中村晃のニュース

侍J・練習試合 柳田、中村晃、今宮…ソフトBの出場予定選手を発表!

ベースボールキング / 2017年02月24日10時50分

真砂勇介、上林誠知といった期待の若手に加え、2015年に行われた『プレミア12』で日本代表として活躍した中村晃、14年の日米野球に出場した柳田悠岐、小久保ジャパン常連だった今宮健太といった主力選手も出場予定選手に名を連ねた。 また、投手は昨季9勝を挙げた東浜巨が先発予定。WBCベネズエラ代表に選出されたスアレスもベンチ入りする予定となっている。 【投手】 [全文を読む]

平成生まれの通算打率トップ10

ベースボールキング / 2017年01月20日07時45分

次いで平成元年生まれの中村晃(ソフトバンク)の打率.296だ。中村晃は初めて規定打席に到達した13年から3年連続打率3割を記録し、14年にパ・リーグ最多安打を獲得した。昨季はレギュラー定着後初めて打率3割を切った。 3位は平成3年生まれの筒香嘉智(DeNA)の打率.286。筒香は初めて規定打席に到達した12年は打率.218と低迷したが、14年から3年連続 [全文を読む]

【プロ野球】《裏タイトル・野手編》今年の二塁打王、三塁打王は? 気になる「裏タイトル」獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月13日17時05分

【最多四球】 柳田悠岐(ソフトバンク):100四球 中村晃(ソフトバンク):99四球 栗山巧(西武):83四球 柳田悠岐(ソフトバンク)が大台3ケタの四球をもぎ取り、迫力を見せつけた。2位の中村晃(ソフトバンク)は昨年の66四球からピッタリ1.5倍増。選球眼が光った1年だった。 【最多死球】 大野奨太(日本ハム):13死球 ウィーラー(楽天)/中村晃(ソ [全文を読む]

ソフトBの熾烈な外野手争い 工藤監督「そういう悩みは歓迎」

ベースボールキング / 2017年03月21日10時00分

上林を先発で起用したいがソフトバンクの外野をみると、左翼には故障から完全復活を目指す長谷川勇也、中堅にはオープン戦で指名打者での出場が続く15年にトリプルスリーを達成した柳田悠岐、右翼にオープン戦打率.359を記録する中村晃がいる。さらに、福田秀平、吉村裕基、城所龍磨、真砂勇介などがおり、かなりの激戦区だ。 工藤監督はこの外野手争いに「そういう悩みは歓迎 [全文を読む]

ソフトBの1番打者といえば…最近10年間の最多出場選手を振り返る

ベースボールキング / 2017年02月14日10時00分

翌12年以降は、13年に中村晃が101試合に出場したが、その他のシーズンは100試合以上1番を務めた打者がいない。15年と16年は、1番打者最多出場選手が38試合と固定できず。 13年から3年連続でチーム1番打者最多出場の中村晃は、打率だけでなく四球も多く選ぶことができ出塁率が高い。1番に固定できればベストだが、松田、長谷川の後を打つポイントゲッターとして [全文を読む]

各球団の7番打者はどうだった?

ベースボールキング / 2016年12月29日10時00分

層の厚いソフトバンクは昨季まで3年連続打率3割を記録した中村晃、ロッテは遊撃手のベストナインに輝いた鈴木大地、巨人はかつて4番を務めていた村田修一がチームで最も多く7番を打っている。 その他、各球団の7番打者の成績は以下の通り。 ◆ 各球団の7番打者の成績 ※7番での成績のみ 【日本ハム】 レアード 45試 率.293 本16 点43 【ソフトバンク】 [全文を読む]

【侍ジャパン】先行発表で名前が呼ばれなかった注目選手は?

ベースボールキング / 2016年12月21日07時15分

11月に行われた「強化試合」の代表組では、野村祐輔(広島)、山崎康晃(DeNA)、藤浪晋太郎(阪神)、武田翔太(ソフトバンク)、石川歩(ロッテ)、小林誠司(巨人)、中島卓也(日本ハム)、中村晃(ソフトバンク)などの名前が呼ばれなかった。 20日の発表で投手は7人、野手は11人が選ばれたが、残り10名について「できるだけ速く発表したいが、日時は未定」とした。 [全文を読む]

捕手以外みんな大台超え!? ソフトバンクの豪華すぎる布陣

ベースボールキング / 2016年12月13日11時55分

中村晃は複数年連続打率3割の記録は途切れたが、出塁率は.416をマークするなど減俸することは考えにくい。最高出塁率のタイトルを獲得した柳田も、1億円を割ることがありえないことを考えると、来年は1億円以上の日本人野手が7人になりそうだ。 ◆ 3億円以上の日本人が6人 1億円プレーヤーの野手を7人抱えるソフトバンクは、やはり高額年俸の日本人選手が多い。チーム内 [全文を読む]

【プロ野球】開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較・パリーグ編

デイリーニュースオンライン / 2016年08月03日17時05分

開幕時の“ベストメンバー”は本当にベストだったのだろうか? ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■ソフトバンク ≪開幕オーダー≫ 1 右 福田秀平 2 二 本多雄一 3 中 柳田悠岐 4 指 内川聖一 5 一 明石健志 6 三 松田宣浩 7 左 中村晃 8 遊 今宮健太 9 捕 斐紹 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 右 城所龍磨 [全文を読む]

日本ハム・メンドーサVSソフトバンク・千賀…スタメン発表

スポーツ報知 / 2017年05月28日13時15分

◆日本ハム―ソフトバンク(28日・札幌ドーム) 【ソフトバンクスタメン】 1(二)明石、2(遊)今宮、3(中)柳田、4(一)内川、5(指)デスパイネ、6(左)中村晃、7(三)松田、8(右)上林、9(捕)甲斐 ▽投・千賀=右 【日本ハムスタメン】 1(中)西川、2(右)松本、3(指)近藤、4(一)中田、5(三)レアード、6(二)田中賢、7(左)大田、8(遊) [全文を読む]

フォーカス