秋山翔吾のニュース

【プロ野球】今季の”タイトル外スタッツ王”は?二塁打王、三塁打王らを中間報告

デイリーニュースオンライン / 2016年06月16日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■二塁打王 【セ・リーグ】 山田哲人(ヤクルト) 18本 村田修一(巨人) 鈴木誠也(広島) 16本 【パ・リーグ】 角中勝也(ロッテ) 18本 秋山翔吾(西武) 17本 昨年は山田哲人の39本、秋山翔吾の38本がそれぞれトップだった二塁打王。今季は山田の勢いはそのままに、パ・リーグでは打 [全文を読む]

【西武】炭谷、栗山、秋山、浅村4選手が2017シーズン招待活動を実施

ベースボールキング / 2017年03月30日20時00分

西武は30日、昨季に引き続き、炭谷銀仁朗、栗山巧、秋山翔吾が、病気と闘う子どもたちやひとり親家庭のご家族をライオンズ主催試合に招待すると発表した。また、今季からキャプテンに就任した浅村栄斗は、栗山、炭谷が継続して行っている「所沢市手をつなぐ親の会」への待活動の意向に賛同。栗山、炭谷とともに3選手合同で実施することとなった。 今や西武に欠かすことの出来ない4 [全文を読む]

【始球式プロポーズ・応援レポート】埼玉西武ライオンズ秋山翔吾選手からストライクを取りプロポーズ大成功!

PR TIMES / 2016年09月06日15時27分

当選した男性が秋山翔吾選手と対決しストライクをとり、見事サプライズプロポーズは大成功。当日の様子をご紹介いたします。[動画: http://www.youtube.com/watch?v=drO-UDbv8_U ]■秋山翔吾選手からストライクを取りプロポーズ大成功! 今回「始球式プロポーズ」に挑戦したのは、松田充功さん(31)。半年ほど前から、交際3年目に [全文を読む]

西武・秋山はいい人すぎる“ウナギ顔”の庶民派。あまりに真面目!と評判の素顔とは

週プレNEWS / 2015年07月18日06時00分

シーズン日本記録ペースでヒットを量産している西武・秋山翔吾。 連続試合安打の記録更新も注目され、残念ながら途切れたものの、今季、突然変異的に覚醒した“ウナギ顔”のヒットマンの知られざる素顔とは? 入団5年目の今季、打撃が覚醒した秋山。その背景には、劇的な打撃フォーム改造があったといわれている。 「昨年はフォームを試行錯誤して失敗ばかりだったが、今年はキャン [全文を読む]

昨季は3番で苦戦の西武・秋山 辻監督が送った助言とは…

ベースボールキング / 2017年06月11日11時00分

開幕から1番で先発出場していた秋山翔吾(西武)だが、2日のヤクルト戦から3番でスタメン出場している。 昨年は1番で打率.305を記録したが、3番では6試合に出場して打率.179と結果を残すことができなかった。辻発彦監督は「本人と色々と話をして、去年は3番で苦しんだという話を聞きました」と秋山と打順についてやりとりがあったという。 そのなかで、辻監督は昨季3 [全文を読む]

オリ・駿太が窮地を救うレーザービーム!外野手豊作!?の10年ドラフト組

ベースボールキング / 2017年05月30日06時00分

ソフトバンクが2位で指名した柳田悠岐と、西武が3位で指名した秋山翔吾だ。 柳田は2015年にトリプルスリー(打率.363、34本塁打、32盗塁)を達成し、秋山も同じ年にシーズン最多安打記録を更新(216本)している。 柳田と秋山は大卒入団だが、駿太と同じ高卒入団でも日本ハムから2位指名を受けた智辯和歌山の西川遥輝が主力として活躍。2年目から71試合に出場す [全文を読む]

【プロ野球】優勝も不祥事も屈辱の「胴上げジンクス」も。いろいろあった“埼玉西武”ライオンズ10年史

デイリーニュースオンライン / 2017年05月22日16時05分

そんななか、大きく名を上げたのが、シーズン歴代最多安打記録(216本)を放った秋山翔吾。また、パ・リーグ最多の72試合に登板し、40ホールドを記録した増田達至も注目を集めた。 【タイトル獲得者】増田達至:最優秀中継ぎ投手(42HP)/中村剛也:本塁打(37本塁打)、打点(124打点)/秋山翔吾:最多安打(216安打)■2016年【順位】4位 【監督】田邊 [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC:4人 田中広輔(広島)/筒香嘉智(DeNA)/秋山翔吾(西武)/青木宣親(アストロズ)(※大谷翔平を含めれば5人) ■2013WBC:7人 阿部慎之助(巨人)/鳥谷敬(阪神)/松井稼頭央(楽天)/稲葉篤紀(日本ハム)/本多雄一(ソフトバンク)/糸井嘉男(オリックス)/角中勝也(ロッテ) ■2009WBC:9人 阿部慎之助(巨人)/岩村明 [全文を読む]

【プロ野球】気が早すぎる来シーズンオフの展望。中田翔(日本ハム)、牧田和久(西武)らFA取得予定選手をチェック!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月21日17時05分

秋山翔吾、T-岡田は複数年で残留決定 今季、FA権を取得できる選手のなかには秋山翔吾(西武・28歳)、T-岡田(オリックス・28歳)も含まれていたが、2人とも複数年契約で更新しており、ファンはひと安心といったところ。 近年はFA流出を防ぐために複数年契約を提示するケースも多い。来オフは再来年の取得が濃厚な浅村栄斗(西武・26歳)の契約更改にも注目が集ま [全文を読む]

【プロ野球】《裏タイトル・野手編》今年の二塁打王、三塁打王は? 気になる「裏タイトル」獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月13日17時05分

■パ・リーグ:野手の裏タイトル獲得者 【二塁打王】 浅村栄斗(西武):40二塁打 秋山翔吾(西武):32二塁打 柳田悠岐(ソフトバンク):31二塁打 昨季は19二塁打に留まった浅村栄斗(西武)が約2倍増で断トツのトップ。秋山翔吾(西武)は2年連続の2位。 【三塁打王】 茂木栄五郎(楽天)/西野真弘(オリックス):7三塁打 藤田一也(楽天)/今宮健太(ソフ [全文を読む]

【プロ野球】菊池涼介(広島)、秋山翔吾(西武)…。今季12球団の2番打者を比較! 攻撃的2番打者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月23日17時05分

(成績は2番スタメン出場時のもの) 広島東洋カープ 菊池涼介140試合:打率.315(572打数180安打)/13本塁打/56打点/23犠打/OPS.790 田中広輔1試合:打率.000(3打数0安打)/0本塁打/0打点/0犠打/OPS.250 読売ジャイアンツ 橋本到35試合:打率.206(126打数26安打)/2本塁打/10打点/17犠打/OPS.5 [全文を読む]

【プロ野球】打って、走って、ガッツポーズ! セ・パ両リーグの“二塁打王”の行方は?

デイリーニュースオンライン / 2016年09月23日16時05分

■パ・リーグはイメージどおりの選手が並ぶ 【パ・リーグ二塁打数ベスト5】1位:浅村栄斗(西武)/38本1位:柳田悠岐(ソフトバンク)/31本3位:秋山翔吾(西武)/30本4位:栗山巧(西武)/29本5位:角中勝也(ロッテ)/28本5位:鈴木大地(ロッテ)/28本(※9月19日現在) パ・リーグは、セ・リーグと違って足もある選手がズラッと並んだ。そんななか [全文を読む]

【プロ野球】開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較・パリーグ編

デイリーニュースオンライン / 2016年08月03日17時05分

■西武≪開幕オーダー≫ 1 中 秋山翔吾 2 左 栗山巧 3 指 メヒア 4 三 中村剛也 5 二 浅村栄斗 6 右 坂田遼 7 一 山川穂高 8 捕 炭谷銀仁朗 9 遊 外崎修汰 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 指 栗山巧 ○ 2 中 秋山翔吾 ○ 3 二 浅村栄斗 ○ 4 一 メヒア ○ 5 右 森友哉 6 三 渡辺直人 7 左 金子侑司 8 捕 炭谷銀 [全文を読む]

【プロ野球】パの”タイトル争い”を里崎智也、駒田徳広、西崎幸広らがガチ予想

デイリーニュースオンライン / 2016年04月04日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! 【打撃タイトル編】 <里崎予想> 打率:中村晃(ソフトバンク) 本塁打&打点:中村剛也(西武) <駒田予想> 打率:秋山翔吾(西武) 本塁打:中村剛也(西武) 打点:中田翔(日本ハム) <西崎予想> 打率:秋山翔吾(西武) 本塁打:中村剛也(西武) 打点:中田翔(日本ハム) <山崎予想> [全文を読む]

前田健太と秋山翔吾 譲渡金獲得のため今オフにもMLB移籍か

NEWSポストセブン / 2015年10月07日16時00分

昨年は“優勝が条件”といって入札による移籍を認めなかった球団も、今年は認める方針だといわれています」(広島担当記者) 野手ではプロ野球安打記録を更新した西武・秋山翔吾が注目株だ。彼も同じ理由から移籍が予測される。西武は過去、松坂大輔の移籍で大儲けした経験がある。スカウトの評価では、青木宣親(現ジャイアンツ)並みかそれ以上といわれる秋山。今が売り時だろう。 [全文を読む]

西武・秋山翔吾 安打日本記録は「積み重ねでは届かないもの」

NEWSポストセブン / 2015年09月27日16時00分

「プレッシャーを、ないものだと考えるのではなく、敢えてプレッシャーを感じながらやっていきたい」──9月13日にプロ野球史上6人目のシーズン200安打を達成した埼玉西武ライオンズの秋山翔吾(27)が、日本記録(214本)の更新に挑んでいる。9月下旬時点で、新記録は十分に達成可能なペースだ。 「もちろん、CS進出争いをするチームのためにフォアボールを選ぶのは大 [全文を読む]

【埼玉西武ライオンズ】地元・所沢の点灯式にライオンズ選手が参加!

PR TIMES / 2012年11月19日09時23分

その一環として、11月24日(土)に行われる『所沢駅西口「イルミライティングファンタジア2012-2013」』の点灯式に十亀剣投手と秋山翔吾選手が参加します。 同日に開催される『ファルマン通り「ファルマン スターライト ファンタジア」』の点灯式には、浅村栄斗選手と熊代聖人選手が参加します。 また翌日11月25日(日)に行われる『「西武鉄道100年アニバー [全文を読む]

「走・攻・守」三拍子そろったライオンズ若手の注目株! 秋山翔吾選手 初のプロデュース弁当「がんばれ!」 7月25日(水)より西武ドームで販売開始!

PR TIMES / 2012年07月23日09時44分

埼玉西武ライオンズでは、西武ドームで大人気の「選手プロデュース弁当」シリーズとして、秋山翔吾選手が初めてプロデュースするお弁当「がんばれ!」を7月25日(水)より、西武ドーム内およびドーム前広場にて販売いたします。 選手自身が食材やメニューから盛り付け、デザインに至るまで細部にこだわった、選手のセンスが光るこの「選手プロデュース弁当」シリーズは、売り切れて [全文を読む]

DeNA・平良、2回5失点で3敗目 ラミレス監督は二軍落ちを示唆

ベースボールキング / 2017年06月10日20時00分

平良は初回一死走者なしから源田壮亮に二塁打を浴びると、続く秋山翔吾に2ランで先制を許した。続く2回も一死一、二塁から失策で1点を失うと、金子侑司に犠飛、源田にタイムリーを打たれ失点。結局、平良は2回、4安打、3四死球、5失点という投球内容だった。 ラミレス監督は「2イニングで5失点というのは、大きかったなと思います。前回のソフトバンクの時も初回に3点を取 [全文を読む]

球宴ファン投票、セ捕手部門で阪神・梅野抜き巨人・小林がトップに

ベースボールキング / 2017年06月08日16時13分

また、西武の秋山翔吾が23万220票で全体の首位となっている。 ファン投票は、18日(日)まで受け付けており、最終結果は6月26日(月)に発表。監督選抜を含む全メンバーの発表は7月3日(月)に発表される予定となっている。 [全文を読む]

フォーカス