荒木雅博のニュース

【6月3日プロ野球全試合結果】中日・荒木雅博が通算2000本安打達成、オリックスが怒涛の6連勝、巨人は悪夢の9連敗

サイクルスタイル / 2017年06月03日23時58分

■中日、荒木雅博が通算2000本安打達成…史上48人目の快挙中日は6月3日、ナゴヤドームで楽天と対戦。試合は1-5で敗れたものの、先発出場した荒木雅博内野手が史上48人目の通算2000本安打達成した。前の試合で2000本に王手をかけていた荒木。初回、第一打席は内角のスライダーを見逃して三振となるも、4回裏に迎えた第2打席にライトへ2000本目の安打を放った [全文を読む]

刻々と迫る荒木雅博の大記録

ベースボールキング / 2017年04月27日16時00分

【2000安打に期待がかかる選手】 1976安打 荒木雅博(中) ☆残り24本 1936安打 福浦和也(ロ) ☆残り64本 1941安打 阿部慎之助(巨)☆残り59本 1923安打 内川聖一(ソ) ☆残り77本 1893安打 鳥谷 敬(神) ☆残り107本 [※4月26日現在] いま、大記録に最も近い位置につけているのが中日の荒木雅博。今季は16試合の出 [全文を読む]

【交流戦】中日、荒木雅博が史上48人目の通算2000本安打達成…「ナゴドで打ってくれて嬉しいです!」

サイクルスタイル / 2017年06月03日20時37分

試合は1-5で敗れたものの、先発出場した荒木雅博内野手が史上48人目の通算2000本安打達成した。 前の試合で2000本に王手をかけていた荒木。初回、第一打席は内角のスライダーを見逃して三振となるも、4回裏に迎えた第2打席にライトへ2000本目の安打を放った。中日一筋の男が達成した金字塔に、本拠地ナゴヤドームのファンは歓喜にわいた。 試合は、楽天・先発の美 [全文を読む]

【交流戦】中日、小笠原慎之介が今季初勝利…荒木雅博が通算2000本に王手

サイクルスタイル / 2017年06月02日22時18分

7回裏には1死二、三塁の場面で荒木雅博内野手が適時打を放ち3-0とリードを広げる。8回裏には、打撃好調のゲレーロ内野手の今季第15号のソロ本塁打や相手守備のミスも重なり6-0とした。 投げては、小笠原が嬉しい今季初勝利。敗れた楽天は、3番手の菅原秀投手が3失点と誤算だった。 この試合で適時打を放った荒木は通算1999本とし、2000本安打に王手をかけた。 [全文を読む]

中日・荒木、“らしい”右打ちで史上48人目の2000本安打達成!

ベースボールキング / 2017年06月03日15時10分

◆ プロ22年・2145試合目で打ち立てた金字塔 中日の荒木雅博は3日、本拠地で行われている楽天戦の第2打席でライトへの安打を放ち、史上48人目の通算2000安打を達成した。 前日の試合で通算安打を1999本まで伸ばし、王手をかけた状態で迎えたこの試合。第1打席は見逃し三振に倒れるも、4回裏の第2打席でその瞬間が訪れる。 楽天先発・美馬学が投じた初球の変化 [全文を読む]

【6月2日プロ野球全試合結果】オリックスが5連勝、中日・小笠原慎之介が今季初勝利、ロッテ・延長12回にダフィーが決勝打

サイクルスタイル / 2017年06月02日23時29分

■中日、小笠原慎之介が今季初勝利…荒木雅博が通算2000本に王手中日は6月2日、ナゴヤドームで楽天と対戦。先発の小笠原慎之介投手が5回無失点の好投を見せるなど投打がかみ合い、6-3で勝利した。中日は0-0で迎えた5回裏、走者三塁の場面で平田良介外野手が適時二塁打を放って1点を先制。7回裏には1死二、三塁の場面で荒木雅博内野手が適時打を放ち3-0とリードを広 [全文を読む]

遊撃から二塁にコンバートした選手といえば…

ベースボールキング / 2017年02月02日07時45分

井端は中日時代、二塁の荒木雅博とともに二遊間で、6年連続ゴールデングラブ賞を受賞する守備のスペシャリスト。しかし、10年に落合博満監督(当時)の方針で二塁・荒木、遊撃・井端の2人を入れ替えるコンバートを実行。井端は二塁でも遊撃時代と同様に華麗な守備を見せ、11年は二塁でリーグトップの守備率を誇った。12年に高木守道監督が就任後、再び遊撃にコンバート。巨人移 [全文を読む]

【プロ野球】中年の星になれ! 今季も現役を続行する“オーバー40”の大ベテランたちは誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月24日17時05分

■今年40歳を迎える選手 新井貴浩(広島・1977年1月30日生・39歳) 福留孝介(阪神・1977年4月26日生・39歳) 荒木雅博(中日・1977年9月13日生・39歳) バルデス(中日・1977年11月27日生・39歳) 安藤優也(阪神・1977年12月27日生・39歳) 新井貴浩(広島)はまもなく40歳。昨季もチームを盛り上げ、打ちまくり、なんと [全文を読む]

【プロ野球】現役の通算本塁打1位は誰!? 意外と知らない主要部門・通算成績“現役”トップ(野手編)

デイリーニュースオンライン / 2016年09月06日17時05分

ランキングはNPBの成績) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■現役最多安打トップ3 現役1位:新井貴浩(広島/2093安打/歴代32位)現役2位:松井稼頭央(楽天/2065安打/歴代34位)現役3位:荒木雅博(中日/1956安打/歴代51位) 日米通算ではイチロー(マーリンズ)の4291安打が圧倒的だが、NPBに限定すると [全文を読む]

【プロ野球】地味な変則投手の中日・バルデスはなぜ援護に恵まれぬ?

デイリーニュースオンライン / 2016年06月15日16時05分

荒木雅博と同い年でも中4日OK ちなみにバルデスは、中日のチームメイトでは荒木雅博と同じ38歳。投手陣では岩瀬仁紀に次ぐベテランだ。それでも本人は「中4日でもいける」と豪語しているというから、頼もしいことこの上ない。 今季はビシエドが加入し、得点力がアップしている中日打線。ジミヘンで頑張っているバルデスの援護をぜひともお願いしたいものだ。 文=藤山剣( [全文を読む]

フォーカス