川本良平のニュース

岸、細川を獲得 楽天の新加入選手は?

ベースボールキング / 2017年01月28日10時00分

【IN】 岸 孝之(投手/西武) 小山雄輝(投手/巨人) 細川 亨(捕手/ソフトバンク) ハーマン(投手/フィリーズ) 藤平尚真(投手/横浜高) 池田隆英(投手/創価大) 田中和基(外野手/立教大) 菅原 秀(投手/大体大) 森原康平(投手/新日鉄住金広畑) 鶴田圭祐(投手/帝京大準硬式野球部) 野元浩輝(投手/佐世保工高) 石原 彪(捕手/京都照英) [全文を読む]

巨人・カミネロを獲得「非常に楽しみ」 16年オフのIN/OUT

ベースボールキング / 2016年12月18日07時45分

◆ 今オフのIN/OUT日本ハム【IN】公文克彦(投手/巨人)村田 透(投手/3Aコロンバス)大田泰示(外野手/巨人)【OUT】須永英輝(投手/引退)吉川光夫(投手/巨人)武田 勝(投手/引退)金平将至(投手/退団)バース(投手/自由契約)大塚豊(投手/引退)荒張裕司(捕手/引退)米野智人(捕手/引退)石川慎吾(外野手/巨人)ソフトバンク【IN】ジェンセン [全文を読む]

阪神・金田が人的補償でオリックスへ 16年オフのIN/OUT

ベースボールキング / 2016年12月17日07時45分

◆ 今オフのIN/OUT日本ハム【IN】公文克彦(投手/巨人)村田 透(投手/3Aコロンバス)大田泰示(外野手/巨人)【OUT】須永英輝(投手/引退)吉川光夫(投手/巨人)武田 勝(投手/引退)金平将至(投手/退団)バース(投手/自由契約)大塚豊(投手/引退)荒張裕司(捕手/引退)米野智人(捕手/引退)石川慎吾(外野手/巨人)ソフトバンク【IN】ジェンセン [全文を読む]

史上初!巨人がFAで3選手獲得 16年オフのIN/OUT

ベースボールキング / 2016年12月15日07時45分

◆ 今オフのIN/OUT日本ハム【IN】公文克彦(投手/巨人)村田 透(投手/3Aコロンバス)大田泰示(外野手/巨人)【OUT】須永英輝(投手/引退)吉川光夫(投手/巨人)武田 勝(投手/引退)金平将至(投手/退団)バース(投手/自由契約)大塚豊(投手/引退)荒張裕司(捕手/引退)米野智人(捕手/引退)石川慎吾(外野手/巨人)ソフトバンク【IN】ジェンセン [全文を読む]

巨人、マギーと契約合意、柿沢をトレードで獲得 16年オフのIN/OUT

ベースボールキング / 2016年12月05日07時45分

◆ 今オフのIN/OUT日本ハム【IN】公文克彦(投手/巨人)村田 透(投手/3Aコロンバス)大田泰示(外野手/巨人)【OUT】須永英輝(投手/引退)吉川光夫(投手/巨人)武田 勝(投手/引退)金平将至(投手/退団)バース(投手/自由契約)大塚豊(投手/引退)荒張裕司(捕手/引退)米野智人(捕手/引退)石川慎吾(外野手/巨人)ソフトバンク【IN】ジェンセン [全文を読む]

ロッテが3選手獲得、DeNA・ザガースキーは退団 16年オフのIN/OUT

ベースボールキング / 2016年12月03日07時45分

◆ 今オフのIN/OUT日本ハム【IN】公文克彦(投手/巨人)村田 透(投手/3Aコロンバス)大田泰示(外野手/巨人)【OUT】須永英輝(投手/引退)吉川光夫(投手/巨人)武田 勝(投手/引退)金平将至(投手/退団)バース(投手/自由契約)大塚豊(投手/引退)荒張裕司(捕手/引退)米野智人(捕手/引退)石川慎吾(外野手/巨人)ソフトバンク【IN】ジェンセン [全文を読む]

同期か、かつての女房か…気になる岸の相方選び

ベースボールキング / 2016年11月19日16時00分

以下、伊志嶺忠が20試合で川本良平と小関翔太が7試合という配分。果たして、来季はこの割合がどうなるのだろうか。 ◆ 東北楽天の“象徴” 今や楽天の象徴的存在となった司令塔の嶋基宏。2006年の大学・社会人ドラフト3位で楽天に入団してから、10年間で1120試合に出場した。 侍ジャパンでも常連として毎回メンバーに名を連ねており、小久保裕紀監督からは主将を任さ [全文を読む]

【プロ野球】「とりあえず生中!」の前に、ヤクルトの合言葉「とりあえず◯◯!」を3つ紹介!

デイリーニュースオンライン / 2016年09月03日16時05分

【トレードで放出した選手/トレード相手】 八木亮祐(享栄)/近藤 増渕竜義(鷺宮)/今浪 日高亮(日本文理大付)/新垣、山中 川島慶三(佐世保実)/新垣、山中 川本良平(崇徳)/田中 ※日高、川島は新垣、山中と2対2のトレード トレードで放出された選手全員がなんと甲子園未出場なのだ。結果としてヤクルトのフロントは甲子園出場選手を獲得し未出場選手を放出した [全文を読む]

【プロ野球】一日一失?エラー禍にハマる西武の野手陣の謎

デイリーニュースオンライン / 2016年05月07日16時04分

川本良平のサードゴロを捕った鬼崎。誰もがゲッツーで試合終了と思った瞬間、まさかの暴投。川本も足が遅い選手ではないため、投げ急いでしまったのかもしれないが、プロにあるまじきプレーをしてしまい同点に。その後、浅村栄斗もつられてホームに悪送球して万事休す。 鬼崎は試合後に2軍落ちしたが、実はこの2日前にもトンネルをやらかしているため、情状酌量の余地はなかった。 [全文を読む]

巨人・楽天快進撃の背景に「シーズン中のトレード成功」も

NEWSポストセブン / 2013年08月26日16時00分

開幕直前に捕手同士のトレードとなったロッテ・田中雅彦(現・ヤクルト)とヤクルト・川本良平(現・ロッテ)は序盤こそチームに貢献したが、正捕手である相川亮二(ヤクルト)、里崎智也(ロッテ)が復帰すると、出番が減少し、ともに二軍落ちとなった。 投手陣が壊滅しているDeNAは、西武から長田秀一郎を獲得したものの、期待したセットアップはできず。代わりに放出した渡辺直 [全文を読む]

フォーカス