打線の援護次第では20勝も夢ではないペースだ。 投球が安定した上に打撃も好調ときている。過去3年の安打 [全文を読む]

フォーカス