阿部慎之助のニュース

巨人の4番といえば…最近10年間の最多出場選手を振り返る

ベースボールキング / 2017年03月10日10時00分

11年にラミレスが退団すると、12年から阿部慎之助が巨人の4番打者に座る。シーズン通して4番を務めることが多かったラミレスに比べると、阿部は4番でシーズン100試合以上スタメン出場したことがない。 14年以降はチーム最多出場となっているが、14年が57試合、15年が53試合、16年が52試合になっている。 ◆ 最近10年間の巨人の4番最多出場者 07年 [全文を読む]

2017年に達成されそうな記録 ―野手編―

ベースボールキング / 2017年01月02日10時00分

17年は阿部慎之助(巨人)の通算2000試合出場、荒木雅博(中日)、福浦和也(ロッテ)、阿部らの通算2000安打達成など多くの大記録が誕生しそうだ。 特に阿部は残り37試合に迫った通算2000試合出場をはじめ、残り83本の通算2000安打、残り27本の通算400本塁打と、“記録ラッシュ”の1年になる可能性が高い。通算2000試合出場は、100試合未満に終わ [全文を読む]

【プロ野球】下剋上ペナント開幕!?波乱含みのスタート。パ・リーグ上位戦線異常あり!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月14日16時05分

■打率 1位:鳥谷敬(阪神) 打率.467 2位:大島洋平(中日) 打率.462 3位:田中広輔(広島) 打率.395 ■本塁打 1位:阿部慎之助(巨人) 4本塁打 2位:糸井嘉男(阪神) 3本塁打 3位:エルドレッド(広島)2本塁打 3位:梶谷隆幸(DeNA) 2本塁打 3位:ロペス(DeNA) 2本塁打 3位:北條史也(神) 2本塁打 ■打点 1位: [全文を読む]

6割打者が4人!開幕3連戦の個人成績

ベースボールキング / 2017年04月02日22時00分

◆ 巨人・阿部は劇的2発 【本塁打】 <セ> 1位 2本 阿部慎之助(巨人) <パ> 1位 2本 ペゲーロ(楽天) 1位 2本 T-岡田(オリックス) セ・リーグでは巨人・阿部慎之助が唯一の2発。プロ初となる開幕戦での本塁打を記録すると、2戦目には9回二死からの逆転サヨナラ本塁打。チームを開幕3連勝へと導いた。 ◆ 阿部が二冠、パは4人で並ぶ 【打点】 [全文を読む]

どうなる?侍ジャパンの正捕手問題

ベースボールキング / 2017年02月26日15時00分

2009年の第2回大会は、城島健司と阿部慎之助、石原慶幸という3人。前回大会はメジャー挑戦のタイミングと重なって不参加だった城島が満を持しての参戦。攻守でチームを引っ張った。 そして2013年、第3回大会は阿部慎之助、炭谷銀仁朗、相川亮二という3人。阿部が「4番・捕手」の大黒柱としてチームを牽引したが、ベスト4で敗退。3連覇の夢が潰えた。 このように、日 [全文を読む]

巨人、10連敗の翌年優勝のジンクスあり 一方で不安要素も

NEWSポストセブン / 2017年06月06日16時00分

2007年は阿部慎之助が3年ぶりの30本台に乗せ、高橋由伸は自己最多の35本塁打を放った。二岡智宏も健在でした。つまり、格になる生え抜きがいたのです」 それでは今年の巨人に目を向けると、開幕から4番を張っていた阿部慎之助は38歳。最近、阿部に代わってスタメンに名を連ねている村田修一はFA移籍選手で今年37歳を迎える。開幕から好調を続けるマギーは外国人選手で [全文を読む]

【広島】カープにも「アベ」がいる “カープ黄金世代”の10年目・安部友裕がブレイク間近

文春オンライン / 2017年06月05日11時00分

阿部慎之助じゃないだけまだましじゃけど……。カープの背番号60「アベ」について知らん人に知ってもらおうじゃない。 タナキクマル世代の安部ちゃん 巨人に3連勝し、5月5日以来の首位で交流戦を迎えたカープ。1カード目の西武戦は、上位打線を担うタナキクマルが活躍し、白星スタート。思い返せば、菊池涼介と丸佳浩がキクマルコンビと言われはじめた2013年からはや4年。 [全文を読む]

巨人・阿部慎之助は「只今就活中!?」監督の芽は消滅か

日刊大衆 / 2017年06月03日08時05分

巨人の阿部慎之助が好調だ。ここまで打率は.251だが、8本塁打、33打点(5月31日時点)で、本塁打と打点はトップ10入りしている。スポーツ紙の巨人担当記者は今季の阿部について、こう見ている。「状態が相当いいんです。キャンプから居残りをして、ものすごい数のスイングをこなしてきましたし、開幕当初は三冠王も夢じゃない状況でした」 過去に首位打者と打点王を獲得し [全文を読む]

巨人・阿部慎之助 レジェンドへの歩み

ベースボールキング / 2017年05月18日11時45分

初回、二死二塁で打席に入った巨人の4番・阿部慎之助は、追い込まれながらも外寄りの速球を逆らわずに弾き返すと、打球はレフトポール際に吸い込まれた。 難敵・ブキャナンの出鼻をくじく先制2ラン。「行ったなと思った」と手応えばっちりの一撃で、チームを勢い付けた。 ここ5試合で3発と再び状態を挙げてきた巨人の主砲。これで通算本塁打も381本となり、前監督である原辰徳 [全文を読む]

主力選手高齢化が深刻な巨人…生え抜きスターが育たない!

週プレNEWS / 2017年05月15日11時00分

「最近でこそ若い選手を抜擢(ばってき)している高橋由伸監督ですが、試合を決めているのはベテランの阿部慎之助や坂本勇人。もっとフレッシュな新戦力が出てこないと、将来が思いやられます…」 広島や阪神、日本ハムでは20代の若手選手が次々と現れ、グラウンドを駆け回っているのに対して、巨人の主力選手の高齢化は深刻だ。 打者では阿部慎之助(38歳)、村田修一(36歳 [全文を読む]

フォーカス