岡本太郎のニュース

村上春樹と岡本太郎の特設サイトが人気!どちらも共通するのは読者との「繋がり」

しらべぇ / 2015年04月26日10時00分

1人は作家の村上春樹さん、もう一人は芸術家の岡本太郎さん。 村上春樹さんが質問や相談になんでも答える「村上さんのところ」 *画像はスクリーンキャプチャーです 読者から寄せられた質問や相談に村上春樹さんが応えてくれる期間限定のサイト。1月のサイト開設以来、読者からのすべてのメールに目を通して返事を書いているそう。 読者とのやりとりは、「好きだと告白しようかど [全文を読む]

岡本太郎“再生”!秘蔵作品も多数公開!これまでに例のない、全く新しいアートニュースサイト「PLAY TARO」2月26日(木)0時オープン!

PR TIMES / 2015年02月26日09時31分

公益財団法人 岡本太郎記念現代芸術振興財団 (所在地:東京都港区、理事長:清水井 敏夫) は、故・岡本太郎の誕生日でもある本日2015年2月26日、アートニュースサイト http://playtaro.com/ をオープンいたしました。 PLAY TARO製作委員会は当サイトを以下のように謳います。 「『お遊び』では駄目なのだ。全生命、全存在を賭けて、真剣 [全文を読む]

新TV-CM発表「岡本太郎×綾野剛シリーズ」第2弾 1月4日(月)から放送開始

PR TIMES / 2016年01月04日10時52分

岡本太郎氏の名言に着火された綾野剛さん演じるビジネスマンが、「いきたい未来」に向け階段を駆け上る!~株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」<http://doda.jp/>は、昨年に引き続き俳優の綾野剛さんを起用し、世界に誇る芸術家である岡本太郎氏の名言で展開する [全文を読む]

Salyu「話したいあなたと」第一回:オカモトレイジ(OKAMOTO’S)

NeoL / 2015年01月20日18時00分

なぜみんなが学生時代から岡本太郎さんに惹かれてOKAMOTO’Sというバンド名をつけたか訊きたかったんです。そういうところも早熟だなって思うから」 レイジ「もちろん岡本太郎の好きな作品はいっぱいあるんですけど、彼を芸術家として捉えてるというよりは、俺らにとっては仮面ライダーがカッコいい、ロボットがカッコいいなど、男の子が夢中になってしまう世界観を作り上げて [全文を読む]

【書評】人生も爆発だ!悩んだら思い出したい岡本太郎の言葉たち

まぐまぐニュース! / 2016年12月07日15時49分

生き方に迷ったり悩んだりすることは人間の常ですが、無料メルマガ『毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン』の著者・土井さんが「あまりに深い悩みを持つ人」に勧めるのが、岡本太郎さんの言葉だそうです。今回は土井さん曰く、「いつも明確な指針を与えてくれる」という珠玉の明言が一冊にまとまった名著を紹介してくださっています。 『孤独がきみを強くする』岡本太 [全文を読む]

感動と好奇心が子供の脳を育てる【溜池ゴローの子育てコラム】

しらべぇ / 2016年06月01日19時00分

その3人の偉人とは......「アントニオ猪木」「岡本太郎」「バカボンパパ」である。彼らのかつて口にした格言は、ワシにとって生き方の哲学となっている。アントニオ猪木氏曰く「バカになれ!」岡本太郎氏曰く「ダメでいいんだ!」バカボンパパ氏曰く「これでいいのだ!」なんと、壮大で、単純で、エネルギーのある言葉なのだろう!! まあ、こんなことは良いとして...... [全文を読む]

もはやマッドマックス。岡本太郎賞受賞の焼き芋カーは品のいい悪趣味

まぐまぐニュース! / 2016年01月06日11時00分

次ページ>>「金時」はなんと岡本太郎賞を受賞 そこに果たして需要はあるのか? そんなもん知るかばかりと、ただ六本木アートナイトで焼き芋を売りたいというアツアツでピュアな想いだけが爆発した「金時」は、2015年に「第18回 岡本太郎現代芸術賞」(TARO賞)の最高位である岡本太郎賞を受賞した。 岡本太郎現代芸術賞受賞を記念して岡本太郎の作品の下で販売。 こ [全文を読む]

2015年に内部公開…「太陽の塔」に込められた危険な呪術とは?

デイリーニュースオンライン / 2015年02月27日16時50分

太陽の塔は、芸術家の岡本太郎が1970年の大阪万博のテーマ館のシンボルとして制作した。 近年だと、この塔は、映画『20世紀少年』で「ともだちの塔」に化けて登場した。また、2月25日には『コップのフチの太陽の塔』なる商品も発売されるようで、また密かにこの塔はブームになっていくのかもしれない。 しかしなぜ、この一見珍妙に見える塔は、長年にわたって人々の心を捉 [全文を読む]

たぁ坊のひとりごと。「恋愛芸術家」

クオリティ埼玉 / 2015年12月17日14時46分

見覚えのある絵は、芸術は爆発だ!岡本太郎さんを感じていたのだと気付かされる。 岡本敏子さんは岡本太郎さんの養女で公私にわたり岡本太郎さんを支えていた女性だそうだ。 本を読んでいて思ったのは敏子さんの愛が溢れていること。 敏子さんの愛し方がとにかく素敵。人の目とか常識とか全く気にせずひたすら太郎さんが大好き。愛することに全身全霊をそそいでいる。 では、岡本太 [全文を読む]

ニューエラと岡本太郎によるコラボコレクション第二弾

PR TIMES / 2017年03月08日11時51分

New Era(R) / Spring & Summer 2017 日本が誇るアート界の鬼才・岡本太郎と「ニューエラ」によるコラボコレクションの第二弾が登場。3月9日に発売となる第二弾シリーズには、岡本太郎が提唱する対極主義を表現した油彩画〈天空に我あり〉や〈風〉をフィーチャーしたキャップやバッグ、東京・渋谷のこどもの城にメインモニュメントとして設置されて [全文を読む]

舘鼻則孝が岡本太郎記念館をジャック!「舘鼻則孝 呪力の美学」展開催

FASHION HEADLINE / 2016年10月26日19時00分

アーティストの舘鼻則孝を迎えた展覧会「舘鼻則孝 呪力の美学」が、11月3日から17年3月5日まで東京・南青山の岡本太郎記念館にて開催される。 東京藝術大学の卒業制作として生み出した、花魁の下駄から着想を得た「ヒールレスシューズ」がレディー・ガガの目にとまり、一躍アートシーンに躍り出た舘鼻則孝。今回は、岡本太郎のアトリエなどを含む館内をすべてジャックし、舘鼻 [全文を読む]

吾妻橋の金色ビルの意味は?雷門って誰がつくったの? 5大巨大オブジェの謎に迫る

しらべぇ / 2015年09月14日09時00分

◆4.30年行方不明になっていた壁画は、運命により復活した岡本太郎「明日の神話」JR渋谷駅と京王井の頭線渋谷駅の連絡通路JR渋谷駅と京王井の頭線渋谷駅間にある赤くて大きな壁画「明日の神話」。こちらは、2008年に登場しました。岡本太郎が制作した巨大壁画です。製作開始のきっかけは、1968年~1969年の間にメキシコの実業家から依頼を受けたこと。しかしながら [全文を読む]

草間彌生と岡本太郎、日本を代表する前衛芸術家2人の版画展が新宿伊勢丹で開催

FASHION HEADLINE / 2017年06月07日08時00分

伊勢丹新宿店本館5階=アートギャラリーにて、6月7日から13日まで日本を「岡本太郎と草間彌生版画展」が開催される。 戦前1930年、19歳にしてフランス・パリに渡り抽象美術運動やシュルレアリズム運動に傾倒。戦後は日本万国博覧会での太陽の塔や、「芸術は爆発だ」のセリフで知られる岡本太郎。一方、草間彌生は1957年に渡米し、1960年代には水玉模様を身体に纏っ [全文を読む]

G大阪、8月13日開催の磐田戦で「太陽の塔」とコラボ…選手は記念ユニフォーム着用

超ワールドサッカー / 2017年05月18日18時15分

▽同イベントは、大阪府日本万国博覧会記念公園事務所、公益財団法人岡本太郎記念現代復興財団の協力により実現。岡本太郎の傑作である「太陽の塔」とのコラボによるシナジーを発揮し、多くの人にスポーツが持つ力を知ってもらい、感動や夢をもたらすことを目的に開催される。 ▽当日、G大阪の選手たちは「太陽の塔」がプリントされた記念ユニフォームを着用。ビジター席を除く観戦 [全文を読む]

【大阪観光】フォトジェニックな太陽の塔がそびえ立つ!一日遊べる万博記念公園

Walkerplus / 2017年05月18日16時00分

芸術家の岡本太郎がデザインした公園のシンボルの太陽の塔。園内一番の人気の記念撮影ポイントだ。■ 大型遊具やおもしろ遊具など園内で遊ぼう!スリリングな大型遊具から幼児も遊べる遊具まで、園内はバラエティ豊かな遊具の宝庫。さらに親子で乗れる自転車がそろう広場など、子供はもちろん大人も一緒になって楽しめる。森の上を渡る全長約300mの通路で空中散歩が楽しめる森の空 [全文を読む]

ニューエラと岡本太郎によるコラボコレクション第三弾

PR TIMES / 2017年04月06日11時32分

New Era(R) / Spring & Summer 2017 3ヶ月に渡って展開されてきた岡本太郎と「ニューエラ」によるコラボコレクション。その第三弾となるシリーズが、4月6日(木)に発売を開始。岡本太郎がロゴデザインを手がけたことで知られるプロ野球球団〈近鉄バファローズ〉の復刻モデルをはじめ、岡本太郎が作品に記すシグネチャーをフィーチャーしたベース [全文を読む]

岡本太郎×ニューエラのラストコレクションは「近鉄バファローズ」モデルも復刻

FASHION HEADLINE / 2017年04月04日19時00分

ニューエラ(New Era(R))と岡本太郎によるコラボコレクションの最終章が、4月6日に発売される。 3ヶ月に渡って展開された同コラボレーションのラストコレクションとなる今回は、岡本がロゴデザインを手掛けたことで知られるプロ野球球団「近鉄バファローズ」の復刻モデルをはじめ、岡本が作品に記すシグネチャーにフィーチャーしたベースボールキャップ「59FIFTY [全文を読む]

岡本太郎現代芸術賞20周年を記念して、20名の入選作家による企画展「TARO賞20年/20人の鬼子たち」を開催

FASHION HEADLINE / 2017年03月09日14時00分

岡本太郎現代芸術賞20周年を記念した企画展「TARO賞20年/20人の鬼子たち」が、3月12日から6月18日まで東京・南青山の岡本太郎記念館にて開催される。 岡本太郎を失ってひとりになった岡本敏子が、「太郎を次の時代に伝えるのが私の仕事」という思いで立ち上げたTARO賞。同展では、20周年を迎えたTARO賞にこれまで入選してきた410組の作家の中から、入選 [全文を読む]

閃光、家畜、最後の晩餐…今日の芸術が“爆発”しまくる「岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)展」がヤバい!

tocana / 2017年03月03日07時00分

恒例の岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)展が開催中である。これは「芸術は爆発だ」という名言で知られる岡本太郎の精神を継ぎ、自由な視点と発想で現代社会に鋭いメッセージを突きつけるアーティストを発掘かつ応援しようと設立された公募展。1997年から始まり、形式、年齢を問わず、美術ジャンルも超えて、毎年、個性豊かな作家たちを輩出しているのだ。本賞は今回で20回を迎え [全文を読む]

日本の芸術家・岡本太郎の母「岡本かの子」が愛した地、神奈川県現川崎市高津区「岡本かの子文学碑」は伝統のある芸術作品

GOTRIP! / 2017年02月11日11時30分

大阪万博のシンボル「太陽の塔」を創った日本の芸術家・岡本太郎の母としても広く名が知られる岡本かの子は、幼少期、神奈川県橘樹郡高津村(現川崎市高津区)二子に居を構える大地主、大貫家の本宅で養育母に育てられました。 そんな岡本かの子の文学碑が、幼少期に過ごした現在の神奈川県現川崎市高津区にあるのはご存知でしょうか。 ・岡本かの子文学碑 「誇り」と題する大型の [全文を読む]

フォーカス