藤村大介のニュース

巨人のセカンドといえば… 最近10年の最多出場選手を振り返る

ベースボールキング / 2017年02月13日10時00分

最近10年間の巨人のセカンド最多出場者を振り返ると、100試合以上出場した選手は08年の木村拓也、11年と12年の藤村大介、14年と15年の片岡治大の3人。仁志氏が巨人を退団した07年以降は、セカンドを固定できていないのが現状だ。 ただ、11年に111試合に出場した藤村は、この年、規定打席に届かなかったものの、俊足を武器にリーグ最多の28盗塁を記録。当時 [全文を読む]

セでは2010年を最後になし 40盗塁以上の盗塁王は誕生なるか?

ベースボールキング / 2017年02月06日11時00分

11年以降は14年の梶谷隆幸(DeNA)が記録した39盗塁が最高で、11年の藤村大介(巨人)、13年の丸佳浩(広島)は30盗塁未満で盗塁王に輝いた。 一方、パ・リーグは15年に中島卓也(日本ハム)が34盗塁で盗塁王となったが、11年以降だと40盗塁未満で同タイトルを獲得したのは15年のみ。昨季は糸井嘉男(前オリックス)、金子侑司(西武)がリーグ最多の53 [全文を読む]

超豪華メンバーが活躍! 絶好調、巨人2軍のチーム事情

ベースボールキング / 2017年04月10日11時45分

さらに背番号57に変更した11年盗塁王の藤村大介(27歳/1000万円)、その藤村から背番号0を継承したドラ1ルーキー吉川尚輝(22歳/1500万円)らもアピールしようと必死だ。 「由伸チルドレン」とも呼ばれる20歳の岡本和真、23歳の重信慎之介や石川慎吾らが開幕1軍入りし、世代交代の渦中にあるチーム事情。これに加えてマギーやカミネロを新たに補強した外国人 [全文を読む]

伸び悩み気味の巨人若手野手 活躍が期待される選手は?

ベースボールキング / 2017年02月19日14時30分

11年に坂本より1学年下の藤村大介が盗塁王に輝いたが、規定打席には到達していない。内野手、外野手に限ると、坂本より下の世代が伸びていない印象だ。 特にオフのトレードで日本ハムへ移籍した大田泰示は、08年ドラフト1位で巨人に入団し、松井秀喜氏が巨人時代に着けていた背番号『55』を与えられるなど、期待度はかなり高かった。将来は坂本とともに巨人を引っ張っていく存 [全文を読む]

中田、唐川、由規…2007年・最後の高校生ドラフトを振り返る

ベースボールキング / 2017年02月17日18時00分

【2007年高校生ドラフト1巡目指名】巨人:藤村大介(熊本工業高)中日:赤坂和幸(浦和学院高)阪神:高浜卓也(横浜高)横浜:田中健二朗(常葉菊川高)広島:安部友裕(福岡工業大城東高)ヤクルト:佐藤由規(仙台育英高校)日本ハム:中田翔(大阪桐蔭高)ロッテ:唐川侑己(成田高)ソフトバンク:岩嵜翔(市立船橋高)楽天:寺田龍平(札幌南高)西武:指名権剥奪オリックス [全文を読む]

巨人・西村、フリー打撃に登板 ヒット性の当たり12本浴びる

ベースボールキング / 2017年02月08日15時40分

西村は11年盗塁王の藤村大介、育成の青山誠を相手にストレートを中心に47球を投げて、ヒット性の当たりを12本浴びた。 今村は左の代打の切り札・堂上剛裕、育成選手から支配下選手復活を目指す坂口真規に変化球を交えて39球を投げ、ヒット性の当たりを12本打たれた。 西村は13年に最多セーブのタイトルを獲得するなど、守護神として活躍した時期もあったが、近年は故障 [全文を読む]

若手の台頭なるか!? 巨人二軍の気になる取り組み

ベースボールキング / 2017年02月08日11時45分

藤村大介、中井大介、橋本到…巨人の二軍にはいまひとつ脱皮しきれない若手がズラリ。果たして彼らがこの伝統的な練習で変わり身を見せるか注目です。 取材=ニッポン放送・松本秀夫アナウンサー [全文を読む]

ニコンイメージングジャパン「TopEye 全国高校生写真サミット2017」の受賞校を発表

PR TIMES / 2017年02月06日16時16分

また、「プロ写真家による撮影指導」、 普段撮影している作品を持ち寄ってプロ写真家に講評してもらう「持込写真レビュー会」、 「プロ写真家 織作峰子氏による講演」、「審査員を務めたプロ写真家(小林紀晴氏・秋元貴美子氏・藤村大介氏・若子jet氏)が 自身の作品を振り返るトークセッション」など、生徒達の創造力を喚起することを重視したプログラムで実施されました。 ニ [全文を読む]

高橋由伸監督を悩ます巨人の複雑なチーム内派閥事情

NEWSポストセブン / 2017年01月23日16時00分

そこに藤村大介(27)や大田泰示(26、昨年11月にトレードで日ハムに移籍)ら若手も合流。 「グアム滞在中の食費や宿泊費まですべて阿部が負担する面倒見の良さに、一時期は内海哲也(34)を中心とした投手陣まで加わる一大勢力になっていた。 ところが一昨年、阿部がコンバート失敗で極度の不振に陥り、昨年は初の単独自主トレとなった。すると坂本と長野は、新たに村田修一 [全文を読む]

ニコンイメージングジャパン、5回目を迎える「TopEye 全国高校生写真サミット2017」を横浜で開催 全国から選抜された15校の写真部生徒による写真の祭典

PR TIMES / 2016年12月15日13時26分

<「TopEye 全国高校生写真サミット2017」開催概要> 開催日程:2017年2月3日(金)~ 2月5日(日) 一般公開:2月4日(土)16:30~19:00 生徒による作品プレゼンテーション 2月5日(日) 9:15~12:30 講演・表彰式 会 場:公益財団法人帆船日本丸記念財団 訓練センター (神奈川県横浜市西区みなとみらい2-1-1) 主 催 [全文を読む]

フォーカス