田中康夫のニュース

田中康夫さん、運転しない人の「ゴールド免許」交付を批判…現行制度は妥当なのか

弁護士ドットコムニュース / 2016年12月03日10時44分

元長野県知事で、作家の田中康夫さんがゲスト出演したテレビ番組で、現行の優良運転手制度を批判した。田中さんが出演したのは、11月19日放送のバラエティ番組「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!」(BS日テレ)。田中さんはこれまでの自動車遍歴を熱く語ったうえで、運転免許の優良運転手の制度について「運転しない=ゴールド免許を改善せよ」と持論を述 [全文を読む]

吉田豪インタビュー:安齋肇「本業のキャラクターデザインで稼ぎたいけどまったく仕事ない」(2)

デイリーニュースオンライン / 2016年10月02日17時05分

──最後に着ぐるみぐらいまでになったのって、田中康夫さんのカモシカキャラ、やっしーですか? 安齋 やっしーかな。あ、WASIMOはなってるよ、俺の絵じゃないけど。ガシャポンにもなってる。俺の絵じゃないけど(笑)。 ──やっしーで単純な疑問なんですけど、田中康夫さんへの思い入れってあります? 安齋 っていうか、やっしー、もらってないんだよ。 ──そうなんで [全文を読む]

参院選の熱狂を歩く【前編】 共産党、田中康夫VS小川敏夫

NEWSポストセブン / 2016年08月07日07時00分

まさにこの日の深夜、元長野県知事でおおさか維新から立候補した田中康夫と、「国会の鬼検事」として知られ4選目を狙う民進党・小川敏夫の死闘が繰り広げられていたのである。 私はタクシーに飛び乗り、まず六本木にある田中選対に向かう。今次参院選挙は静かな戦いであった。舛添前都知事の辞職に伴う東京都知事選挙の話題が、参院選挙中にもかかわらず広く耳目を集めた。マスメデ [全文を読む]

スカイツリーはまだ東京のシンボルではない? 「もうオリンピックなんてやらなくたって、観光客は十分足りている」

週プレNEWS / 2016年06月14日11時00分

当時は田中康夫や泉麻人といった人々が、東京について小説やエッセイをたくさん書いていた。あと、僕が好きだったのは荒俣宏の『帝都物語』です。あれは、平将門が何度も東京を壊す話ですけど、現代・未来まで描いたという意味においては、同時代の東京を舞台にした作品でもあるんです。 ちなみに、もう90年代に入っていましたが、僕が18歳で東京に上京してきた頃は、田中康夫と荒 [全文を読む]

田中康夫氏 「携帯電話やメールの登場で考える葦が退化した」

NEWSポストセブン / 2014年11月11日07時00分

1980年に文藝賞を受賞、翌年1月に出版され大ベストセラーになった、作家・田中康夫氏の『なんとなく、クリスタル』。33年経った今年11月末、続編が発売される。その名も『33年後の、なんとなくクリスタル』。 ≪当時は全国津々浦々で真っ当に働き・学び・暮らす老いも若きも、それぞれに夢や希望をいだいていたのだ。パステルカラーに彩られた“一億総中流社会ニッポン”の [全文を読む]

田中康夫『なんクリ』に合計特殊出生率と高齢化率掲載の真意

NEWSポストセブン / 2014年11月09日07時00分

実に田中康夫氏の17年ぶりの作品となる。 33年前、“なんクリ”の註の最後に、日本の合計特殊出生率と高齢化率のデータが2ページにわたって記されていたことに注目した人は少なかった。 「出生率が低下し、高齢化が進行するデータを見て、大学生の僕は思ったんです。日本は、右肩上がりという言葉で捉えられる社会ではなくなるかもしれない、と」(田中さん) そして今、当時の [全文を読む]

小説家復帰の田中康夫氏 「妻と愛犬ロッタに癒やされる日々」

NEWSポストセブン / 2014年11月07日11時00分

恋愛、震災ボランティア、知事、国会議員、さまざまな話題を“提供”してきた田中康夫氏が、フルタイムの作家として戻って来た。1980年に文藝賞を受賞、翌年1月に出版され大ベストセラーになった『なんとなく、クリスタル』。当時21才だったヒロイン由利を主人公に、彼女の好きな服やブランド、音楽などを通じて消費社会をしなやかに享受する若者像を描いた。 そして、この11 [全文を読む]

田中康夫“なんとなくクリスタル” 雑誌からヒント得たの指摘

NEWSポストセブン / 2012年04月28日07時00分

『なんとなく、クリスタル』(河出書房新社 一九八一年)がベストセラーとなった当時、ある週刊誌で田中康夫は、好きなタイプの女性として紺野美沙子の名前を挙げていた(そのしばらくのちに口汚く罵ることになるのだが)。 それを目にした時、私は、『GORO』を思い出した。 田中康夫はあのキャプションを参考にしたに違いない、と私は直感した。 調べたらそれは一九七九年四 [全文を読む]

生島ヒロシのラジオが金字塔、魅力はハプニングや昭和ギャグ

NEWSポストセブン / 2017年06月09日07時00分

また、生島さんの広い人脈で、早朝の時間帯ながら浅野史郎元宮城県知事や田中康夫元長野県知事などの大物ゲストをブッキングできることも付加価値となっている」(以下、「」内シエ藤氏) 他の追随を許さない情報量の密度に加え、生島自身が起こす、生放送ならではのハプニングも魅力のひとつだという。「生島さんはいつもハチミツを横に置いて、時折舐めながら放送しています。ハチミ [全文を読む]

高い食事をごちそうする男性は、女性にどこまで見返りを求めているのか?

文春オンライン / 2017年03月30日17時00分

その他の編集作品に『いまどき真っ当な料理店』(田中康夫)、『一食入魂』(小山薫堂)、『日本一江戸前鮨がわかる本』(早川光)、『宮部みゆきの江戸レシピ』など。 堀江貴文 1972年福岡県八女市生まれ。SNS株式会社ファウンダー。美味いものを食べる事を至上の喜びとしており、グルメの賢人からの情報で世界中の旨いものを探し食べ歩く。 斉藤アリス 1988年ロンドン [全文を読む]

「ドタキャン情報案内」の秘密グループを探せ!

文春オンライン / 2017年03月29日00時00分

その他の編集作品に『いまどき真っ当な料理店』(田中康夫)、『一食入魂』(小山薫堂)、『日本一江戸前鮨がわかる本』(早川光)、『宮部みゆきの江戸レシピ』など。 堀江貴文 1972年福岡県八女市生まれ。SNS株式会社ファウンダー。美味いものを食べる事を至上の喜びとしており、グルメの賢人からの情報で世界中の旨いものを探し食べ歩く。 斉藤アリス 1988年ロンドン [全文を読む]

「予約の取れない料理店」をありがたがる小金持ちの事情

文春オンライン / 2017年03月28日17時00分

その他の編集作品に『いまどき真っ当な料理店』(田中康夫)、『一食入魂』(小山薫堂)、『日本一江戸前鮨がわかる本』(早川光)、『宮部みゆきの江戸レシピ』など。 堀江貴文 1972年福岡県八女市生まれ。SNS株式会社ファウンダー。美味いものを食べる事を至上の喜びとしており、グルメの賢人からの情報で世界中の旨いものを探し食べ歩く。 斉藤アリス 1988年ロンドン [全文を読む]

ブルゾンちえみ、『VOGUE JAPAN』5月号に初登場!90年代生まれのヴォーグのアシスタントエディターとともに憧れのバブルを追体験。公式サイトでスペシャルムービー公開中。

PR TIMES / 2017年03月28日11時49分

https://goo.gl/wwSUAV さらに、本誌では80年代のワーキングスタイル、カルチャー、ナイトクラブについての田中康夫や湯山玲子、甘糟りり子などによるレクチャーや、ファッション&ヘアメイクレッスン、そして夜景の見えるレストランやゴージャスなバー&ディスコなどホットスポットの紹介といった、当時の雰囲気を楽しめる最旬の情報が満載です。ファッション [全文を読む]

クックパッドや食べログも…買収した企業をことごとく超優良企業→上場させる「マジシャン」

Business Journal / 2017年02月02日06時00分

●新卒1年で社長に就任 長野県の田中康夫知事(当時)が始めた「コモンズ」という名の地域づくり運動に賛同して、期限付きで福祉幹(課長級)になった佐藤崇弘氏が05年12月、宮城県仙台市で障害者の就労を目的とするイデアルキャリアを設立したのがLITALICOの始まりだ。09年、佐藤氏は仙台市長選挙に出馬するため退任。落選したが、社長に復帰せず、起業家を支援する個 [全文を読む]

回転ベッドと鏡張りを演出 1600軒以上を手がけたラブホP

NEWSポストセブン / 2016年11月07日16時00分

1981年に上梓された田中康夫著『なんとなく、クリスタル』(河出文庫)は、《ラブ・ホテルにしては珍しいくらいにシンプルな作り》と六本木のラブホテルを描写し、主人公の女子大生には繁華街にあるキンキラキンのラブホテルは好きになれないと語らせている。 ※女性セブン2016年11月17日号 [全文を読む]

【書評】不景気な文芸誌を「文学の神」が見棄てなかった理由

NEWSポストセブン / 2016年10月25日07時00分

高橋和巳、中上健次、山田詠美、田中康夫、綿矢りさ、羽田圭介などが「文藝」から鮮烈にデビューした。 と要約すると、頼もしくて優良な媒体ではないかと勘違いしてしまうが、その間に河出は二回の倒産と一回の経営危機を経験している。大量の退職者をその都度に出している(そのために、多くの作家や編集者の供給元になる)。他の文芸雑誌が大手出版社の余裕の産物であるのに引き替え [全文を読む]

第10回「フジテレビ物語(中編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月14日19時00分

田中康夫、古舘伊知郎、中村泰士、大屋政子、渡辺和博、山本晋也、和田勉、金田一春彦――etc.3カ月の予定で始まった新番組は、当初一桁の視聴率に苦戦するが、1カ月もすると10%を超えるようになった。番組は翌年以降も継続が決まり、年を越した1月、とうとう20%台に乗った。■フジテレビ、三冠王へ死に体だった昼帯を甦らせた一方、長年ゴールデン帯の懸案だった『スタ千 [全文を読む]

ホリエモンが飲食業界をぶった斬る! 『なんでお店が儲からないのかを僕が解決する』(ぴあ)発売決定

PR TIMES / 2016年08月26日19時18分

その他の編集作品に「いまどき真っ当な料理店」(田中康夫)、「一食入魂」(小山薫堂)、「日本一江戸前鮨がわかる本」(早川光)、「宮部みゆきの江戸レシピ」など。好きなジャンルは鮨とフレンチ。「レストランは劇場だ!」企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

『溺れるナイフ』は中上健次で読み解ける!?特別試写会&クロストークに山戸結希監督らが登壇

Movie Walker / 2016年08月08日12時41分

浅田彰や柄谷行人、斎藤環や田中康夫、中森明夫らそうそうたる講師陣に加え、新芥川賞作家の村田沙耶香と山戸監督も講師として参加。24年目となる今回も、試写会のほか様々な濃密なプログラムが開催された。 ジストシネマ南紀で行われた試写会のプレトークには、山戸監督、脚本を務めた井土紀州、今回の上映のきっかけを作った文芸評論家の市川真人が登壇。「ジョージ朝倉さんの原作 [全文を読む]

参院選の熱狂を歩く【後編】 田中康夫、小川敏夫、SEALDs

NEWSポストセブン / 2016年08月07日16時00分

まさにこの日の深夜、元長野県知事でおおさか維新から立候補した田中康夫と、「国会の鬼検事」として知られ4選目を狙う民進党・小川敏夫の死闘が繰り広げられていたのである。 小川は、今次参院選でのっけから苦戦を強いられていた。自民党新人の朝日健太郎、おおさか維新の田中に代わる代わる攻め立てられ、苦戦が続いた。猫の手も借りたい小川陣営は、学生団体「SEALDs」か [全文を読む]

フォーカス