石川慎吾のニュース

【巨人】巨人らしくない男・石川慎吾が、巨人を変える

文春オンライン / 2017年05月12日11時00分

頼むよ誰か期待の若手出て来いや〜って、そんな時、颯爽と現れたのが“ダイナマイトシンゴ”こと石川慎吾である。 二岡+矢野=石川慎吾? 昨オフ、2対2のトレードで日本ハムから吉川光夫とともに移籍。プロ6年目の背番号49は、ここまで打率.304、3本、7打点、OPS.867と堂々たる成績だ。安打数、本塁打数はすでに自己最多を更新。10日の阪神戦ではついに移籍後 [全文を読む]

新天地で開花の気配…石川慎吾は巨人の救世主となるか

ベースボールキング / 2017年05月08日12時00分

好調ぶりをアピールしているのが、6年目の24歳・石川慎吾。今季トレードで日本ハムから移籍してきた若きスラッガーが、新天地でその才能を開花させようとしている。 ここまで24試合の出場で打率.306、2本塁打、6打点をマーク。ここ5試合に至っては打率.462とその打棒が冴え渡り、ここ10試合で8度のスタメン出場を果たすなど、外野の一角確保へ秒読み段階と言って [全文を読む]

巨人がキャンプメンバーを発表 ドラ1吉川尚は3軍スタート

ベースボールキング / 2017年01月20日10時53分

2月1日から宮崎でスタートする一軍キャンプには、坂本勇人や菅野智之らに加え、FA移籍組の森福允彦、陽岱鋼、そして日本ハムからトレードで加入した吉川光夫、石川慎吾らが名を連ねた。 一方、DeNAからFA移籍した山口俊は2軍、ドラフト1位の吉川尚輝は3軍スタートとなった。 2年連続でV逸の巨人。V奪還へ向けて2017シーズンが始まろうとしている。 ◆ 一軍キ [全文を読む]

巨人、マギーと契約合意、柿沢をトレードで獲得 16年オフのIN/OUT

ベースボールキング / 2016年12月05日07時45分

巨人は11月にも日本ハム・吉川光夫、石川慎吾と大田泰示、公文克彦の交換トレードを成立しており、今オフ2度目のトレードとなった。また元楽天・マギーとの契約合意し、3年ぶりにV奪回を目指す巨人は今オフ、積極的な補強を敢行している。◆ 今オフのIN/OUT日本ハム【IN】公文克彦(投手/巨人)村田 透(投手/3Aコロンバス)大田泰示(外野手/巨人)【OUT】須 [全文を読む]

ここまでの各球団の補強状況は?

ベースボールキング / 2016年11月27日11時00分

10月29日に日本シリーズが日本ハムの10年ぶり日本一で終了したが、わずか4日後に日本ハムの吉川光夫、石川慎吾と、巨人の大田泰示、公文克彦の交換トレードが行われた。FA市場も今季は6人が宣言し、岸孝之が楽天、糸井嘉男が阪神に移籍を決めている。 今オフはここまで、DeNAが積極的に補強に動いている。外国人は今季3Aで14勝を挙げたウィーランド、108年ぶりに [全文を読む]

石井一久氏、燕・由規の投球に「球威がかなりあった」

ベースボールキング / 2017年05月17日21時50分

大量リードをもらった由規は、5回に先頭の石川慎吾にこの日初安打を浴びるも、後続を打ち取り無失点。6回と7回もスコアボードに0を入れ、この日は7回を2安打5奪三振2与死球無失点に抑える見事なピッチングで勝利投手となった。 巨人戦2083日ぶりに勝利した由規に対し、ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める石井一久氏は「初回は球が高かったですけど、点を取 [全文を読む]

バックスクリーンへぶっとばす「ダイナマイト・シンゴ」をもっと撮りたい

スポーツ報知 / 2017年05月16日16時00分

パンチ力のある打撃が売りの「ダイナマイト・シンゴ」の異名を持つ、24歳の石川慎吾が奮闘している。 石川の“巨人デビュー”は鮮烈だった。トレードで日本ハムから移籍して間もない昨年11月12日。宮崎秋季キャンプの韓国・ハンファとの練習試合で、サンマリンスタジアムのバックスクリーンへ推定130メートルの決勝2点本塁打。センター方向に向かって高々とバットを突き上げ [全文を読む]

【巨人】“ダイナマイト・シンゴ”に「由伸化指令」 村田ヘッド「ガンガンいけ」

スポーツ報知 / 2017年05月13日08時00分

巨人の石川慎吾外野手(24)に「由伸化指令」が下された。 1番定着を狙う“ダイナマイト・シンゴ”に対し、村田ヘッドコーチは「淡泊でもいいからガンガンいけ」と指示。現役時代の07年にプロ野球新の初回先頭弾9発を放った由伸監督のように、積極的なフルスイングを武器に打線に勢いをつける役割を期待した。 雨天中止となったマツダの電光掲示板には「1番・石川」の名前がと [全文を読む]

江本氏、敗れた巨人に「取り返すだけの打撃はない」

ベースボールキング / 2017年05月09日21時05分

巨人は3点を追う7回に、石川慎吾が第3号ソロを放つのが精一杯だった。 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務めた江本孟紀氏は「初回の2点、3回の福留の一発。これで決まった。(巨人に)4点を取り返すだけのバッティングはない」とした。 また、この日立岡宗一郎、中井大介の1、2番コンビが揃って無安打に終わったが、江本氏は「(1、2番に)誰を持ってくるかですよ [全文を読む]

2点を追う7回、巨人・菅野に代打なし 江本氏「投げる目的がない」

ベースボールキング / 2017年05月09日20時35分

● 巨人 2 - 4 阪神 ○ <6回戦 東京ドーム> 3点を追う7回、石川慎吾の第3号ソロで1点差に迫った巨人。小林誠司が三ゴロに倒れ、エース・菅野智之に打順が回ってきた。 しかし、ここで巨人ベンチは菅野に代打を送らず。菅野はそのまま打席に立ち、空振り三振に倒れた。この采配にニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める江本孟紀氏は「三振は置いといたとし [全文を読む]

フォーカス