吉川光夫のニュース

【日本ハム】吉川光夫に抱いた複雑な感情と、鳥谷敬に送った拍手と

文春オンライン / 2017年06月09日11時00分

巨人・吉川光夫への複雑な感情 5月24日、ファイターズは試合がなかった。僕は翌日の西武戦ナイター(県営大宮)へ向けて何とか身体を空けるべく、終日、仕事部屋にこもっていた。原稿が一段落してスマホに目をやると、複数の野球仲間から「吉川危険球退場……」「鳥谷心配です」といったLINEメッセージが届いていた。すぐにネットのニュース速報を確認する。甲子園で行われてい [全文を読む]

西武・岡本、1年ぶりの一軍マウンドへ…7日の予告先発

ベースボールキング / 2017年06月06日18時00分

対する巨人の先発は吉川光夫。ここまで4試合に登板し、0勝1敗の防御率3.86。前回登板の31日楽天戦では5回途中4失点で降板した。移籍後初白星を目指す。 【交流戦】 日本ハム(斎藤佑樹)-広島(大瀬良大地) <札幌ドーム 18時00分> 楽天(森雄大)-DeNA(熊原健人) <Koboパーク 18時00分> 西武(岡本洋介)-巨人(吉川光夫) <メットラ [全文を読む]

巨人・吉川が二軍落ち、先発登板のチャンスを生かせず…17日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年04月17日15時35分

巨人は17日、吉川光夫の出場選手登録を抹消した。 吉川は13日に東京ドームで行われた広島戦で先発登板したが、1回1/3を投げて4失点と乱調。6日のDeNA戦で6回を投げて2失点(自責点1)と試合を作り、幸先のいいスタートを切っただけに、無念の二軍落ちとなってしまった。 パ・リーグでは摂津正が登録抹消。摂津も15日のオリックス戦に、右肩の違和感を訴えた松坂大 [全文を読む]

DeNAウィーランド、クラインに続けるか!? 6日のセ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年04月06日14時12分

◆ 開幕5連勝の巨人先発は吉川光夫 3連敗中のDeNA。本拠地初勝利を目指す今季6戦目のマウンドには、新外国人右腕のウィーランドが上がる。 好調な巨人を相手に、前夜は先発の井納が踏ん張れず5回4失点。打線も相手先発・内海の前に7回までに1点しか奪えず、開幕から投打が噛み合わない試合が続いている。 来日初登板初先発となるウィーランドは、オープン戦3試合に登板 [全文を読む]

日本ハムの最近10年の開幕投手を振り返る

ベースボールキング / 2017年03月19日10時00分

日本ハムの最近10年の開幕投手をみると、ダルビッシュ有が5度、大谷翔平が2度、武田勝、斎藤佑樹、吉川光夫が1度務めている。 現在レンジャーズでプレーするダルビッシュは、07年から5年連続で大役を担っているが、勝ち星を挙げたのは小林宏之と投げ合った08年のロッテ戦のみ。この年は、9回を一人で投げ抜き完封勝利を収めた。しかし、その他のシーズンでは09年と10年 [全文を読む]

日本ハムの勝ち頭といえば…最近10年の最多勝を振り返る

ベースボールキング / 2017年03月04日10時00分

ダルビッシュがメジャーへ移籍した12年以降は、12年に吉川光夫が14勝をマーク。チームもリーグ優勝に輝き、吉川はリーグMVPに輝く活躍だった。これで吉川は、ダルビッシュが抜けた後のエースになるかと思われたが、翌年は7勝止まり。チームもリーグ最下位に終わり、最多勝利投手はウルフ、木佐貫洋の9勝だった。 絶対的エースがいなくなった中、チームの勝ち頭となったの [全文を読む]

巨人時代は出場機会に恵まれず…新天地でチャンスを掴んだ選手

ベースボールキング / 2017年02月27日11時15分

昨オフは陽岱鋼、山口俊、森福允彦、カミネロ、マギー、吉川光夫を獲得するなど大型補強を敢行。毎年のように選手を補強し、若手・中堅選手が出場機会を限られ、他球団へトレードやFAの人的補償で移籍するケースが増えている。そして、移籍先でチャンスを掴んだ選手がいるのも特徴的だ。 FAで加入した大竹寛の人的補償で広島へ移籍した一岡竜司がその一人。一岡は巨人時代、二軍の [全文を読む]

88年世代の通算勝利数トップ10

ベースボールキング / 2017年02月19日11時00分

1位の田中、2位の前田は100勝以上記録しているが、3位は今季から巨人でプレーする吉川光夫の48勝だ。2位の前田とは65勝以上離れている。4位以降は大卒組の沢村拓一(巨人)が44勝で4位、大野雄大(中日)の42勝が5位にランクインしている。 ◆ 88年世代勝利数トップ10 1位 138勝 田中将大 NPB通算:175試 99勝35敗3S 防2.30 ML [全文を読む]

【プロ野球】まさに黄金のラインナップ! 過去10年の日本ハムのドラフト1位選手を再検証!!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月18日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■2006年~2009年/エースと4番と扇の要! 【2006年】 宮本賢(大学生・社会人ドラフト/早稲田大)※希望入団枠 吉川光夫(高校生ドラフト/広陵高) 【2007年】 多田野数人(大学生・社会人ドラフト/サクラメント) 中田翔(高校生ドラフト/大阪桐蔭高) ※2005~2007年の3 [全文を読む]

【プロ野球】例の風評はウソ、ホント? 高卒ドラ1左腕はやっぱり“地雷”なのか?

デイリーニュースオンライン / 2016年09月03日17時05分

★は現役選手、◎は独立リーグなどで現役) 【1996年】 前川勝彦(PL学園→近鉄) ≪通算≫149試合:31勝45敗/1ホールド ≪引退≫2011年 【1996年】 伊藤彰(山梨学院大付→ヤクルト)1軍登板なし ≪通算≫1軍登板なし ≪引退≫2000年 【1997年】川口知哉(平安→オリックス) ≪通算≫9試合:0勝1敗 ≪引退≫2004年 【1999年 [全文を読む]

【プロ野球】高橋、金本、ラミの命運は?成功事例で振り返る”1年生監督”の利点

デイリーニュースオンライン / 2016年04月11日16時00分

多くの解説者がBクラス予想をするなか、吉川光夫の台頭などもあって下馬評を覆してのペナント制覇だった。 1年生監督が好成績を残す球団といえば西武だ。伊原春樹(2002年)、伊東勤(2004年)、渡辺久信(2008年)と、それぞれが監督就任1年目に優勝を経験している。また、古くは森祇晶も1986年のルーキー監督時代に日本一を達成。その後の西武黄金時代の幕開けと [全文を読む]

巨人が球団新の12連敗、チャンスで1本が出ずゼロ封負け「それが現実なので…」

サイクルスタイル / 2017年06月08日12時45分

巨人の先発は吉川光夫。連敗ストップへ序盤から飛ばしていった吉川は、三回までランナーを出すも要所は締め無失点。打線の援護を待った。しかし、四回に2アウト一塁でエルネスト・メヒアを迎えると、甘く入ったボールをスタンドに運ばれ痛恨の2ラン被弾。 巨人は2番手の西村健太朗も六回、中村剛也にソロを被弾して0-3とされる。 終盤にチャンスを作った巨人だが好機を生かせ [全文を読む]

【6月7日プロ野球全試合結果】巨人が球団ワースト更新の12連敗、広島・バティスタが2発、DeNAが3連勝

サイクルスタイル / 2017年06月07日22時26分

連敗脱出をかけて負けられない巨人は、先発の吉川光夫投手が5回途中2失点とまずまずの投球を見せたが、打線は西武の投手リレーの前に無得点に終わり援護できなかった。巨人ファンからは、「もう笑うしかありません」「もうだめだ」「陽は昇格してしっかりと結果を残すけど、他が打たないな」「がっかり…いつになったらこの連敗はとまるのか」など落胆の声が多数寄せられていた。■ソ [全文を読む]

里崎氏、12連敗の巨人に「仕方がない」

ベースボールキング / 2017年06月07日21時05分

0-0で迎えた4回、巨人先発・吉川光夫がメヒアに先制2ランを浴びる。早く追いつきたい打線は、6回に先頭の陽岱鋼が二塁打を放ち出塁。二死後、マギーの四球で一、三塁とチャンスを広げるも、阿部慎之助が左飛に倒れ無得点。 その裏、5回途中からマウンドにあがった西村健太朗が、この回先頭の中村剛也に13号ソロを打たれた。リードを3点に広げられた巨人は7回も、一死走者 [全文を読む]

【交流戦】巨人、悪夢の12連敗で球団ワースト更新…ファン「もう笑うしかありません」

サイクルスタイル / 2017年06月07日20時51分

連敗脱出をかけて負けられない巨人は、先発の吉川光夫投手が5回途中2失点とまずまずの投球を見せたが、打線は西武の投手リレーの前に無得点に終わり援護できなかった。 巨人ファンからは、「もう笑うしかありません」「もうだめだ」「陽は昇格してしっかりと結果を残すけど、他が打たないな」「がっかり…いつになったらこの連敗はとまるのか」など落胆の声が多数寄せられていた。 [全文を読む]

阪神ファンも憐れむ巨人「泥沼」11連敗 それでも5位はヤクルトのおかげ

J-CASTニュース / 2017年06月07日18時50分

球団新記録となる12連敗を阻止すべく7日のマウンドを託されたのは、ここまで0勝1敗防御率3.86の吉川光夫選手だ。前回5月31日の登板では、4回2/3を4失点で黒星を喫した。対する西武は、今季初登板となる岡本洋介選手。8日のスポーツ紙に「12」の数字が踊るか。 [全文を読む]

巨人連敗ストップなるか、ハム斎藤は広島戦に先発 7日の交流戦予定

ベースボールキング / 2017年06月07日14時34分

【7日の試合予定】 日本ハム(斎藤佑樹)- 広島(大瀬良大地) <札幌ドーム 18時00分> ・最近5試合の成績 日(パ5位):○○●●● ※3連敗中… 広(セ1位):●●○○○ ※3連勝中! 楽天(森雄大)- DeNA(熊原健人) <Koboパーク宮城 18時00分> ・最近5試合の成績 楽(パ1位):○●○●● De(セ3位):●●●○○ 西武(岡本 [全文を読む]

【プロ野球】虎の真のチームリーダー・鳥谷敬(阪神)の背中が雄弁に物語ること。一つひとつを積み重ねる誇り。

デイリーニュースオンライン / 2017年06月04日16時05分

左腕・吉川光夫(巨人)が投じた144キロのストレートがすっぽ抜け、鳥谷の顔面を直撃。その場に倒れ込んだ鳥谷に金本知憲監督やトレーナーらが駆け寄った。 鼻からの出血で、タオルは赤く染まり、ケガのひどさをものがたっていた。 「鼻骨骨折」。 誰もが鳥谷の登録抹消、戦線離脱を覚悟した。 しかし翌日、鳥谷はいつもと変わらず、球場入り。試合までの準備もいつものルーティ [全文を読む]

プロ野球2017交流戦「新3大遺恨バトル」はこれだ!(1)「巨人vs日ハム」は遺恨だらけ

アサ芸プラス / 2017年06月03日09時56分

吉川光夫(29)はトレードで巨人に放出されたが、「メンタルがあまりにも弱く、何度チャンスを与えてもうまくいかないため、環境を変える時期に来ていただけです。かつてはエースも務めただけに吉川自身には捨てられた意識が強いようですが、別リーグで活躍してもらう分には、先を見据えた育成をしている日ハムの評価にもつながりますからね。今オフには大谷翔平(22)や中田翔(2 [全文を読む]

斎藤&塩見&吉川&大野、初勝利狙う88年世代のドラ1 31日の交流戦予定

ベースボールキング / 2017年05月31日13時01分

【31日の試合予定】 日本ハム(斎藤佑樹)- DeNA(熊原健人) <札幌ドーム 18時00分> ・最近5試合の成績 日(パ5位):●○●●● ※3連敗中… De(セ3位):○○●○○ 楽天(塩見貴洋)- 巨人(吉川光夫) <Koboパーク宮城 18時00分> ・最近5試合の成績 楽(パ1位):○●○○○ ※3連勝中! 巨(セ4位):●●●●● ※5連敗 [全文を読む]

フォーカス