飯山裕志のニュース

片岡、森野、松坂…開幕一軍を逃したベテラン

ベースボールキング / 2017年03月29日18時00分

その他、2000安打まで残り68安打に迫っている福浦和也(ロッテ)、長年広島の遊撃手としてチームを支えた梵英心(広島)、守備のスペシャリスト飯山裕志(日本ハム)が二軍スタートなっている。 【開幕一軍を逃した主なベテラン】 飯山裕志(日本ハム) 松坂大輔(ソフトバンク) 福浦和也(ロッテ) 梵 英心(広島) 相川亮二(巨人) 片岡治大(巨人) 安藤優也(阪 [全文を読む]

【プロ野球】「ここぞの場面」で頼れる男たち。各球団で最も途中出場が多かったスーパーサブは?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月24日17時05分

■パ・リーグのスーパーサブたち 北海道日本ハムファイターズ 飯山裕志(37歳・内野手) 途中出場:36試合(代打1/代走10/守備25) 打率.333(3打数1安打)/0本塁打/0打点/0盗塁 福岡ソフトバンクホークス 城所龍磨(31歳・外野手) 途中出場:54試合(代打12/代走21/守備21) 打率.264(148打数39安打)/6本塁打/19打点/ [全文を読む]

【プロ野球】試合を締めるのは投手だけじゃない! “守備のクローザー” 飯山裕志(日本ハム)の安定感

デイリーニュースオンライン / 2016年09月24日16時05分

■プロ入り19年目のいぶし銀野手 飯山裕志は1997年ドラフト4位の大ベテラン。守備力に定評があり、内野はどこでも守れるユーティリティープレイヤーだ。長らく「2軍のレギュラー」止まりだったが、2005年以降は貴重なスーパーサブとしての地位を確立した。 昨季までの通算打撃成績は、865試合で打率.202、1本塁打、45打点。逆説的だが、この程度の打力でいまな [全文を読む]

【日本ハム】最下位低迷も、ワカゾーの石井一成がいるから面白い

文春オンライン / 2017年04月20日11時00分

そもそも飯山裕志が万全だったら開幕1軍スレスレだったかもしれない。開幕後は田中賢介の守備がおかしくなった。二塁手スタメンで出番をもらう。中田翔が内転筋の挫傷で戦線離脱してからは、賢介がファーストにまわった。チーム成績は火の車だが、石井一成はプロの世界で毎日勝負している。しびれる毎日だ。かつて夢見た世界で野球をしている。 ここまでのハイライトは14日、楽天1 [全文を読む]

止まらない負の連鎖…日本ハムの緊急事態

ベースボールキング / 2017年04月13日15時30分

【2017年・日本ハムの離脱者】 <1月> 高良一輝 『右太もも裏の肉離れ』 <2月> 浅間大基 『腰痛』 ※12日にファームで復帰 飯山裕志 『左大腿二頭筋筋挫傷』 <3月> 大田泰示 『左腹斜筋筋挫傷』 谷口雄也 『右ひざ前十字靭帯の再建手術』 郡 拓也 『左手関節尺骨形状突起亀裂骨折』 <4月> 大谷翔平 『左大腿二頭筋肉離れ』(インフルエンザB型 [全文を読む]

フォーカス