秋山翔吾のニュース

【プロ野球】今季の”タイトル外スタッツ王”は?二塁打王、三塁打王らを中間報告

デイリーニュースオンライン / 2016年06月16日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■二塁打王 【セ・リーグ】 山田哲人(ヤクルト) 18本 村田修一(巨人) 鈴木誠也(広島) 16本 【パ・リーグ】 角中勝也(ロッテ) 18本 秋山翔吾(西武) 17本 昨年は山田哲人の39本、秋山翔吾の38本がそれぞれトップだった二塁打王。今季は山田の勢いはそのままに、パ・リーグでは打 [全文を読む]

【西武】炭谷、栗山、秋山、浅村4選手が2017シーズン招待活動を実施

ベースボールキング / 2017年03月30日20時00分

西武は30日、昨季に引き続き、炭谷銀仁朗、栗山巧、秋山翔吾が、病気と闘う子どもたちやひとり親家庭のご家族をライオンズ主催試合に招待すると発表した。また、今季からキャプテンに就任した浅村栄斗は、栗山、炭谷が継続して行っている「所沢市手をつなぐ親の会」への待活動の意向に賛同。栗山、炭谷とともに3選手合同で実施することとなった。 今や西武に欠かすことの出来ない4 [全文を読む]

【始球式プロポーズ・応援レポート】埼玉西武ライオンズ秋山翔吾選手からストライクを取りプロポーズ大成功!

PR TIMES / 2016年09月06日15時27分

当選した男性が秋山翔吾選手と対決しストライクをとり、見事サプライズプロポーズは大成功。当日の様子をご紹介いたします。[動画: http://www.youtube.com/watch?v=drO-UDbv8_U ]■秋山翔吾選手からストライクを取りプロポーズ大成功! 今回「始球式プロポーズ」に挑戦したのは、松田充功さん(31)。半年ほど前から、交際3年目に [全文を読む]

西武・秋山はいい人すぎる“ウナギ顔”の庶民派。あまりに真面目!と評判の素顔とは

週プレNEWS / 2015年07月18日06時00分

シーズン日本記録ペースでヒットを量産している西武・秋山翔吾。 連続試合安打の記録更新も注目され、残念ながら途切れたものの、今季、突然変異的に覚醒した“ウナギ顔”のヒットマンの知られざる素顔とは? 入団5年目の今季、打撃が覚醒した秋山。その背景には、劇的な打撃フォーム改造があったといわれている。 「昨年はフォームを試行錯誤して失敗ばかりだったが、今年はキャン [全文を読む]

昨季は3番で苦戦の西武・秋山 辻監督が送った助言とは…

ベースボールキング / 2017年06月11日11時00分

開幕から1番で先発出場していた秋山翔吾(西武)だが、2日のヤクルト戦から3番でスタメン出場している。 昨年は1番で打率.305を記録したが、3番では6試合に出場して打率.179と結果を残すことができなかった。辻発彦監督は「本人と色々と話をして、去年は3番で苦しんだという話を聞きました」と秋山と打順についてやりとりがあったという。 そのなかで、辻監督は昨季3 [全文を読む]

【6月10日プロ野球全試合結果】ヤクルトが痛恨の10連敗、日本ハム・中田翔の決勝打で連敗を6でストップ、阪神・糸原健斗が決勝打

サイクルスタイル / 2017年06月10日22時25分

■西武、投打がかみ合いDeNAに快勝…秋山翔吾が3安打3打点の活躍西武は6月10日、メットライフドームでDeNAと対戦。秋山翔吾外野手が3安打3打点と打線を牽引し、6-2で勝利した。西武は初回、秋山が今季第12号となる2点本塁打を放ち、幸先よく先制。2回裏には、走者二、三塁の場面で金子侑司外野手が犠飛を放つなど打線がつながり、5-0とリードを広げる。その後 [全文を読む]

西武、投打がかみ合いDeNAに快勝…秋山翔吾が3安打3打点の活躍

サイクルスタイル / 2017年06月10日19時13分

秋山翔吾外野手が3安打3打点と打線を牽引し、6-2で勝利した。 西武は初回、秋山が今季第12号となる2点本塁打を放ち、幸先よく先制。2回裏には、走者二、三塁の場面で金子侑司外野手が犠飛を放つなど打線がつながり、5-0とリードを広げる。 その後、5-2とリードして迎えた8回裏には、外崎修汰内野手が今季第5号となるソロ本塁打を放ち貴重な1点を追加した。投げては [全文を読む]

【6月3日プロ野球全試合結果】中日・荒木雅博が通算2000本安打達成、オリックスが怒涛の6連勝、巨人は悪夢の9連敗

サイクルスタイル / 2017年06月03日23時58分

■西武、打線が爆発し3連勝…中村剛也、浅村栄斗、秋山翔吾が一発攻勢西武は6月3日、神宮球場でヤクルトと対戦。主軸の一発攻勢など打線が爆発し、11-2と快勝。3連勝を飾った。西武は2回表、中村剛也内野手の今季第11号のソロ本塁打で先制すると、3回表には秋山翔吾外野手が2点本塁打、浅村栄斗内野手にソロ本塁打が飛び出し、4-0とリードを広げた。その後も効果的に加 [全文を読む]

【交流戦】西武、打線が爆発し3連勝…中村剛也、浅村栄斗、秋山翔吾が一発攻勢

サイクルスタイル / 2017年06月03日17時33分

西武は2回表、中村剛也内野手の今季第11号のソロ本塁打で先制すると、3回表には秋山翔吾外野手が2点本塁打、浅村栄斗内野手にソロ本塁打が飛び出し、4-0とリードを広げた。その後も効果的に加点し終始試合のペースを握った。 投げては、先発の佐野泰雄投手が6回2失点の好投を見せ、今季3勝目。敗れたヤクルトは、山田哲人内野手の今季第6号で2点を返すにとどまり、打線 [全文を読む]

オリ・駿太が窮地を救うレーザービーム!外野手豊作!?の10年ドラフト組

ベースボールキング / 2017年05月30日06時00分

ソフトバンクが2位で指名した柳田悠岐と、西武が3位で指名した秋山翔吾だ。 柳田は2015年にトリプルスリー(打率.363、34本塁打、32盗塁)を達成し、秋山も同じ年にシーズン最多安打記録を更新(216本)している。 柳田と秋山は大卒入団だが、駿太と同じ高卒入団でも日本ハムから2位指名を受けた智辯和歌山の西川遥輝が主力として活躍。2年目から71試合に出場す [全文を読む]

フォーカス