青山浩二のニュース

楽天の守護神といえば…最近10年の最多セーブを振り返る

ベースボールキング / 2017年02月26日10時00分

特に野村克也監督時代の08年には、シーズン通して最多セーブ投手は青山浩二、小山伸一郎の4セーブが最高。チーム全体でも同年は18セーブしか挙げられなかった。 翌09年に球団初となるクライマックスシリーズ出場を果たしたが、シーズン途中に復帰した福盛和男の10セーブがチーム最多。球団初のリーグ優勝・日本一に輝いた13年もラズナーの17セーブと、シーズン30セーブ [全文を読む]

楽天が3投手入れ替え…今野が支配下即一軍 6日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年04月06日15時25分

この日先発する森雄大に加え、ベテランリリーバーの青山浩二と、6日に育成から支配下選手へと昇格した今野龍太がその日のうちに一軍登録された。 今野は2013年のドラフト9位で楽天入りした高卒3年目の右腕。150キロを超える速球を武器にする投手で、1年目から一軍登板を果たすなど活躍の兆しを見せていたが、15年オフからは右膝の怪我の影響で育成選手になっていた。 今 [全文を読む]

リリーバーの勲章『500試合登板』間近の選手たちに注目

ベースボールキング / 2017年02月21日17時00分

以下、楽天の青山浩二が483試合で残り17試合、阪神の高橋聡文が455試合で残り45試合とここまでが射程圏内といえるだろう。果たして、何人が節目の記録を迎えることができるのか。この4人のベテランリリーバーに注目だ。 【500試合登板間近の投手】 491試合 平野佳寿(オリックス/12年目) 485試合 安藤優也(阪神/16年目) 483試合 青山浩二(楽 [全文を読む]

各球団の最古参メンバーは?

ベースボールキング / 2016年10月27日07時45分

そのため、楽天が創設された05年のドラフトでプロ入りした青山浩二、銀次、枡田慎太郎、片山博視が、楽天における最古参の選手となる。 その他の球団を見るとロッテの福浦和也は、12球団で最も長く同じ球団に所属する選手だ。地元・習志野高から93年ドラフト7位でロッテに入団し、今季23年目の大ベテラン。入団時は投手だったが、野手転向後に一気に才能が開化した 。8年 [全文を読む]

二度の離婚からの入院…芸能活動復帰「上原さくら」の再出発を占う

Menjoy / 2016年05月12日10時00分

二度の離婚を繰り返し、2013年4月には、建築関連会社社長の青山浩二さんとの泥沼の離婚劇も大きな話題となりました。 元旦那である青山浩二さんは、女優の観月ありささんと再婚されたことも記憶に新しいところですね。 そんな上原さくらさん、2016年4月11日に、芸能界への復帰報道が伝えられました。 泥沼の離婚劇の後、精神的な不調から入院。実質的な引退状態にあっ [全文を読む]

楽天がキャンプメンバーを発表 ドラ1・藤平ら新人6名が一軍スタート

ベースボールキング / 2017年01月22日16時20分

◆ 一軍キャンプ ・久米島(2月1日~11日) ▼ 投手 1 松井裕樹 11 岸 孝之 14 則本昂大 16 森 雄大 17 塩見貴洋 19 藤平尚真 20 安楽智大 21 釜田佳直 30 池田隆英 31 美馬 学 38 西宮悠介 42 ハーマン 45 菅原 秀 46 浜矢広大 47 大塚尚仁 52 森原康平 53 高梨雄平 58 辛島 航 59 菊池保 [全文を読む]

1位は巨人の鉄腕!NPB最近5年間の登板数トップ10

ベースボールキング / 2017年01月03日10時00分

◆ 最近5年間のNPB登板数トップ10 1位 山口鉄也(巨人) 【5年間の登板数】319試合 【5年間のシーズン最多登板】72試合(12年) 2位 益田直也(ロッテ) 【5年間の登板数】304試合 【5年間のシーズン最多登板】72試合(12年) 3位 マシソン(巨人) 【5年間の登板数】300試合 【5年間のシーズン最多登板】70試合(16年) 4位 サ [全文を読む]

契約更改“悲喜こもごも” 今年のアップ/ダウンTOP10

ベースボールキング / 2016年12月30日17時15分

◆ ダウン額Top10 1位 ▼2億0000万円 内海哲也(巨人/2億円) 2位 ▼9000万円 松井稼頭央(楽天/7000万円) 3位 ▼8000万円 村田修一(巨人/2億2000万円) 4位 ▼6600万円 阿部慎之助(巨人/2億6000万円) 5位 ▼5600万円 森野将彦(中日/8400万円) 6位 ▼5200万円 西村健太朗(巨人/7000万円 [全文を読む]

厳しい冬 大幅ダウンした選手は?

ベースボールキング / 2016年11月27日11時15分

◆ 40%(1億円超え)ダウン56%ダウン 松井稼頭央(楽天)(16年)16000万円 →(17年)7000万円50%ダウン 内海哲也(巨人)(16年)4億円 →(17年)2億円40%ダウン 森野将彦(中日)(16年)14000万円 →(17年)8400万円◆ 25%(1億円以下)ダウン58%ダウン 上沢直之(日本ハム)(16年)2400万円 →(17年) [全文を読む]

エース獲得の代償 どうなる、楽天のFA補償

ベースボールキング / 2016年11月19日17時30分

▼ プロテクト濃厚? <投手> 松井裕樹 塩見貴洋 則本昂大 安楽智大 金刃憲人 美馬 学 青山浩二 福山博之 <捕手> 嶋 基宏 細川 亨 <内野手> 茂木栄五郎 藤田一也 今江年晶 銀次 <外野手> オコエ瑠偉 聖沢 諒 岡島豪郎 島内宏明 ▼ 残る支配下選手 <投手> 浜矢広大 小野 郁 森 雄大 釜田佳直 戸村健次 石橋良太 武藤好貴 西宮悠介 [全文を読む]

フォーカス