石川慎吾のニュース

【巨人】巨人らしくない男・石川慎吾が、巨人を変える

文春オンライン / 2017年05月12日11時00分

頼むよ誰か期待の若手出て来いや〜って、そんな時、颯爽と現れたのが“ダイナマイトシンゴ”こと石川慎吾である。 二岡+矢野=石川慎吾? 昨オフ、2対2のトレードで日本ハムから吉川光夫とともに移籍。プロ6年目の背番号49は、ここまで打率.304、3本、7打点、OPS.867と堂々たる成績だ。安打数、本塁打数はすでに自己最多を更新。10日の阪神戦ではついに移籍後 [全文を読む]

巨人・石川慎吾、プロ6年目で初のサヨナラ安打「興奮して覚えてないです」

サイクルスタイル / 2017年06月26日12時30分

巨人の石川慎吾がプロ6年目で初のサヨナラ安打を放った。6月25日の中日戦に代打で出場すると、最終回にセンター前ヒットを放ち4-3の勝利に貢献している。 1点ビハインドで最終回を迎えた巨人。先頭のケーシー・マギーが二塁打で出塁すると、続く陽岱鋼が同点適時打。その後、1アウト一、三塁で打席に入ったのは石川。2球目のスライダーをセンター前に運んだ。 サヨナラ打を [全文を読む]

【6月25日プロ野球全試合結果】DeNA・今永昇太が完封、ソフトバンク・福田秀平が逆転サヨナラ弾、巨人・石川慎吾がサヨナラ打

サイクルスタイル / 2017年06月25日20時08分

■オリックス、西勇輝が8回1失点の好投…ロッテは打線が振るわずオリックスは6月25日、京セラドーム大阪でロッテと対戦。先発の西勇輝投手が8回1失点の好投を見せ、5-1で快勝した。オリックスは0-1と1点ビハインドで迎えた4回裏、モレル内野手が適時二塁打を放ち同点とすると、6回裏には1死二塁の好機で小谷野栄一内野手が適時二塁打を放って勝ち越しに成功。8回裏に [全文を読む]

新天地で開花の気配…石川慎吾は巨人の救世主となるか

ベースボールキング / 2017年05月08日12時00分

好調ぶりをアピールしているのが、6年目の24歳・石川慎吾。今季トレードで日本ハムから移籍してきた若きスラッガーが、新天地でその才能を開花させようとしている。 ここまで24試合の出場で打率.306、2本塁打、6打点をマーク。ここ5試合に至っては打率.462とその打棒が冴え渡り、ここ10試合で8度のスタメン出場を果たすなど、外野の一角確保へ秒読み段階と言って [全文を読む]

巨人がキャンプメンバーを発表 ドラ1吉川尚は3軍スタート

ベースボールキング / 2017年01月20日10時53分

2月1日から宮崎でスタートする一軍キャンプには、坂本勇人や菅野智之らに加え、FA移籍組の森福允彦、陽岱鋼、そして日本ハムからトレードで加入した吉川光夫、石川慎吾らが名を連ねた。 一方、DeNAからFA移籍した山口俊は2軍、ドラフト1位の吉川尚輝は3軍スタートとなった。 2年連続でV逸の巨人。V奪還へ向けて2017シーズンが始まろうとしている。 ◆ 一軍キ [全文を読む]

『21連敗』を止めた巨人…逆襲に不可欠な“ブルペンの粘り”

ベースボールキング / 2017年06月29日14時00分

土壇場で試合を振り出しに戻すと、そこから村田修一の四球などで一死一・三塁とし、最後は石川慎吾の適時打で逆転サヨナラ勝ちを収めた。 本拠地での3タテ阻止。相手守護神を攻略しての逆転サヨナラ。交流戦明けの初勝利などなど...様々な意味を持つ一勝であったが、なによりも大きかったのが『逆転勝ち』であったことだろう。 実は巨人、この試合の前まで先制された試合は21連 [全文を読む]

長野が絶好調 巨人の1番打者問題が解決!?

ベースボールキング / 2017年06月28日10時00分

【巨人の1番打者成績】 中井大介(21試合) 率.213 本2 点4 長野久義(16試合) 率.322 本1 点7 立岡宗一郎(14試合) 率.179 本0 点0 陽岱鋼(9試合) 率.250 本0 点2 坂本勇人(3試合) 率.357 本0 点2 石川慎吾(3試合) 率.083 本0 点0 脇谷亮太(2試合) 率.000 本0 点0 橋本到(1試合) [全文を読む]

【プロ野球】岡田明丈ら若手先発陣が芽吹く広島が快走。先発ローテーションとチーム順位の関係。セ・リーグ編

デイリーニュースオンライン / 2017年06月27日16時05分

投手陣では山口俊、森福允彦、吉川光夫、カミネロらが加わり、野手陣では陽岱鋼、マギー、石川慎吾が新加入。開幕前は独走を予想する評論家も少なくなかった。 しかし、広島、阪神についていくことができず下位に甘んじている。 先発投手陣では菅野智之が開幕から好投を見せ、3試合連続完封勝利。田口麗斗、マイコラスも結果を残しているものの、チームは低調な打線に足を引っ張られ [全文を読む]

巨人戦5戦で4敗・防御率37の中日・田島 森監督は何を考えている?

J-CASTニュース / 2017年06月26日18時16分

試合を決めた巨人の石川慎吾外野手は21打席ぶりの安打でプロ入り後初のサヨナラ打となったほか、巨人は先制された試合で24日までの21連敗を止めるなど、明るい材料を与えてしまった。森監督は「今日は田島だけ反省すればいい試合」と名前をあげ、「東京ドームがいけないのか、巨人(との相性)がいけないのか。本人に聞いてみないと分からない」と述べている。田島は東京ドームで [全文を読む]

巨人・石川「満面の笑み」プロ初サヨナラ打!陽とハムから移籍コンビ躍動

スポニチアネックス / 2017年06月26日07時01分

◇セ・リーグ 巨人4―3中日(2017年6月25日 東京ドーム) 巨人の石川慎吾外野手(24)が25日、中日戦の9回に代打で中前適時打を放ち、今季3度目のサヨナラ勝利を呼んだ。1点を追う9回に陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)外野手(30)の右前適時打で同点とし、石川が6年目で初のサヨナラ打。日本ハムから移籍した2人の活躍で、先制を許した試合の連敗は21で止まった。 [全文を読む]

フォーカス