小渕健太郎のニュース

~夏の高校野球大会期間中、甲子園駅限定~ コブクロの「ダイヤモンド」(「熱闘甲子園」テーマソング)が列車接近メロディになります

PR TIMES / 2013年08月07日13時51分

)を、幅広い知名度を誇る男性ボーカルデュオ「コブクロ」の新曲「ダイヤモンド」(作詞・作曲:小渕健太郎(コブクロ))に変更します。 阪神電気鉄道HP → http://bit.ly/M31G1p この曲は、本大会のために、コブクロが書き下ろした楽曲で、朝日放送のTV番組「熱闘甲子園」のテーマソングにも選ばれておりますが、今回、接近メロディで使用するのは、小渕 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】和田アキ子、布袋寅泰、コブクロ小渕、意外な背丈の違いが発覚。

TechinsightJapan / 2015年12月23日17時25分

和田アキ子がライブを終えたブルーノート東京で楽屋を訪れた布袋寅泰、コブクロの小渕健太郎と並んだ1枚をツイッターに投稿した。滅多に見ることはないであろう貴重な場面だが、この3人が並んだことで背丈のイメージが違っていたことに気づくショットでもある。 ニューアルバム『WADASOUL』を11月18日に発売した和田アキ子。12月21日、22日にブルーノート東京でリ [全文を読む]

阪神電車×コブクロ企画で甲子園駅に「ダイヤモンド」が流れる!

okmusic UP's / 2013年08月07日11時00分

今回使用されるのは、小渕健太郎が自らギターを弾いて多重録音しているギターバージョンのもので、9月18日発売のアルバム『ツマビクウタゴエ~KOBUKURO songs, acoustic guitar instrumentals~』にも収録予定とのこと。また、小渕健太郎(コブクロ)「ダイヤモンド」(ギターバージョン)着うた 阪神甲子園駅 列車接近音ver. [全文を読む]

『Official Book KOBUKURO One Song From Two Hearts+』本日発売!

PR TIMES / 2015年03月26日10時16分

また、本誌でしか見られない撮り下ろし写真や、2011年~2014年までのツアーのステージフォト、 WEB会報誌「BIMONTHLY KOBUKURO」の一挙公開、小渕健太郎および黒田俊介による アルバム『One Song From Two Hearts』収録曲の手書き歌詞&曲解説など、ファンならずとも手にしたい 一冊となっている。 【内容/曲目】 全編コ [全文を読む]

名曲「永遠にともに」は永久封印!? コブクロ小渕健太郎の不倫過去に、ファンが失望

日刊サイゾー / 2016年10月27日09時00分

今年でメジャーデビュー15周年を迎えたコブクロ・小渕健太郎の過去の不倫を、10月20日発売の「週刊新潮」(新潮社)が報じた。同誌では、小渕と関係を持ったという30代前半の女性タレントと、大阪・北新地の夜の店で働く女性の談話を紹介している。 「小渕は1997年に中学時代の同級生と結婚していますが、歌がうまいだけでなく、歌手になる前は敏腕の営業マンだったという [全文を読む]

コブクロ、初の関西弁楽曲を発表

dwango.jp news / 2014年09月23日17時07分

この新曲は小渕健太郎が2012年より3年連続で出場する大阪マラソンの公式テーマソングとして書き下ろされ、コブクロ初の関西弁歌詞の楽曲となる。この新曲『42.195km』は、大阪マラソンに参加する全ての方、全国でマラソンにトライしている全ての方、大阪在住の全ての方々にぜひ『42.195km』を聴いていただきたいという、小渕の想いから、コブクロ初のフリーダウン [全文を読む]

コブクロが初の関西弁楽曲「42.195km」を初のフリーダウンロードで発表

okmusic UP's / 2014年09月23日15時00分

この新曲は小渕健太郎が2012年より3年連続で出場する大阪マラソンの公式テーマソングとして書き下ろされ、コブクロ初の関西弁歌詞の楽曲となる。【その他の画像】コブクロ「42.195km」は大阪マラソンに参加するすべての方、全国でマラソンにトライしているすべての方、大阪在住のすべての方々にぜひ聴いていただきたいという小渕の想いから、コブクロ初のフリーダウンロー [全文を読む]

女優・高畑充希が歌手としてのキャリアを網羅する自身2枚目のアルバムを発売

okmusic UP's / 2014年01月30日13時30分

そんな中、コブクロの小渕健太郎が彼女の声に惚れ込み、自身初プロデュースとして楽曲を提供。アーティスト名を“みつき”として歌手活動もスタートさせた。また、竹内まりや、馬場俊英、川嶋あい、河口恭吾、矢井田瞳などのシンガーソングライターに楽曲提供を受け、2008年に1stアルバム「COLOR」をリリースした。その後もミュージカル、TVドラマ、映画などで更なる活躍 [全文を読む]

コブクロ小渕健太郎、ソロアルバムリリースイベントでギターへの想いを語る

okmusic UP's / 2013年09月18日09時00分

9月17日、小渕健太郎(コブクロ)のギターソロアルバム『ツマビクウタゴエ 〜KOBUKURO songs,acoustic guitar instrumentals〜』の発売を記念した公開インタビューイベントが開催された。【その他の画像】コブクロレコーディングスタジオで行われた今回のイベントには都内専門学校やスクールの生徒約50人が招待された。昨年コブクロ [全文を読む]

コブクロの小渕健太郎、9月18日(水)にギター・インストアルバム発売

okmusic UP's / 2013年08月06日06時00分

コブクロの小渕健太郎が、9月18日(水)にコブクロの数々の名曲をギター多重録音でレコーディングしたギターインストゥルメンタル・アルバムを発売することを発表した。7月24日(水)に、2013年初めてのシングル「One Song From Two Hearts」をリリースしたコブクロだが、作詞・作曲を多数手掛けている小渕健太郎が、今回ギターインストゥルメンタル [全文を読む]

馬場俊英、ツアーファイナルに小渕健太郎(コブクロ)が登場してコラボ曲を披露

okmusic UP's / 2013年06月24日15時00分

また、スペシャルゲストで小渕健太郎(コブクロ)が登場し、コラボ楽曲を披露した。【その他の画像】馬場俊英このたび、デビュー17年のキャリアをまとめた初のオールタイムベストアルバム『BABA TOSHIHIDE ALL TIME BEST 1996 -2013 ~ロードショーのあのメロディ』を5月15日にリリースし、全国20カ所の全国ツアーを順調にこなしてきた [全文を読む]

レコチョクが「結婚したいアーティストランキング2012」を発表!男性は、コブクロ小渕健太郎が5連覇、女性は、YUIが3連覇を達成!

PR TIMES / 2012年06月06日12時19分

男性アーティストで最も票を集めたのは、小渕健太郎(コブクロ)。2008年から5年連続1位に輝いています。 「あの優しい笑顔で笑いかけてもらえたら幸せです。ギターを弾いたり、写真をとったり穏やかな日々を過ごせそうです。結婚式では永遠にともにを歌ってもらいたい」(18歳・女性) 「優しいだけじゃなく、どんな試練に立たされても、前向きに乗り越えていく強さもある [全文を読む]

コブクロ・小渕健太郎制作の「桜(ギターver.)」が話題に

リッスンジャパン / 2012年03月19日13時00分

3月7日に配信リリースされたコブクロの小渕健太郎制作による「桜(ギターver.)」が、配信チャートで連日1位獲得と注目を集めていることが明らかになった。コブクロ - アーティスト情報「桜(ギターver.)」は、コブクロの代表曲の一つ「桜」を小渕健太郎が様々なギター奏法を駆使して作り上げたギター音源の第2弾。今年1月に第1弾「流星(ギターver.)」が配信さ [全文を読む]

レコチョクが“チョコをあげたい!もらいたい!アーティストランキング”を発表 あげたい1位は、小渕健太郎(コブクロ)、もらいたい1位は、YUIに決定

PR TIMES / 2012年02月03日11時21分

チョコをあげたいアーティスト1位は、コブクロの小渕健太郎。「あの笑顔でありがとうと言われてみたい。優しいから全部食べてくれそうだし、何より大好き」(34歳・女性)「いつも、元気をもらっています。歌詞、歌声、ブログ、いろいろな企画、すべてに愛情を感じます。バレンタインでお返しがしたいです」(24歳・女性)「どんなに不格好なチョコでも優しく受け取ってくれると [全文を読む]

「浮気するなよ!」 陣内智則に再婚報道も「ミオパン」ファンから風当たり強し

しらべぇ / 2017年05月25日11時30分

・合わせて読みたい⇒コブクロ・小渕健太郎に不倫報道 「陣内が救われた」の声も(文/しらべぇ編集部・もやこ) [全文を読む]

タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター意見広告シリーズ 最新版ポスターに石川さゆりが決定!

PR TIMES / 2017年05月23日04時00分

石川さゆり 45周年記念シングル第2弾・小渕健太郎(コブクロ)プロデュース作品『春夏秋冬』を6月21日(水)に発売、さらに、演歌、ジャズ、ロック、ポップスなど、ジャンルの垣根を越えたアーティストとの新たな出逢いがX(クロス)することで話題のコラボアルバム第3弾『X-CrossIII-』が、7月19日(水)に発売されます。 「NO MUSIC, NO LI [全文を読む]

福士蒼汰+コブクロで、新ユニット“フクブクロ”結成?

CinemaCafe.net / 2017年05月22日12時23分

映画『ちょっと今から仕事やめてくる』の先行プレミアム上映会が5月21日(日)、都内で行われ、主演の福士蒼汰、共演する工藤阿須加、主題歌「心」を手がける人気デュオ「コブクロ」の黒田俊介と小渕健太郎が出席した。 自己紹介の際、黒田さんは「ボーカルの福士蒼汰です」とまずはひとボケ。すると福士さんも負けじと、「本日はお集まりいただき、ありがとうございます。コブクロ [全文を読む]

コブクロ黒田、小渕に「ブラック企業」とクレーム!

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年05月22日00時00分

人気デュオ・コブクロ(黒田俊介・小渕健太郎)が21日、都内で行われた映画『ちょっと今から仕事やめてくる』先行プレミアム上映会に登壇。黒田は、小渕を「ブラック企業」と批判し、会場の笑いをさらった。 本作は、累計発行部数50万部を突破し、すべての“働く人”が共感の涙を流した同名小説の映画化。ブラック企業で上司に怒鳴られてばかりのサラリーマン・青山隆(工藤阿須加 [全文を読む]

「コブクロ」黒田俊介、福士蒼汰を勧誘「これからはフクブクロで」

映画.com / 2017年05月21日19時45分

小渕健太郎が映画を見た上で、「手元でメモを取りながら、見終わって5分ほどで生まれそうになった」と書き下ろした楽曲。黒田俊介は、「コブクロの福士蒼汰です」と主演俳優の名を拝借しつつ、澄み切った歌声と抜群のハーモニーを響かせ「生コブクロは鮮度が命です」とおどけた。 そこにサプライズで福士と共演の工藤阿須加が登場し、福士は「黒田俊介です」と挨拶。客席からの大声 [全文を読む]

福士蒼汰、“コブクロ愛”爆発!黒田&小渕の生歌披露に「僕も歌いたい」

Movie Walker / 2017年05月21日17時48分

北川恵海の人気小説を映画化した『ちょっと今から仕事やめてくる』(5月27日公開)の先行プレミアム上映会が5月21日にイイノホールで開催され、主題歌を担当したコブクロ(黒田俊介、小渕健太郎)が出席。サプライズで福士蒼汰、工藤阿須加が駆けつけ、会場を盛り上げた。 本作は、幼なじみだと名乗る男との出会いを機に本来の自分を取り戻していく青年の姿を描く人間ドラマ。ブ [全文を読む]

フォーカス